発送代行を通販で利用するうえでのポイントや注意点

インターネットやスマートフォンが普及していることから通販で購入するユーザーが増えています。そのため、さまざまな企業や店舗において通販での販売を導入しています。しかし、通販には発送業務が必要であり販売すればするほど負担が大きくなることが課題でした。

そこで、業務の負担を減らす目的で発送代行の需要が高まっているのですが、注意するべきこともあります。

発送代行を通販で利用するうえでのポイント

発送代行を通販で利用する場合、以下の点を確認する必要があります。

  • 作業可能な内容の確認
  • 実績を確認
  • 費用を確認

作業可能な内容の確認

発送代行会社によってサービス内容はまちまちです。そのため、依頼者の課題を解決できる発送代行会社を選ぶことが必要です。例えば、通販はお歳暮やお中元、そのほかプレゼントとして利用されることが多いという特徴があります。そのため、ユーザーごとにラッピングや特別な包装が求められる場合があります。

また、時期によって配送量が集中する場合、配送量の変化に対して柔軟であることが必要になります。このように、依頼者が課題をしていることを解決できる発送代行会社を選ぶことが重要です。

実績を確認

配送業務は直接顧客の評価に直結するほか顧客情報を扱うことになるので、実績豊富な企業を選ぶことが重要です。また、物流業務において実績豊富な企業であればトラブル対応を安心して任せることができます。

実績のある企業に配送業務を依頼することで、依頼主にとって競合他社との差別化をでき強みにできます。

費用を確認

自社で物流業務をするためには、人件費や倉庫の管理費、そのほか光熱費などさまざまな費用が必要になります。それらの物流業に必要な費用を発送代行会社を利用することで、コスト削減ができるかを判断する必要があります。

また、物流業務をアウトソーシングすることでコア業務に集中でき売上アップが期待できる場合もあります。いずれの場合においても、費用面において発送代行を依頼するメリットがないといけません。

発送代行会社によっては料金形態が異なり、ラッピングなどのオプションが高い場合があります。発送代行を依頼するにあたって必要な業務内容全ての費用を把握して、費用対効果があるのかどうかを判断することが重要です。

発送代行を通販で利用するうえでの注意点

発送代行を通販で利用する場合、以下の点に注意する必要があります。

  • 商品の管理方法
  • ミスをした場合の対応方法
  • 対応に融通が効くかの確認

商品の管理方法

商品の管理方法はそれぞれ代行会社によって異なります。在庫管理システムをリアルタイムで反映させることにより、在庫の状況を可視化できる発送代行会社を選ぶことをおすすめします。また、出荷時にスムーズに作業をおこなえることやミスをしないような管理も求められます。

商品の管理には品質を保つことも求められます。特に、食品を扱う場合は冷凍や冷蔵の施設も必要になります。

ミスをした場合の対応方法

商品の破損や紛失、そのほかミスをしたときにどのような対処ができるかが重要になります。発送会社を選ぶ基準として実績が重要になります。物流の専門家が在籍する発送代行会社であれば、トラブルがあったときでもスムーズに対処をすることができます。

トラブル対応をスムーズに対処することによりユーザーの満足度を上げることにつながり、競合他社との差別化を図ることができます。

対応に融通が効くかの確認

繁忙期に発送する商品が増えたり、顧客一人ひとりに対してそれぞれにあったラッピングやチラシを同梱するなど柔軟に対応してくれる発送代行会社を選ぶことが必要です。特に、通販を利用するユーザーは個人であることがほとんどであるため発送業務において柔軟さが求められます。

通販で発送代行を失敗しないポイント

通販で発送代行を失敗しないポイントは以下の点が挙げられます。

  • 担当者をコミュニケーションをとれるか
  • 価格だけで選ばない
  • データの連携ができる発送代行を選ぶ

担当者をコミュニケーションをとれるか

商品の破損や紛失といったトラブルがあったとき、急に発送量を増やすなどの相談があるときなど相談者とコミュニケーションをとることができれば安心して依頼できます。発送を代行するだけでなく、物流業務において専門家にアドバイスをもらえるような発送代行会社を選ぶことをおすすめします。

物流業務において成功させるためには、依頼者と発送代行会社がパートナー意識をもつことが重要です。依頼者側もアウトソーシングをしているからあとは任せっきりといった考え方では、発送代行会社と連携不足になり結果的に業務の質を落とすことになります。

価格だけで選ばない

コスト削減を第一に考えている企業にとって、価格だけで発送代行を選びがちです。しかし、安いだけの代行会社にはそれなりに理由があります。システムが充実していない、ミスが多い、発送において柔軟性がないなどあとから発覚すると困ることばかりです。

見積書を提出してもらっても同じことがいえます。あくまで見積書を出した時点の作業単価であることが多く、オプションや条件を増やすことによって価格が高くなるケースは少なくありません。

データの連携ができる発送代行を選ぶ

自社で顧客管理や売上管理、在庫管理などのシステムを導入している場合、データの連携ができないと状況の共有がむずかしくなります。そこで既存のシステムとデータ連携ができる発送代行会社を選ぶことをおすすめします。

富士ロジテックグループの特徴

通販物流にはさまざまな特徴がありますが、富士ロジテックグループは以下のような特徴があります。

  • データ連携ができる
  • 独自でシステムを開発している
  • 10年の実績

データ連携ができる

  • 受注があるのに発送が遅れている
  • 出荷ミスでリピートユーザーが減っている

上記のようなミスがあると、どれだけ商品がよくても安定した顧客がつくことはありません。

そこで、これらのミスを減らすためにも富士ロジテックグループでは既存のシステムとデータ連携をすることにより、顧客管理や受注管理などをスムーズに進めることができます。

独自でシステムを開発している

通販物流において、システムは必須になっています。しかし、既存のシステムであれば、それぞれの企業の業務内容や商品にあわせてシステムを選ぶ必要があります。そのため自社にあうシステムを選ぶのがむずかしい場合があります。

しかし、富士ロジテックでは物流経験のあるSEがシステムを企業のニーズにあわせて開発をしています。

そのため、システムを使ったけど機能していない、システムが使いづらいといったことがありません。

10年の実績

富士ロジテックでは通販事業者様に対して、10年間サポートしてきた実績があります。発送代行だけではなく実績やノウハウを生かして通販物流の基礎や新しい物流におけるサービスを構築してきました。さまざまな業種の企業様に対して、効率的な物流サービスをご提供致します。

富士ロジテックでは、以下のようにさまざまな業種形態に対して長年取引している実績があります。

  • 日経ベビーネット通販(ベビー用品全般)
  • 日経ネット通販(女性向けアパレル・下着・化粧品・健康食品・雑貨)
  • 日経ネット通販(飲料・雑貨・高級ブランド)
  • 外資系アパレル通販(女性向けアパレル)
  • 外資系アパレル・雑貨(アウトドアアパレル、雑貨、家具)

まとめ

発送代行を通販で利用する場合、実績十分な企業を選ぶことが重要です。スムーズに配送するだけでなくトラブル対応が必要になる場合があります。さらに、顧客の情報を配送業者と共有することになるため個人情報の取扱に責任を持てる代行会社でなくてはいけません。

富士ロジテックでは配送業務において10年以上の実績があります。通販において発送代行をお考えの場合は一度ご相談ください。

<関連記事>

発送代行とは?発送代行の業務内容とサービスの種類

発送代行のメリットとデメリット

ネット通販の発送代行の対応範囲

発送代行会社の選び方