News

  • オムニチャネル・OMO 商品・在庫連携機能のポイント With Lexica #3

    オムニチャネル・OMOコマースで成長するために隠されているビジネスの本質を確認しながら、 コンポーザブルなコマース環境が求めれらている背景と、それを実現して提供するために、

    「Lexica:レキシカ」

    が永年に亘って開発して、提供してきたアーキテクチャーとそのメリットについてお話しをお伺いしています。

    「顧客中心主義:カスタマーセントラル」な「購買体験」(購買前+購買後)を オムニチャネルコマース&OMOで、デザインして提供するために必要な要素

    第3回

    商品・在庫情報統合 について

    ■商品と在庫とは

    「ドメインモデル」を採用しているメリット。

    1:リアルは在庫管理システム(IMS)
    2:Eコマース(EC)は商品マスター

    ■商品情報はこう持つ
    ・一対一で組み付けないとピッキング出来ないではだめ

    ■解決策は「在庫の仮想化
    ・処理するタイミングも違う
    ・スタイルも違う
    ・購買フローへの関与も違う

    ■「顧客中心主義」の「購買体験」とは

    ◎Facilitaor 追加解説

    これまでの振り返り

     ■#3 商品在庫統合

    ◎すべてのチャネルで一貫したエクスペリエンスを顧客に提供すること

    課題 #1: チャネル全体で一貫した在庫
    課題 #2: 店舗在庫とオンライン在庫
    課題 #3: フルフィルメント インフラストラクチャ

    ■次回以降のテーマ

  • オムニチャネル・OMO 顧客統合・機能のポイント With Lexica #2

    オムニチャネルで課題となるテーマ パーソナライズの「基本データ」ともなる

    Point2: 顧客情報統合 についてお伺いしていきます。

    ■「基幹システム」「受注管理システム」と連携で何故実現しなかったのか

    ◎Eコマースのパッケージにありがちのいわゆる「会員機能」とは

    ・オフライン系の顧客とは

    ◎実際の起きてくる問題と解決策
    1:「顧客」というものと
    2:「アカウント」というものと
    3:「ID」というのは

    E-リテーリングシステムズさんからのご案内
    新しいコマースシステムを一緒に開発するエンジニア
    OEMとしてコマースシステムとして開発提供頂けるパートナー様をお待ちしているとのことです。
    E-リテーリングシステムズ様まで、お気軽にお問い合わせください。
    https://bit.ly/3QggkLZ

     

    Facilitaor 追加解説 ファシリテーター:吉村

    オムニチャネル・OMOコマース システムについての 第2回は 「顧客情報統合」について、お話しをいただきました。

    リアル店舗、オフラインでの顧客情報 デジタルでの顧客ID=認証 それぞれで取得する目的と、取得できるデータ=顧客情報 について 「Lexica:レキシカ」のアーキテクチャーをベースに 統合の方法やその活用方法についてファシリテーターの吉村がインサイトされたことをお伝えしていきます。

    目的とメリット 「顧客中心主義」(ファーストではなく、セントリック)

    1:チャネル全体でパーソナライズされたエクスペリエンスを提供

    ■バイヤーズジャーニーのより良いデータ収集と理解

    ①見込み顧客と顧客データが統合されると

    ②整理され一元化されたデータを使用すると

    2:より便利なショッピング方法の提案と提供

    ■Wファネルコミュニケーション&マーケティング

    ①パーチェスファネル:購買前

    ②インフルエンスファネル:購買後

    ■顧客UX:高品質のセルフサービス

    ①マイポータルページ機能として

    ②スタッフUX:顧客の状態確認と応対のため

    ■ブランド担当者 vs.ブランド大使 vs.インフルエンサー vs.アフィリエイト

  • オムニチャネル/OMO TV コンテンツ一覧 物流DX & ITシステム の活用ポイント

    コンテンツ 

    第1回 Post Purchase:購入後体験の改善 Narvar

    第2回 Narvar の購買後体験で、返品・交換を収益化する方法

    第3回 浜松事業所:外資の品質基準で培った、2B&2C 物流のノウハウ

    第4回 商品コンセプト×ターゲット×CRM お客様に響くコミュニケーション設計

    第5回 スタートアップから10億越えまでにするべきこと質疑応答:商品コンセプト×ターゲット×CRM お客様に響くコミュニケーション設計

    EC立ち上げTODOリスト無料進呈

    ■イントロダクション

    【環境・課題】コロナウィルスによる激変する市場

    【提言】「〇〇のデジタル化」 と「 デジタル×」

     

  • オムニチャネルは ヘッドレスよりバックエンド機能がポイント With Lexica #1

    ◆Lexica(レキシカ)の開発経緯とコンセプト

    中田様

    開発に至った経緯とは ハイエンドのコマースパッケージのPMを経験を通じて、カスタマイズ対応ではない、モデリングをしっかりとしたシステムの必要性を感じとってきて、それを実現するために「Lexica:レキシカ」を開発しています。

    ◆オムニチャネルの課題

    企業文化、慣習、評価制度がオムニチャネルの実現を阻害する重要な要因でもあると捉えています。 集めたデータをしっかりとトラッキングできていることが重要です。それが「統合」と言われていますが、「サラダボール」みたいにデータが整理されて区別ができることが大切です。 吉村: 「顧客分析」をする中で、オムチャネル化すると顧客のロイヤリティが向上するわけではなく、ロイヤリティの高い顧客がオムニチャネル化していくことが判ってきていました。

    ◆ヘッドレスがオムニチャネルのソリューションなのか

    ◆バックエンド機能はなぜ見過ごされてしまうのか

    バックエンドの話が見過ごされがちなのは、「連携ありき」だからだともいえます。 Eコマース(EC)でいわゆる「基幹システム」が当然必要という風潮がありましたが、振り返れば、何が「基幹」だったのかは事業者が感じていると思います。 何故なら、WMSは別にありましたし、 顧客管理システムが別システムのこともありました。 売上管理は、ERPでしたので、どこの「幹」なのか、「受注管理システム」ということだったのでしょうかという思いはあります。 そして、ECフロントとの連携は情報量的に疎結合でした。 「受注管理システム」ならば外部システムとの共通言語を 持たなければいけないのですが、それが疎かなことが多かったと思います。 それでは管理と言えないレベルだったと思います。

    ●お知らせ

    Eリテーリングシステムズさんでは SaaS型のコマースパケージを開発して、OEMも含めて提供しています。

    ・開発エンジニア

    ・OEMパートナー

    を募集されています。是非ご連絡してみてください。

    ◎◎FACILITAOR:吉村のファシリテーター解説

    ファシリテーター:吉村

    今回の対談は、下記の、関連コンテンツを読まれた、コマース事業者から もっと深いオムニコマースの運用ポイントを聴きたいとのコメントを頂いたためにシリーズ化します。 YouTubeのコメント欄にご質問・テーマをいただけば、 コメントバックや 次回のテーマとしてみなさんにポイントをお伝えしてきます。 よろしくお願いいたします。

    ■オムニチャネル・OMO 課題テーマ整理

    ■オムニチャネルとOMOとは

    ・オムニチャネル

    ・OMO

    ■3 つの基盤

    1. 販売およびマーケティング チャネル

    2. 人(顧客+スタッフ)とプロセス

    3. テクノロジー(インフォメーション&マテハン&デバイス)スタックと運用

    ■顧客の快適な体験を実現するには

    ■オムニチャネル OMO コマース とは

    ■オムニチャネル OMO コマースシステム の ポイント

    ▶ヘッドレス コマース vs コンポーザブル コマース

    ・背景と課題

    ・解決策

    ・理由

    「変化はリスクではなく機会」

    と考えてください。

  • 「対談・質問」スタートアップから10億越えまでにするべきこと 商品コンセプト×ターゲット×CRM お客様に響くコミュニケーション設計 #2 

    西部様から
    「EC立ち上げTODOリスト」 を無料でご提供いただけるとのことです。

    詳細は、YouTube でご案内しています。

    質問1:
    E-コマースでCRMを意識したバックオフィスのポイント

    質問2:
    同梱施策と効果測定

    質問3:
    D2CとUNBOXING

    質問4:
    0→1億 スタートアップ CRM

    質問5:
    10億を目指し超えるためのCRM

  • 商品コンセプト×ターゲット×CRM お客様に響くコミュニケーション設計 #1

    目次
    ・株式会社MOLTSと事業概要について

    ・『何を』『誰に』『どうやって』

    ・商品コンセプトは、

    機能 ・ 性能
    ×
    ベネフィット
    に要素分解されること

    ・ベネフィットとは
    お客様の何を解決してくれる商品なのか?
    お客様の不満、不安、不足、不便、不快、不都合をどう解決するのか?

    • マイナスをゼロにする商品 → 課題解決型
    • ゼロをプラスにする商品 → 願望実現型

    ・ターゲット

    ・初期CRMと継続CRMという考え方

    ・シナリオ設計/KPI策定|CRM施策の構成要素

    1. セグメント:顧客育成フロー
    2. チャネルの特性
    3. CRMでよく活用されるコンテンツ
    4. オファー一覧
    5. タイミング

    の5つをしっかりと捉えての、PCDAの回し方がとても重要であることを、それをクラアントと一緒になって実施されているとのご説明いただきました。

    施策ドリブンではなく、クライアントのビジネスが成長できるための、本質的な定義、考え方、それをベースにしての施策ありきという、継続的に組織やワークフローが改善、昇華されていくためのサポートを頂けているのだと、納得とともに、共感させていただきました。

  • 最短1日、タグ1行で越境ECをスタートする方法

    ウェブインバウンド®︎

    サービスを提供している。

    WorldShopping BIZ についてご案内いただきました。

    株式会社ジグザグとは

    『世界中の欲しいに応える、世界中に想いも届ける』サービスで
    『世界中のワクワクを当たり前に』

    にしていく

    越境EC支援事業
    ・「売り手」の海外販売支援 ~ WorldShoppingBIZ
    ・「買い手」の海外ショッピング支援 ~ WorldShopping
    サービスを展開されています。

    ウェブインバウンド®︎を当たりまえに

    海外に在住しているユーザーの動向

    WorldShopping BIZの活用方法

    JR東日本スタートアッププログラム2022の採択企業に選出。

    WorldShoppingについて

  • アパレル物流サービスのポイント 浜松編 コマース物流

    今回は、富士ロジテックホールディングス 浜松事業部のアパレル顧客むけのサービスから、これからのアパレル物流サービスについて

    コンテンツアジェンダ
    ■浜松事業所の概要
    ■サービスの特徴
     1:立地
     2:実績
       店舗 B2B
       Eコマース B2C
       流通加工
     3:マテハンとWMS
       ソーター
       RFID
       自社WMS
    ■取扱い実績  外資アパレル  国内大手アパレル  で培った、経験と実績
    ■自社単独では導入が難しい  RFID GAS ソータを  共同利用:シェアリング提供で  物流コストを削減して、かつ顧客とのリレーションを構築
    ■自社WMSのメリット  カスタマイズ連携でアパレルブランドの事業フェーズへの迅速な対応
    ■大型ECセンターの運用実績とノウハウ
    ■スタートアップ・D2Cへの支援
    ■流通加工  検針(コンベア)  値札付け  洗濯ネーム付け  品質検査  採寸  返品・分析    裾上げ  刺繍   ギフトラッピング  パッケージング  アセンブリ  個包装

  • 【提言】「〇〇のデジタル化」 と 「デジタル×」 オムニ・OMO TV イントロダクション

    Part-02では
    これからのアパレル・ファッション小売の目指すべき視点と方向性の提言をしています。

    この提言に沿って、各分野の専門家や、エキスパート、エバンジェリストをお迎えして、みなさまのインサイトに役立つ情報コンテンツをお届けします。

  • 【環境・課題】コロナウィルスによる激変する市場 オムニ・OMO TV イントロダクション

    コロナウィルスによる激変する市場

    1. EC市場の動き
    2. 小売流通業の流れ
    3. Walmart: Mobile + BOPIS + Quick Delivery
    4. 物流の役割の変化

    について対談をしています。

  • Narvar の購買後体験で、返品・交換を収益化する 

    コンテンツアジェンダ

    1:ポストパーチェスで大切な返品・交換体験が、CLTVを伸ばす理由と施策

    2:試着・返品キャンペーンでリアルな顧客購買体験がわかる

    3:返品・交換コストをどのように捉えるか

    4:返品・返送・返金条件の設定次第で、このような購買体験を提供することが簡単にできる
    自宅集荷のピックアップ依頼も可能

    5:返品・返送・返金条件の設定次第で、このような購買体験を提供することが簡単にできる

  • Post Purchase:購入後体験の改善 Narvar

    イントロダクション

    第1回は、

    Post Purchase (ポストパーチェス:購買後体験)とは

    第2回は、

    返品・交換体験を収益化するポイント

    について概要をレポートします。

    Narvarの提供するポストパーチェスプラットフォームとは

    • ポストパーチェスは購買「後」体験のプロセス
    • 商品の追跡ページの提供で顧客との接点を強化
    • トランザクションメールの活用方法

    コンテンツアジェンダ

    ポストパーチェスにおける「追跡ページ」導入効果は大きく4つあること。

    1. 売上拡大

    2. ロイヤリティ向上

    3. ブランディング

    4. コスト削減

    についてお話しいただいています。