吉村 典也
吉村 典也

日本の製造業を強くするためのコンサルティング会社、外資システム会社などを経て、通信販売(ダイレクトマーケティング)、Eコマースの事業運営・CRM/購買体験購買後体験)運用・フルフィルメントサービス運用のアドバイザーとして、CS&BPOセンター(CX設計・運用からシステム設計・運用まで)の新規立上・受託までを担ってきた。通販基幹システム・Eコマース・オムニチャネル/OMO・CRM+MAシステムのマーケティングセールスから、業務設計・運用までをコマース・小売事業会社ととも一緒にアクション&グロースしてきた。

コンポーザブルな注文管理:OMS とは 通販・オムニチャネルコマース

D2C DNVB DTC EC eコマース Eコマースプラットフォーム MACH PDP PIM RMS・返品マネージメントシステム Subscription オムニチャネル オムニチャネルコマース オムニチャネルフルフィルメント コマースシステム コンポーザブルコマース サブスクリプション 注文管理システム・OMS

コンポーザブルな注文管理:OMS とは

コンポーザブル注文管理(Order Management System:OMS)は、オムニチャネルコマース企業の注文処理方法に革命をもたらします。在庫管理、支払い処理、発送などの特別な要件をカバーする柔軟なモジュール式ソフトウェア コンポーネントの使用が可能になります。

シームレスなショッピングエクスペリエンスと顧客の高い期待のコマースの世界では、ブランドや小売業者にとってコンポーザブル注文管理は、自社のフルフィルメントスタックがスケーラブルで将来性のあるものであることを保証するために重要な役割を果たしています。

聞き覚えがあるでしょうか?それは、MACHソリューション (マイクロサービス、API ファースト、クラウドネイティブ、ヘッドレス) がこのアプローチに完全に適合するためです。ただし、すべてを連携させるにはオーケストレーションレイヤー層が必要です。詳しく見てみましょう。

効率的な注文管理

そもそもなぜコンポーザブル注文管理を使用する必要があるのでしょうか。
その理由は、小売業界はここ10年で劇的に変化したからです。

消費者は、お気に入りのブランドからの 1 つのコミュニケーションによる、高速で信頼性が高く、シームレスなショッピング エクスペリエンスを期待しています。消費者はそのために追加料金を支払うことさえ厭わないのです。

モバイルショッピング アプリで完璧なSkinCareを探している場合でも、Instagram を閲覧している場合でも、店内で昔ながらの方法で買い物をしている場合でも、ブランドや小売業者は、ユニファイド コマースへの統一されたアプローチと、すべてのサイトで一貫した接続されたショッピング エクスペリエンスを採用する必要があります。チャネルを構築し、タッチポイントを提供します。

米国小売業界リーダー協会(RILA)の委託による2021年のマッキンゼー・アンド・カンパニーの調査では、調査対象となった小売業幹部の3分の2以上が、業界に影響を与える最大のトレンドとしてオムニチャネルとオンラインショッピングの成長を見ていることが判明しています。同時に、これが最大のハードルとも考えられます。

すべてのチャネルにわたってシームレスなエクスペリエンスを提供し、それらを 1 か所から管理したい場合、課題はさらに大きくなります。

  • 変動する需要に対応できる十分な在庫 (「コミット可能在庫」) を確保する必要があります。
  • 在庫がどこにあるか (倉庫または店舗内) を把握し、商品を効率的に販売し、支払いを管理し、注文の発送と追跡を行い、返品を処理する必要があります。
  • 注文量が増えるほど、注文処理の物流上の課題はより複雑になります。

関係者全員のために。それは顧客にとって便利であり、小売業者にとって利益があり、持続可能な小売プロセスを促進する必要があります。

言い換えれば、最新の注文管理システム (略して OMS:Order Management System) は顧客にインスピレーションを与え、同時にすべてのコストと在庫の最適な概要を取得し、不必要な無駄を省きます。

注文管理はオムニチャネル コマースの中心です

プラグアンドプレイによる最適な注文管理

ユニファイドコマース:Unified Commerceの増大する課題に対処するには、最新の注文管理システムは不可欠になっています。

なぜ「コンポーザブル」である必要があるのか

答えは明白です。オンプレミスの ERPシステムは最新化が難しく、変換・追加・変更には非常に時間と費用がかかります。さらに、これらの時代遅れの IT ソリューションは、ニーズに対して大きすぎる可能性があります。したがって、「最善の」アプローチを採用する方がはるかに効率的です。

モジュラー環境により、ERP システムを大規模に最新化するのではなく、さまざまなアプリケーションを相互に簡単に組み合わせることができます。

Google Cloudやその他の企業による調査によると、2023 年以降、ユニファイド コマースによって年間売上の伸びが 3 ~ 6 倍になるという事実を考慮すると、大きな可能性が秘められています。特に、ローカル注文管理システムから最新のモジュール式 SaaS ソリューションへの継続的な移行を考慮すると、この傾向は今後数年間続くと予想されます。

「在庫の大部分を定価で販売できないことによるコストは、システム変更への投資よりもはるかに高いはすです」

コンポーザブルなアプローチを選択すると、本当に必要な機能を正確に選択することができます。これは、完全な OMS システムと比較しても、はるかにコスト効率が高くなります。

モジュール式アプリケーションは、他のシステム (POS、さまざまなマーケットプレイス、倉庫:WMS ・ RMS コマース データ分析ツールなどを含む) に接続して迅速かつ簡単に実装でき、わずか数週間で最適なワークフローを確立できます。

注文業務:Order Operationsという用語によって、私たちは厳格な OMS ではないソフトウェア ソリューションを理解していくことが重要になっています。コマースのバックオフィス・フルフィルメントスタッフにとって、Order Operations とは、販売、注文処理、バックオフィスなどのさまざまなソフトウェア モジュール間のシームレスな注文の流れを調整する一連のアプリケーションを意味します。

ショッピング エクスペリエンスのために

一貫したショッピング エクスペリエンスを作成するためにコンポーザブル注文管理を選択した場合、オーケストレーション層(ビジネス プロセスの構築、制御、マッピング、監視を可能にするレイヤー機能)は、コンポーネント間のスムーズな通信とコラボレーションを制御します。

個別のビジネス ルールに基づいて、単純なプロセスから複雑なワークフローまで、会社のプロセスをマッピングして利用可能にすることができることがポイントです。コンポーネント間のスムーズな通信とコラボレーションを制御します。

これは、API のみの接続を使用してアプリケーションを接続するときに発生する一般的な問題、つまりシステムの最も遅いコンポーネントが全体の全体的なパフォーマンスを決定するという問題を防ぐために、重要な役割を果たします。
(このトピックの詳細については、Gartner の PACE Layered Application Strategy を参照してください)

注文オーケストレーションは、長い間実績のあるシステム

フォワードプランニングとバックワードプランニングから重要なデータを提供し、注文ルーティング、在庫予測、注文分割、出荷、再注文などのさまざまなプロセスを自動化します。

MACHソリューション と組み合わせると、オーケストレーションレイヤーがさらに一歩進んで、シームレスな通信、拡張性、適応性、トラブルシューティング、分析などが可能になります。これにより、機能、セキュリティ、データの整合性を犠牲にすることなくイノベーションを加速するビジネス戦略が促進されます。

さまざまなマイクロサービスを統合し、API に基づいてデータのスムーズなフローを保証します。さらに、ヘッドレス コンポーネント間のインターフェイスを使用して、カスタマイズされた顧客エクスペリエンスを実現します。オーケストレーション層はリアルタイムでエラーを検出して修正し、カスタマー ジャーニーがカスタマイズされ、スムーズでエラーのないことを保証します。

デジタル オペレーション プラットフォームは、これらのプロセスを支援します。ビジネス プロセスを個別に設計、制御、マッピング、監視できることがポイントです。このようにして、運用プロセスの概要を常に把握し、エラーを迅速かつ効率的に修正することができます。

まとめ

私たち富士ロジテックホールディングス は、オムニチャネル小売、Eコマースを超えた洗練されたトランザクション ビジネス モデルを実現することを使命としています。
コンポーザブルコマースの真実のポイントをフルフィルメント視点(物流代行・発送代行・倉庫マネージメント・返品・交換のリバースロジスティックスなど)から推進および提供して、顧客中心のエクスペリエンスを提供する責任を負っています。ユニファイド・コマースの時代をみなさまとその顧客にお届けします。お気軽になんでもご相談ください。

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

吉村 典也

監修者

アドバイザー

吉村 典也

日本の製造業を強くするためのコンサルティング会社、外資システム会社などを経て、通信販売(ダイレクトマーケティング)、Eコマースの事業運営・CRM/購買体験購買後体験)運用・フルフィルメントサービス運用のアドバイザーとして、CS&BPOセンター(CX設計・運用からシステム設計・運用まで)の新規立上・受託までを担ってきた。通販基幹システム・Eコマース・オムニチャネル/OMO・CRM+MAシステムのマーケティングセールスから、業務設計・運用までをコマース・小売事業会社ととも一緒にアクション&グロースしてきた。
大手通販グループの「単品リピート(サブクリプション)/通販基幹CRMシステム」外販・導入サポート業務を通じて出会った事業者とのコミュニケーションを通じて、まだまだ、日本のDNVB・D2C(DTC)ビジネスにはチャネルとしてではなく、「顧客中心」としてのホネストビジネスとして、再成長の可能性、未知のカテゴリー、オムニチャネルコミュニケーションからのオムニチャネルコマース体験がある、それを支えるコマース事業者のインハウス化が必要であること、そして柔軟に迅速にその業務を支持・運用できる、MACHコンポーザブルタイプのシステムを広めることが大切と確信しつつ、1社でも多くの30億、100億円事業にグロースするためのアドバイス・サポートを提供している。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

セクシャルウエルネス・ヘルスネス編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
セクシャルウエルネス・ヘルスネス編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
見出しの書き方が重要であることは誰もが知っています。だからといって書くのが簡単になるわけではありません。ブログ記事、商品販売ページ、Meta広告、さらには件名を書くたびに再発明をする必要はありません。より良い見出しをより速く書くために...
続きを読んでみる
ファッション・アスレジャー編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
ファッション・アスレジャー編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
幸せな顧客は、すべてのビジネスの生命線です。忠実な顧客は、肯定的な口コミの紹介を提供し、収益を促進することで、ブランドの長期的な成功と成長に貢献します。社会経済状況で忠実な顧客基盤を開拓することは、簡単なことではありません。経済の不確...
続きを読んでみる
アパレル編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
アパレル編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
コマースでは、顧客のインフルエンサーやアンバサダー、ロイヤリティプログラムなどで、コミュニケーションの運用を削減し、プロセスを最適化することにより、ブランドが創造的な資産を調達するプロセスを拡大することができます。そのために、考慮すべ...
続きを読んでみる
e コマースにおける PDP – 概要と最適化する理由 通販・オムニチャネルコマース
e コマースにおける PDP – 概要と最適化する理由 通販・オムニチャネルコマース
ヒント - 顧客オーディエンスに最適化されていれば、コンバーションマシンとして活躍できます。 PDP を強化する時期が来ました。 商品詳細ページは、e コマース エクスペリエンスの重要な部分です。これは買い物客に興味のある商品に関する...
続きを読んでみる
東アジア(中国・韓国)のマーケットプレイス
東アジア(中国・韓国)のマーケットプレイス
アジアおよび世界最大の電子商取引市場である中国は、2023 年の市場規模が 1 兆 4,900 億ドルに達しました。インターネット アクセスの普及、モバイル デバイスの可用性の増加、中間層の増加がこの成長の主な原動力となっています。 ...
続きを読んでみる
東南アジアのオンライン マーケットプレイス
東南アジアのオンライン マーケットプレイス
Lazada と Shopee がほとんどの東南アジア諸国に存在することを見つけるのは難しくありません。Shopeeが今年特に傑出しており、上記の国々の市場で主導的な地位を占めていることは注目に値します。Kantar BrandZ が...
続きを読んでみる
ヨーロッパの主要なマーケットプレイス
ヨーロッパの主要なマーケットプレイス
ヨーロッパの市場環境は堅調かつ急速に成長しており、15,000 を超えるオンライン マーケットプレイスが 3,630 億ドルという驚異的な e コマース市場収益に貢献しています。この地域では、2025 年までにデジタル コマースの年間...
続きを読んでみる
ロイヤリティプログラム コンテンツリスト
ロイヤリティプログラム コンテンツリスト
小売消費者が購入後の体験に求めるもの アマゾン効果は、小売業界全体に影響を与えています。顧客は無料で迅速な配送を期待しています。中には1日または同日という早い配送を希望する人もいます。さらに、ソーシャルメディアはUnboxingを促進...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー