発送代行とは?発送代行の業務内容とサービスの種類

インターネットやスマートフォンが普及したことにより、ECサイトの需要が高まっています。さらに、海外に発送するケースがある場合もあります。

発送は迅速さが必要であり、商品が売れるたびに発送作業が増えてしまうのが現状です。物流業は慢性的に人手不足になっており、サービスの低下が懸念されることも少なくありません。そこで発送業務を外注することにより人手不足の解消、業務効率化を図る企業が増えています。

お問い合わせ

発送代行とは?

発送代行とは発送業務のすべてまたは一部に対して代行を依頼することをいいます。特にECサイトで販売をしたとき、商品を発送する必要がある企業が導入しています。発送代行会社が請け負うサービスはそれぞれ企業により異なります。

発送に必要な次の業務を代行している場合が一般的です。

  • 在庫の保管
  • ピッキング
  • 梱包
  • 発送
  • 伝票作成

ほかにもBtoCには欠かせないプレゼント仕様のラッピングやシール貼り、一人ひとりの購入条件にあったノベルティを封入するなど加工作業を展開している企業も少なくありません。

作業内容はカスタマイズできることが多く、自社の作業状況や予算にあわせて発送代行会社に依頼することができます。

発送代行の需要が高い理由

発送代行の需要が高い理由は、以下の2点が挙げられます。

  • ECサイトの増加
  • 配送にスピーディーさが求められる

ECサイトの増加 

2021年7月に経済産業省が発表した2020年度の産業経済研究委託事業(電子商取引に関する市場調査)によると、物販系分野の市場規模は12兆2,333億円でそのうち8.08%EC化しています。EC化とはそれぞれの産業において、ECサイトが導入されている割合です。物販系分野の市場規模は2019年の10兆515億円(EC化率6.76%)と比較すると伸長率は21.71%です。

また、2013年に5兆9,931億円(EC化率3.85%)と比較すると7年間で2倍以上の市場規模となっています。世界のBtoCにおけるEC化率は18%とされているため、日本のEC普及率はまだ遅れています。しかし、日本のBtoC市場のEC普及率は毎年順調に伸びており、今後さらに伸びていくことが予測されます。

画像出典:2020年度の産業経済研究委託事業(経済産業省)

配送にスピーディーさが求められる

配送スピードの速さはECサイトの売りのひとつとなっており、これまで以上に配送にスピーディーさが必要です。さまざまなECサイトが存在する現代において、消費者は商品の質、料金と同じくらい配送のスピーディーさを求めます。

最短当日配送を導入しているECサイトは決して珍しくありません。同じ商品を同じ価格で購入するのであれば、配送スピードが速いサービスを選ぶのが一般的です。

しかし、配送スピードを早くすればするほど発送業務の負担がかかります。そこで発送業務を外注するEC事業者が増えています。

発送代行の業務内容

発送代行の業務内容ですが、大きくわけると次の4つの工程にわかれます。

  • 在庫保管(管理)
  • ピッキングや伝票の管理
  • 梱包から発送
  • 加工作業
  • 加工作業

在庫保管(管理)

商品を入庫してから保管するまでの管理をおこないます。スムーズに出庫や配送をするために、保管の仕方が重要になります。特にBtoCは1度の注文で1個の商品を扱うことが多く、さらにECサイトで扱う商品が多様化していることから在庫管理が複雑になっています。

ピッキングや伝票の管理

売上管理と在庫管理の数がずれないように、さらに顧客に郵送する商品を間違えないようにピッキングや伝票の管理が重要になります。ピッキングは人がおこなう作業のためミスが起こりやすい工程です。ピッキングをミスなくスムーズに進めることによって、発送作業全体の業務効率化につながります。

伝票の管理は売上管理や在庫管理と連動することによって、手間やミスを大幅に減らすことができます。

加工作業

ECサイトはBtoCがメインであり、ラッピング包装や顧客一人ひとりにあわせたチラシやノベルティーを同封するなど加工作業が重要です。多くの発送代行会社において加工作業を提供しています。

梱包から発送

顧客は梱包された状態で商品を受け取ります。そのため、梱包の仕方によって顧客満足度に影響があります。梱包まで終了してはじめて発送ができる状態になります。

発送代行は決して発送するだけの業務ではなく、発送するために必要な業務を委託することができます。

発送代行サービスの種類とは

発送代行サービスには、次の3タイプがあります。

  • 個別倉庫タイプ
  • 物流倉庫タイプ
  • すべての業務を依頼するタイプ

個別倉庫タイプ

受注管理はEC事業者がおこない、そのほかの入出庫や商品の保管を発送代行会社に委託する方法です。1つの拠点で商品を保管して全国に配送する場合に向いています。ほかにも細かく作業内容を設定したい場合も、この個別倉庫タイプがおすすめです。ほかの倉庫業者と提携していないことから、カスタマイズをしやすいのが特徴です。

物流倉庫タイプ

受注管理はEC事業者が担当し、商品の出荷や在庫管理などは代行サービスがおこないます。個別倉庫タイプと違うのは複数の倉庫業者と提携している点です。全国に複数の拠点がある場合が多く、配送コストを抑えることができます。

すべての業務を依頼するタイプ

受注管理から入出庫、商品の保管まで発送に関連する業務をすべて代行会社がおこないます。大量に商品を扱っているEC事業者や、発送業務に手が回っていない場合におすすめのタイプです。

富士ロジテックグループのサービス

富士ロジテックでは、通販物流にて以下のような悩みがある方のサポートをしています。

  • 発注が多いのに発送できていない
  • 出荷時のミスによりクレームが多い
  • 導入したシステムの費用対効果が悪い
  • エンドユーザーから配送に関してのクレームが多い

富士ロジテックグループのサポート内容

富士ロジテックでは、通販事業を10年間運営しており蓄積されたノウハウを使って、高品質でのサポートを提供しています。基本的な入荷から出荷、返品までの対応以外にも、以下のようなオプションをご依頼いただくこともできます。

  • 品質検査
  • 商品補強ギフト包装
  • チラシ同梱
  • 検針

富士ロジテックの実績

富士ロジテックでは、以下のようにさまざまな業種形態に対して長年取引している実績があります。

  • 日経ベビーネット通販(ベビー用品全般)
  • 日経ネット通販(女性向けアパレル・下着・化粧品・雑貨)
  • 日経ネット通販(飲料・雑貨・高級ブランド)
  • 外資系アパレル通販(女性向けアパレル)
  • 外資系アパレル・雑貨(アウトドアアパレル、雑貨、家具)

まとめ

発送作業には在庫の管理、ピッキング、入出庫、梱包、加工作業などさまざまな業務が伴います。さらに、近年ECサイトの増加により発送される商品が増えており、慢性的に人手不足のEC事業者が増えています。

そこで、発送に関連する作業を外部委託することによって発送業務の負担を減らし業務効率化を進める企業が増えています。発送業務のプロに依頼することによって、誤発送や商品の破損などを防ぐことができ顧客満足度を上げることができます。

富士ロジテックグループでは、倉庫サービスから流通加工、通販物流など顧客のニーズにあわせた物流発送業務を提供しています。発送代行導入をお考えの方はぜひお問い合わせください。

 <関連記事>

発送代行のメリットとデメリット

発送代行会社の選び方

発送代行を通販で利用するうえでのポイントや注意点

ネット通販の発送代行の対応範囲