富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

フルフィルメント コンテンツリスト 発送代行 3Pl パートナー選定チェックリスト付 

D2C DNVB EC eコマース OMO オムニチャネル フルフィルメント 倉庫管理システム・WMS 注文管理システム・OMS 物流 発送代行 返品・交換 3PL
【D2C・eコマース・OMOビジネス フルフィルメント編】  パートナー選定チェックリスト:ケーススタディから Part1

 

パートナー選定チェックリスト:

ケーススタディから PART1

【D2C・eコマース・OMOビジネス フルフィルメント編】パートナー選定チェックリスト:ケーススタディから Part1
内容サマリー
  1. 新しいブランドを立ち上げるパターン
  2. 事業拡張にともなうリプレース・移行するパターン
  3. 自社の倉庫を管理することから移行するパターン
  • すべてのフルフィルメントパートナーは同じではない:どのように選定するか
  • 最新の3PLとは何か
  • フルフィルメントサービスのテクノロジーなどの仕組みを理解する

テクノロジー対応フルフィルメントサービスとは、D2C・eコマースビジネス向けに発送業務と、フルフィルメントソリューションを提供する企業のことです。

質問項目

参考見積資料 付き

最新の3PL・フルフィルメントとは PART2

【D2C・eコマース・OMOビジネス フルフィルメント編】  パートナー選定チェックリスト:ケーススタディから Part2

内容サマリー

最新の3PLとは何か

フルフィルメントをアウトソーシングする際には、従来の

  • ピック Picking ピッキング
  • パック Packing 梱包
  • シッピング Shipping 発送

の作業ベース業務フローモデルを超えたソリューションサービスを探すことが重要になります。

つまり、フルフィルメントプロセスの特定の部分だけを支援するのではなく、システムやテクノロジーによる自動化を用いてサプライチェーンのすべての側面を調整してくれるかどうかに比重が移ってきています。

追跡情報と購買後体験のデザイン PART3

 

【D2C・eコマース・OMOビジネス フルフィルメント編】  パートナー選定チェックリスト:ケーススタディから Part3

 

内容サマリー

ポイント1:顧客とのコミュニケーション

顧客体験の重要性が増している中で、顧客に荷物の最新情報を自動的に提供することができることが求められてきます。

ポイント2:データ

技術力のあるフルフィルメントサービスを選定したいです、それはデータが重要だからです。

ポイント3:一貫性と正確性

ポイント4:確実で効率的なオペレーション

ポイント5:オーダーの精度

テクノロジーを利用することは、どうしたいかをコントロールできるようにすることだとわたしたちは期待しています

分散保管・分散出荷と購買後体験データ PART4

 

【D2C・eコマース・OMOビジネス フルフィルメント編】パートナー選定チェックリスト:ケーススタディから Part4

 

内容サマリー

フルフィルメントセンターの立地を賢く選ぶために

ブランドが初めてフルフィルメントを委託する際によくある間違いは、「近くにあるから」「紹介で聞いたから」という理由で倉庫を選んでしまうことかも知れません。それよりも、多くの顧客に効率的に商品をお届けするためには、平均的な輸送コストと輸送時間を削減できる場所を選ぶべきです。

出荷地域・在庫を分散させる

フルフィルメントサービスパートナーは、顧客のため(しいては、わたしたちのため)に割引料金を交渉できる配送業者との関係を持っています、(過去系で、いましたかも知れません)。

その他の検討事項

  • 機動的なフルフィルメントサービス、
  • 柔軟かつ機動的なシステムとテクノロジー

実例参考見積とポイントレビュー

【D2C・eコマース・OMOビジネス フルフィルメント編】  パートナー選定チェックリスト:ケーススタディから 参考見積

内容サマリー

適切なフルフィルメントパートナーの選択は価値があります。

D2Ceコマースビジネスでフルフィルメントをアウトソーシングする準備ができたら、適切なフルフィルメントサービスパートナーを選択することで、時間と費用を節約することができます。

長期的にサポートしてくれるパートナーを見つけるには時間がかかりますがその努力は報われます。
さまざまなフルフィルメントパートナーと話をする前に、将来の成長目標やビジネスの拡大方法など、事前に計画を立てておくことが大切です。

質問項目:Additional questions to ask

  • 実績のあるフルフィルメントパートナーとの長期的なパートナーシップを考えている場合は...
  • フルフィルメントセンターに在庫を分散させたい場合は ...
  • 良いカスタマーサポートを求める場合は ...
  • サブスクリプションしている場合は ...
  • あなたのD2Cブランドを輝かせたい場合なら...
  • コストを計算したり、その料金プランがわかりやすいかどうかを確認したい場合は...
  • フルフィルメントセンターに商品を入庫させるにはどうしたらいいのかとお悩みの方へ ...
  • 返品・交換サービスを提供したい場合は ...
  • 今すぐにでも始めたいと思っている場合は...
  • 世界中に顧客を持っている、または顧客が欲しがっている場合 ...

まとめ

参考見積実事例

お問い合わせ

富士ロジテックホールディングスが提供する

フルフィルメントコラム

フルフィルメントセンターとは

フルフィルメントセンターとは
内容サマリー
フルフィルメントセンターとは

倉庫と配送センターの違いとは

  • 1:ストレージ機能(保管)

提供されているフルフィルメントサービス

  • 2:センター施設の場所

フルフィルメントセンターでの業務とは

  • 3:在庫する商品の受け取りと保管
  • 4:注文管理(OMS)
  • 5:注文のピッキングと梱包
  • 6:付加価値サービス
  • 7:返品・交換・回収の管理

内容サマリー

フルフィルメントセンターを利用するメリット

  • 経験豊富なプロバイダーにフルフィルメントの煩わしさをアウトソーシングする
  • より優れたテクノロジーとインフラストラクチャを活用する
  • すぐにスケーリングができる
  • スケーラブルなフルフィルメントとは
  • フルフィルメントセンターの費用について

ビジネスではどのようなフルフィルメントセンターを利用すべきか

eコマースフルフィルメントサービス

  • 最適化されたストレージ
  • マルチノードフルフィルメント
  • 自動フルフィルメント

お問い合わせ

富士ロジテックホールディングスが提供する

オンライン小売(リテール)フルフィルメントとは

オンライン小売(リテール)フルフィルメントとは

内容サマリー

小売フルフィルメントプロセスを改善したいオムニチャネルビジネス

オンラインリテールフルフィルメントとは

オンラインストアにとって履行の重要なポイント

リテールフルフィルメントプロセスの6つのステップ

  1. 1新しい在庫を受け取る
  2. 倉庫保管
  3. アイテムを選ぶ
  4. 梱包
  5. 発送
  6. 返品処理

リテールフルフィルメントプロセスの最適化

  • 適切なフルフィルメントセンターの場所を選択
  • フルフィルメントソフトウェア
  • 出荷リードタイム

小売注文履行モデル

  1. サードパーティフルフィルメント(3PL)モデル
  2. 社内(自己充足)モデル
  3. 産直・ドロップシッピングモデル

小売フルフィルメントプロセス:課題と解決策

マルチチャネル・リテール(コマース) フルフィルメントとは

マルチチャネル・リテール(コマース) フルフィルメントとは

内容サマリー

マルチチャネル・リテールの進化

3つのテーマ

  1. マーケティング
    D2C(DTC) eコマース広告のオプションは大幅に複雑化しています。予算を超過することなくリーチを拡大する方法を見つけることは、成功するために重要であり、最初の1歩です。
  2. 商品情報・PDP
    各販売チャネルには独自のリスト要件とデータフィード仕様のセットがあり、これらの要件は絶えず変化します。
    これにより、さまざまなチャネルにわたる顧客および商品データのフローを最適化および合理化することが困難になります。
  3. フルフィルメント
    同日配送・翌日配送・2日配送、そして送料無料=送料事業者負担>商品原価などを競争している時代でもあります。
    マルチチャネル・リテールでの成功は、すべての注文に最適なリテール・フルフィルメントオプションを判断・設計して、運用して、改善することを意味します。

リテールチャネルと選択肢

  1. マーケットプレイス広告
  2. ソーシャルメディア広告
  3. Google(比較)ショッピング
  4. eコマースマーケットプレイス
  5. モバイルフレンドリーなウェブサイト
  6. リアル・実店舗
  7. 配送・ピックアップ
  8. サードパーティロジスティクス:3PL

新しいチャネルは新しい課題をもたらします

  1. 正しい(または間違った)チャネルの選択
  2. 追加費用を理解する
  3. ロジスティクスを常に把握する

 オムニチャネル フルフィルメント 7つのルート

オムニチャネル フルフィルメント 7つのルート

内容サマリー

目次

どのような流通モデルがビジネスに最適かを判断する

01.倉庫流通センター(DC) からの出荷

  • DCからの配送のメリット:利点

02.リアル店舗ストア間転送

  • リアル店舗ストア間転送のメリット:利点

03.リアル店舗ストアから出荷

  • 在庫ローテーション
  • DCへの依存度の低下
  • スタッフと顧客が繋がる

04.ハブストア:HUB STORE

  • 配送の迅速化、売上の向上
  • 在庫切れの削減

05.地域限定ミニDC

  • 特定の地域に対応
  • ダークストア

06.DCからリアル店舗ストアへの出荷

  • DCからリアル店舗ストアへの出荷メリット
  • 顧客に最新情報を提供

07.産地直送・メーカー直送・ドロップシッピング・ベンダー

  • 産地直送、またはメーカー/卸売業者配送のメリット

まとめ

OMO フルフィルメントコスト とは

OMO フルフルフィルメントコスト

内容サマリー

OMO トレンド

  • E-コマースフルフィルメント拠点
  • E-コマースサービス拠点
  • ラストマイル配送拠点(店頭ピックアップ以外として)
    としての機能が求められてきます。

*OMO online merged with offline とは

フルフィルメントコスト

-フルフィルメントタスクとは

返品は絶対にキラー

*オムニ・OMO TV で詳細をご確認ください。

購買後体験で、返品・交換を収益化する方法 

店舗タギングとデジタルコマースタギング

お金を節約するためにお金を使う

注文と在庫の管理は、最も重要な機能の1つ

レジでの昔ながらの販売の場合

まとめ

-オムニチャネルコマース(小売業)の成功ためには

富士ロジテックホールディングスが提供するサービスについて

お問い合わせ

B2B・店舗・流通チャネル・ホールセール(卸) フルフィルメントとは

B2B・店舗・流通チャネル・ホールセール(卸) フルフィルメントとは

内容サマリー

B2BフルフィルメントとB2Cフルフィルメント

  • 注文とユニットボリューム
  • 配送方法
  • レギュレーション
    *EDI(電子データ交換)に関して
  • 費用
  • 履行スピード

B2Bフルフィルメント
B2Bオーダーフルフィルメントサービス

  1. ステップ 1: 受領
  2. ステップ 2: ピッキング
  3. ステップ 3: パッキング
  4. ステップ 4: 配送
  • 応答性の高いカスタマーケア
  • OMS・WMS:注文ダッシュボード

B2Bフルフィルメントセンターとは

  • フルフィルメントと送料の削減
  • より良い在庫管理

卸・WholeSale在庫管理とは
まとめ

注文管理システム OMS とは

注文管理システム OMS とは

内容サマリー

イントロダクション

  • -実店舗の重要性と、差し迫った環境整備

Eコマース・オムニチャネルコマース注文管理とは何ですか?

  • -注文プロセスの自動化とデータプロセスの統合の結果

Eコマース・オムニチャネルコマースの注文管理のしくみ

  • -1. 注文のフルフィルメントプロセス
  • -2. 注文管理システムにより、注文の履行が実施・管理される

Eコマース・オムニチャネルコマースの注文管理システムが重要な理由

  • -1. より速い配達。
  • ‐2. ミスが少ない。
  • -3. スケーラビリティーの向上。
  • -4. マルチチャネルの機会が増える。

効果的な注文管理の主な特長

  • -1. ブランドや小売事業者システム間で統合されます。
  • -2. 自動化による手動プロセスを排除します。
  • -3. 在庫ニーズを報告し、予測します。
  • -4.すべてのチャネルと連携動作します。
  • -5. 越境(国際:グローバル)サービスを提供します。

Eコマースの注文管理プロセスのステップバイステップ

  • -1. 在庫確保と保管・保持。
  • -2. 注文確定処理。
  • -3. 注文の履行。
  • -4. 倉庫管理。
  • -5. 出荷。
  • -6. 返品と払い戻し。

オーダーマネジメントシステムの課題

  • -1. 選択の難しさ。
  • -2. コスト。
  • -3. 複雑な実装。

Eコマース・オムニチャネルコマースの注文管理システムのメリット

  • -1. 原価の管理と収益の増加。
  • -2. スタッフの経験を向上させます。
  • -3. 顧客満足度の向上
  • -4. 顧客が必要とする現代的な購買前・後体験。

ラップアップ

オムニチャネル 対応 OMS とは

オムニチャネル 対応 OMS とは

内容サマリー

OMS注文管理システム7つのポイント

注文管理とは
01:ストアフルフィルメント
クリックして収集 Click and Collect
リアルストアから出荷 Ship from Store

  • Move more inventoryより多くの在庫を移動させる
  • Ship fasterより速く出荷する
  • Don’t lose sales because of out of stocks在庫切れのために売上を落とすことはありません。
  • Increase foot traffic in your stores店舗への来客数を増やす

02:複雑な注文ルーティング

  • 注文分割 Order Splitting
  • 最適な注文ルーティング Optimal Order Routing
  1. シナリオ1: 最大のマークダウンを持つストア Store with the biggest markdowns
  2. シナリオ2:最速 の配達 Fastest Delivery
  3. シナリオ3:最も在庫の多い店舗 Store with the most stock
  4. シナリオ4:スループットが最も低い店舗 Store with the lowest throughput
  • 自動再ルーティング Automatic Rerouting

03:インベントリー・プールによる安全在庫の充実
04:在庫・インベントリーの改善 更新管理
05:返品、払い戻し、交換で顧客との宥和コミュニケーション
06:注文状況にブラックホールなし
07:サービス提供の高速なくりかえし

フルフィルメントマーケティングとは

フルフィルメントマーケティングとは

 内容サマリー

フルフィルメントとは

  • SKUの倉庫受入/検品/保管
  • 顧客の注文を揃えてセットためのSKUの選択
  • 梱包/配送ラベル付
  • 発送
  • 返品・交換管理

フルフィルメントマーケティングとは

▶富士ロジテックホールディングス事例

マーケティングとフルフィルメントサービスにはどのような共通点があるか

フルフィルメントマーケティングがeコマースに不可欠な理由

  • -ブランド認知度とエンゲージメントを構築する
  • -ユニークな体験で顧客を驚かせ、喜ばせます
  • -オムニチャネルエンゲージメントの機会を増やす
  • 人気のフルフィルメントマーケティングサービス
  • -ブランドパッケージ
  • -カスタムボックス
  • -カスタムティッシュペーパー
  • -カスタム梱包テープとステッカー
  • -環境にやさしいパッケージ
  • -パッケージインサート
  • -Thanks Cards
  • -クーポン
  • -クロスチャネルマーケティング
  • -サンプリング
  • -ブランドノベルティ・市販景品
  • -新商品発売
  • -商品キッティング
  • -インフルエンサーキット
  • -サブスクリプションボックス
  • -限定版の商品/サンプルキット

▶富士ロジテックホールディングスの流通加工事例

浜松事業所:外資の品質基準で培った、2B&2C 物流のノウハウ

  1. フルフィルメントマーケティングを効果的に実行する方法
  2. フルフィルメントマーケティングサービスの予算を確保する
  3. 明確な目標を設定する
  4. マーケティングフルフィルメントの経験を持つ3PLを採用する
  5. 富士ロジテックホールディングス事例
    物流向けRAASの活用による庫内仕分けシェアリングサービス
  6. フルフィルメントおよびマーケティングパートナーを探す

カスタムフルフィルメント機能でD2Cブランドを特徴づける 

カスタムフルフィルメント機能でD2Cブランドを特徴づける

  内容サマリー

カスタムフルフィルメント機能

  -専任のCS:カスタマーサクセスチーム

カスタムフルフィルメントサービスとは

D2C/P2Cブランドにとってカスタムフルフィルメントが重要である理由

  -バリュープロポジションを後押しします

スケーラビリティ:カスタムフルフィルメントの最大の課題

むち打ち症:スケーラブルなカスタムフルフィルメントパートナー

カスタムフルフィルメントについて

まとめ・結論

コマースの世界は急速に変化しています。

プレミアムな顧客体験を提供するには、小売事業者は迅速に適応し、現状に挑戦する必要があります。しかし、古いシステムはこの新しい現実を支えることはできません。だからこそ、私たち、富士ロジテックホールディングスと、Lexicaは存在するのです。

プレミアムなオムニチャネルフルフィルメント体験を収益性の高い方法で提供したいマーチャントやブランドに、完全にカスタマイズ・設定と追加モジュール可能なクラウド注文管理を具備した、オムニチャネルコマースシステムを提供するアライアンスチームです。

コマースシステムと、フィジカルロジスティックスと一体化されている、流暢な注文管理アーキテクチャーにより、マーチャントはクリック&コレクト、ストアからの出荷、およびその他の高度なオムニチャネルサービスを提供できます。
その柔軟なAPIとクラウドネイティブアーキテクチャにより、小売事業者やブランドは世界中のどこにいても、迅速に展開し、必要に応じて拡張できます。

是非、一度その透明のドアを開けて私たちに会いにきてください。お待ちしています。

梱包・Unboxingで、購買後体験をデザインするメリット

開封体験(開梱):Unboxingのメリットと方法 D2C・E-コマース 成功のため コンテンツリスト

目次

 

返品・交換・回収 サービスのメリットとノウハウ

返品・交換 購買後体験 コンテンツ

顧客の返品・交換に対応することが、Eコマースサイトの選択において重要であり、対応できない場合は売上が減少する可能性があります。
リバースロジスティクスとは顧客から物流が逆流する概念であり、D2C(DTC)/Eコマース/オムニチャネ業界では返品や交換に対する意識改革が重要です。
返品処理のスムーズさや購買後体験の重要性を認識してください、購買体験の最適化がDNVBとその一カテゴリーDTC/D2C 3.0D2Cブランドの成長に繋がります。

目次

 

 

 

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

スキンケアとウェルネスにおけるカスタマイズとパーソナライゼーション
スキンケアとウェルネスにおけるカスタマイズとパーソナライゼーション
  パーソナライズされた商品とルーチンがメインのトレンド(主役)になり、万能のスキンケアとウェルネス ソリューションの時代は終ったのかも知れません。 調査によると、消費者はますます、独自の肌のタイプ、好み、懸念(ペイン、課題、悩み)事...
続きを読んでみる
2024 ビューティ+ケア業界はどう進化するのか
2024 ビューティ+ケア業界はどう進化するのか
  変化は美しさにおいて唯一不変です。そして 2024 年には、テクノロジーが私たちの美しさの選択と使い方をこれまで以上に加速させるでしょう。しかし、美容トレンドを進化させているのは AI の採用だけではありません。気候変動、10代や...
続きを読んでみる
コミュニティ マーケティング 101 通販・オムニチャネルコマース
コミュニティ マーケティング 101 通販・オムニチャネルコマース
  コミュニティ マーケティングは、顧客との関係を構築および育成し、信頼とブランド ロイヤルティを構築することに重点を置いたマーケティングの一種です。一方通行のコミュニケーションとなるマーケティング キャンペーンを再定義しようとして...
続きを読んでみる
2024 ファッション e コマースのトップ トレンド
2024 ファッション e コマースのトップ トレンド
  2024 年のファッション e コマース、マーケットプレイス、パーソナライゼーション、オムニチャネルコマース、ソーシャル コマース、柔軟な支払いオプション、リコマース などが引き続き成長を促進するでしょうか。 Statista は...
続きを読んでみる
ロイヤルティ プログラムによくある 6 つの落とし穴とその解決方法 通販・オムニチャネルコマース
ロイヤルティ プログラムによくある 6 つの落とし穴とその解決方法 通販・オムニチャネルコマース
ブランドが何年も存在しているか、始めたばかりであるかにかかわらず、DNVBとその一カテゴリーDTCや、EC/eコマースビジネスには共通点が 1 つあります。それは、オンライン市場での競争に対する絶え間ないプレッシャーです。あらゆる規模...
続きを読んでみる
ダイナミックプライシング  通販・オムニチャネルコマース
ダイナミックプライシング  通販・オムニチャネルコマース
  ダイナミックプライシングは新しいコマース概念ではありません。何十年もの間、消費者は航空旅行や、チケット、接客業などの業界における需要主導の価格変動に慣れてきました。今日、小売業者が毎日 (または時間ごとに) 価格を上げたり下げたり...
続きを読んでみる
eコマースビジネスとしてクロスセルファネル 通販・オムニチャネルコマース
eコマースビジネスとしてクロスセルファネル 通販・オムニチャネルコマース
  Eコマース:電子商取引の企業が、常に新しい顧客を開拓することなく、どのようにして楽々と見えるように売上を伸ばしているのか疑問に思ったことはありますか。その秘密は、クロスセルとアップセルの技術を習得することにあります。調査では、e ...
続きを読んでみる
DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する Teaブランド
DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する Teaブランド
人工知能(AI)がeコマースに革命を起こす 好きか嫌いかは別として、AIはこれからも存在し続けるでしょう。ここしばらくの間、eコマースビジネスにとって便利なツールでしたが、2023年にはジェネレーティブAIが主流になり、その強力さを消...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー