Service Function

フルフィルメントサービス:機能

eコマース事業に必要な受注処理・在庫・出荷管理などの機能をパッケージ化。
D2C事業のブランド戦略・事業戦略に合わせて、
eコマース業務の全てをフルサポートできる体制を整えております。
フルフィルメント&物流機能を一括でアウトソーシングすることで、コア業務にリソース集中・成長を実現できます。

富士ロジテック 発送代行・物流代行 業務全般を一括サポート!

eコマースシステム マーケットプレイスと 連携する
OMO(注文管理システム)とWMS(倉庫システム)
のデータ・業務関連フローマップ

フルフィルメントサービス機能

B2Cフルフィルメント

B2Bフルフィルメント

オムニチャネルフルフィメント

 

全国多拠点DC倉庫 

地球サイズの Door To Door

カスタムパッケージ 

D2C/P2C ブランドにとってパッケージングが非常に重要である理由

カスタムパッケージ101:開封体験:Unboxingを顧客に提供する

発送代行
・優位性のあるタリフ

料金表はこちら/

小売流通
クロスドッキング
フォワードストッキングなど

Value Added Services (VAS) 
キッティング

Value Added Services (VAS)
 リバースロジスティックス
詳細はこちら

富士ロジテックホールディングスがおすすめする E-コマースシステム

オムチャネルコマースシステム ロジカ

サブスクリプションコマ―スから
オムニチャネルコマースまで

Shopify Plus Logo
Shopify

Shopify Plus
Shopify

ecforce ロゴ

ecforce パートナー

E-コマース フルフィルメントサービス

倉庫管理:WMSシステム機能

入庫・在庫引当

トラックに積みこまれてきた、商品在庫を、DCセンターにて受取ります。
プロセスには、検品としての数量だけではなく、損傷のチェックも含まれます。
eコマースシステムが出荷可能な在庫の正確な数を反映するためには、SKUでの数量不足または破損があればすぐにシステムに反映させます。

保管・
ロケーション管理

商品在庫は整理して保管します。
棚などの場所は顧客によって、SKUまたは販売チャネルごとに異なる場合があります。
季節的な需要によって年間を通じて容量が変動すると予想する場合は、コストを節約するための柔軟な容量ソリューションを検討します。
フルフィルメントをアウトソーシングする場合、保管コストを節約するためや、在庫切れを回避するために正確な在庫回転率が必要になることに注意してください。

ピッキング

パック

注文を受けた後、DC(配送センター)のスタッフが注文された商品を選んで箱に詰めます。
WMSはピッキングリストを生成して、1回の出荷バッチに必要のあるアイテムとアイテムの数を決定して指示します。
ピッキングは、複数のアイテムをまとめて新しいSKUを作成するキッティングと同じではないことがポイントです。

顧客ステータス

顧客別にパーソナライズなどの指示書になります。
指定のCRMコミュニケーションツールの同梱や
ロイヤリティプログラム・キャンペーンなどの施策のキットを指示指定します。

サブスクリプションコマース日本型単品リピート通販モデル)での、購入回数別のCXとしての:同梱施策などへの対応も柔軟に実施しています。

配送伝票出力

顧客の指定する配送先を、指定の配送会社の配送伝票に印字します。

注文(納品)書
出力

顧客は、その特定注文に対してどのSKUが選択され、梱包されたかを記載された梱包明細を受け取ります。
後払いの請求書がある場合は、出力されて同梱されるか、別送されます。

富士ロジテックでは感動購買体験のために、請求書・納品書レスを提唱しています。

出荷完了
データ連携

ピッキングされて、パッキングされ、顧客ごとのCRMコミュニケーションツールが同梱された外装箱は、
配送会社に引渡しを行い、出荷完了のステータスと「問い合わせ番号:追跡番号」をOMS・コマースシステムへ返します。

富士ロジテックでは、購買後体験を提唱しています。
トランザクションメールでのCXデザインの提供についてはこちら

返品・交換
回収

リバース・
ロジスティックス

返品・交換(リバースロジスティクスサービス)を処理する準備をします。
オンライン顧客のオンラインでの返品・交換処理業務になります。
返品手順は、商品の種類や返品の発送と受け取りにかかる費用によって異なる場合があるため、複数のリバースロジスティクス操作手順を実施する必要がある場合があります。
注文出荷したフルフィルメント施設への返品だけではなく、店頭や、カスタマーセンター処理でないといけない可能性があります。
返品されたアイテムの破棄または再梱包を処理するために追加ワークフローの設計・調達する必要がある場合があります。

詳細はこちら⇒返品・交換に関するコラム

オムニチャネルエクスペリエンス フルフィルメントサービス

注文管理:OMSシステム機能

オムニチャネル
エクスペリエンス

オムニチャネルの流通を成功させることで顧客購買チャネルごとの、各タイプの顧客の傍に十分かつ適切な在庫を確保できるようにすることです。
倉庫保管と店舗流通に過剰なコストの支払いをコントロールすることで利益:マージンを確保して、顧客にシームレスな購入と配送体験をお届けできます。

関連コラム記事:
オムニチャネルコマースとは 顧客購買体験 対談 Part01

オムニチャネル
フルフィルメント

店舗やオンライン・マーケットプレイスなどのさまざまなタッチポイントで購入の機会を提供します。
各店舗+DC在庫レベル、店舗配送ロジスティクス、および各チャネル需要予測などを、これらすべてのチャネル間で同期します。

関連コラム記事:
オムニチャネルコマースの4つの機能 物流・フルフィルメント 顧客購買体験 対談 Part06

オムニチャネルのメリット

シングルチャネルと比較して
・高い顧客維持率
・高い顧客生涯価値
結果
・高い収益の実現
需要はチャネルごとに異なり、それに応じてサプライチェーンを準備する必要があります。
顧客の購買体験するタッチポイントは、ライフスタイルや地域などの要因によって異なります。
Z世代にアピールする1つの商品がオンラインブランドストアで売れて、Instagramでコミュニケーションをすると注文は3倍になるかもしれません。

オムニチャネルコマースで成功するためのポイント

在庫管理

安全在庫に追加保管在庫。または転送在庫の管理を基本として
・効果的なフルサービスの3PL
・最適化された在庫ポジショニング
・在庫管理システム
・オムニチャネル注文管理システム
・ 最適化された店舗配送および配達ルートとコスト

ロジスティクス
コスト

DC倉庫と店舗配送レーンの設定と維持のコスト管理。
効率的な設定-顧客の近くに、最適な量の在庫を保管し、配送・回収・転送ルートを最適化することです。

料金について

複数の
配送・配達方法

自社チャネル間であれば、BOPIS などの対応が必要です。
流通2Bがある場合は、小売別のでの「オンタイム、インフル:on-time, in-full」(OTIF)に対応が必要です。

チャネル全体の
可視性の確保

チャネルには、実店舗の小売店、eコマースサイト、ソーシャルメディアマーケットプレイスが含まれる場合があります。
それらすべてでの可視性は、チャネルごとに需要がどのように変化するかを理解し、各顧客が最適な購入体験を得ることができるように、フルフィルメントと配達のKPIが満たされていることが重要です。
顧客は購入前に在庫を確認することも望んでいます。
在庫情報を利用して取り置きと購入が可能であることも重要です。 

関連コラム記事:
オムニチャネルコマースの4つの機能 マーケティング&アドバダイジングチャネル 顧客購買体験 対談 Part04-1

マーケティング&アドバダイジングチャネル 顧客購買体験 対談 Part04-2

注文管理システム
OMS とは

注文管理システムとは、在庫とフルフィルメントの処理を追跡および支援するソフトウェアツールまたはeコマースプラットフォームです。

販売時点での注文入力と受信注文を処理し、クレジットカードによる支払いを行うなど請求ソリューションに対応し、注文処理プロセスを整理します。
eコマース顧客は注文ステータス、注文履歴、注文追跡を確認することができます。

そのために
リアルタイム在庫の可視性と在庫レベルの分析データを提供します。
eコマースビジネスでは、バックエンドでのカタログ管理を支援する単一プラットフォームを提供します。

関連コラム:
注文管理システム OMS とは

フルフィルメント注文のワークフローとライフサイクルを最適化して、顧客の注文を可能な限り最小のコストで時間どおりに処理、出荷、および配達されるようにすることです。
注文のルーティング、注文の分割、注文の発送など、フルフィルメントプロセス機能を自動化します。
リアルタイムの在庫の可視性をも提供して、eコマースと小売店の販売チャネルを同期します。

顧客は、オンラインでの購入や店舗での受け取り(BOPIS)など、より低い送料の機会を利用して、より優れたオムニチャネルエクスペリエンスを利用できるようになります。
顧客購買体験のポイント、どこでどのように購入したかを追跡することが必要になります。
それによって、ワークフローを、注文処理を最適化し、顧客の場所と輸送コストに基づいて販売注文を出荷注文にプールまたは分割するように設計します。この最適なフルフィルメントは、オムニチャネルOMSがすべてのフルフィルメントポイント(倉庫、小売店、製造工場など、在庫が保管されている場所)のデータを追跡しています。

関連コラム:
オムニチャネルコマースの4つの機能 オペレーション(OMS・IMS) 顧客購買体験 対談 Part05

~サイト制作から運用までワンストップでおまかせいただけます~

サイト構築

コマースサイト構築

CX:マーケティング

CX:マーケティング

CSセンター

CSセンター

運用代行

フルフィルメント運用代行

店舗物流

店舗物流

Eコマースサイト構築・運用会社

Eコマースサイト構築・運用会社

売れるECサイトを立ち上げから成功までワンストップでご支援!
お問い合わせは弊社まで
最適なパートナーをご紹介します。

コラム&サービス紹介
【株式会社Neutral Works】
【株式会社LIFE&C HOKKAIDO】

商品開発

 

 

お気軽にご質問・ご相談ください

  お問い合わせ