用語集

  • 検針 とは

    検針 「検針」とは、倉庫で行う検品作業の一つです。製造時に使用したミシン針や縫い針などの抜き忘れが商品に混入していないか検査を行います。おもにアパレルや寝具など、肌に触れる商品を中心に実施されています。針が残ってしまった場合、ケガにつながるだけでなく、安全管理の観点から大問題に発展する恐れが...
  • BCP とは

    BCP 「BCP」とは「Business Continuity Plan」の頭文字を取った略称です。直訳すると「事業継続計画」を指します。具体的には、自然災害やシステム障害、テロなどによる突然の非常事態に備えて、対策を講じ、対処するための戦略です。企業が存続できないほどの大きな危機に遭遇した...
  • サブスクリプション とは

    サブスクリプション 「サブスクリプション」とは、おもに「定期購読・継続購入」という意味合いで使用されます。海外では、新聞や雑誌などの定期購読などで一般的に使われている言葉です。商品やサービスを購入するのではなく、月単位・年単位などで利用料金を支払い、一定期間中の利用権利が得られる仕組みです。...
  • 景品表示法 とは

    景品表示法 「景品表示法」とは、商品やサービスを実際よりもよく見せることを規制する法律です。消費者の自主的かつ合理的な判断を促すため、以下の内容を制限しています。商品・サービスの内容、価格、品質を偽る過大な広告表現消費者の判断を鈍らせる過大な景品類の提供正式名称は「不当景品類及び不当表示防止...
  • CV とは

    CV(コンバージョン) 「CV(コンバージョン)」とは、ECサイト運営に関わる用語において、Webサイト上の成果の指標を指します。英語の「Conversion」が由来で、直訳では変換や転換の意味を持ちます。CVが表す成果は目的によって異なり、Webサイトごとに設定する必要があります。主に以下...
  • SEO とは

    SEO 「SEO」とは「Search Engine Optimization」の略称であり、直訳すると「検索エンジン最適化」のことを意味します。頭文字を取って「エス・イー・オー」と呼ばれています。検索エンジンより正しい評価が受けられるようWebページを改善することで、検索結果の上位に表示され...
  • レスポンシブ対応 とは

    レスポンシブ対応 「レスポンシブ対応」とは、閲覧デバイスの画面サイズに応じて最適化されたレイアウトに変わるWebサイトの設計です。レスポンシブ(responsive)は直訳で「敏感に反応を示す」という意味であり、細かな調整をすることから、レスポンシブ対応の語源となっています。レスポンシブ対応...
  • D2C(DtoC) とは

    D2C(DtoC) 「D2C」とは「Direct to Consumer」の略称であり、メーカーが自社商品を直接消費者と取引することを指します。「DtoC」と表記される場合もあります。従来の取引では、メーカーと消費者の間に卸売業者やECショッピングモールのようなプラットフォームが存在し、仲介...
  • 3期制 とは

    3期制 「3期制」とは、倉庫の利用単位の1つです。1か月間を「1日〜10日」「11日〜20日」「21日〜末日」の3期間に分けて倉庫保管料を計算します。倉庫保管料とは、賃貸料・在庫管理料などが含まれた料金のことです。保管期間を細かく区切ることにより、入出荷のペースが早い荷主の場合は、保管料コス...
  • LTV とは

    LTV 「LTV」とは「Life Time Value」の略語であり、直訳すると「顧客生涯価値」を意味します。一社(一人)の顧客が、自社と取り引きを開始してから終了するまでの期間に、利益をどの程度もたらしたか収益を算出するための指標です。一般的には、顧客との関係性が良好であるほど、もたらす利...
  • EC(eコマース) とは

    EC(Eコマース) 「EC」とは「Electronic Commerce」の略称であり、直訳で「電子商取引」を指します。「Eコマース」と表記されることもあります。一般的には、インターネットショッピングを指し「ECサイト」と呼ばれています。企業と個人の取引(BtoB)だけでなく、個人同士の取引...
  • CPA とは

    CPA 「CPA」とは「Cost Per Action」の略称であり、直訳で「顧客獲得単価」を指します。1件あたりの顧客獲得にどの程度の広告費用が発生したかを算出する方法であり、CPA値が低いほど、少ない広告費で顧客獲得ができていると判断できます。CPA値が高い場合には、広告効果が薄い可能性...