オムニチャネル 購入前・中・後体験 トレンド コンテンツリスト

オムニチャネル 購入前・中・後体験 トレンド コンテンツリスト

人気のアスレチックシューズサイトにアクセスし、シューズファインダーを使用して、新品のトレイルランニングシューズを購入しました。
注文を受けつけたことを知らせるEメールが届き、注文が処理され次第、配送情報が届くという通知が届いたとき、あなたは嬉しくなります。
後で、この情報がマイポータルにも掲載されていることがわかります。 オンデマンド更新の注文リンクが含まれています。

商品が処理されて発送されるまでそれほど時間はかからず、リアルタイムの追跡と配達予定日を確認できます。一度チェックインすると、すべてが時間どおりに進んでいることがわかります。荷物の到着予定日に、配送業者に、特別な指示を求める別のメッセージが届きます。

仕事から帰宅すると、箱はポーチに置いてあります(配達されたことを知らせるLINEが届きました)。
箱には、山々の魅力的なグラフィックと刺激的なスローガンがあり、開けるのが待ちきれません。開梱は期待を裏切りません。新しい靴は、特注のティッシュに包まれ、専用のトラベルバッグの中に収められています。バッグの中には、トレイルの準備が整ったカラフルなスニーカー、お礼状、次回の購入で割引を受けるためのQRコードが入っています。あなたは自分が微笑んでいることに気づきます。

エクスペリエンスには、製品やサービスの購入後に顧客が行うブランドとのやり取り、アクティビティ、またはメッセージが含まれます。これは、注文確認からレビュー要求、注文処理、配送まで多岐にわたります。購入後の期間は重要で、ブランドロイヤリティ、信頼を築き、リテンションを促進するタッチポイントとタイミングです。
それらについて解説しています。

チェックアウト フロー 通販・オムニチャネルコマース

チェックアウト フロー

オンラインショッピングのチェックアウトプロセスにおける顧客の離脱を減らすための様々な戦略について説明しています。

返品ポリシー:
顧客に優しい返品ポリシーがないと、顧客は購入をためらう可能性があります。

配送オプション:
複数の配送オプションを提供しないと、顧客のニーズに合わせたサービスができず、カート放棄につながることがあります。

セキュリティ:
支払いのセキュリティに対する顧客の信頼がないと、購入を完了せずに離脱する可能性が高まります。

モバイル最適化:
チェックアウトプロセスがモバイルデバイスに最適化されていないと、モバイルユーザーによるカート放棄が増える可能性があります。

これらのポイントは、オンラインストアが顧客の購買体験を改善し、売上を最大化するために考慮すべき重要な要素です。このコラムでは、これらの問題を解決するための具体的な提案を提供しています。

注文確認ページをさらに活用する6つの方法 通販・オムニチャネルコマース

注文確認ページをさらに活用する6つの方法

Eコマースサイトの注文確認ページを最大限に活用する方法についてのコラムです。

注文確認ページの活用:
ユーザーのエンゲージメントを高めるために、クロスセル、ニュースレター登録、アカウント作成、情報リソースの提供、アプリやプロモーションの宣伝、アンケートの実施などを確認ページに追加することが推奨されています。

顧客エンゲージメントの向上:
注文確認ページは単に注文情報を再表示する場ではなく、顧客との関係を深め、長期的な顧客維持につなげるための有益な情報とアクションを提供する機会として活用すべきです。

具体的な戦略:
クロスセル取引を注文確認ページに移動することで、支払いデータの再送信なしに商品を追加できるようにする、ニュースレターのメリットを宣伝するスペースを確保する、アカウント作成を簡素化するなどの戦略が紹介されています。

このコラムは、Eコマース事業者が顧客との関係を強化し、収益を増加させるための具体的な方法を提供しています。注文確認ページをただの通過点ではなく、顧客とのエンゲージメントを深めるための重要なタッチポイントとして位置づけ、その潜在的な価値を最大限に引き出すことを勧めています。

2024 購入後のエクスペリエンス: eコマースサブスクリプションの新時代

2024 購入後のエクスペリエンス: eコマースサブスクリプションの新時代

eコマースサブスクリプションの新時代における購入後のエクスペリエンスの重要性について説明しています。

顧客獲得コストの上昇:
2013年から2022年の間に顧客獲得コスト(CAC)が222%上昇しましたが、リピート販売も36%増加しました。

購入後のエクスペリエンスの重要性:
DTC(Direct-to-Consumer)ブランドは、顧客の購入後のエクスペリエンスを充実させることに焦点を移すべきです。2これにより、顧客維持率を向上させ、リピート顧客を増やすことができます。

エンゲージメントの向上:
購入後のエクスペリエンスを向上させるための8つの施策が提案されており、データ分析、コミュニケーションチャネルの改善、顧客アカウントポータルの強化などが含まれています。

このコラムは、eコマース事業者が直面する現代の課題に対処し、顧客ロイヤルティを構築するための戦略を提供しています。

2024 購入後メールのアイデア 通販・オムニチャネルコマース

2024 購入後メールのアイデア

オムニチャネルコマースにおける2024年の購入後メールのアイデアについて説明しています。

購入後のメールの重要性:
購入直後の顧客とのコミュニケーションは、ブランドの信頼性を築き、顧客ロイヤルティを高めるために非常に重要です。

メールの種類と目的:
注文確認メールや発送確認メールなど、トランザクションメールは顧客に重要な情報を提供しますが、サンキューメールや教育メールなどは顧客との関係を深めるためにも使用されます。

パーソナライズとセグメンテーション:
顧客の購入履歴やステータスに応じて、メールをパーソナライズし、新規顧客とリピート顧客を区別することが推奨されています。

顧客体験の最適化:
購入後のメールは、追加の売上を促進するだけでなく、顧客エクスペリエンスを最適化し、ブランドへの忠誠心を育む機会を提供します。

このコラムは、購入後のメール戦略を通じて顧客との長期的な関係を築く方法についての洞察を提供しています。

2024 トランザクションメールを活用してブランドロイヤルティを構築する

2024 トランザクションメールを活用してブランドロイヤルティを構築する

トランザクションメールを活用してブランドロイヤルティを構築する方法について説明しています。

トランザクションメールの重要性:
トランザクションメールは、注文確認や発送通知など、顧客との基本的なコミュニケーション手段として不可欠です。これらは、顧客エンゲージメントを高め、リピート購入を促進するためにさらに活用できます。

法的コンプライアンス:
EUではGDPRに準拠する必要があり、トランザクションメールはマーケティングメッセージを含まず、購読解除ができないものとして維持されるべきです。米国ではCAN-SPAM法により、トランザクションメールにはより多くの自由が与えられています。

顧客エンゲージメントの機会:
トランザクションメールは開封率が高く、教育コンテンツやユーザー生成コンテンツ(UGC)を含めることで、顧客との永続的なつながりを形成する機会となります。

このコラムは、トランザクションメールの効果的な利用と、それが顧客ロイヤルティに与える影響に焦点を当てています。また、トランザクションメールの同意とコンプライアンスに関する法的要件についても触れています。

2024 発送確認メールを単なる取引通知以上のものにしてAOV CLVをアップする方法 Shopify

2024 発送確認メールを単なる取引通知以上のものにしてAOV CLVをアップする方法 Shopify

 eコマースブランドが発送確認メールを単なる取引通知以上のものにする方法について説明しています。

発送確認メールの重要性:
顧客維持が重視される中で、購入後のエクスペリエンスがブランドの長期的な成功に不可欠です。発送確認メールは、顧客とのコミュニケーションの重要なタッチポイントとして機能します。

発送確認メールの活用:
メールには追跡リンク、商品の詳細、カスタマーサポートリソース、配達予定日の強調表示などを含めることが推奨されています。これにより、顧客体験が向上し、ブランドの声を確立することができます。

メールの設定とデザイン:
発送確認メールは、トランザクションコンテンツとマーケティングコンテンツのバランスを取りながら、ブランドに合わせたコピーとデザインでカスタマイズする必要があります。

自動化の利用:
購入後のエクスペリエンスを再発明するために、自動化ツールを使用して効率的な発送確認メールを作成することが勧められています。これは、顧客維持戦略において重要な役割を果たすことができます。