顧客購買後体験を最大化する
「返品・交換 物流フルフィルメントサービス」

顧客との返品・交換の受付、受入・発送・在庫管理までの
返品・交換に関する業務を自動化して、
顧客を「ファン化」して売上向上に繋げるサービスです。
コマースシステムとシステム連携します

お問い合わせ
【顧客購買体験の重要ポイント】
返品・交換サービスで
ロイヤリティマーケティングの差異化しませんか。

返品・交換サービスは、顧客購買後体験で重要な接点として認知されています。 D2Cの本場USAの成長・成功しているブランドでは、次回の購入に繋がるロイヤリティマーケティングの1つとして活用しています

日本でも返品・交換ポリシーへの取り組みは、AmazonやZOZOなどを皮切りに、返品・交換を推奨する、オムニチャネルマーチャント・D2C事業者が続々と増えています。 返品・交換に関する顧客購買体験の課題を解決する施策を行なったオムニチャネルマーチャント・D2C事業者は、顧客数増加とともに、LTV向上、売上増加、利益向上の果実を得ています。

顧客は購買体験として、「購入後に返品・交換は当然。eコマースサイトでしか安心して購入ができない」ことが加速することは間違いないでしょう。

1:返品・交換サービスは、顧客のニーズ・データをキャッチする機会です。
2:返品・交換サービスは、次の購買行動に繋げる機会です。
3:返品・交換サービスは、購買後体験を充実させ「差」をつける機会です

いままでは、顧客に返品・交換サービスをご提供出来ていなかった、躊躇されていた、導入されたい、コマース事業者へ、
富士ロジテックが「返品・交換サービス」を運用サポートしてご提供します。

Reasons

返品・交換対応業務は、商品を販売するよりも工数と費用がかかります。
これから、顧客購買体験の向上サービスとして「返品・交換対応業務をどう効率化して、購入し易いサイトを構築し、売上拡大する」が課題となります。
ぜひこの機会に返品・交換 物流フルフィルメントサービスの導入をご検討下さい。

これからの購買体験に対応した返品から物流の再構築ができます!

課題:バックオフィス機能の効率化=「情報」の流れ

顧客から返品・交換の依頼があった場合は、情報は下記のように流れています。
【通常】コマース事業者と倉庫側ではスプレットシートなどを利用しアナログ・属人的に情報を管理しています。
メールやスプレッドシート、エクセルで管理

課題:物流・倉庫機能の効率化=「商品」の流れ

倉庫に戻ってくる商品は、配送伝票等の商品と紐付づけができる情報のある場合と、無い場合で業務工数が大きく変わります。

Feature

顧客購買体験がこれからのD2C・eコマース・OMOビジネスにとって重要です。 それはCVR:コンバージョン率の向上とともに顧客として還ってくるからです。
富士ロジテックでは、「返品・交換 物流フルフィルメントサービス」を通じて、 D2C・eコマース・OMO事業者みなさまの成長と成功をサポートしていきます。
返品・交換サービスについて、いくつかの重要なポイントをチェックしてみてください。
1つでもチェックがついたら、お問合せ、ご相談ください。
  

Check Point: 購買「前」体験のCXを向上したい。

1.eコマースオンラインショップで返品・交換ポリシーを明確に伝えます。
これによって、顧客購買前の体験での不安や、疑問を取り除くことで、安心してチェックアウトできます。
ストレスフリーな顧客体験
ユーザーフレンドリーなUI/UX
商品購入後の良い体験や世界観を作ることで、
「もう一度、このD2Cブランドで購入したい」と感じてもらい、購入前と後の体験向上で顧客の「ファン」化
を実現します。   

Check Point: 購買「後」体験のCXを向上したい。

2.無料の返品・交換サービスを提供します。
 
顧客購買後の体験で満足度を高めるだけでなく、リピート(繰り返し)購入していただく機会も増えます。

 
3.返品・交換プロセスを簡単にします。
顧客にとってできるだけ簡単なUI/UXであることが大切です。

4.顧客にさまざまな返送/配送方法を提供します。
配送会社の選択・コンビニなどの無人DEPO返送・リアル店舗での返却・交換などで返品・交換できるようにします。

Check Point: 購買後体験でのCEM向上を実現したい。

5.返品・交換のステータスについて顧客に積極的にコミュニケーションします。
顧客に積極的にコミュニケーションすることにより、サポートリクエストを減らすだけではなく、再購入への意欲を高めます。
 

Check Point: パーソナライズと商品開発力を向上させたい。

6.返品・交換の理由をヒアリングしてデータ化します。
返品の理由について顧客に尋ね、商品(MD)の最適化を実行し、将来の返品量とコスト削減できるようにするとともに、パーソナライズデータとしても活用します。        
 

Check Point: 在庫管理を効率化したい。

Check Point: ダイナミックプライシングを効果的にしたい。

7.在庫を最適に管理できるようします。
返品および返品検品・再生処理されたすべての返品アイテムのステータス概要を取得して、マーケティングに反映する必要があります。        
 

Check Point: 返金をCVに繋げるCEMを提供したい。

Check Point: ESを向上させたい。

8.スタッフのオペレーション負荷の削減に寄与するサービスとして設計・運用します。
D2C・eコマース・OMOビジネスでは、顧客だけではなく、スタッフの満足度もとても重要なビジネスの成長・成功のための要因です。          

返品・交換サービスでのいくつかの重要なポイントです。
顧客購買体験の最大化への、最良のポイントとヒントは、
顧客に、注文、購入、返品・交換のプロセスに関するすべての重要な情報をコマースサイトで伝えて、顧客がコマースサイトでシンプルに実行できることです。
富士ロジテックでは、全国9拠点の拠点で、返品・交換 物流システムを構築して、フルフィルメントサービス運用をご提供しています。

自社カスタマーサービスのオペレーション負荷を軽減し、時間、コストを節約して、顧客マーケティング、商品開発へシフトして、ビジネスの成長と成功を実現してください。
  

 

リバースロジスティックスで「よりエシカルに」「よりサスティナブルに」

返品・交換サービスから、リバースロジスティックスでサービスを発展成長させましょう。
    
顧客購買体験で、避けて通れない「リバースロジスティックス」という考え方とサービス
資源の有効利用、無駄な廃棄物の減少、環境に対する関心が高まることに対して「顧客購買体験」に組込ことは重要です。

■商品の回収、省資源、リサイクル・サービスの提供。
 
顧客が「保有する商品」をリアル店舗や、物流センターで回収する、還流物流サービスを提供します。            
  
■素材の代替・素材としての再使用。
 
顧客から回収した商品を検品・チェックして、再販可能商品・素材再利用商品などに分類・分別します。            
  
■環境にやさしい廃棄物としての処理。
 
再販売・再利用出来ないものは、環境にやさしい廃棄物として委託先に処理の実施管理します。            
  
■商品再生、修理を通じてのリユース。
 
一番のポイントです。商品を再生・修理をして再販売リユースコマースをサポートします。            
  
サプライチェーンにとってコストがかかるものであった返品・回収・再在庫いうプロセスで、そのままで処分するだけではなく
再加工プロセスを実施することで、「顧客も参加する3R(リデュース・リユース・リサイクル)を通じて
SDGsとも連動していく、「顧客購買体験」をデザインして提供していくことをお手伝いしていきます。 様々な2次マーケットで再販売を行うことも可能なことが、リバーズロジスティックスサービスの特徴です。
  

 

コマースシステムなどと連携して「より便利に」「より感動的に」

Logica
Read
blank
shopify
LOGILESS

お気軽にご質問・ご相談下さい

  お問い合わせ