富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

スマート搾乳機「willow」フェムテック・フェムケア 探索シリーズ

FemCare フェムケア Femtech フェムテック

【FemTech FemCare 企業探索シリーズ】

スマート搾乳機「willow」

Written by 植島 寛子

スマートな搾乳機を展開しているアメリカのメーカーWillowが、ブラ装着型搾乳機「Willow Go」の取り扱いを始めました。Willowの商品は、多くの母親が抱く授乳の悩みに寄り添っています。

ただ残念なことにWillowの商品は、日本では展開していません。さらに日本では搾乳機自体が普及していません。

なぜなのでしょうか。日米の搾乳機に対する違いについてご紹介していきます。

ブラ装着型搾乳機「Willow Go」とは?

ブラ装着型搾乳機「Willow Go」は、ウェアラブルスマート搾乳機の一つです。主な特徴は、以下の5つが挙げられます。

  • ブラジャーに入れたまま使えるので、ながら授乳が可能
  • 病院で使用される搾乳機と同程度の吸引力
  • アメリカでは保険適用されると150ドルで利用できる
  • 音がほとんどしない
  • 後処理も楽々

Willowでは、以前よりウェアラブルのスマート搾乳機の販売をしています。WillowのCEOが女性であること、CTOの妻が搾入機に不満を持っていたことが、開発のきっかけになりました。

日本で搾乳機が普及しないのはなぜか



ブラ装着型搾乳機「Willow Go」を説明する動画を見ると利便性が高く、日本でも人気が出るのではないかと考えられます。

しかし残念ながらWillowの商品は日本では展開しておらず、入手するには海外通販を利用する必要があります。

日本ではウェアラブルのスマート搾乳機だけでなく、搾乳機自体が普及していません。アメリカと搾乳器の使用率を比較すると、その差は歴然です。
  • アメリカ…64%
  • 日本…10%

なぜ日本で搾乳機が普及しないのか理由を解説していきます。

母乳育児に対する意識やサポート

母乳育児に対する意識は、アメリカと日本では大きく異なります。北米では母乳育児に関心を持つ人が増えてきました。

増えた理由としてはアメリカでは政府や医師が母乳育児を積極的に推進し、母乳育児の専門家が母乳指導しているからと考えられます。

また母乳育児に関するサポートや治療に保険が使えることも、アメリカで母乳育児を選択する人が増えている理由といえるでしょう。保険に加入しドクターから処方箋を貰えば、オンラインで簡単に搾乳機を入手できます。

実際に母乳で育てられる生後半年のアメリカの赤ちゃんは、2000年の35%から、2010年には49%に増えました。

一方日本でも、生後3か月に母乳を飲んでいる赤ちゃんは 2005年の38%から2015年の54.7%と増加しています。

しかし日本では
  • 母乳が足りているのか
  • 十分な母乳が出ない
という悩みを持つ母親が少なくありません。

日本では母乳指導をしない産院もあり、母乳育児に十分な知識やサポートがない母親も多いと考えられます。

また日本では、搾乳機を実費で購入しないといけません。日本では母乳育児に対するサポートがアメリカに比べて不十分です。

その結果、母乳育児に対する考え方や搾乳機の活用もアメリカに比べると後ろ向きだといえます。

 

搾乳機に対するイメージ

日本では、搾乳機にネガティブな思いを持つ人が少なくありません。

ベビー用品でお馴染みのピジョンによると、搾乳機に対して

 

  • 乳を搾るという名称が嫌だ
  • 痛いのではないか
  • 恥ずかしい
  • 一般的ではない

といった意見を持つ人もいます。

一方アメリカでは母乳育児を行う母親の85%が搾乳機を利用していて、搾乳機を使うことが日本より一般的です。

また日本とは異なり、Willowを始め色々な種類の搾乳機がアメリカでは発売されています。選択肢が多い所も、搾乳機にポジティブな人が多い理由といえるでしょう。

女性が置かれた環境

日本よりもアメリカの方が、一般的に育児休暇が短く設定されています。一般的な日本の育児休暇は、子供が一歳になるまでです。

一方アメリカでは生後3ヶ月で職場復帰することが少なくありません。そのため、アメリカ人女性は日本よりも搾乳機を利用する機会が多いと考えられます。

女性の置かれた環境も、搾乳機の普及に影響しているといえるでしょう。

  

最後に

アメリカではブラ装着型搾乳機「Willow Go」をはじめ、搾乳機市場のトップを占めています。今後も新しい商品が登場し、さらに便利に搾乳できる女性も増えるでしょう。

一方日本では、搾乳機自体が普及していません。授乳機にネガティブな意見を持つ日本人もいて、選択肢も少ない状態が続いています。

日本でも搾乳機の利用や種類が増えれば、子育てが楽になる人もいるでしょう。日本でも搾乳機に対する考え方を見直すことが求められます。
殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

コールドチェーンとは?3つのメリットと課題を徹底解説【市場規模は拡大傾向】
コールドチェーンとは?3つのメリットと課題を徹底解説【市場規模は拡大傾向】
商品が生産されてから消費者の手に届くまで、一定の温度を保つことにより品質を維持するコールドチェーン。高齢化や独身世帯の増加、コロナによる巣ごもり需要などが背中を押し、市場は拡大しています。 一般社団法人日本冷凍食品協会によると、201...
続きを読んでみる
FBA納品代行おすすめ10選!利用の流れ、メリット・デメリットも解説
FBA納品代行おすすめ10選!利用の流れ、メリット・デメリットも解説
「納品作業に手が取られすぎて、他の作業ができない」 「在庫の保管場所に困っている」 「物販をはじめたけれど毎月手元にお金が残らない」 このようなお悩みにFBA納品代行が便利だと知ったものの、使うべきか迷っていませんか。物流経費もかかる...
続きを読んでみる
ゆっくり配送実現のためのEC物流の最適化ポイント
ゆっくり配送実現のためのEC物流の最適化ポイント
即時配送が常識と思われがちな現代において、「ゆっくり配送」という選択肢が注目されています。しかし、実現の裏にはEC物流の精緻な最適化が不可欠です。本ブログでは、ゆっくり配送を取り入れることのメリットと実現のための具体的な物流戦略を探り...
続きを読んでみる
AmazonFBA納品の手順や料金、禁止商品、梱包ルールを徹底解説!
AmazonFBA納品の手順や料金、禁止商品、梱包ルールを徹底解説!
Amazonで出品するなら、プライム会員限定の無料配送や翌日配送にも対応できるFBA(Fulfillment by Amazon)の利用で、ビジネスチャンスが広がります。 一方、納品にはAmazonの細かい規定に慣れる必要があり手間が...
続きを読んでみる
冷凍品EC物流のパートナー選び!委託先の見極め方
冷凍品EC物流のパートナー選び!委託先の見極め方
冷凍品EC物流を成功させるためには、信頼できる物流パートナーを見つけることが不可欠です。では、どんな基準で委託先を選べばよいのでしょうか。本記事では、冷凍品ECビジネスに適した物流パートナーの選び方から、重要な在庫管理のポイント、効率...
続きを読んでみる
オムニチャネルを成功させる物流|ポイントと物流改善事例
オムニチャネルを成功させる物流|ポイントと物流改善事例
小売業を中心に、大手各社ではすでに浸透しつつあるオム二チャネル戦略。今後、導入を検討している企業も多いのではないでしょうか。 オムニチャネル戦略には、物流面の整備が不可欠です。本記事では、オムニチャネルを成功に導く物流整備のポイントを...
続きを読んでみる
食品通販物流会社3選!課題から見る発送代行の選び方と事例
食品通販物流会社3選!課題から見る発送代行の選び方と事例
食品物流を成功させるには、徹底した温度管理、賞味期限の管理が不可欠です。 本記事では、食品通販物流を成功させるポイントからおすすめの発送代行業者と事例まで詳しく紹介します。 ニーズに合う業者が見つかれば、物流コストを抑えられます。物流...
続きを読んでみる
出荷作業を改善する5つの秘訣!改善フローと事例も紹介!
出荷作業を改善する5つの秘訣!改善フローと事例も紹介!
出荷作業とは、受注してから荷物を発送するまでの各工程を指します。工程が多く、ミスが発生しやすい作業です。 度重なるミスの発生は、物流業務全体の作業効率を低下させる要因の一つであり、会社全体の売上にも大きく影響します。とはいえ、出荷業務...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー