気になるShopとビジネスモデルシリーズ  コンテンツリスト

気になるShopとビジネスモデルシリーズ  コンテンツリスト

【気になるShopとビジネスモデルシリーズ コンテンツリスト】

snaq.me(スナックミー)にみる顧客体験(CX)のデザイン

ワクワクおやつの定期便「おやつ体験BOX」SNAQ.ME(スナックミー)

 

Short Tips

プレセールイベントを実施する5つの理由

ゲーム、家電、エンターテインメント業界は、熱心なファンにプレセールイベントを開始することはご存知ですね。
何故なら、
ターゲットオーディエンスとつながり、開発中の商品、間もなくリリースされるアイテム、新商品に関する話題を生み出し、早期販売を促進するための優れた方法です。ブランドロイヤルティと顧客維持の向上にも大いに役立ちます。

1.拡大ファネル広告を生成します

商品の正式な発売前に話題を生み出すための施策です。
ターゲットを絞ったマーケティングと口コミを組み合わせて、FOMO、特に他の誰よりも早く新製品を手に入れたい顧客を効果的に活用しています。トラフィックを促進し、関連するコミュニティであるソーシャルメディアとインフルエンサーを活用します。オファーは、割引や早割スペシャルを通じて説得力のある切迫感を加えることも注文する理由を与えます。
これって、クラウドファンディングでもテクニックとして活用されていますよね。

2.商品の需要を予測します

D2C(DTC) eコマースブランドがターゲットマーケットでの新商品の需要を測定するのに役立てています。
需要を満たすために必要な数量を効果的に見積もることができ、在庫計画が改善され、それに応じて在庫を調整します。
売れ残りの在庫に縛られるのではなく、将来のマーケティングキャンペーンのために資金を利用できるようになります。

3.顧客の善意と忠誠心を構築します

顧客とDTC/eコマースブランド間のコミュニケーションを促進するためのコンテンツと購買体験です。
顧客が他の誰よりも先に商品をレビューする可能性が高いですし、顧客は、肯定的なレビュー、将来の購買、口コミマーケティングの貴重な情報源UGCになります。

4.貴重な顧客データを提供します

貴重なファーストパーティのマーケティングデータを提供できます。特定のオーディエンスをより適切にターゲティングおよびセグメント化し、価格設定と在庫割り当てに関してデータに基づいた意思決定を行うことができます。

5.収益と最大の売上を保証します

一定額の収益と売上を確保するための理想的な方法です。プレセール商品に対する顧客の興奮は、ブランドが商品の売れ残りを心配する必要がありません。収益は、発売前の商品改善にも活用できます。

歯は予防が大事!NOVENINE(ノーブナイン)から新サービス誕生!

歯は予防が大事!NOVENINE(ノーブナイン)から新サービス誕生!

 


Short Tips

eコマーストレンドウォッチ:ストア内ストア(SWAS)

Store-Within-a-Storeのコラボレーション

店舗内店舗(SWAS)のトレンドは目新しいものではないです。
デパートのビューティーカウンターは、何十年にもわたってモデルです。
スターバックスが本屋と提携して、本を熟読するためのラテとフラペチーノを提供するなどの事例は沢山です。

このモデルは、実店舗でのショッピングに対する顧客の新たな関心を呼び起こしますが、このアイデアはDTCeコマースストアにも適用できると気づかれたでしょうか。
それについて、簡単にUnboxingしていきます。

SWASとは

ショップインショップまたはストアインストアとも呼ばれるストアインストアは2つの小売業者間のコラボレーションです。
1つの小売業者が別の小売スペースの一部を借りて独自の独立したショップを運営します。このモデルは、ホスト小売業者に在庫を販売してすべての意思決定力を与えるのではなく、ゲスト小売業者が在庫、価格設定、および店内顧客サービスに対して完全な自律性を持っているため、従来の小売業務とは異なります。

SWASのメリット

◆ホスト小売業者
SWASスペースをゲスト小売業者に貸し出すことで収益を上げます。これにより、在庫の販売がどれほどあっても、なくても、毎月の支払いが保証されます。

ゲストブランドの忠実な顧客ベースにアピールすることにより、新しい顧客のトラフィックを獲得できます。
顧客にその斬新さと魅力を提供しているということですね。

◆ゲスト小売業者
幅広い顧客ベースにアクセスできます。顧客トラフィックの増加は、好奇心旺盛な顧客層を引き付け、新しい顧客を獲得することを意味します。

ゲスト小売業者が同様のブランドに対しての差異化を提供できます。

標準の店内マークアップが免除されるため、ゲスト小売業者はより競争力のある価格を提供できます。

◆顧客
リアルでのブランドとのコンタクト・コミュニケーションが出来ることで購買体験の楽しさと安心が拡がります。

Point:SWASモデルをDTC/eコマースに適用する

Eコマース・D2C・DNVBブランドは他のDTCブランドと協力です。
新商品の発売の成功を後押してくれます、マーケティングの機会を拡大してくれます、新しい顧客を呼び込みが出来ます。

DTC/eコマースブランドコラボレーションを

Eコマース・D2C・DNVBブランドのコラボレーションの機会は無限大です。
他のDTCブランドと協力して、共同ブランド商品を販売する。
SWASモデルを採用し、別のDTC/eコマースのWebサイトで商品を販売することも可能です。

事例は後ほど追加します。

 

CILY(シリー) コスメブランド:

韓国インフルエンサー テリちゃん:インスタグラムフォロワー数170万人超

CILY(シリー) コスメブランド:韓国インフルエンサーテリちゃん:インスタグラムフォロワー数170万人超

Short Tips

サブスクリプションの仕組み

典型的な「ワンタイムバイ」の、eコマースベンチャーやショップとは異なり、サブスクリプションコマース モデルは機能します。

顧客の維持は、
新しい顧客を獲得することよりも、ブランドの成功と収益にとって重要です。企業は、顧客基盤を理解し、顧客を幸せで存在感のある状態に保つために、絶え間なく絶え間なく取り組む必要があります。

解約を防ぎ、
顧客との関係を維持することは、単に気持ちの良い価値観や利他的なビジョンではありません。それらはミッションクリティカルであり、収益はそれに依存しています。

キュレーションボックスと補充ボックス

サブスクリプションボックスモデルの2つの主なタイプは、キュレーションと補充です。

顧客は新商品に簡単かつ便利にアクセスでき、企業は市場に出しやすい予測可能で持続可能なフローを手に入れることができます。

キュレート

すべてのサブスクリプションの商品半分以上が「キュレートされた」カテゴリにあります。(日本では頒布会)

–StitchFixとGlossier
Stitch Fixを介して衣料品を受け取るためのスタイルプロファイルに入力して、パーソナライズされた選択肢を取得することができます。
また、サプライズは楽しみの一部です。小売購入価格から大幅に割引された、新しいアイテムのセレクションを受け取ることができます。
ソーシャルコマースからROIを作り出す #2

ボックスにスキンケアや化粧品などの商品が含まれている場合では、美容商品(購入した)と同様にサンプルまたはトライアルサイズのアイテムを受け取れることがありますが、フルサイズのアイテムをいくつか投入すると、顧客のスイートスポットを刺激するのに役立ちます。

厳選されたボックスモデルを選択する場合は、
顧客の期待を慎重に管理することが重要です。顧客がボックスから、個々のアイテムを購入できることを期待しているモデルの場合は、小売価格を下回る商品構成で販売していますかもポイントです。

Stitch Fixは、実際には、単にアイテムを試用しているだけで、必要なアイテムを購入することを約束しています。残りを手間をかけずに返送できるというセールスポイントになっています。
ただし、ほとんどのキュレーションボックスでは、返品は存在しないか、制限されています。

補充

必要な商品を定期的に自動的に配送するための補充タイプのサブスクリプションがあります。(日本では、単品リピート定期通販という一番顧客が嫌と感じているモデルです。)
カミソリ、シェービングクリーム、その他のシェービングの必需品を毎月発送するDollar Shave Clubは、このモデルの代表的な例です。

補充モデルでは、返品の理由次のとおりです。
顧客は自分が何を手に入れているのか、いつ手に入れているのかをよく知っているので基本はとても低いです。ただし、商品が破損または不良品となる場合があります。

この場合、Dollar Shave Club のように、顧客満足保証を提供することは理にかなっています。
一定の時間内に商品に満足しなかった場合、顧客に返金します。
これは、とても初回購入率、継続率を向上させる施策です。

GO WITH WHITE 白いスニーカー専門サブスクリプションサービス

POP-UP Store 開催中GO WITH WHITE 白いスニーカー専門サブスクリプションサービス D2C ブランド企業研究シリーズ

 

 

Short Tips

サブスクリプションコマースの課題

問題#1:
周期的(定期とは表現していないです)な価格を低く設定すると、顧客を魅了して、経済的負担を軽減しますが、顧客の獲得コストを顧客生涯価値で回復するのに時間がかかり、会社にとって課題があります。

相殺する方法:
氾濫した市場から際立つ新しい方法で、顧客との関係をより長く維持するように努めることになります。
よく言われている、CRM これは古い考えかたなので、CXとらえてください。
新しい顧客を獲得よりも、顧客を維持する方が5〜10倍安いというデータは有名です。
実際の自社の統計データを取得してみてください。

実際の解決策:
ヨガクラブは、生涯継続割引を提供しています。それらは蓄積して、ロールオーバーして、期限切れになることはありません。
ライフサイクルの残りの期間において、すべての購買について、金銭的な値引き(額、率)を提供します。

問題#2:
購入後の解約があります。十分な時間、お金、およびエネルギーが、顧客を幸せにして、存在して、そしてループに保つために費やされていません。

相殺する方法:
柔軟なモデルを構築して、顧客があなたのブランドを支持するまで、顧客との関係を継続的に育てます。

実際の解決策:
Rocksboxジュエリーのサブスクリプションでは、無制限のレンタル、購入に対するクレジット、無料の返品、送料無料が可能になっています。
顧客は、好きなだけ作品を保管し、新しい作品が欲しいときにだけ返品(または購入)できます。
これにより、顧客は満足感を高めるのに大いに役立つ柔軟性を感じることができます。

問題#3:
サブスクリプションeコマース解約率は高い

相殺する方法:
顧客からの反応ではなく、積極的に行動します。
自動化されたサブスクリプション管理ソリューション(マイポータルとマーケティングオートメーションなど)を使用して、顧客を成功に導き、保持を優先し、収益を最大化していきます。

実際のソリューション:
サブスクリプションボックスのオプションに対する顧客満足度を確保するための自動化されたソリューションを提供し、カスタマーサポートを待つブラックホールに顧客を送ることなく、スキップ・休止、返品、交換、または払い戻しなどをいつ発行できるかについての条件付きロジックを簡単に設定できるコマースシステムでUIを提供することが大切です。

D2C/eコマース消費者は、オンラインでチェックアウトする前に、目に見える明確な休止・解約・返品ポリシーを探しています。
コミットする前にサブスクリプションサービスの休止・解約・返品ポリシーについて明確にしてください。

サブスクリプションサービスのWebサイトで休止・解約・返品についての言及を見つけた場合には、それはおそらくFAQの奥深くに埋もれていませんか。
また、それが不明確であるか、「ノー」であるか、手続きが、煩雑、顧客を混乱をさせている可能性があります。


kipkip 寝る習慣作りの手助けをしてくれる サブスクリプションサービス

kipkip 寝る習慣作りの手助けをしてくれる サブスクリプションサービス

Short Tips

顧客獲得コスト(CAC)

Eコマース・D2C・DNVBでの戦略を成功させるためのブランドの最も重要な指標の1つです。
良い経験則は、CACが平均注文額(AOV)の50%になる可能性が高いということです。最終的には、時間が経つにつれて、AOVの25〜35%に達することを望むことになります。

売上の約半分は口コミから来ているので、消費者が夢中になる商品を作ったことを、ソーシャルネットワークで確認をしてください。顧客がブランドためにUGCを作ることを望んでいるはずです。
ブランドがインフルエンサーにサンプル商品を送る(贈る)とき、インフルエンサーはすべての友人に伝え、どこでそれの何を体験して、価値を得るべきかを相互にコミュニケーションしています。

購入後の体験(購買後体験)は、以前のファネルと同じくらい重要です。

商品を購入した後で、顧客体験は終わらない。
顧客を育成することは、リピート購入やリコメンド・推奨事項を引き起こす可能性があります。

単一のプラットフォームだけでなく、コンテンツに投資する。最高のブランドは、強力で多様なコンテンツ戦略を作成しています。
あなたのブランドが最優先事項である日常的に、オーディエンス:視聴者が楽しみ、それに関連することができるコンテンツを作成することです。

ユニクロと無印

ユニクロと無印