富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

価格設定をマスターしてコマースの成功を手に入れる 通販・オムニチャネルコマース

3PL AI AOV CLV CRM CX D2C DNVB DTC EC EC物流 eコマース オムニチャネル オムニチャネルコマース オムニチャネルフルフィルメント

価格設定をマスターしてコマースの成功を手に入れる 通販・オムニチャネルコマース

競争の激しいオムニチャネル小売業界では、商品の価格設定は価値と収益性の間で複雑に絡み合っています。消費者は、マーケットプレイス、リコマースの成長もあり、ますます価格に注目しています、魅力的な割引に応じてすぐにブランドを切り替えるようになっており、適切な価格設定がこれまで以上に重要になっています。

この複雑な状況をうまく乗り切るために、ブランドは価格設定のよくある落とし穴を回避し、顧客イヤルティを確保する施策に注力する必要があります。

このコラムでは、価格設定の多面的な性質を掘り下げてみます。DNVBとその一カテゴリーDTCをはじめとするブランドが直面する課題を探り、価格設定インテリジェンスと競争力のあるベンチマークが定価での販売を達成し、高価な間違いを回避するための鍵をどのように握っているかを明らかにしていきます。ご一緒に考えてみましょう。

価格設定の複雑さを理解する

価格設定は多面的です。コストとマージンを考慮した初期価格の目標設定から、後の段階での割引、ライフサイクルの最終段階で品を「棚・シェルフ」から出すための最も妥当な価格の発見に至るまで、価格は動的であり、さまざまな外部要因と内部要因の条件に応じて変化します。

広い観点から見ると、品揃え全体の価格設定には、収益性の必要性と競争力のある価格設定の需要とのバランスをとるための巧みなテクニックとテクノロジーが必要です。ブランドはまた、市場の変動を考慮しながら、直接的および意欲的な競合他社との関連で自社の価格戦略を評価する必要もあります。
顧客を知ることは、価格戦略にとって非常に重要です。顧客は価値と品質のどちらを重視しているのでしょうか。
顧客は、たとえ価格が高くても、より持続可能な選択肢を望んでいるでしょうか。(多分望んでいません?)
これらの質問に詳しく答えることで、価格設定戦略をより成功させることができます。

価格設定の落とし穴

価格設定は地雷原になります。あなたのブランドは、最も一般的な価格設定の課題に直面していますか。

不正確な原価計算:

インフレや古い原価計算で現状の原価を考慮していない場合、不適切な価格決定が行われる可能性があります。最新の原価情報へのアクセスを維持することで、利益率を健全に保つことができます。

ブランド戦略との不一致:

価格設定はブランドのポジショニングと一致する必要があります。顧客は、ブランドの手頃な価格に対する認識と一致しない場合、プレミアムを支払うことを期待してはいけません。

競争力学の無視:

競合他社の価格戦略とより広範な市場環境を理解することが、価格設定アプローチの実現可能性を決定します。

競合データの欠如:

競争力を維持し、現在の市場の洞察に基づいて情報に基づいた意思決定を行うには、競合他社の価格設定に関する信頼できる最新の情報にアクセスすることが重要です。

機会の損失:

売上を最大化するには、ブランドがトレンドを常に把握し、消費者の好みに対応する必要があります。新しいトレンドを活用し、それに応じて価格戦略を調整します。

ブランドは、情報に基づいて価格決定を行うために、正確かつ最新の情報・データドリブンを必要とします。対面での買い物や手作業でのデータ入力など、従来のデータ収集方法は非効率的であり、遅延が発生しやすいです。最新の価格設定ソリューションは、自動化された価格設定インテリジェンスと競合ベンチマーク、オンライン競合他社からの膨大な量のデータの収集と分析を提供してくれます。このアプローチは面倒な手動プロセスを置き換え、ブランドに競合他社の価格設定や市場動向に関する貴重な洞察を提供します。

競合データの分析

成功しているブランドや小売業者は、競争力のある価格データを意思決定プロセスに統合することの重要性を理解しています。
マーチャンダイジング、プランニング、価格設定ストラテジスト、e コマース チームを含む包括的なアプローチを採用することで、ブランドは自社の顧客データを超えて小売業界の状況をより深く理解できるようになります。
業界全体のベストセラー、新たなトレンド、競合他社の戦略を監視して、優位を保っていきます。

価格設定に関する新たな視点

小売データと DTC データからの価格設定は、コンセプトから小売まで、商品開発と連携した継続的なプロセスである必要があります。
ブランドは、ブランド戦略、コスト、競争力学に照らして自社の価格を継続的に見直し、ベンチマークする必要があります。最新の価格設定データ、データ、計画の間の橋渡しがなければ、価格設定の決定は部分的に暗闇(うんどんかん)の中で行われます。

それでは、価格設定ソリューションによって生成される競合情報を、品ライフサイクル全体を通じて確実に利用して、価格設定の決定に役立てられるようにするにはどうすればよいでしょうか。

価格設定ツールを品ライフサイクル管理 (PLM)および計画ソリューションと統合することで、ブランドは十分な情報に基づいて価格設定を決定し、品の価格設定を最適化し、適切な品を間違った価格で販売することを回避できます。

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

キャッシュバックでロイヤリティをアップするポイント
キャッシュバックでロイヤリティをアップするポイント
キャッシュバックリワード報酬でロイヤリティを向上させるガイド 割引クーポンコードを捨てて、リピート購入を増やし、メンバーシップとロイヤルティプログラムの基盤にして収益性をアップする時です。 ユニファイドコマース、オムニチャネルコマース...
続きを読んでみる
顧客紹介プログラムの作成方法 101
顧客紹介プログラムの作成方法 101
それはただの普通の日常として始まります。あなたは睡眠からさめ、起き上がり、Instagramアプリを開いてスクロールを開始します。しかし、すぐに友達の最新のアパレルでのシーンが表示されます、フィードの他のものには何も関心が移りません。...
続きを読んでみる
カスタマーレビューにリワードを提供して収益をアップする
カスタマーレビューにリワードを提供して収益をアップする
セールスサイクル全体を通してカスタマーレビューの力を活用します レビューは購入サイクルにおいて大きな役割を果たしています。購入者に信頼感を与え、ファネルの認識、検討、意思決定の段階を通じて信頼を高めてくれます。それらがなければ、売上の...
続きを読んでみる
リワードプログラムを開始するための5ステップ
リワードプログラムを開始するための5ステップ
あなたのコマースストアー・リアル店舗には多くの競争があります。Shopifyだけでも800,000以上のeコマースストアがあり、何を販売していても、それと同じ商品を販売している人(おそらく何百人もの人)がいます。競合他社に誘われる前に...
続きを読んでみる
ブランドロイヤリティのためのリワードプログラム
ブランドロイヤリティのためのリワードプログラム
eコマース業界で最も強いトレンドは、オンラインのパーソナライゼーションです。パーソナライゼーションは、サイトのデザインだけでなく、ブランドが顧客と対話する方法に関係します。顧客の行動パターン、購入率などです。それは、ブランドは、収益に...
続きを読んでみる
儲かるギフトカードプログラム
儲かるギフトカードプログラム
顧客があなたから商品を購入してほしいと頼み、この特定の商品があなたのストアでの追加購入につながる傾向があることをご存知ですか。あなたはその機会をどう活かしますか。さて、その商品と購入体験とは‥‥ それは、店舗オリジナルの「ギフトカード...
続きを読んでみる
ストアクレジットとポイントの有効性比較
ストアクレジットとポイントの有効性比較
顧客を喜ばせるためにできる限りのことをしているでしょうか。ぶランドは正しい道を歩んでいるのでしょうか。 既存顧客への販売が新規顧客よりも3倍以上の収益性が高いことを考えると、賢明な戦略だと言われているものがあります。そして、上位1%の...
続きを読んでみる
モバイルウェブとモバイルアプリの違いと顧客メリット
モバイルウェブとモバイルアプリの違いと顧客メリット
世界は急速にモバイルプラットフォームに移行しています。2023年には、約44億8,000万人がモバイルインターネットを積極的に利用していると言われています。これは世界人口の約60%を占めているそうです。 人類がはじめて手にした、パーソ...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー