D2C Eコマース
LOGISTICS サービス
  アパレル・ファッション版

「顧客購買体験」
をデザインする
オーダーメイド
デジタルコマース

オムニチャネル
物流サービス提供

OMO/オムニチャネル化
 ビジネスを成功させるパートナー

お問い合わせ

D2C Eコマース
LOGISTICS サービス
  アパレル・ファッション版

「顧客購買体験」
をデザインする
オーダーメイド
デジタルコマース

オムニチャネル
物流サービス提供

OMO/オムニチャネル化
 ビジネスを成功させるパートナー

お問い合わせ

「富士ロジテックホールディングス」
D2C アパレル・ファッション 物流サービス
交換・返品・リバースロジ対応
オムニチャネル・OMOサポート

多くのアパレル・ファッションD2C事業者の悩みの一つに物流があります。
物流には、商品の保管や梱包、出荷、返品などさまざまな対応が発生します、
特にD2C及びe-コマース事業者やスタートアップの時期は日々状況が代わり、その都度フレキシブルな対応を求められます。

顧客購買体験」で重要となる BOPIS・BORIS・BOSSなどのオムニチャネル・OMOサポート
交換・返品・回収サービス
D2Cに不可欠な「顧客体験」を演出する顧客ごとの対応
店舗間物流
B2Bの卸・パレット物流 など

経験豊富な富士ロジテックホールディングスだからこその、
新しい倉庫コンセプトにより、
倉庫チームは設定されたクライアントポートフォリオを活用してインテリジェントかつ生産的に作業をベースに提供します。
アカウントマネージャーは、
クライアントに寄り添いながら最適な物流を提案をさせていただきます。

「お客様」は私たちが行うすべての中心です
すべての 富士ロジテックホールディングス のお客様には、専任のサービス チームがいます。
オンボーディングから日々のロジスティクス、フルフィルメントのニーズまで、あらゆる段階で私たちがサポートします。
安心してご利用いただけます。

クラス最高のフルフィルメントプラットフォームを提供します
独自のソフトウェアで、
注文(OMS)、在庫レベル、返品交換を追跡し、
すべての統合を単一のクラウドベースのプラットフォームに接続するための完全な可視性と制御を提供します。

Reasons

「富士ロジテック」D2Cアパレル・ファッション物流サービスを利用する6つの理由

顧客に最高のフルフィルメント体験を提供
優れた顧客サービスは優れたロジスティクスから始まる

今までも、幅広く、アパレル・ファッションの小売・メーカー・D2C事業者の物流のサポートを提供してきた私たちの強みは、
低コストでクライアントの事業をサポートできる他、
顧客体験、顧客満足度の向上に欠かせない、オムニチャネル物流や購入者都度の梱包設定等、豊富な事例に基づく業務ノウハウの自信です。

スタートアップ
特別料金

スタートアップ 特別料金

「スタートアップサポートプラン」をご提供。
低コストで事業スタートが可能です。

ご相談はこちらから

豊富な経験と実績安心の
運営管理体制

豊富な経験と実績安心の 運営管理体制

創業以来100年以上に渡る
経験と豊富な実績から産み出された
効率、低コスト、拡張性、注文処理の精度。当社独自のハブモデルにより、ブランドにこれらすべての利点を提供できます。

交換・返品・回収
リバースロジスティックス

交換・返品・回収 リバースロジスティックス

購買後体験で重要になる
交換・返品物流サービスから
リバースロジスティックスサービスまでを提供しています。

詳細はこちらから

OMO/オムニチャネル物流
2B & 2R 2B2C 物流

OMO/オムニチャネル物流 2B & 2R 2B2C 物流

「顧客購買体験」向上に効果的な
オムニチャネル・OMO物流
BOPIS・BORIS・BOSSなどに
対応しています。

詳細はこちらから

全国拠点
物流コストの削減と最適化

全国拠点 物流コストの削減と最適化

日本全国の 11の施設から、
毎日何千もの注文を選び、梱包し、発送しています。
私たちの主な目標は、
顧客がブランドで最高の体験をしていただけるように、
注文を最初から毎回正しく発送することです。
全国の拠点を活かした分散在庫・分散出荷により、
ラストマイル配送で最短距離で商品をお届けできることの「顧客購買体験」の満足度向上を、
物流コストを削減の実現しながら、
マルチチャネル機能を使用することでメリットを享受できます。

物流から購入体験を
デザイン

物流から購入体験を デザイン

パッケージをカスタマイズ
(オリジナル梱包資材)

パッケージにチラシを追加して
(購入者毎同梱物設定)

 などを実施することで
顧客(エンドユーザー)のエクスペリエンスをパーソナライズできます。
顧客視点で、ブランドのより良い「購入体験」をデザイン提供します。

詳細はこちらから

Features

富士ロジテック
「D2C アパレル通販物流サービス」の
特徴と 採用・活用する7つのメリット

ブランドイメージがとても大切なD2Cアパレル・ファッション事業だけに、
物流上のミスはブランドイメージに直結するだけではなく、商品レビューや口コミを通し大きくブランドイメージを低下させます。

高い物流品質が求められるからこそ、実績を積んだ、マルチチャネルに対応してくれる物流パートナー(3PL・フルフィルメント)を選定する必要があります。

Feature 01

フレキシブルな対応が可能です。

D2C及びEコマース事業者はは日々の状況が代わります、多様なニーズにお応えするサービスを展開しています。
当社だからこその、オペレーション体制と、WMSでフレキシブルな対応が可能です。

分散型のOMS+WMSでのフルフィルメントサービス

富士ロジテックホールディングスの
全国ネットワークで在庫や業務を分散できます。

分散型のOMS+WMSでのフルフィルメントサービスです。

シーズン入庫・セール・キャンペーン ・予約販売

シーズン入庫・セール・キャンペーン
・予約販売等の
急な在庫の拡大や
出荷数の変化に柔軟に対応ができます。

*これから、成長するP2Cビジネスへの対応実績もあります。

分散在庫

在庫を分散・出荷できるので、
配送のリードタイムを短縮できます。

交換・返品のリバースロジスティックスでより効果的に活用できます。

Feature 02

スタートアップにも最適な「オンデマンド・従量課金」制だから、
すぐにでもスタート可能!

企業規模・物量を問わず、企業の成長規模に合わせたフルカスタマイズでご利用可能なサービス!!

固定費保管料と商品1点から使える「従量課金」型のサービスなので、スタートアップ企業
【スタートアップ特別料金はこちら】
D2C・小売事業者にも最適なサービスです。

本当に必要なものだけを選択してご利用いただけます。
2Bのサービス料金はさまざまな要因によって異なりますので
こちらからご相談ください。

「顧客へのダイレクト発送代行」は
こちらの【料金ページ】
ご確認できます。

Feature 03

D2C eコマースの受注から出荷まですべてを自動化

Shopify(アパレル・ファッションから、オールジャンルのEコマースとオムニチャネル)
 ecforce (日本型単品リピート通販モデルの、コスメ・サプリ)
Lexicaサブスクリプションモデルオムニチャネル&OMO・越境など)
などのコマースシステムや、
楽天市場、Yahoo!ショッピング、 Amazonなど国内主要モールなど、
そして、クラウドファンディングまでの、
連携システムの一覧はこちら
受注の取込、決済ステータスの連動、出荷情報の反映が、
すべて自動で行われます。
Fanction機能の詳細はこちら

月次出荷1〜100万件ならEC自動出荷システム OMS・WMS一体型システム LOGILESS を活用します。

OMS+WMS  

OMS+WMS

受注管理システム(OMS)と、在庫管理システム(WMS)の一体型システムです。

SPEEDY

SPEEDY

毎日発生する受注~出荷までの手作業が不要になり、ミスなくスピーディな出荷が可能です。

REALTIME

REALTIME

在庫情報を一元管理。在庫管理を正確かつリアルタイムに実現できます。

OMO対応
【OMOについての解説記事】

INTEGRATION

INTEGRATION

受注情報・出荷実績・在庫の管理を、既存の自社基幹システムと簡単に統合できます。

連携システム一覧

Feature 04

D2Cに欠くことができない、顧客購買後 感動演出為の要望にお答えできる
フルフィルメントサービス(自動出荷サービス))です

越境EC・国内発送もワンストップで!
これから成長するエリア・国でのコマース展開は重要です。
海外への発送は、
書類やラベル作成など多くの作業が伴います

国内発送とともに
ワンストップで行うことが可能です。

海外で成長している注目ブランド
FemTech FemCare からWomen’s HealthとしてのDNVBを考える

D2Cブランド
D2C eCommerce Brand in NYC DNVB
D2C eCommerce Brand in New York City
D2C eCommerce Brand in San Francisco
D2C eCommerce Brand in Los Angeles

バックヤード業務もおまかせ!
受注代行やコールセンター、決済代行など、
バックヤード業務も合わせてご提供が可能です。

私たち、富士ロジテックは、
単なる、物流・フルフィルメント以上のことをご提供します。
 私たちは、ブランド・事業者のための総合的な運用パートナーであり、クライアントであるブランドのアンバサダーです。
提供すべきあったらいいなのサービスを富士ロジテックのパートナーを通じて提供します。

こちらのパートナーページをご覧ください。

交換・返品・回収もワンストップで!
アパレル・ファッションでは避けて通れない「顧客購買体験」があります。
サイズ・色・デザインの不一致による
返品・返送/交換発送・店舗返品
などを、システムと連携して、顧客もスタッフも通常ワークフローとしてワンストップで行うことが可能です。

OMO/オムニチャネル対応もお任せ!
アパレル×IT×物流で
リアル店舗、ECの在庫管理一元化と、
顧客コミュニケーションを一体化をして
「BOPIS」「BORIS」顧客購買後体験をサポートします。

【OMO/オムニチャネルについての成長の方程式】

対応可能なフルフィルメントサービスの例

ギフトラッピング

ギフトラッピング

カスタムギフトメッセージ カスタムデザインのカードとパーソナライズされたメッセージを顧客に追加できるようにします。
休日や季節のスペシャルに最適です。

同梱物施策

同梱物施策

梱包資材マネージメント

材料の調達と調達 無数の注文プロファイルに適したサイズのボックスを見つけるのにサポートが必要な場合は、当社のチームが最適な材料の評価、設計、調達をお手伝いします。

シリアル化されたスキャンキャプチャ  ロット管理

シリアル化されたスキャンキャプチャ 
ロット管理 

個々の SKU レベルで高度に専門化された製品管理を必要とする多くのブランドと協力しています。
バッチ レベルで追跡する必要がある製品の管理
健康および美容ビジネス、医療機器などに対応しています。

配荷・集荷・ 交換/返品 /回収 サービス リバースロジスティックスサービス

配荷・集荷・
交換/返品 /回収 サービス
リバースロジスティックスサービス

店舗間移動のOMSマネージメントから、SHIP To SHOPのための店舗資材管理までをサポートします。

在庫リサイクル(廃棄) リユース・リセール サービス

在庫リサイクル(廃棄)
リユース・リセール
サービス

材料の調達と調達
無数の注文プロファイルに適したサイズのボックスを見つけるのにサポートが必要な場合など、最適な材料の評価、設計、調達をお手伝いします。

データのインサイト: 洞察

データのインサイト:
洞察

オープン API を使用すると、必要な出荷、注文、または在庫データを必要な形式で抽出できます。堅牢なデータを使用して、レポート、予測、およびビジネス上の意思決定を改善できます。

リアル店舗& eコマース 一元管理機能

リアル店舗& eコマース
一元管理機能

e コマース プラットフォームの統合 Shopify、SaleforceCommerce Lexica などの e コマース /オムニチャネルコマースプラットフォームを使用している場合、単一のソースからシームレスな統合と注文管理を提供できます。

Amazon FBA 納品代行サービス

Amazon FBA
納品代行サービス

Amazonの多くの要件をすべて満たすように、Amazonショップをサポートします。FBM、FBA、セラーセントラル、ベンダーセントラルの経験があります。

Feature 05

物流業界を100年にわたりリードしてきた、
物流グループ「富士ロジテックグループ」が運営

豊富な実績

スタートアップから
インフルエンサーマーケティング(P2C)
大規模OMOまで
D2C eコマース事業者向け
物流アウトソーシング実績多数

ユーザーボイスはこちらから

幅広い取り扱い品目

  • パーソナライズコスメ
  • 医薬・医薬部外品
  • パーソナライズサプリメント
  • 医療機器サブスクリプション

Feature 06

D2C事業の販売チャネルの拡大に柔軟に対応

事業規模に合わせて拡大する販売チャネルにに柔軟に対応が可能。

現在ご利用中のカートシステムや基幹システム、
モール(楽天市場やAmazon)などとのデータ、CRMとの連携等の対応が可能です。

ECショッピングモール/プラットフォームでの多店舗展開
DTC/eコマースサイト構築運用(マルチドメイン対応)
クラウドファンディング
オムニチャネル(店舗出荷・受取)&リアル店舗物流(返品・店舗間移動)
基幹システム連携から、カートシステム、リスト以外のカート・プラットフォームとの連携も、
CSVレイアウト機能や APIでの連携が可能。
お問い合わせご相談ください。

Feature 07

顧客体験(CX)価値の向上のお手伝い

商品お届けは絶好のファンづくりと新規顧客との出会いのチャンスです。
DM(ダイレクトメッセージ)やメルマガはクリックして開かない、読まれない可能性がありますが、
顧客は商品到着時必ず配送された外装を開け、商品の入っている化粧箱を開封します。
その瞬間時に、D2C事業者(ブランド)として、顧客体験の演出と感謝、感動のメッセージ性の高い、
デザインと仕掛けをし、顧客に商品への感動と買ってよかった、使ってみたいとの期待値を購入時より上げることが大切です!

「またもう一度買いたい!」
「友達にも感動を共有したい!」

という気持ちになってもらうことと、
SNS(Instsgram・LINE・TikToKなど)
でのポスト
を促すことが新規顧客との出会いへの繋がる顧客体験の一部です。

私たちは開封:Unboxing体験のデザイン・プロセスシステム化をサポートいたします。

同梱物施策

同梱物は多ければいい訳ではありません、同梱物は顧客一人ひとりのニーズを考える必要があります。
初回購入者とリピーター、または購入経路(チャネル)別等でパーソナライズ/変更したほうが効果的です。富士ロジテックホールディングスでは費用を抑えつ最高の効果がでる同梱物作成し、入れる場所等もアドバイスをさせていただきます。
*同梱物についてはこちら
*パーソナライズについてはこちら

感動体験の提供

外装箱梱包を開けた時に綺麗に配置された商品を見ると顧客には贈り物のような雰囲気を与えることができます。
またプチプチを利用するより紙パッキンの方が可愛らしい演出が可能です、私たちはそういった対応により環境に配慮しつつ、感動的な梱包デザインと開封体験:Unboxingが提供できます。
ブランドのパッケージ
当社のパートナーチームはクライアントと協力して、ニーズを満たし、ブランド メッセージ (高価値の商品、さまざまなサイズと重量、ブランド素材、環境に優しい素材など) を伝えるカスタム パッケージを作成します。
*Unboxingについてはこちら

CRMの設計

顧客体験(CX)に不可欠なのはCXMです、個々の顧客に最適な商品/サービスを提供して顧客と良好な関係を構築して顧客の購買行動を維持し、顧客を熱狂的なファンに変えるために必要なのことがCRMになります。 富士ロジテックホールディングスではCRMの設計から運用までのお手伝いをいたします。
*CXMサービスについてはこちら
*LINEを活用したCRM/カスタマーサポートはこちら


参考事例


化粧品ギフト

ピタット台紙クッション

窓付メール便

ジオラマ付きギフト

Prices

入庫料・オプション料金もお得だから、トータルコストが抑えられます。
スタートアップ特別プラン
「お問合せ」ください。

OMOプラン・交換/返品物流プランもご用意しています。

ポスト投函便

320円〜

宅急便コンパクト

580円

宅急便 60サイズ

620円

宅急便 80サイズ

700円

宅急便 100サイズ

800円

宅急便 120サイズ

950円

宅急便 140サイズ

1,000円

宅急便 160サイズ

1,100円

オプション料金

入庫料

15円(1個あたり)

保管料

3,000円〜(1パレット/月額)

商品ピッキング料

10円〜

同梱物ピッキング料

3円〜

シール貼り作業

10円〜

セット作業

30円〜

返品作業料

150円〜

ギフト包装

袋タイプ 80円〜

詳細を見るオムニチャネルサービス
お問い合わせ
発送代行・物流代行
お問い合わせ
返品・交換・回収サービス
お問い合わせ

Voice

Brandインタビュー &
 Opinion Reviews

次の、D2C/Eコマースビジネスを見通すための
インサイト(洞察)が得られる選りすぐりのロングリード:長編記事・インタビューをテーマに合わせてお届けします。

  • テーマ ブランド: なぜ成長しているD2Cブランドは顧客から支持されるビジネスを創るのか
  • テーマ コミュニティ:なぜ成長しているD2Cブランドはコミュニティを持っているのか?
  • テーマ マーケティング: eコマースのための基礎マーケティングとパフォーマンスマーケティングの習得
  • テーマ 商品:優れた商品・サービス・サブスクリプションの創り方とは
  • テーマ カルチャー&バリュー:なぜ成長しているD2Cブランドは、「顧客購買体験」と「スタッフエンゲージメント」が際立つのか

VALXが目指す日本一とは ファシリテーター:吉村 典也 (以下:吉村) VALXはプロテイン市場で1番を取ること、そして「日本一」を目指すと、社外、社内で絶えず発信(メッセージ&コミュニケーション)されています。先ずは、今、日本一ともいえるVALXのプロテイン事業について教えてください。こちらについてお伺いさせてください。 株式会社レバレッジ 代表取締役CEO 只石 昌幸 様(以下:只石 様) 僕は、株式会社レバレッジの創業から、「中途半端が大嫌いで、やるなら1番をとる」「誰にもない価値を提供する」という考え方でやってきています。 今の「日本一」マッスルプロテインについて 東洋経済オンライン「46歳社長がキーエンス→ホスト→起業で得た成功「プロテイン」大ヒットの裏にさまざまな仕掛け」 これからの「日本一」圧倒的に獲るマーケットカテゴリー 吉村プロテイン市場で1番であることは、1つめの日本一であるとお伺いしています。2022年ですが、圧倒的に「日本一」になるマーケットカテゴリーを改めて教えてください。 只石 様 これらから目指す日本一としては、 女性マーケット 子供マーケット 富裕層プレミアムプロテインマーケット  高齢者パーソナルトレーニングマーケット を一気に立ち上げたいと考えています。

続きはこちら
Nov 28, 2022

VALX 世界をフォーカスして日本一グロースハックしている理由 #1

展望 -実装の課題 -状況を変えるネットワークの進化 -今後の展開

続きはこちら
Nov 23, 2022

メタバースが現実のものとなる!#3 展望

ビッグテックの特許出願動向 エンタープライズ・イノベーション -ベネトン、メタバースに初の店舗を開設 -MGモーターズ、メタバース・プラットフォームを展開 -ハイネケン、メタバースでバーチャルビールを発売 -カタール航空、航空会社見学者向けにVR体験を導入 テクノロジー・プロバイダーの革新 -スウェーブ、ホログラフィック拡張現実感技術を発表 -EyeKandy、ブランド向けメタバースサービスを提供 -STEPVR、世界初となるメタバースゲートを公開 -ネクステックAR、「Metaverse Builder」アプリを公開

続きはこちら
Nov 23, 2022

メタバースが現実のものとなる!#2-2 実際の動き

実際の動き -M&A -戦略的パートナーシップ -採用動向 #1 -採用動向 #2 -ソーシャルメディアバズ

続きはこちら
Nov 23, 2022

メタバースが現実のものとなる!#2-1 実際の動き

メタバースエコシステムのハイライト、イノベーション、そして次なる展開へ! 目次 イントロダクション メタバースエコシステムの現状 - メタバースとは何か? - GlobalDataのテーマ別フレームワーク - 主要な推進要因 - 新たなセクターのユースケース - 主要な実現技術

続きはこちら
Nov 23, 2022

メタバースが現実のものとなる!#1 イントロダクション

もっと見る

Usecase

導入事例

Column

D2C/eコマース成長のためのTipsやノウハウコラム

SHEIN ファストファッションの未来 Part03 届くまでの流れを解説

Nov 23, 2022

SHEINは、中国の工場から直接ユーザーに届けるシステムを構築しています。早い方は商品が5日程度で到着するので、利便性も高いサービスです。越境ECが苦労することが多い配達や関税の問題にも対応しています。ユーザー視点に立っても利便性が高く、SHEINは魅力的なECといえるでしょう。

SHEIN ファストファッションの未来 Part01 SHEINの大きな特徴

Nov 23, 2022

SHEINは、越境ECとして大成功を収めています。SHEINが世界的なファストファッションを凌ぐ存在になるのも時間の問題でしょう。 現在本社はシンガポールにあり、アメリカでの上場を狙っているともいわれています。SHEINには危険性や安全性への問題が指摘されることがあるものの、越境ECの成功モデルとして注目に値する存在といえます。

【ECサイトを初めて構築する方向け】作り方・サービスとその費用を解説

Nov 22, 2022

会社や個人でECサイトを構築したいけど、どの方法が最適なのか迷っていませんか?サイトを立ち上げてみたものの、予想外の費用がかかったりビジネスの規模に合わなかったりして後悔するのは避けたいですよね。当記事では代表的なプラットフォーム(ECサイトを構築するシステムやソフトウェア)6種類の特徴や費用相場、構築の手順とポイントまで解説します。記事を読めば、あなたのビジネスにとって最適な構築方法が分かり、選択ミスを未然に防げます。ぜひ最後までご覧ください

アソートとは?アソートの種類、仕組み、導入のメリット

Nov 21, 2022

アソートとは、物流業界において指定された商品を数通りに仕分けや詰め合わせ、同梱することです。近年WEBで商品を購入するユーザーが増えており、扱う商品や注文内容も多種多様になっています。そのため、これまで以上にアソートが複雑になることから、より精度を上げることが重要です。

ブランド戦略とは?戦略の立て方とフレームワーク、成功事例まで一挙解説

Nov 18, 2022

ブランドの認知や価値を高めるための方針を「ブランド戦略」といいます。自社の商品やサービスをユーザーに認知してもらうためには、明確なブランド戦略が必要です。本稿では、ブランド戦略の効果や重要性を解説したうえで、具体的なブランド戦略の立て方やフレークワークを分かりやすく説明します。

お気軽にご質問・ご相談ください

  お問い合わせ