富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

ShopifyとShopify Plusの比較!

D2C eコマース OMO Shopify Shopify Plus オムニチャネル
Shopify VS Shopify Plus

written by 吉村慎之助

目次

  1. 概要
  2. ShopifyShopify Plusとは?
  3. デザインの自由度
  4. eコマース機能
  5. ヘルプ&サポート
  6. 価格設定
  7. いつShopify Plusにアップグレードすべきか?
  8. まとめ

概要

テクノロジー非常に重要になったE-コマース・D2C・DNVB オムニチャネルの世界では、オンラインショッピングの普及に伴い、あらゆるビジネスオーナーが完璧なeコマースプラットフォームの探索を加速しています。
そしてこれは、パンデミック後の普遍的な傾向となっています。購買体験での顧客満足は中心的な課題であり、常に変化する顧客のニーズを満たすという負荷を支えることができるのは、強力なプラットフォームだけです。

トップクラスのeコマースプラットフォームを考えると、ShopifyShopify Plusは、中小企業や大企業に至るまで広く普及しています。しかし、誰もが自分のビジネスに最適なeコマースプラットフォームを選択することについて、正解を見いだせているわけではありません。 

正直に言うと、このブログはShopifyShopify Plusどっちが優れているかについて書いているのではありません。どちらか一方があなたのビジネス目標に最も合致しているかということを総合的に理解することがとても重要です。高機能なeコマースプラットフォームは、どれも多かれ少なかれ同じように機能します。しかし、Shopify Plusが高成長企業にとってより費用対効果の高いデジタルコマースプラットフォームとして際立っている特定のパラメータがあります。それは、毎分10.149件以上のトランザクションを処理できることです。これは、スケーラブルなインフラを目指すビジネスにとって、有望な数字と言えるでしょう。

これを読めば、皆さん自身が何を求めているのか、少なくともデジタルビジネスを成功させるためにどのような方向に進めばいいのかが見えてくるはずです。

では、ShopifyShopify Plusについて見てみましょう。

ShopifyShopify Plusとは?

Shopifyは、2006年以来、デジタル市場のフロントランナーの1つです。このオールインワンソリューションは、最高のeコマース機能、デザイン性に優れ、カスタマイズ可能なテーマ、シームレスなサポートにより人気を博しています。現在、180万社以上の企業がShopifyを利用して商品やサービスを販売しており、160万以上のWebサイトがこのプラットフォーム上で稼動しています。

一方、Shopify Plus2014年に発売ローンチされ、Shopifyの最新機能を紹介しつつ、大企業や事業者のニッチな需要に応えるため、拡張性、有効性、強化されたサポートを追加しています。Shopify Plusの機能は、ある意味、Shopifyからの継承と世代交代を組み合わせたものです。しかし、この2つのプラットフォームの大きな違いは、ターゲットとする顧客層に起因しています。

そこで、両プラットフォームの特徴を、その機能性に基づいてもう少し掘り下げてみましょう。

デザインの自由度

Shopifyは、地元の業者から国際的なマーケットプレイスまで、世界中で利用されています。汗をかかずにデザインできる魅力的なストアフロントの恩恵を確実に受けることができます。

テーマ:

ShopifyShopify Plusの両方が、無料からプレミアムまで100以上のカスタマイズ可能なテーマを提供しています。プロのデザイナーが、完璧なCXの重要性を念頭に置いて、これらのテーマをすべて作成しました。訪問者の心にあなたのブランドを刻み込む、完璧なテーマを選択することができます。

テンプレート:

両方のプラットフォームで利用可能な無料のテンプレートをチェックすることができます。また、プレミアムテンプレートは、1回限りの投資であることを考慮すれば、手頃な価格帯に設定されています。

言語サポート:

Shopifyの両プラットフォームは、幅広い言語をサポートしており、世界中に販売することが可能です。しかし、ここでShopify Plusが少し際立ちます。Shopifyでは、ストアを5つの言語に翻訳することができますが、Shopify Plusでは20の言語から選択することができます。このダイナミクスを見てください。パーソナライゼーションを向上させ、顧客エンゲージメントを高めることで、ローカルに販売することができます。

カスタマイズ:

Shopify Plusでは、Shopifyよりもはるかに多くのカスタマイズが可能です。例えば、Shopify Plusのカートとチェックアウトをカスタマイズするためにスクリプトエディタを使用することができます。

eコマース機能

eコマース機能は、この比較に欠かせない要素です。結局のところ、私たちは皆、このデジタルコマースの一部なのです。私たちの累積目標は、顧客に優れたデジタル商取引体験を提供することです。

マルチカレンシー:

ShopifyShopify PlusShopify Paymentを使えば、130以上の通貨で複数の場所で商品を販売することができます。各取引の換算価格は、リアルタイムの外国為替レートに応じて自動的に計算されます。

あなたの顧客は世界のどこからでも購入することができ、結果的に収益アップにつながります。しかし、ここでShopify Plusは、顧客のIPアドレスを検知して自動的に通貨を変換することで、一歩先を行くことができます。また、四捨五入のルールをカスタマイズすることができるので、他の通貨でも価格の見え方をコントロールすることができます。

商品とストアの機能:

ShopifyShopify Plusは、

などでオンラインストアを強化する強力なストア管理機能を備えています。また、動画、3Dサポート、在庫管理、複数の画像とバリエーションのサポート、シームレスなSEOサポートなどを活用して、商品ページを強化することができます。Shopifyが提供するこれらの機能とは別に、Shopify Plusでは、Shopify FlowScript EditorBBulk Account Invite Senderなどの専用アプリを利用でき、より良いショッピング体験を実現することができます。

eコマースマーケティング:

ShopifyShopify Plusは、デジタルマーケティングサービスを活用してオンラインストアを宣伝・販売し、ブランドの存在感を高めるのに十分な機能を備えています。FacebookInstagramPinterestなどのソーシャルメディアをシームレスに統合し、ギフトカードや割引を提供したり、商品ページにレビューやソーシャルプルーフを追加したりすることが可能です。

アナリティクス:

eコマースサイトの醍醐味は、実用的なインサイトを使って、時間をかけてより良いものにすることです。Shopifyのアナリティクスでは、オンラインストアとマーケティングキャンペーンをレビューし、成功に導くことができます。Shopifyのアナリティクスは、総合的なデータを分単位で説明するためのダッシュボードを提供します。しかし、Shopify Plusは詳細なレポートにより、アナリティクスを新たなレベルに引き上げることができます。

オムニチャネル:

Shopify Plus独自の機能の1つであるオムニチャネルコマースは、複数のチャネル、ウェブサイト、ソーシャルメディアアカウント、実店舗などでの顧客体験を向上させる上で重要な役割を担っています。Shopify Plusを活用し、店舗を多様化することで、顧客との強固で長期的な関係を構築することができます。

Shopifyホールセールチャネル:

卸売商取引(B2B)は売上を伸ばし、短期間でビジネスを拡大するのに役立ちます。そしてShopifyでは、パーソナライズされた割引からフランチャイズストアまで幅広い機能性を開放しながら、製品を卸売販売することができます。
ShopifyShopify Plusの両方が、卸売において多かれ少なかれ正確なソリューションを提供します。しかし、Shopify Plusでは、全く異なる卸売チャネルを構築し、D2C販売から分離することができます。また、このチャネルは既存のストアから分岐しているため、卸売りの顧客には同じ商品を卸売りの割引価格で表示することができます。
また、卸売りに関するFAQやポリシー、利用規約などのページを個別に作成することも可能です。最後に、Shopify Plusでは、請求書発行前に卸売注文を管理し、卸売顧客のサインアップを自動化することもできるので、注文管理にかかる時間と労力を節約することができます。

ヘッドレス・コマース:

今日のデジタル世界の流行語であるヘッドレス・コマースは、今後数年間で急速な成長を可能にします。最新のイノベーションに対応したShopify Plusのヘッドレス・コマース・プラットフォームは、数多くの機能を備えています。

  1.  高度なカスタマイズ性
  2.  ERPPIMCRMCMSなどの業務システム、コンテンツ管理システムとストアのシームレスな連携
  3. GraphQL Storefront APIを活用した店舗ビジュアルの品質向上
  4. ウェブストアのための技術スタックを自由に選択できます。
  5. 経験豊富なShopify Plusパートナーによる独占サポート

ヘルプ&サポート

ShopifyShopify Plusも、様々なアプローチであなたのビジネスを最高のサポートサービスでカバーすることを約束します。しかし、Shopify Plusには格別の良さがあります。

リソース:

Shopifyは、最新のトレンドやイノベーションに追いつき、プラットフォームについて自分自身を教育したいビジネスオーナーのために、ヘルプセンターとソーシャルメディアチャンネルで何百ものチュートリアルを提供しています。

コミュニティ:

他の人と協力したり、知識を共有したい場合は、世界中の70万人以上のビジネスオーナー、パートナー、Shopifyデベロッパーが参加するShopifyコミュニティに参加することができます。

Shopify コミュニティ

 

 

24時間365日のサポート:

言うまでもなく、Shopifyはいつでもあなたの問題を解決するためにサポートする準備ができています。電話、Eメール、ライブチャットで専門家に連絡し、より個人的な体験をすることができます。しかし、Shopify Plusのユーザーの場合、ビジネスオーナーは常にサポートを受けることができ、優先的に利用することができます。

ローンチマネージャーとマーチャントサクセスマネージャー:

Shopify Plusを利用する場合、もう一つの特別な機能があります。Shopify Plusが提供するLaunch ManagerMerchant Success Managerから、熱心で深い、パーソナルなサポートを受けることができます。彼らは、eコマースストアの立ち上げから、規模拡大、成功の達成まで、あなたをサポートしてくれます。この限定機能を活用して、eコマース起業家の経験を最大限に活用し、戦略的なコーチングや最新のビジネストレンドの先取りをすることができます。

ウェブサイトパフォーマンス:

Shopifyによると、全体として99.99%のアップタイムを維持しているのに対し、Shopify Plusでは99.98%となっています。Shopify PlusShopifyと比較すると少し遅く感じるかもしれませんが、Shopify Plusのストアフロントは他のどのSaaSプラットフォームよりも2.97倍速く読み込まれます。つまり、どちらのプラットフォームも、直帰率を最小限に抑え、CXを高めるのに役立つのです。

価格設定

あなたのビジネスに最適なeコマースプラットフォームを決定する際に、最も重要な要素の1つは価格です。Shopifyでは、あなたの予算に合わせて、あなたのビジネスの目的を満たすプランを選択することができます。少ない予算でEコマースストアを作ることができないなんて誰が言ったのでしょうか?ShopifyEコマースストアを構築する場合、Shopifyの開発用のプランを選択すれば、ピザ1枚分ほどのコストで構築できます。Shopify Plusの場合は、少し高い方です。しかし、価格が高い分、高い企業力が保証されています。Shopify Plusの場合、価格はやや高めですが、その分、高い企業力が保証されますし、楽にビジネスを進めることができ、管理よりも戦略的なプランニングが可能です。

これらのプランはすべて、詐欺分析、多通貨、放棄されたカートの回復、およびより多くのようなあなたの重要な機能を提供します。しかし、普遍的な真実は、遊べば遊ぶほど、より多くのものを得ることができるということです。Shopify LiteからShopify BasicShopify AdvancedShopify Plusまで、あなたのオンラインビジネスに必要なものによって選択することができます。

Shopify Plusの概要について他のプランと比較すると以下のような違いがあります。

Shopify Plus ベーシック スタンダード プレミアム
月額料金 2,000ドル 33ドル 92ドル 399ドル
スタッフアカウント数 無制限 2 5 15
国内のクレジットカード手数料 3.15% 3.4% 3.3% 3.25%
海外のクレジットカード手数料 3.75% 3.9% 3.85% 3.8%
Shopifyペイメント以外の手数料 0.15% 2.0% 1.0% 0.5%

※Shopify Plusの契約は12ヶ月からとなります。
※Shopify Plusの月額料金は、月商80万ドルを超えると、売上の0.25%従量課金になります。

いつShopify Plusにアップグレードすべきか?

この質問に対する簡単な答えはありません。いつ、どのようにShopify Plusへのアップグレードを計画するかは、それぞれの企業によって異なります。しかし、Shopifyの移行を計画する際に、特定の要因に焦点を当て検討することは可能です。

最初の条件は、会社の年間売上高です。Shopify Plusには莫大な費用がかかるので、その余裕があることを確認する必要があります。また、Advanced Shopifyでは1店舗につき15人以上のスタッフアカウントを許可しているため、スタッフの人数も重要な要素です。もし、あなたのビジネスが雪だるま式に増えているのなら、アップグレードの時期かもしれませんね。

最後に、もしあなたが面倒な冗長作業から抜け出せないのであれば、些細な作業は任せて、ビジネスの拡大に集中する方が賢明な選択と言えるのではないでしょうか。ショップのアップグレードやShopify Plusへの移行を検討しているのであれば、Shopify Plusの開発エージェンシーと協力することで、いつでも手を借りることができます。eコマース自動化ツールとShopify Plusパートナーの専門知識があれば、このような問題なくeコマースビジネスを構築し、運営することができるのです。

まとめ

このShopify vs. Shopify Plusのコラムでは、類似点と相違点を網羅的にお伝えしています。もしあなたが、eコマースストアの構築とモニタリングのための基本的な機能を備えた基本的なeコマースソリューションをお探しなら、ShopifyShopify Plusはあなたのニーズを満たすことができます。しかし、より良い、より強力なコントロールとカスタマイズ、より大きな柔軟性、強化された機能性に関しては、Shopify Plusは競合他社から抜きん出ていますね。

Shopify Plusについての詳細は

Shopify Plus

Shopify Plusって?

Shopify Plusは、グローバルなオムニチャネル展開に対応した企業向けのECエンジンです。月間売上高が100万ドル以上で大量のトラフィックが発生し、運用チームの規模が大きいビジネスにおすすめされています。Shopify Plusには、自動化ツールのShopify Flowや複数店舗の構築が可能なShopify POS Proなど、さまざまな機能が提供されています。また、ヘッドレスコマースも選択肢の一つであり、APIによるヘッドレス機能の利用やフロントエンドとバックエンドの独立性を享受することができます。

Shopifyは、その手頃な価格と効率性から、小規模から大規模のビジネスにとって賢明な選択であることに疑いの余地はないでしょう。しかし、Shopify Plusはエンタープライズレベルのeコマースビジネスに最適で、ハイパワーなコマースプラットフォームへの需要に応えてくれます。

関連コンテンツ

Shopifyストアのフルフィルメントのポイント #1

【サマリー】
Shopifyでは、D2C(Direct-to-Consumer)やeコマース、オムニチャネル販売において、さまざまな小売フルフィルメント方法が利用できます。これには自社オペレーション、非接触型の配送、ドロップシッピング、サードパーティロジスティクス(3PL)との提携などが含まれます。非接触配送では、配送業者と顧客の接触を制限したり、完全に接触しないような方法で商品を配送します。また、3PLはeコマースの在庫管理や倉庫保管、フルフィルメントなどをサードパーティにアウトソースするサービスです。Shopifyでは、自社内フルフィルメント、産直・ドロップシッピング、3PLを活用することで効率的なフルフィルメントを実現することができます。

Shopifyストアのフルフィルメントのポイント #2

【サマリー】
このコンテンツは、Shopifyストアのフルフィルメントについての情報を提供しています。3PL(第三者物流)などのサードパーティを活用する場合の方法とメリットについて説明されています。主要なフルフィルメントサービスとして、富士ロジテックホールディングス、Shopify Fulfillment Network、アマゾンのFulfillment by Amazon(FBA)、楽天スーパーロジスティクス、Rakuten Fashion Omni-channel Platformが紹介されています。

【ポイント】
- 富士ロジテックホールディングスは、Shopifyやオムニチャネルの注文処理において、他のフルフィルメントプロバイダーよりも多くのサービスを提供しています。
- Shopify Fulfillment Network(SFN)は、世界中の在庫管理やデータアクセスを提供する新しいサービスです。
- AmazonのFulfillment by Amazon(FBA)は、Amazonで販売する商品のロジスティクスを管理するサービスで、Seller-Fulfilled Prime(SFP)やFulfilled by Merchant(FBM)も利用できます。
- 楽天スーパーロジスティクスとRakuten Fashion Omni-channel Platformも、フルフィルメントサービスを提供しています。

【補足】
- Shopifyはフルフィルメントを提供しておらず、代わりに上記のサービスを活用することができます。

Shopify在庫管理に関するガイド

【サマリー】
D2C・eコマースビジネスを立ち上げる際には、Shopifyなどのコマースシステムを使用してデジタルストアを作成することが重要です。Shopifyを利用すると、簡単に美しいオンラインストアを設計・開発・立ち上げることができます。また、注文後の体験や在庫管理も重要な要素であり、顧客との関係構築や利益を得るために注力すべきです。在庫管理のためには、Shopifyの在庫管理ツールを使用したり、サードパーティの在庫管理アプリを活用することができます。適切な在庫レベルの維持や在庫コストの削減、在庫追跡の改善など、Shopifyとの在庫管理連携には多くのメリットがあります。

スタートアップのためのShopifyでのコマース&デザインの基本

【サマリー】
Shopifyは、使いやすさ、堅牢な機能、手頃な価格により、スタートアップのD2Cから、そしてShopify Plusは小売事業者、オムニチャネルコマースを展開する事業者に、急速に人気を博しています。Shopifyはオンラインビジネスを始めるのに簡単であり、中小企業や新興企業にとって費用対効果の高いプラットフォームです。また、大規模なエンタープライズブランドもShopify Plusを利用しています。このプラットフォームは、eコマース業界で使いやすく、優れたデザイン機能を提供し、費用のかからないプランから始めることができます。

Shopify Plusで海外に販売を開始する方法

【サマリー】

国際的にeコマースビジネスを拡大することには、以下の3つの主な理由があります。まず第一に、対象市場でより大きな顧客基盤を獲得することができます。オンラインショッパーの40%が別の国で販売された商品を購入しており、国際的な販売によって顧客ベースを拡大するチャンスがあります。第二に、ブランドの認知度を国際的に高めることができます。国際的なブランド拡大には、顧客の信念や文化に合わせたブランディングとメッセージが必要です。最後に、グローバル市場で急速な成長が期待できます。国境を越えた購買は増加しており、未開拓の市場での成功が可能です。

Shopify グロースの進め方 with Store Hero

【サマリー】
富士ロジテックホールディングス 通販 営業部の西間木智 部長と株式会社StoreHeroの 黒瀬淳一 代表取締役CEOによるインタビューでは、Shopifyを活用したグロースハックについて話されており、具体的なアドバイスやTipsが共有されています。記事では、グロース課題の整理、グロースモデルの設計、KPI/施策設計、グロースワークフローの設計と運用、そしてグロースパトーナー制度について触れられています。また、様々な運用アドバイスや代行事例も紹介されています。

事例/Tips & 質疑応答 Shopify グロースの進め方 with Store Hero

【サマリー】
富士ロジテックホールディングス 通販 営業部の西間木智 部長が、株式会社StoreHeroの 黒瀬淳一 代表取締役CEOに対して、Shopifyを活用したグロースハックについてインタビューを行っています。具体的な質疑応答形式で、クライアントやマーチャント・スタッフの力を引き出してコマースビジネスの成長を実現する方法について話しています。黒瀬さんは、Shopifyをグロースプラットフォームに選んだ理由、Store Heroの特徴、成功事例、サポート期間や費用、オムニチャネル事例、相談が多いケース、支援のステップなどについて詳細を説明しています。

プロフィール

吉村 慎之助

吉村慎之助
Z世代ってことですねぇ。
動画編集始めました。(まだまだですが)
CG技術&プログラミング勉強しています。
おしゃれな秘密基地のような家を持つのが夢です。
最新のアパレルファッションやECMetaverseに関連するテクノロジー、その他にもワクワクするような技術、海外の同世代のトレンドなどの情報を発信しながら自分も勉強して、将来の自分たちのために、やりたいこと、やるべきことを見つけて、お届けしたいと考えています。

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

AIチャットボット 優れたパフォーマンス、人間性、スピード、正確さでカスタマーサービスとして完全に解決する
AIチャットボット 優れたパフォーマンス、人間性、スピード、正確さでカスタマーサービスとして完全に解決する
チャットボット優れたパフォーマンスを示し、人間性、スピード、正確さでカスタマー サービスとして完全に解決する 理由と運用を一緒に考えてみてください。 1. お客様の共感を呼ぶ親身な対応 なぜこれまでのAI :人工知能システムは失敗に終...
続きを読んでみる
ラテンアメリカ マーケットプレイス
ラテンアメリカ マーケットプレイス
ラテンアメリカは、ブラジルやメキシコのような比較的大きくて発展した国から、ハイチやベネズエラのような世界で最も不安定で貧しい国まで、20カ国からなる多様なグループです。違いはあるものの、ラテンアメリカのほとんどの国には、長い国境、スペ...
続きを読んでみる
Ship form Shop ストアから発送とは
Ship form Shop ストアから発送とは
ストアから発送とは これは、小売ネットワークを活用し、オンラインでの在庫切れを防ぐことを可能にするオムニチャネル イノベーションです。 オンライン注文を履行するための配送ハブとして店舗を使用します。 店舗からの発送を実装するには、特定...
続きを読んでみる
サブスクリションを獲得するための7つの実証済みの戦略 1回限りの購入者の代わりに
サブスクリションを獲得するための7つの実証済みの戦略 1回限りの購入者の代わりに
サブスクリプションコマースに限らずD2C(DTC)ビジネスはパンデミックの最初の2年間で20%以上急上昇した後、会員収入の伸び率は現在1桁台に落ち込んでいると言われます。消費者の注目を集め、限られた予算をめぐる競争は、従来の小売業の競...
続きを読んでみる
AI マーケティングオートメーション
AI マーケティングオートメーション
e コマース 、データ(小売データと DTC データ)、プロファイルのターゲティングがどのように連携できるかについてご一緒に考えていきましょう。 開始するまえに、オーディエンス スライスを確認してみてください。コマースプラットフォーム...
続きを読んでみる
カスタマーエクスペリエンスの最適化:知っておくべきことすべて
カスタマーエクスペリエンスの最適化:知っておくべきことすべて
今、顧客がe コマースサイト やモバイル アプリにたどり着いた瞬間から、生涯を通じて素晴らしい顧客体験を提供する必要があります。そうでなければ、顧客はイライラしてサイトやアプリを離れ、どこか別の場所に行ってしまうでしょう。カスタマーエ...
続きを読んでみる
ユーザー生成コンテンツ:統合する8つの説得力のある理由
ユーザー生成コンテンツ:統合する8つの説得力のある理由
ユーザー生成コンテンツ:User-Generated Content、なぜそれをあなたのブランドのコマースサイトに統合するのでしょうか。もしかしたら、ソーシャルユーザー生成コンテンツに関連する非常識な ROI エンゲージメント コン...
続きを読んでみる
ユーザー生成コンテンツ戦略:コンバージョンにつながる戦略を立てる
ユーザー生成コンテンツ戦略:コンバージョンにつながる戦略を立てる
UGC:ユーザー生成コンテンツと、UGC(User-Generated Content)がブランドにもたらすすべてのメリットについて聞いたことがあると思いますが、もちろん、正しく使用すればOKです。ソーシャルメディアでユーザー生成コン...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー