アパレル・ファッショントレンド コンテンツリスト

アパレル・ファッショントレンド コンテンツリスト

小売業界は依然としてダイナミクスな変化を遂げており、これらの変化を正確かつ先見の明を持って対応していくことが重要です。

顧客の期待は高まっています。

顧客は、どこからでも商品を購入できることを期待しています。注文が迅速かつ便利に実施されることを望んでいます。オムニチャネルに対応したフルフィルメントにより、アパレル・ファッション小売業者は、当日配達やオンライン購入店舗受け取り(BOPIS、またはクリック&コレクト)など、さまざまな配送オプションを顧客に提供することで、これらの期待に応えることができます。

eコマースの成長が進みます。

DNVBとその一カテゴリーDTCをはじめとして、eコマースは依然として顧客中心に成長しています。アパレル小売業者はますます飽和状態になる市場で競争するために、すべてのチャネルの在庫を追跡するコンポーザブルな注文管理:OMSを使用して顧客のニーズに対応していくことができます。チームは在庫がどこにあるかを確認し、最も便利な場所から注文を出荷できるだけではなく、返品・交換から、再販 リコマースを通じての顧客層の拡大と収益化を実現することになります。

実店舗とデジタルの融合を勧めます。

実店舗とデジタル小売の世界は、ますますつながりを増しています。アパレルファッションにおいては、すべてのチャネルでシームレスで一貫性のある購入(購買)体験・ショッピング体験顧客ロイヤルティ プログラムなどを通じての顧客を知って適切な商品・サービスをパーソナライズして提供できる必要があります。

オムニチャネル対応の柔軟なMACH ベースのコマースプラットにより、、顧客とのOMO マーケティング&コミュニケーションを通じて、購入体験を提供して、顧客が自分にとって最適なCX:カスタマーエクスペエンスをすることができます。これらの顧客やマーケットとトレンドやその背景についていくつかのコラムリストがあります。ご一読して今日から実践してみてください。

アパレル・ファッショントレンドコンテンツ

ファッション e コマースガイド

ファッション e コマースガイド

現代の消費者は、いつでもどこでも自由に買い物ができる利便性と、世界中のデジタル店舗を閲覧して最良の価格とスタイルを見つけることができることを評価しています。 こうした要望がファッション e コマースの隆盛を加速させてきました。Statista によると、オンライン売上は現在小売総売上高の 20.8% を占めており、今後さらに成長する可能性があります。前年比 4.9% の増加により、e コマースの売上高は 2026 年までにファッション小売市場の 24% に達すると予想されています。

オンラインショッピングの成長
- 利便性とアクセス
消費者はオンラインでのショッピングの利便性を高く評価しており、これがeコマースの成長を促進しています。
- 市場シェア
オンライン売上は小売総売上高の約20.8%を占め、2026年までには24%に達すると予想されています。
-成長率
eコマースの売上は前年比で4.9%増加しており、今後も成長が見込まれます。

目次

アパレルブランドをマーケティングするガイド 2024

アパレルブランドをマーケティングするガイド

アパレルブランドのマーケティング戦略に焦点を当てています。

- アパレルブランドマーケティング:
効果的なアパレルブランドのマーケティング戦略として、SEO、ソーシャルメディアプラットフォームの活用、コンテンツマーケティング、Eメールマーケティングのセグメンテーションとオートメーション化などがあります。

- 技術の活用:
仮想フィッティングソリューションや3Dデザインツールなどの技術を採用し、顧客エクスペリエンスの向上と市場での優位性を図っています。

- マーケティングの落とし穴と解決策:
ブランド認知度の低さ、激しい競争、売上の停滞などの課題に対する解決策が提案されています。特に、ブランド独自の強みの特定や顧客との感情的なつながりを築くことが大切です。

目次

ファッション e コマースのトップ トレンド

ファッション e コマースのトップ トレンド

ファッションeコマースのトレンドについて詳しく説明しています。

- 成長予測:
Statistaによると、ファッションeコマースは2017年から2025年まで年平均成長率(CAGR)14.2%を経験し、2024年には1兆ドルの市場価値に達すると予測されています。

- マーケットプレイスの役割:
マーケットプレイスはファッションeコマースにおいて重要な役割を果たし、ブランドが顧客とつながり、売上を促進する手段として機能しています。AmazonやZalandoなどの大手プラットフォームが例として挙げています。

- パーソナライゼーション:
ZARAやASOSなどのブランドは、顧客データを活用してパーソナライズされたショッピング体験を提供し、顧客エンゲージメントと売上を向上させています。

- オムニチャネル戦略:
ブランドはオンライン、モバイルアプリ、実店舗など複数のチャネルを通じて顧客とつながることで、統一された購買体験を提供し、顧客リーチを拡大しています。

これらのトレンドは、消費者のオンラインショッピング行動に大きな変化をもたらし、ファッションeコマース業界の成長を促進しています。

目次

モバイル アプリでデジタル クチュール エクスペリエンスを構築する

モバイル アプリでデジタル クチュール エクスペリエンスを構築する

モバイルアプリを中心にしたファッションコマースの重要性と、リアルタイム在庫管理の必要性についての議論。ユーザーが即座に欲しいアイテムを手に入れるためには、在庫管理が重要であり、ZARAやユニクロなどのブランドがその取り組みを示しています。
モバイルアプリは単なるカタログではなく、顧客の期待に応えるダイナミックなプラットフォームとして機能し、在庫のバランスを保つことが重要です。

モバイルアプリのパーソナライゼーションは、デジタルファッション小売業界で重要なトレンドです。
ASOSやStitch Fixなどの企業は、ユーザーの好みや過去の行動を分析し、個別にカスタマイズされたショッピング体験を提供しています。顧客のニーズを先取りし、デジタルエクスペリエンスを進化させることが可能となっています。

パーソナライゼーションと拡張現実(AR)のトレンドが拡大しています。Sephoraのモバイルアプリは、メイクアップを「試着」する機能を提供し、肌の色調や過去の購入に基づいて商品をパーソナライズしています。
ファッションブランドはUGCを取り入れてデジタルコミュニティを構築し、NikeやZARAはUGCとARを組み合わせてユーザーエンゲージメントを高めています。UGCは信頼性があり、購入決定に大きな影響を与えます。

モバイルアプリにおけるシームレスなショッピング体験についての議論では、実店舗の魅力的な体験をデジタル領域にも反映させる必要があることが強調されています。
モバイルアプリの使いやすさや直感的なデザインが顧客を引き付け、維持する上で重要であり、高級ブランドからファストファッションまで、様々な企業がこの原則を取り入れたユーザーフレンドリーなモバイルショッピングエクスペリエンスを提供しています。
ファッションの本質はストーリーテリングであり、モバイルアプリはこの物語を語る新たなストーリーテラーとして位置付けられています。

モバイルアプリのプッシュ通知は、ユーザーの注意を引く芸術であり、ファッションブランドはタイミングよく作られたデジタルナッジを活用しています。
H&Mのアプリはユーザーの行動に基づいたカスタマイズされた通知を送り、Farfetchでは再入荷通知が提供されています。
プッシュ通知は販売だけでなくコンテンツ共有にも活用され、ユーザー生成コンテンツや適切なデジタルエンゲージメントはファッションブランドにとって重要です。ささやきのような効果的なコミュニケーションを通じて、ブランドロイヤルティを促進することが求められています。

目次