Voice

D2Cブランドインタビュー&Opinion:オピニオンテーマコンテンツ

DTCブランドインタビュー
Aug 09, 2022 

テクノロジーで セルフメディケーションを 再定義する エムボックス CRM編 Part-02

サービス概要体験談 5:顧客購買後体験 顧客にとって大切なことのために  COUTOMER & PATIENT CENTRICITY (顧客&患者中心) 顧客の心理的要因を考えて「診断」をしていただくために 3つのプロミスを大切にしている 不安をあおらず、お悩みに寄り添います エビデンスに基づいた商品だけを提供します 押し売りや勧誘は一切行いません 6:顧客を一緒に開発しつづけるチーム&マネージメント体制 メディカル関係のメンバー ITエンジニアリングのメンバー ビジネス&マーケティングのメンバー 「顧客=患者さんと一緒に、顧客=患者さんに一番いいものを創り続けよう」  

続きを読む
Aug 09, 2022 

国内初! AGA(男性型脱毛症)管理アプリ「HIX」 エムボックス ビジネスモデル編 Part-01

1:エムボックス創業への思い ■株式会社ジェネシア・ベンチャーズのプレスリリース prtimes.jp 2:事業ビジネスモデル概要 薄毛の悩みをAIとアプリで解決する「HIX」、投資家がコンプレックス課題に注目した理由 3:サービス概要 4:顧客購買前体験 顧客の課題に向き合うために 「薬とそれを服用する人の関係性にはやっぱりまだまだ大きな課題があると感じた。」 missionテクノロジーでセルフメディケーションを再定義する 薄毛対策ラボ _ あなたに合った薄毛や抜け毛対策をご紹介 購買行動と対応チャネルについて 1:「HIX」アプリチャネル 2:自社オリジナルドメインコマースサイト 3:マーケットプレイスやモール  

続きを読む
Jul 26, 2022 

【IT補助金の対象に】LINEを利用した「顧客購買体験」サービスをLifeX様と提供

コミュニケーションプラットフォームとしての、LINEを活用することで、顧客とブランドを、購買体験をデザインしていきます。パーソナルデバイスのスマートフォンを活用して、ダイレクトかつニアフレンドのコミュニケーションを提供します。

続きを読む
Jul 24, 2022 

化粧品あるある 化粧品、健康食品原料データベースINGREBANKから見える、化粧品ビジネスの失敗事例と「しくじり先生」 第2回

「どのようなコンセプトの化粧品をつくるか」は、事業者が保有している顧客からのニーズを成分と配合を通じてデザインすること①化粧品ビジネスを立ち上げる事業者からの視点このように、使うことで、より良い商品開発が、このようにできる 「化粧品のプロに相談」の使い方でこんなに変わる ②OEM会社からの視点を忘れていないか コンセプトが無い場合とか、マーケットと相違している場合はどうする、どうしたらいいか 化粧品や健康食品の開発で、成分・原料の重要なポイントはここ 成長するD2Cコスメブランドがしていることは、成分訴求ではない

続きを読む
Jul 24, 2022 

ここで解決! OEMビジネス情報総合サイトと、化粧品関連企業・OEM&ODM企業検索機能と、薬事広告チェックサービス 第3回

日本のコスメ業界の課題と解決策について、1つ1つインサイトを提供 コスメを科学的に分析して顧客にお届けする方法 ・企画相談から、成分・OEMサーチ、顧客診断してお届けする一連のビジネスモデル設計 ブランドやマーケティングについて ・D2CとP2C(パーソナルコマース)の企画と運用について ・商品開発・デザインから始まる、顧客購買体験とUnboxingでブランドを育成して、コストダウンを図る方法 など、コンテンツとして化粧品業界の皆様へ還元出来ればと思っています。

続きを読む
Jul 24, 2022 

なぜ? BENTENを利用すると化粧品の商品開発は効率化でき、顧客に支持されるのか 第1回

化粧品、健康⾷品業界の課題 1:悩みを持っている事業者が多い2:どこに頼んだら良いかわからない3:需要が⾒えない4:展⺬会は費⽤対効果が悪い5:IT化が遅れている6:情報発信・収集のための、展⺬会は費⽤対効果が悪い Bentenの主な機能・ソリューション・質問依頼機能・専門家との業務マッチング機能・イベント告知、自社PR機能・薬事に関する相談(薬事の部屋)・化粧品関連企業・OEM&ODM企業検索 で解決する化粧品開発について

続きを読む
Jun 30, 2022 

オムニチャネルコマースの4つの機能 コミュニケーションチャネルとタッチポイントチャネル 顧客購買体験 対談 Part04-2

コミュニケーションチャネルとタッチポイント コミュニケーションとして展開できることシステムとしての基本的な機能ポイント オンデマンドのきめ細かい柔軟なデータ活用のポイント オムニチャネルコミュニケーションの施策ポイント ダイレクトコミュニケーション(メールなど)で1:1にフォーカスにします。 キュレートページエクスペリエンス 真のクロスチャネルアプローチのための統一されたプロファイル メールではなく、会話を作成することがオムニチャネル 改善するための分析、分析するための分析ではダメ  

続きを読む
Jun 30, 2022 

オムニチャネルコマースの4つの機能 コマース機能 Part03

魔法のコンポーネントとは 中田様:各ブランドのコマースビジネスに適した購買チャネルを選択して顧客に提供することは、オムニチャネル施策の本質的なものとなります。 チャネルを適切に選択して組み合わせることによって、オーディエンス顧客へのリーチを拡大し、ブランド認知度を向上させ、 ・顧客の数が増え・購買の回数が増え ・相対的にコストが低減して・収益を増加させることができます。 4つのオムニチャネル機能のトップとして、デジタル&リアルコマースチャネルには、次のようなものがあります。(ただし、これらに限定されつづけることはありません、絶えず新しいチャネルが生れるでしょうし、衰退するでしょう)。 ・オンラインストアフロント/DTC ・モバイルチャネル ・ソーシャルメディアプラットフォーム ・B2B/ホールセールチャネル ・eコマースマーケットプレイス ・実店舗:(POP-UPなども含む) ・または POS を使用するすべての場所(コールセンターもこの範疇に整理されます。)

続きを読む
Jun 30, 2022 

オムニチャネルコマースの4つの機能 物流・フルフィルメント 顧客購買体験 対談 Part06

ストアフルフィルメント:リアル店舗が店舗・敷地内に在庫を保持してから直接ストアから出荷します。このオプションは、倉庫のリースやハードウェアコストの増大を回避したいスタートアップや、既に小売事業を展開してeコマースに進出するパターンに適しています。 自社運営倉庫フルフィルメント:フルフィルメントセンターは、DCとして機能し、完全な在庫管理機能とサービスを提供します。フルフィルメントセンターは、注文がより早く発送されることがKPIです。     サードパーティフルフィルメント(3PL):3PLフルフィルメントは、注文の受け取りからピッキングと梱包、在庫管理、出荷、保管に至るまで、フルフィルメントプロセスをサードパーティにアウトソーシングすることを意味します。 システム的には、小売事業者には、出荷ソフトウェア&サービス(Shopifyに買収された:https://deliverr.com/ など)または3PL会社(Amazon FBAなど)を利用するという選択肢があります。 ◆出荷ソフトウエアを導入した場合は、・配送業者との特別な交渉による料金設定・配送状況の確認・レポート作成・フルフィルメントプロバイダーへの注文の送信機能設定などがあります。 ◆Amazonのフルフィルメントサービスなどの3PLは、・在庫管理・倉庫管理・フルフィルメントなどのロジスティクスプロセスも含んでいます。 フルフィルメント出荷・配送とバックオフィス業務 オムニチャネルフルフィルメントの種類 配送とフルフィルメント オムニチャネルフルフィルメント フルフィルメントマーケティングとは フルフィルメントマーケティングサービスの4つの提案 オムニチャネルの注文処理は、次の5つのステップ オムニチャネルフルフィルメントのメリット

続きを読む
Jun 30, 2022 

オムニチャネルコマースの4つの機能 オペレーション(OMS・IMS) 顧客購買体験 対談 Part05

4つの機能を言い換えると、 1:顧客統合管理2:コミュニケーションコントロール3:商品統合管理4:物流 になります。 1:3:はオムニチャネルコマースシステムの機能選定として重要ですが、2:は対談でも触れていますが、連携するCRM・CXMシステムとの協働がポイントです。 今回は、3:になりますが、コマースシステム側は「商品管理」「在庫管理」の正・静の部分を担いますので、予・動の部分は、外部の専門システムPIM・DAM・IMS・OMSでも多元的な部分との連携になります。  在庫を見える化(可視性)とは 製品情報管理システム(PIM)とデジタル資産管理システム(DAM) 在庫管理システム(IMS)と受注管理システム(OMS) EコマースにおけるOMS:注文管理とは 注文管理で重要なポイントとは 注文管理システムは倉庫管理システム(WMS)とどの違うのか OMS機能のチェックポイント オーダーフルフィルメントプロセスの自動化 返品・交換・回収管理とリバースロジスティクスの実現 注文管理システムがオムニチャネルビジネスにとって重要な理由  

続きを読む

テーマ コンテンツ リスト

D2C eコマース OMO 成長 成功 ポイント シリーズ
フルフィルメントサービス コンテンツリスト
【D2C・eコマース・OMO 顧客購買体験 事例シリーズ  海外編】テーブルコンテンツリスト

D2Cブランド・
創業者インタビュー

顧客購買体験の
デザインノウハウ

物流・フルフィメント
サービスノウハウ

ケーススタディ
海外成功ブランド

ロイヤリティ リワードプログラム
突撃インタビューシリーズ
価値創造イラストレーション

ロイヤリティ・リワードプログラム

突撃インタビューシリーズ

D2C・Eコマースマーケティングノウハウ

D2C/OMO 物流サービス
サブスクリプション
返品・交換 物流サービス

お気軽にご質問・ご相談ください

  お問い合わせ