富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

eコマースビジネスとしてクロスセルファネル 通販・オムニチャネルコマース

D2C DTC eコマース アップセル オムニチャネル オムニチャネルコマース クロスセル ダイレクトマーケティング マーケティングファネル

eコマースビジネスとしてクロスセルファネル 通販・オムニチャネルコマース

Eコマース:電子商取引の企業が、常に新しい顧客を開拓することなく、どのようにして楽々と見えるように売上を伸ばしているのか疑問に思ったことはありますか。

その秘密は、クロスセルとアップセルの技術を習得することにあります。

調査では、e コマース収益のかなりの部分 (約10% ~ 30% ) がクロスセル手法によって生み出されているとも言われています。この目を見張るようなコマース データは、クロスセルとアップセルが単なる販売手法としてではなく、成功する e コマースを形成する上で極めて重要な要素であるという計り知れない可能性を見せています。

クロスセルファネルの作成はe コマース プラットフォームの変革への取り組みでもあります。

これらの施策を活用することで、収益性を新たな領域へと開拓し、顧客エクスペリエンスを向上させ、AOV]:平均注文額を大幅に高めることができることになります。

この包括的なコラムでは、販売目標を達成するだけでなくそれを超えるために、アップセルとクロスセルの施策を効果的に使用する方法を一緒に探ってみましょう。

クロスセルとアップセルを効果的に使用するために視聴者を理解する

クロスセルとアップセルのテクニックとテクノロジーを深く掘り下げるには、オーディエンス:視聴者を理解するという基本的なステップから始まります。
それは、彼らのニーズ、好み、購入(購買)行動を認識することでもあります。
この知識は、共感を呼ぶe コマース販売施策通じて、カジュアルなブラウザでのウインドーショッパーを忠実な顧客に変え、可能性を最大化するために不可欠な要素でもあります。

顧客のセグメンテーション: 効果的なクロスセルとアップセルの鍵

顧客セグメンテーションは、クロスセルとアップセルをするためのだけではなくオムニチャネルも含めた e コマース ビジネスのための基本的な手法です。
この手法では、顧客ベースを個別のグループに分割して、それぞれが独自の好み、購入習慣、ニーズによって特徴付けられます。

セグメンテーションは、ターゲット市場を正確に定義することです。マーケティング キャンペーンが単に大まかに行われるのではなく、適切な対象者・ターゲットを絞った取り組みとなるようにします。

セグメンテーションの力は、パーソナライズされたショッピング体験を促進する能力にあります。
各セグメントの具体的な特徴を理解すると、各グループの共感を呼ぶ商品のレコメンデーション・推奨やマーケティングメッセージを調整することができます(しないといけません)。
このオーダーメイドのアプローチにより、既存の顧客が追加の商品やサービスを購入する可能性が高まります。
効果的な顧客セグメンテーションは、マーケティング上の意思決定につながることになります。

どのセグメントがクロスセルやアップセルをより受け入れやすいかを特定できるため、リソースをより効率的に割り当てて投資収益率 (ROI) を向上させることができます。

購入者のペルソナ: クロスセルとアップセルの機会の違いとは

購入者ペルソナの作成は、実際のデータと、人口統計(デモグラフィック)、行動パターン、動機、目標(実はこれが一番大切)に関する知識に基づいた推測の組み合わせに基づいて作成された、理想的な顧客の詳細な表現です。
ペルソナにより、コマース(オムニチャネルであれば尚更)企業は顧客が誰であるかだけでなく、顧客の具体的なニーズや購入の決定方法を理解できるようにしていきます。

この理解は、顧客がアップセル (検討している商品の上位バージョン) に反応する可能性が高いか、
それともクロスセル (最初の購入を補う追加商品) に反応する可能性が高いか
を特定する上で不可欠な要素になります。これらの違いを理解することは、効果的なマーケティングにとって重要です。
たとえば、高級品や最新商品を好む顧客ペルソナは、アップセルをより受け入れやすい可能性があります。
対照的に、予算を重視し現実的な購入者を表すペルソナは、大幅な価格上昇なしで補完的な商品が実用的なソリューションを提供するクロスセルに、価値を見出す可能性があります。

購入者ペルソナに合わせてアプローチを調整することで、アップセルやクロスセルの取り組みが単なる闇雲や、買え買えオファーではなく、オーディエンス・視聴者の共感を呼ぶ具体的な動きとなることが期待されます。(アップセルのない商品SKUや、カタログ構成、クロスセルが不自然なSKUやアトリビューションでは実施することは悪手です。)

この微妙なアプローチにより、顧客エクスペリエンスが向上し、AOV:平均注文額と全体的な収益が増加する可能性が最大化されます。

セールスファネル内のクロスセルとアップセルの機会を特定する

顧客の購入行動に添って、収益を最大化するには、セールスファネル内でアップセルとクロスセルを行う適切なタイミングを特定することが重要になります。

商品分析と洞察力に富んだ購入・販売データを組み合わせて、顧客が最も受け入れやすいスイートスポットを見つけることが重要です。
アプローチは、AIの活用が期待されるでしょうすべてのインタラクションが価値を高める機会となることが保証されるかも知れません。

クロスセル施策を強化するための商品分析

商品分析は、セールスファネルにおけるクロスセル施策を洗練する上で極めて重要な役割を果たします。

商品やサービスを精査することで、どのアイテムが相互に補完し合うのかがわかり、クロスセルのための自然な組み合わせが生まれます。(AI :人工知能の得意とするところです)
この分析には、顧客の好みの理解、販売傾向の調査、一緒に提供できる関連商品の特定などになります。

たとえば、顧客が特定の商品・SKUを頻繁に購入する場合、その理由とどのような追加商品が顧客体験をデザインして向上させるかを分析することで、賢いクロスセルの機会につながる可能性があります。
効果的な商品分析は、何をクロスセルするかだけでなく、いつクロスセルするかについても重要な要因です。

タイミングはクロスセルの成功に大きな影響を与える可能性があります。
カスタマージャーニーの段階を理解することで、関連商品や補完的な商品の提案を商品ページにパーソナライズして配置することができます。

この思慮深いアプローチにより、クロスセル手法が単なる売り込みではなく、役立つレコメンド・推奨事項として認識されるようになり、顧客のエクスペリエンスが向上し、購入の知覚価値が高まります。

販売データの調査: アップセルとクロスセルのために洞察の活用

販売データ(顧客の購入データではない)を調査することは、販売プロセス内でアップセルとクロスセルの機会を特定する上で非常に重要です。

この詳細な分析には、基本的な売上高を超えて、セグメントされた顧客の購入パターンと行動を理解することが含まれます。
このデータを分析することで、企業はどの商品が頻繁に一緒に購入されるか、どのアイテムがリピート購入につながることが多いかなどの傾向を明らかにすることができます。

注文管理システムは、顧客の好みの理解、在庫の管理、サプライ チェーンの最適化のプロセスを合理化します。

の包括的なビューを提供し、企業がアップセルおよびクロスセル施策に関して情報に基づいた意思決定を行えるようにします。

たとえば、どの商品に需要があるかを特定するのに役立ち、企業はそれらの商品を組み合わせてクロスセル プロモーションを行うことができます。

販売データの調査は商品の関係を明らかにするだけでなく、顧客の行動や好みを理解するのにも役立ちます。顧客のニーズや関心に合わせてアップセルまたはクロスセルの提案を調整するのに役立ちます。

このプロセスにおいて倉庫管理:WMS がどのように重要な役割を果たすかを詳しく理解することも大切です
在庫を効果的に管理することで、クロスセルおよびアップセル施策がリアルタイムのデータとインサイト・洞察に裏付けられていることを確認でき、マーケティング上の意思決定につながります。

この知識を活用して、チームはパーソナライズされた推奨事項を作成し、顧客体験とともに顧客サービスを強化し、平均注文額を増加させることができ、最終的に収益の向上につながります。

魅力的なオファーの作成: クロスセルとアップセルのベストプラクティス

オファーと割引は、アップセルまたはクロスセル施策を成功させるための核心なポイントです。

何が顧客を興奮させるのかを理解し、顧客の購入体験に価値を加える魅力的なオファーを提示することです。パーソナライゼーション、バンドル、割引を創造的に組み合わせて、魅力的に魅せるとともにコンバージョンを実現することです。

コンバージョン率を向上させるためのクロスセルとアップセルにおけるパーソナライゼーション

パーソナライゼーションは、クロスセルやアップセルを通じてコン​​バージョン率を向上させるための重要な推進力です。

顧客データ、行動、好みに基づいてオファーを調整することです。顧客とのやり取り、購入履歴、好みから得られる情報を活用することで、小売企業は個人レベルで響くオファーを作成することになります。
このアプローチは、顧客が追加購入する可能性が高まり、ブランドに対する全体的なカスタマーエクスペエンスが向上することが前提です。

パーソナライゼーションには、カスタマイズされたe コマース ブランドにインスピレーションをあたえるEメール マーケティング キャンペーンから、Web サイトでのパーソナライズ・カスタマイズされた商品の推奨事項まで、さまざまな形式があります。重要なのは、利用可能なデータを賢く使用して、すべての推奨事項が思慮深くパーソナライズ化されていると感じられるようにすることです。

「顧客中心」のアプローチを成功させるにはパーソナライゼーションが不可欠な要素となります。

バンドリング手法: クロスセルのメリットを最大化する

バンドルは、関連する商品やサービスを一緒にパッケージ化することで顧客の購入メリットを最大化する方法です。

このアプローチは顧客に価値を提供し、企業の注文額を増加させます。
商品管理ツールを利用して相互に補完する商品を慎重に選択することで、企業は魅力的で顧客のニーズに合ったバンドルセットや、サブスクリプションの頒布会キュレーションメニューを作成することができます。

たとえば、スマートフォンに保護ケースとスクリーンプロテクターをバンドルすると完全なソリューションが提供され、個別のアイテムではなくバンドルの購入を顧客に促します。スキンケアには化粧水にクレンジングとかです。
効果的なバンドルは、単に商品をペアリングするだけではありません。それには、顧客の購入体験と動機と好みを理解することから始まります。

どの商品が頻繁に一緒に購入されるか、されるべきか認識し、このインサイト・洞察を利用して魅力的なバンドルやキュレーションを作成してセットアップすることを意味します。重要なのは、便利で経済的であると認識されるバンドルを提供し、顧客が購入の意思決定を容易にすることです。

正しくキュレーションできていれば、顧客満足度を高め、販売プロセスの全体的な効率と売上を伸ばします。

割引とプロモーション戦略: アップセルとクロスセルの効果を高める

施策の有効性を高めるには、割引とプロモーション施策が不可欠です。

関連商品やアップグレードの割引やプロモーションをタイムリーに提供することで、企業は顧客に追加購入の検討を促すことができます。このアプローチにより、オファーの知覚価値が高まり、顧客にとってより魅力的な決定が行われます。

たとえば、顧客が特定の品目をカートに追加したときに補完商品が割引されると、クロスセルを効果的に促進できます。この施策は顧客の維持と満足度において重要な役割を果たします。
思慮深いプロモーションにより、顧客は自分が大切にされていると感じ、リピート購入する傾向が高まることです。

顧客への価値の提供と収益性の維持の間で最適なバランスをとることが重要です。
この施策では、顧客の行動や好みを深く理解し、オファーが適切で魅力的なものであることです。
効果的に実行することで、割引は、売上を増やし、顧客体験を豊かにするための強力なツールとして認識されています。

クロスセル ファネルの構築: アップセルの統合

効果的なクロスセルファネルを構築するには、アップセル施策をシームレスに統合する必要があります。

WebサイトからEメール・LINE マーケティングに至るまで、さまざまなプラットフォームとテクニックを組み合わせて、顧客エンゲージメントとロイヤルティを強化するプロセスです。
この多面的なオムニチャネルアプローチにより、ダイナミックで収益性の高い販売活動への道が開かれます。

Web サイトの統合: クロスセルとアップセルの経路を合理化

ウェブサイトの効果的な統合は、クロスセルとアップセルの経路を最適化し、顧客エンゲージメントを強化し、売上を伸ばすための強力なツールに高める上で極めて重要です。

このプロセスでは自動化が重要な役割を果たします。
高度なアルゴリズムを活用し、CRM データを統合することで、Web サイトは訪問者に高度にパーソナライズされた商品のレコメンド・推奨事項や取引を提供できるようになります。パーソナライズされたアプローチにより、顧客エクスペリエンスが向上し、クロスセルの最適な実践に大きく貢献していきます。自動化によりこれらの施策が効率的に実装されるため、担当者による継続的な監視の必要性が軽減されます。

顧客のニーズを理解して予測し、ブラウジングの完璧なタイミングで補完的な商品やアップグレードを提供するMACHアーキテクチャーのオムニチャネル・Eコマースシステムを設定して、AIなどを活用してシナリオを作成することです。

クロスセルは持続可能なビジネス成長のための優れた施策です。それは平均注文額:AOV全体的な顧客生涯価値:CLV を高め、の向上に大きく貢献します。
シームレスに統合された Web サイトは、単に商品を販売するという従来の役割を超えていきます。個々の顧客の好みに合わせてカスタマイズされたエクスペリエンスを、コンテンツと Chatなどでの接客によって提供することに進化して、満足度とロイヤルティの向上を促進します。

セールスファネルでのEメールマーケティングによるクロスセルの強化

Eメール マーケティングは、特にクロスセルの機会を強化するために、販売目標到達プロセスの重要な要素として機能します。

ターゲットを絞ったEメール キャンペーンを統合することで、企業は効果的に商品を推奨できるようになり、平均注文額の増加につながることがよくあります。

たとえば、企業は過去の購入データを使用して、「よく一緒に購入される」ベストセラー商品やランキング商品を特集したパーソナライズされたEメールを送信し、顧客の興味を補う関連オプションを提供することができます。
Eメール マーケティングは、リピーターを生み出すための強力なツールとなり得ます。

企業は、各顧客の購入履歴や好みに合わせてパーソナライズされたEメールなどのメッセージをタイムリーに送信することで、繰り返しのリアル店舗や、コマースサイト、アプリへの訪問や購入を促すことができます。
過去のやり取りに基づいて推奨を行うことで、顧客が高く評価する注目と配慮のレベルを示すことでもあります。

適切なアプローチをとれば、Eメール(LINE) マーケティングはクロスセルの重要な推進力となり、収益の増加と全体的な顧客エクスペリエンスの向上に役立ちます。

ソーシャル メディア プロモーション: クロスセルとアップセルを通じて顧客ロイヤルティを促進

ソーシャル メディアは、特に効果的なクロスセルおよびアップセル施策を通じて、顧客ロイヤルティを促進するための極めて重要なツールとなっています。

Facebook、Instagram、X(Twitter) などのプラットフォームは、企業にオーディエンスと交流するユニークな機会を提供します。商品やサービス、特によく一緒に購入されるものなどを紹介することで、企業は顧客の関心を呼び起こし、追加の商品を検討するよう促すことができます。これを顧客のポストで実施できるとより効果的なことは知られています。

ソーシャル メディアの主な強みの 1 つは、使用中の商品をデモンストレーションできることで、顧客の関心とエンゲージメントを高めることができることです。さまざまな商品をどのように組み合わせて使用​​できるかを示す短いビデオは、説得力のある推奨ツールとして機能し、クロスセルの可能性を高めます。

商品のプロモーションを超えて、ソーシャル メディアはブランドの認知度を高め、顧客ロイヤルティを育成するための強力なメディアとして機能します。
これは、魅力的なコンテンツ、インタラクティブな投稿、顧客の声やUGC コンテンツの共有を通じて実現され、これらすべてが信頼を築き、購入を促進するために機能します。

ソーシャル メディア チャネルを通じて限定セールや商品の無料トライアルを提供すると、新規顧客と既存顧客の両方を引き付けることができます。
ソーシャル メディアは、ターゲットを絞ったデジタル マーケティングキャンペーンに使用でき、ペルソナを作成して視聴者の理解を深め、ニーズに応えることができます。

これらのクロスセル施策とアップセル施策を採用することで、企業はより多くの商品を販売し、全体的な顧客エクスペリエンスを向上させ、収益の増加とブランドの存在感の強化に大きく貢献します。

パフォーマンスの測定と分析: アップセルとクロスセルの成功指標

パフォーマンスの測定と分析は、アップセルとクロスセルの取り組みの成功を理解する上で非常に重要です。

それは、重要な指標を掘り下げて影響を評価し、A/B テストを採用して施策を洗練することです。
分析アプローチにより、取り組みが適切に実行されるだけでなく、ビジネス目標と効果的に整合することが保証されていきます。

クロスセルとアップセルの影響を測定するための主要な指標

ソーシャルメディアプロモーションでは、クロスセル施策とアップセル施策の影響を正確に測定することが最も重要です。主要な指標は、これらのアプローチの有効性についてのインサイトを提供します。
「よく一緒に購入される商品」を特集した投稿からのコンバージョン率を追跡すると、これらの組み合わせが顧客の共感を呼んでいるかを明らかにできます。
特にアップセルやクロスセルの例を紹介する投稿における「いいね!」、シェア、コメントなどのエンゲージメント指標も貴重なデータを提供します。
指標は、コンテンツが顧客が購入するのに十分な魅力があるかどうかを判断するのに役立ちます。

考慮すべきもう 1 つの重要な側面は、ソーシャル メディアを通じた顧客からのフィードバックです。
CS担当者が顧客と関わるときの応答ややり取りをモニタリングすると、顧客の好みや意思決定プロセスについての基本的な洞察が得られます。
ソーシャル メディア データを分析すると、クロスセルまたはアップセルが最も効果的なセールスファネルの段階を理解するのに役立ちます。

この分析により、チームがより効果的にアップセルとクロスセルを行い、顧客のニーズに合わせたアプローチに調整することができます。

クロスセルおよびアップセル戦略を最適化するための A/B テスト

A/B テストは、クロスセル施策を最適化するために不可欠なツールです。

さまざまなアプローチを試すことで、企業は顧客の追加購入を最も効果的に促す戦術を決定できます。
ハイエンド商品バージョンのアップセルに焦点を当てた投稿と、補完的なアイテムをクロスセルする投稿をテストすると、どちらのアプローチが視聴者の共感を呼ぶかを特定することができます。
プロセスでは、売上を増やし、カスタマー ジャーニーを理解し、採用される施策が顧客の好みや行動と一致していることを確認します。

A/B テストは、クロスセルとアップセルの技術を洗練するのに役立ちます。

アップセルとクロスセルの例を紹介したり、商品を他の商品と組み合わせて使用​​するメリットを強調したり、購入時にオファーを提示したりするなど、どのような種類のメッセージングが最適であるかについてのインサイト・洞察を提供します。

このレベルのテストと分析は、クロスセルやアップセル施策を効果的に使用するマーケティング施策を立てる上で非常に重要です。重要なのは、売上を促進し、顧客の意思決定プロセスを強化し、最終的にはより満足のいくショッピング体験につながるシナリオコンテンツを作成することです。

最適化と反復: アップセルとクロスセルの主な戦略

最適化と反復は、アップセルおよびクロスセル施策を強化する最前線にあります。

継続的な改善と顧客フィードバックの統合のサイクルを利用して、これらの施策が毎回的を射ていることを確認し、成長と顧客満足度を促進することで、アプローチを常に進化させ洗練させることが重要になります。

クロスセルおよびアップセルのプロセスの継続的な改善

クロスセルとアップセルをマスターするまでの道のりは、継続的かつ継続的な改善プロセスです。

定期的に評価し、改善して効果を維持することが必要です。この点で重要なのは、プロセスのさまざまな段階でクロスセル手法を効果的に使用することです。
企業は、どの施策が最も効果的かを評価したり、入門用のアップセルとして無料プランを提供したりすることで、アプローチを継続的に強化できます。クロスセルは単なる販売施策ではなく、顧客がより良い意思決定を行えるようにするためのコミュニケーションであることを認識することが不可欠なことです。

購入時に関連商品や補完商品を提供することで、企業は価値を提供し、顧客が検討していなかったソリューションを見つけられるように支援します。
この方法により顧客満足度が大幅に向上し、リピート取引の可能性が高まります。
顧客からのフィードバックや販売結果に基づいてこれらの施策を継続的に改良することで、企業は顧客の期待を満たし、それを超えることができます。

あらゆる販売としてのコミュニケーション・対話が顧客と企業にとって相互に有益なエクスペリエンスに変わります。

顧客フィードバックの統合: アップセル戦略とクロスセル戦略の洗練

顧客からのフィードバックは顧客の視点を掘り下げて、顧客のニーズや好みを理解します。

この情報は、販売施策で何が機能していて、何が機能しないかについて直接的な洞察を提供するため、非常に貴重な情報です。顧客のフィードバックに耳を傾けることで、企業は自社のアプローチを適応および修正することができ、クロスセルが販売手法であり、顧客の要求に真に応える方法であることを保証します。

「顧客中心」のアプローチは、顧客満足度とロイヤルティを向上させるのに役立つ優れた方法として知られています。

顧客からのフィードバックは、より効果的にアップセルまたはクロスセルを行う新たな機会をもたらします。企業が追加の商品やサービスを導入する適切なタイミングを特定するのに役立ち、提案を販売促進というよりも有益な推奨のように感じさせることができます。
顧客が理解され、評価されていると感じるシームレスな購入エクスペリエンスを生み出すために不可欠です。顧客からのフィードバックを通じてこれらの施策の有効性を高めるよう常に努めることで、企業はクロスセルやアップセルの取り組みが確実に収益性を上げ、全体的な顧客エクスペリエンスを向上させることができます。

結論

eコマース販売施策を強化するための包括的なガイドの一部を提供します。

顧客のセグメンテーションを通じてオーディエンスを理解し、購入者のペルソナを作成することの重要性が含まれています。これは、クロスセルやアップセルの取り組みを効果的に調整するために重要です。
潜在的なクロスセルやアップセルの機会を特定するために商品の互換性と販売データを目的をもってAIを活用するなどして分析することの重要性を確認しています。

パーソナライゼーション、バンドルテクニック、割引やプロモーションの利用に重点を置き、魅力的なオファーの作成についても解説しています。

これらの施策を コマースサイト、Eメール(LINE) マーケティング、ソーシャル メディアなどのさまざまなプラットフォームにオムニチャネルコミュニケーションとして統合することで、顧客ロイヤルティと販売の促進におけるこれらのチャネルの役割を引き立たせます。

主要な指標と A/B テストを通じてパフォーマンスを測定および分析し、施策の継続的な改良と改善を確実にすることの重要性について確認してきました。

効果的なクロスセルおよびアップセルを通じて売上と顧客エンゲージメントの向上を目指す e コマース企業にとって貴重なリソースとして役立ちます。

関連する質問

オンライン小売業者のクロスセルファネルを成功させるための重要な要素は何ですか?

オンラインコマースに効果的なクロスセルを開始するには、e コマース企業は顧客を実際に知ることから始める必要があります。彼らがどんな人で、何が好きなのかを理解することが重要です。
そうすれば、自然に調和する商品やサービスを特定し、顧客が抵抗しにくいバンドルや特別オファーを作成できるようになります。

これらの施策を策定すると、カスタマー ジャーニーの適切なタイミングでこれらの補完的な商品を提案することで、オンライン ショッピング エクスペリエンスをよりスムーズにすることができます。

アップセルのプロセスに関わる重要な段階は何ですか?

アップセルの 4 つの主要な段階は次のとおりです。

  • 対象顧客を特定する。
  • 彼らのニーズを理解する。
  • 適切なタイミングでアップセルを提示する。
  • 高い価格を正当化する価値を提供する。

顧客との関係を育み、クロスセルの機会を促進する上で、メッセージングは​​どのような役割を果たしますか?

効果的な メッセージマーケティングには、既存の顧客ベースの共感を呼ぶパーソナライズされたメッセージの作成、補完的な商品やサービスの紹介、追加購入の誘導が含まれます。即時性があるため、アップセルと衝動買いを促進するための強力なツールとなります。

クロスセルファネルを e コマース ビジネス プランの全体的なビジネス目標や目標に合わせるにはどうすればよいですか?

事業計画内でクロスセルおよびアップセルを明確に概説し、それらが特定の収益目標、顧客維持目標、全体的な収益性の達成にどのように貢献するかを強調する必要があります。

クロスセルやアップセルを成功させる上で、ソーシャルプルーフはどのような役割を果たしますか?

顧客のレビューや評価などの社会的証明は信頼と信用を築き、顧客が他の人からの肯定的なフィードバックに基づいて追加の購入を検討することを促します。

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

返品から再販へ:リコマースフルフィルメントのポイント
返品から再販へ:リコマースフルフィルメントのポイント
リコマースとサーキュラーエコノミーは、先進的なブランドの持続可能性と収益性を推進する極めて重要な概念として注目を浴びています。リコマースとは、中古品を購入、再生、再販し、ライフサイクルを延長して、環境への影響を軽減しつつ、収益を向上さ...
続きを読んでみる
キャッシュバックでロイヤリティをアップするポイント
キャッシュバックでロイヤリティをアップするポイント
キャッシュバックリワード報酬でロイヤリティを向上させるガイド 割引クーポンコードを捨てて、リピート購入を増やし、メンバーシップとロイヤルティプログラムの基盤にして収益性をアップする時です。 ユニファイドコマース、オムニチャネルコマース...
続きを読んでみる
顧客紹介プログラムの作成方法 101
顧客紹介プログラムの作成方法 101
それはただの普通の日常として始まります。あなたは睡眠からさめ、起き上がり、Instagramアプリを開いてスクロールを開始します。しかし、すぐに友達の最新のアパレルでのシーンが表示されます、フィードの他のものには何も関心が移りません。...
続きを読んでみる
カスタマーレビューにリワードを提供して収益をアップする
カスタマーレビューにリワードを提供して収益をアップする
セールスサイクル全体を通してカスタマーレビューの力を活用します レビューは購入サイクルにおいて大きな役割を果たしています。購入者に信頼感を与え、ファネルの認識、検討、意思決定の段階を通じて信頼を高めてくれます。それらがなければ、売上の...
続きを読んでみる
リワードプログラムを開始するための5ステップ
リワードプログラムを開始するための5ステップ
あなたのコマースストアー・リアル店舗には多くの競争があります。Shopifyだけでも800,000以上のeコマースストアがあり、何を販売していても、それと同じ商品を販売している人(おそらく何百人もの人)がいます。競合他社に誘われる前に...
続きを読んでみる
ブランドロイヤリティのためのリワードプログラム
ブランドロイヤリティのためのリワードプログラム
eコマース業界で最も強いトレンドは、オンラインのパーソナライゼーションです。パーソナライゼーションは、サイトのデザインだけでなく、ブランドが顧客と対話する方法に関係します。顧客の行動パターン、購入率などです。それは、ブランドは、収益に...
続きを読んでみる
儲かるギフトカードプログラム
儲かるギフトカードプログラム
顧客があなたから商品を購入してほしいと頼み、この特定の商品があなたのストアでの追加購入につながる傾向があることをご存知ですか。あなたはその機会をどう活かしますか。さて、その商品と購入体験とは‥‥ それは、店舗オリジナルの「ギフトカード...
続きを読んでみる
ストアクレジットとポイントの有効性比較
ストアクレジットとポイントの有効性比較
顧客を喜ばせるためにできる限りのことをしているでしょうか。ぶランドは正しい道を歩んでいるのでしょうか。 既存顧客への販売が新規顧客よりも3倍以上の収益性が高いことを考えると、賢明な戦略だと言われているものがあります。そして、上位1%の...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー