富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

2024 ファッション e コマースガイド

D2C DNVB DTC EC eコマース OMO オムニチャネル オムニチャネルコマース ファストファッション ファッション・アパレル

2024 ファッション e コマースガイド

現代の消費者は、いつでもどこでも自由に買い物ができる利便性と、世界中のデジタル店舗を閲覧して最良の価格とスタイルを見つけることができることを楽しんで、ブランドを体験して評価しています。こうした要望がアパレル・ファッションeコマースの隆盛を加速させてきました。
Statista によると、オンラインコマース売上は現在小売総売上高の 20.8% を占めており、今後さらに成長する可能性があります。前年比 4.9% の増加により、e コマース(EC)の売上高は 2026 年までにファッション小売市場の 24% に達すると予想されています。

進化するファッション e コマースの状況

かつてファッションの e コマース取引は、ほぼ独占的にブランドのオンライン ストアフロントで行われていましたが、現在では、Amazonや ZOZO などの広大なオンライン マーケットプレイスから、Instagram や TikTok などのソーシャル メディア プラットフォーム、さらには増え続けるメタバース内の仮想世界などの新たなるチャネルに至るまで、その状況は広範囲に広がっています。

初期のエクスペリエンスはデスクトップ コンピューターを通じてのみ利用可能でしたが、現在ではファッション e コマースの取引の 64% がモバイル デバイスを使用して実行されています。
買い物客はスマート スピーカーや仮想現実ゴーグルを通じて購入することもできますが、ブランドはオンライン消費者を引きつけてコンバージョンに導くために、ライブ ストリーミング プラットフォームやメタバース内の仮想世界などの革新的なツールやチャネルを模索しています。

e コマースは相応の問題を抱えずに発展してきたわけではありません

特にファッション分野では、顧客は自分の体にぴったりのサイズを見つけるのに苦労しており、その結果、小売業者はアパレルの返品・交換率が非常に高くなって苦労しています。それを解決するための、コマースのフロントエンドだけではなく、リバースロジスティクスから、再販・リコマースでの収益化までプロセス全体でのサービスを展開しています。
しかし、過去 10 年間で、これらの問題点に対処し、オンライン ショッピング エクスペリエンスを向上させる 革新的なe コマース ファッション ソリューションが開発されました。

eコマースファッション業界の成長

Etailinsights の推定では、世界中で 910 万の e コマース小売業者が営業しています。これらの店舗のうち約 590 万店舗は単一ブランドを販売しており、残りはさまざまなブランドやブティックの商品を提供する Amazon やzalando Farfetch などのマーケットプレイスで構成されています。

そのうち約 880 万店舗が物理的な商品を販売しており、推定 29 万店舗が仮想商品を販売しています。ほとんどのe コマースアパレル・ファッションショップは物理的​​なカテゴリーに分類されます。

DressX

dressx

The Fabricant

The Fabricant

Tribute Brand

Tribute Brand

など、バーチャル ファッションの需要の高まりに応えているブランドはいくつかあります。
これらのオンライン ストアのうちファッション分野で運営されている店舗の数については、正確な数字はありません。

Statista によると、アパレル (51%)、靴・シューズ (41%)、アクセサリー (30%) がオンライン買い物客によって最もよく購入される上位 3 品目であり、ファッションは間違いなくオンライン小売業者にとって最も競争の激しい分野の 1 つです。

実際、2PM のデータによると、世界のトップ 20 のD2C(DT:販消費者直販)ブランドのうち 13 社がファッションおよびアパレル分野で事業を展開しています。そして、これらはすべて長年にわたる実店舗の有力企業だけでなく、SHEINGymshark などの e コマースのトレンドセッターでもあります。

世界最大のアパレル e コマース ブランド

あらゆるブランドが富の分け前を期待できるわけではありません。
Statista によると、世界の 10 大 e コマース ビジネスがオンライン販売によって生み出される収益の 60% 以上を占めており、市場は2024 年に4,640 億ドルに達すると予想されています。

特に中国の広大なオンライン市場は、ファッション e コマースの分野を支配しています。オンライン純売上高ランキングでは、中国最大の小売業者で世界第15位のJDが売上高178億ドルでトップとなっています
これは、それぞれ104億ドルと77億ドルの売上高を生み出した、世界第2位と第3位のファッションEコマースプラットフォームであるSHEINと

Vip.com

Vip.com

を大きく上回っています

Coupang(71億ドル)

Coupang

H&M(58億ドル)は中国国外に拠点を置く唯一のeコマースリーダーですが、トップ5を占めているようです。

米国でも中国のシェイン:SHEINがトップになっています。
ファッション e コマースのトップ ランクに比較的新しく加わった SHEIN の成功は、最新のファッション トレンドを判断し、新製品の継続的なデザインを可能にする複雑なアルゴリズムのおかげです。
毎日 6,000 点以上のアイテムがストアに追加され、SHEIN はファスト ファッション モデルを取り入れてそのスピードを加速しました。 2022 年に 240 億ドルの収益を上げたこの e コマースのリーダーは、ZARA や H&M などの既存の実店舗ブランドを追い越すところまで来ています。

ファッション業界のリーダーにとって最高の e コマース プラットフォーム: 大手ブランドはどのようなソリューションを使用しているか

誰もがオンラインでビジネスを展開し、現在利用可能なさまざまな e コマース プラットフォームを通じて販売を始めることができます。これらのプラットフォームはオンライン販売者に完全なマネージメントシステムを提供し、オンライン販売者が在庫の管理、支払いの処理、商品のマーケティング、合理化された直感的なインターフェイスを通じて注文の履行を行うことを可能にします。

詳細解説コラム

MACHとは オムニチャネル・Eコマースでのメリット

MACH ベースの顧客エクスペリエンスのためのゴールデン サークル

Eコマース向け ERP: 定義、機能、メリット(通販基幹システム)

ヘッドレス CMS プラットフォーム 通販・オムニチャネルコマース

コンポーザブルな注文管理:OMS とは

PIM とは ファッション ブランドが製品データを効率的に管理する方法

しかし、カスタマイズとパーソナライゼーションが消費者のウィッシュリストのトップにあるため、大手ブランドは、誰でもオンライン ストアを立ち上げ、テンプレートを選択し、数回クリックするだけで販売を開始できる、すぐに使える e コマース ソリューションに頼ることはできまん。

大手小売業者が、顧客にアピールするデザインと機能を提供するために特別に作成されたカスタム Web サイトを選択しているのは事実です。
差別化の重要性を考慮すると、これによりブランドは他とは異なる体験を提供できるようになります。しかし、市場をリードする小売業者の多くは依然として、既製の e コマース プラットフォームの利便性を選択しています。

たとえば、ファストファッション大手の

Fashion Nova

Fashion Nova

スポーツウェア大手の

Gymshark

Gymshark

などの有名ブランドは、自社の e コマース ストアの強化に Shopify に注目しています。
同様に、フレッド ペリーAdob​​e Commerce (旧 Magento) を利用しており、現在、毎年 1,000 億ドルを超える総商品売上高を扱っています。

これらのプラットフォーム、WooCommerceBigCommerce などの他のプラットフォームは、技術的な知識や投資資金が不足しているブランドの複雑さを取り除くことでよく知られています。
重要なカスタマイズ オプションや膨大な数のプラグインも付属しており、ビジネス プロセスを合理化し、顧客エクスペリエンスを向上させる追加のツールや機能を追加することになります。

特定の小売業者にとってどのオプションが最適であるかは、そのビジネス モデル、ニーズ、目標によって異なります。カスタム構築された Web サイトの方がより良い選択肢である可能性は十分にありますが、ブランドは市場の主要な e コマース プラットフォームを軽視すべきではありません。最適な日本製ならLexicaなようなコンポーザブル コマースツールを活用するべきです。

ファッション e コマースの必需品: オンライン アパレル ストアの必需品は何か

e コマースの成長は、e コマースが提供する使いやすさ、利便性、摩擦のないエクスペリエンスのおかげです。または、少なくともそれを顧客とスタッフに提供する必要があります。nShift によると、すべてのオンライン ショッピング カートの 70% がチェックアウト フローのチェックアウト前に放棄されており、最も定評のある小売業者でさえ、基本を正しく理解できていないために顧客を失いつつあります。 

フィルタリングとナビゲーション

もし顧客が、整理整頓が不十分な商品を閲覧するのに何時間も費やせるとしたら、単純に実店舗に向かうことでしょう。
アパレル e コマースのベスト プラクティスの一環として、アパレル小売業者は、買い物客が無関係な商品を何時間もスクロールすることなく、お気に入りのコーディネイトや商品を簡単に見つけられる、ユーザーフレンドリーな Web サイトを提供する必要があることはだれにでもわかります。

ここでは、買い物客がサイズ、フィット感、ブランド、価格・ダイナミックプライシング、アトリビューションなどの要素に基づいて結果を絞り込めるようにする効果的な商品フィルタリングが不可欠です。
満足のいくフィルタリング エクスペリエンスを提供しているとみなされる e コマース ブランドはわずか 16%であるため、これは競合他社よりも優位に立つための簡単な方法です。

社会的証明

新規顧客の 93% が購入を確定する前に顧客レビューを求めていることを考えると、以前にショッピングをしたことがある顧客から社会的証明を求めることは不可欠なコミュニケーションとマーケティング要素です。

特にアパレル分野では、レビューは購入ユーザーが作成した画像と組み合わせると強力なツールとなり、買い物客は自分に似た体型で商品がどのように見えるかを確認できます。

SHEINは、顧客ロイヤルティ プログラムの施策と1つであるポイント システムを通じて、顧客にレビューを残すだけでなく写真も含めるよう奨励しています。顧客はレビューを残すたびに 5 ポイント、写真が含まれている場合は 10 ポイント、サイズ情報を記載したレビューを投稿すると2ポイントを獲得します。 100 ポイントを集めるごとに、次回の注文から 1 ドル(なぜか日本円ではない)を受け取ります。これは小さなコストですが、コンバージョンを促進する社会的証明において間違いなく元が取れます。

モバイルフレンドリーなエクスペリエンス

Shopify によると、2024 年にはモバイルコマース 6,210 億ドルに達すると予想されており、e コマースでの購入のほぼ半分がモバイル デバイスを通じて行われるとのことです。

Baymard Institute によると、消費者の70%は、デザインやレイアウトが貧弱な場合、最初の訪問後にそのサイトに戻ることを望まないため、使用されているデバイスに関係なく、見栄えが良く、機能も優れたレスポンシブなストアフロントを作成することが重要です。

支払いオプション

現在日本そして世界では、何十、何千もの異なる支払いオプションが使用されており、それぞれに長所と短所があります。小売業者はすべてを提供する必要はありませんが、国に応じた多様性を提供する必要があります。

店舗では、クレジット カードなどによる従来型の支払いを提供しています。支払いは、Apple Pay や Google Pay などのデジタル ウォレット システムやモバイル ウォレット システムを使用して行われていくことになると言われています。

さらに、顧客が商品を購入し、長期間にわたってコストを返済できるようにする、今すぐ購入して後で支払う (BNPL) オプションの人気も高まっていくのでしょうか。 これは日本ではあまり期待は出来ないかもしれません。

買い物客は本当に何を望んでいるでしょうか

消費者にどうアピールするか。基本的な機能と使いやすさと利便性を提供する機能はオンライン買い物客にとって必需品ですが、基本を正しく備えていても、ブランドを他の何百万ものオンライン小売業者と区別することはできません。 

マッキンゼーによると、ファッション業界の幹部らは、ブランドの差別化をアパレル小売業者にとって今後 1 年間の機会のトップ 3 の 1 つとしてランク付けしています。消費者が最も求めているものは次のサービス機能です。

パーソナライゼーション

画一的な e コマース カスタマーエクスペエンスは、アパレル買い物客にとって単純に十分ではありません。言うまでもなく、暑い気候に住んでいる顧客はコートのセレクションを閲覧したくはありません。
これでは、各買い物客の個別のニーズを認識できていません。そして、顧客の欲望を知らないで適えていないときは e コマース ビジネスに多大な損害を与える可能性があります。実際、顧客は 80% 以上が小売業者が自分の好みに対応してくれることを期待しており、
すべての購入の 50% はパーソナライゼーションによって推進されています

サイズ、フィット感、スタイル、色、気候、年齢、性別、民族(宗教は社会文化です)、その他多くの要因が特定の顧客の購買習慣に影響を与えています。
広告キャンペーンから商品のレコメンデーション・推奨、購入後のメールに至るまで、買い物客は小売業者が収集する膨大な量のデータを使用して自分の体験全体がパーソナライズされることを期待しています。

ダイバーシティとインクルージョン

マッキンゼーによると、若い消費者の約75%は、特定の人種やセクシュアリティを差別していると思われるブランドをボイコットすると述べていますが、彼らはブランド名がどれだけ強いか、市場に何年サービスを提供してきたかなど気にしていません。あなたのビジネスが社会的意識を欠いている場合、すぐに他の場所で買い物をすることになります。 

ブランドは、販売する商品やリリースするOMO マーケティング&コミュニケーションだけでなく、提供する e コマース エクスペリエンスを通じても、D&I の向上への取り組みを示すことができます。
たとえば、
Voxburnerによると、Z 世代の買い物客の 26% が、ブランドは性別に基づく言葉の使用を避けるべきだと述べているため、「性別不適合」の商品フィルターや品揃えを追加するなどの簡単な対策で、若い消費者に彼らの懸念に耳を傾けていることを示すことができます。

持続可能性

消費者は持続可能な方法で買い物をしたいと考えています(TikTok世代だけではありません)。  Bain & Company によると、全人口統計のファッション消費者の 65% が環境を気にしています。しかし、持続可能な選択肢を特定することは大きな課題でもあります(グリーンウオッシュも含めて)、団塊の世代とサイレント世代の買い物客の 3 分の 1 は、ブランドや商品の持続可能性に関する情報を見つけるのに苦労していると述べています。 

これを解決するには、透明性を高めることが必要です。使用されている素材とプロセスを顧客に知らせる明確な商品詳細ページ・商品説明(PDP)から、アイテムの起源についてのインサイトを提供する商品パスポート(デジタルID)まで、サステナブルなファッションのリーダーは、自社のアイテムが与える影響についてオープンです。
ニールセンによれば、買い物客の 72% が透明性が重要または非常に重要であると述べており、影響を軽減するための措置を講じている限り、ブランドはその誠実さに対して報われるでしょうが、それは購入決定要因の一番ではありませんのでご注意ください。

購入体験

小売業者が差別化(本来は差異化するべきですが)を図るためには、従来の e コマースの カスタマージャーニーを強化する創造的な方法を見つける必要があります。
多くの顧客は、商品ビジュアルリストをスクロールしてカートに商品を追加し、すぐにチェックアウトすることを望んでいません。
標準を超えた、人々を魅了し、興奮させ、楽しませる体験を望んでいます。

たとえば、H&M や LV などは、ミニゲームや収集アイテムを通じて買い物客を惹きつけるゲーミフィケーション ショッピング エクスペリエンスに多額の投資を行っています。あるいは、ノードストロームなどの小売業者は、顧客が専門家とのビデオ通話を予約して自分のスタイルや好みについて話し合い、カスタマイズされたスタイルのアドバイスを受けることができるスタイリング サービスを導入しています。

PwC によると、これを超えた顧客体験と引き換えに、買い物客は最大 16% のプレミアムを喜んで支払い、何度も店舗を訪れる可能性が高くなります。

関連コラム

2024 購入後のエクスペリエンス: eコマースの新時代

2024 購入後メールのアイデア

2024 トランザクションメールを活用してブランドロイヤルティを構築する

トレンドを生み出す小売業者が検討すべきファッション e コマース ソリューションとテクノロジー

小売業者はどうすれば買い物客が望むものを提供できるのでしょうか。
ありがたいことに、ブランドが活用できる革新的なファッション e コマース ソリューションやテクノロジーは豊富にあり、現代の消費者が望む超包括的で環境に優しい、非常に魅力的な体験を提供するアパレル業界をサポートするように設計されているものが多くあります。

バーチャル試着室

Statista によると、消費者にとって、購入前に試すことができないことがオンライン ショッピングを遠ざける主な問題点となっています。サイズとフィット感の重要性を考えると、これはアパレル分野では特に問題となります。

バーチャル:仮想試着技術は、デジタル世界で実際の試着室を再現し、消費者が外観を共有するアバター上でアパレル商品を視覚化することで、アパレル商品を「試着」できるようにします。このテクノロジーを使用すると、購入を完了する前に、さまざまな色、パターン、スタイルが自分の体にどのように見えるかを評価できます。

合成メディア

Z 世代の消費者は可処分所得を獲得しはじめてていますが、彼らをターゲットにすることは多くの場合困難なことです。彼らは過去の世代とは異なり、オンラインで生活し、慎重に買い物をし、満足できないと判断したブランドにはすぐに背を向けます。(日本では人口も少ないです)

バーチャルインフルエンサーなどの合成メディア(音声、ビデオ、写真、テキストから学習してリアルなメディアを生成するアルゴリズムを使用して作成されたコンテンツ)を使用すると、ブランドは若い買い物客が最も頻繁に訪れるソーシャルメディアをターゲットにすることができます。

Yoox

Yoox

Daisyは、2018年12月にYOOXのInstagramで初登場しました。彼女はYOOXのスタイリッシュなアウトフィットを披露し、YOOXMIRRORアプリでショッピングのガイダンスを提供し、アバターを使用して仮想的に服を試着することもできます。彼女は人間の女性として存在し、YOOXの洋服を宣伝するためにいます。Daisyは、企業専用のバーチャルモデルのユニークな例であり、今後さらに多くの企業がマーケティング目的でバーチャルキャラクターを作成する可能性を示しています

Prada などの有名ブランドが利用しているこれらのコンピュータ生成キャラクターは、人間のインフルエンサーを模倣していますが、物理的な制限はなく、ブランドが完全に制御できる方法で作られています。

  • Lil Miquela (@lilmiquela):ブラジル系アメリカ人のバーチャルインフルエンサーで、テック企業Brudによって作成されました。約160万人のInstagramフォロワーを持ち、PRADAやCALVIN KLEINなどのファッションブランドとコラボしています。
  • Bermuda (@bermudaisbae):Lil Miquelaと同じアカウントを共有しており、独特のスタイリッシュな外見をしています。
  • Ronnie Blawko (@blawko22):謎めいた黒いマスクで口を覆う男性のバーチャルインフルエンサー。InstagramとYouTubeの両方で積極的に投稿しています。
  • Shudu (@shudu.gram):2017年にInstagramに登場した世界初のデジタルスーパーモデル。写真家Cameron-James Wilsonによって作成され、リアルな外見でFenty Beautyのプロモーションにも登場しています。
  • noonoouri (@noonoouri):パリ在住の19歳のバーチャルインフルエンサーで、ユニークなビジュアルスタイルで注目されています。Dior CosmeticsとのコラボレーションやPHILOSOPHY DI LORENZO SERAFINIのルックブックにも登場しています。
  • Imma (@imma.gram):2018年6月にバーチャルモデルとして登場したImmaは、リアルな肌と髪の質感でほぼ人間のモデルと区別がつかない外見をしています。KATEやi-D Japanなどのブランドとコラボしています。
  • Ria Oumi (@ria_ria_tokyo):2019年3月に作成されたRiaは、ジユウガオカ在住のイタリアと日本のハーフのバーチャルモデルです。ユニークな外見とスタイルで注目を浴びています。

AIチャットボット

Liveperson によると、買い物客の 83% がオンライン ショッピングの際にサポートを必要としていますが、電子メールの返信を何日も待つということは、e コマースの顧客が求める迅速で便利な体験とはほとんど一致しません。半数以上の人は、すぐにサポートを提供できないと購入を思いとどまることになります。

このソリューションは、ライブ チャット サポートが利用できない場合に顧客と効果的にコミュニケーションできる人工知能チャットボットです。
これらの急速に開発されているソリューションは、顧客の質問に答え、顧客が望む製品を (遅延なく) 見つけることができるように支援します。

関連コラム

2024 AI を活用したチャットボットで顧客サービスを向上させる 

AI 主導のカスタマー サービス: ChatGPT が e コマース サポートをどのように変革するか

小売メディア ネットワーク

各国政府がデータプライバシー法を厳格化するにつれ、ファッション電子商取引のマーケティングはコストがかかり、効果が薄れてきています。マッキンゼーによると、現在、ブランドは顧客を獲得するために 2013 年の 3 倍の金額を費やす必要があります。 

ブランドはマーケティング戦略を再考する必要があるため、多くのブランドがリテール メディア ネットワーク (RMN)、つまりウェブサイトやアプリで広告スペースを販売する小売業者所有の広告プラットフォームに目を向けています。ブランドが購買意欲を高めている消費者にリーチできるようになるため、米国のアパレル幹部の 79% は、リテールデジタルを改善する 4 つの方法の1つとしてRMN のパフォーマンスが他のマーケティング チャネルよりも優れていると評価しています。

ソーシャルコマース

Facebook、Instagram、TikTok などのプラットフォームを通じてユーザーは商品を直接購入できるようになりましたが(日本ではサービスインされていません)、最も頻繁に使用するアプリから直接購入できるのに、若い消費者はなぜわざわざ e コマース ストアを訪れるのでしょうか。
Insider Intelligence によると、2024 年には米国だけでソーシャル コマースが全ソーシャル メディア ユーザーのほぼ半分 (50.3%) を占めるようになるでしょう。
同様に、ソーシャル コマースは 2028 年までに 3.4 兆ドルの売上を生み出し、年率 28.4 億ドルで成長すると予想されています。
オーガニックソーシャルを通じて、この収益の一部を獲得するには、ブランドはショッピング可能な投稿、プロフィール内ストアフロント、ライブ ストリーミングなどのツールを活用する必要があります。

ファッション e コマース ブランドの KPI ベンチマーク

同じファッション ブランドは 2 つとなく、商品カテゴリ、価格帯、顧客層、所在地などのさまざまな要因によって指標は大きく異なります。とはいえ、ブランドは業界のベンチマークと比較して独自の指標を測定することで、自社のパフォーマンスを把握し、変更が必要かどうかを評価できます。

顧客獲得コスト (CAC)

Shopify によると、ファッション e コマース分野での顧客獲得コストは平均して129 ドルと推定されています。これには、広告費、マーケティング給与、コミッション、ボーナス、および新規顧客の獲得と変換に必要な諸経費が含まれます。

コンバージョン率

Oberlo 氏によると、  ファッション e コマースのコンバージョン率は平均して2.2%です。しかし、LittleData は、上位 10% の店舗のコンバージョン率が最大 4% に達しているのに対し、最も業績の悪い 20% のコンバージョン率はわずか 0.4% にとどまっていることを発見しました。

平均注文額 (AOV)

Yopto のデータによると、ファッション e コマース ストアの AOV は約97 ドル。ただし、これは販売店の人気によって大きく異なります。月間注文数が 1,000 件未満の店舗の場合、平均は 108 ドルになります。ただし、毎月 10,000 件以上の注文がある場合、AOV はわずか 49 ドルに下がります。

トランザクションあたりの単位 (UPT)

XP2 によると、ファッション e コマース ストアの平均 UPT:Units per transaction 率(訪問者が注文ごとに購入した製品の平均数)は 2.61 です。これは、消費財(3.1)やペットケア(4.06)などの他のカテゴリよりも低いです。

セルスルー率

Accelerated Analytics のデータによると、アパレルの平均販売率は 2 か月後には約 24.3%、6 か月後には 45.5% になります。 1 年以内に、ブランドは初期在庫の 68.7% を売却することが期待できます。

返品率

ファッションECの平均返品率は約30%。ただし、カテゴリーによっては返品率が 40% に達します。

関連コラム:オムニチャネル・Eコマースでのメリット

リバースサプライチェーン 返品管理システム (RMS)

WMS 対 RMS 返品をマスターして収益化する 

ファストファッション e コマースと高級ファッション e コマース

ラグジュアリーなファッションにはプレミアムがつきものです。
その結果、顧客は購入について考えることに多くの時間を費やし、最初に見て、触って、試着することなく購入を決定する可能性が低くなります。その結果、高級
ファッションの e コマース コンバージョン率は通常低くなり、ダイナミック イールド データによると、訪問者のわずか 1.5% しか購入に至らないことが示されています。

ラグジュアリーファッションの e コマース ストアが顧客を説得して購入させると、通常、その努力に対して高額の報酬が与えられます。Statista によると、ラグジュアリーファッションの平均 AOV は 244.66 ドルで、標準的なアパレル取引の 2 倍以上です。 

ただし、価格が高いということは期待が高まることを意味し、商品が期待に満たなかった場合、顧客は返品を要求する可能性がはるかに高くなります。返品率に関して透明なブランドはほとんどありませんが、一部の高級品セグメントでは全購入品の最大半分が返品・交換されると業界は推定しています。(ファストファッションも別の意味で高い返品率がありますが、施策で0に近づけています。)

eコマースでの競争力を維持する

大手ファッション ブランドは、急速に成長するファッション e コマース分野で競争上の優位性を持っていますが、知名度と確立された顧客ベースだけでは、オンライン ファッション分野で成功を維持することはできません。

使いやすさと利便性を提供することは、世界中の 26 億 4,000 万人のオンライン買い物客にとって明らかに重要です。これはGrowthDevil による予想される数です
オンライン ファッション ストアは、e コマース消費者の最も基本的な要求を満たさなければ、成果を上げることはできません。しかし、市場を本当に獲得するには、ブランドは革新的なソリューションに投資し、買い物客を真に惹きつけ、購入に必要な後押しを与えるユニークな体験を生み出す必要があります。

eコマースのファッショントレンドはどこに向かっているのか

Eコマースの競争環境は 2024 年を通じてその激しさを維持し、CX:カスタマーエクスペエンスが極めて重要な差別化要因として浮上しています。

オンライン ショッピングが国境を越え、真にグローバルな買い物へと変化する時代において、消費者は幅広い国際的なラインナップからブランドや商品を求める傾向が高まっています。その結果、ファッション ブランドは、世界中の買い物客に調和のとれた購買体験を保証する、マルチローカルコマース戦略を採用せざるを得なくなります。

テクノロジーの観点から見ると、人工知能、拡張現実、メタバースの組み合わせが変革の力となります。この融合により、オンライン ファッション分野における顧客とのやり取りのダイナミクスが全面的に見直されることになりそうです。

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

キャッシュバックでロイヤリティをアップするポイント
キャッシュバックでロイヤリティをアップするポイント
キャッシュバックリワード報酬でロイヤリティを向上させるガイド 割引クーポンコードを捨てて、リピート購入を増やし、メンバーシップとロイヤルティプログラムの基盤にして収益性をアップする時です。 ユニファイドコマース、オムニチャネルコマース...
続きを読んでみる
顧客紹介プログラムの作成方法 101
顧客紹介プログラムの作成方法 101
それはただの普通の日常として始まります。あなたは睡眠からさめ、起き上がり、Instagramアプリを開いてスクロールを開始します。しかし、すぐに友達の最新のアパレルでのシーンが表示されます、フィードの他のものには何も関心が移りません。...
続きを読んでみる
カスタマーレビューにリワードを提供して収益をアップする
カスタマーレビューにリワードを提供して収益をアップする
セールスサイクル全体を通してカスタマーレビューの力を活用します レビューは購入サイクルにおいて大きな役割を果たしています。購入者に信頼感を与え、ファネルの認識、検討、意思決定の段階を通じて信頼を高めてくれます。それらがなければ、売上の...
続きを読んでみる
リワードプログラムを開始するための5ステップ
リワードプログラムを開始するための5ステップ
あなたのコマースストアー・リアル店舗には多くの競争があります。Shopifyだけでも800,000以上のeコマースストアがあり、何を販売していても、それと同じ商品を販売している人(おそらく何百人もの人)がいます。競合他社に誘われる前に...
続きを読んでみる
ブランドロイヤリティのためのリワードプログラム
ブランドロイヤリティのためのリワードプログラム
eコマース業界で最も強いトレンドは、オンラインのパーソナライゼーションです。パーソナライゼーションは、サイトのデザインだけでなく、ブランドが顧客と対話する方法に関係します。顧客の行動パターン、購入率などです。それは、ブランドは、収益に...
続きを読んでみる
儲かるギフトカードプログラム
儲かるギフトカードプログラム
顧客があなたから商品を購入してほしいと頼み、この特定の商品があなたのストアでの追加購入につながる傾向があることをご存知ですか。あなたはその機会をどう活かしますか。さて、その商品と購入体験とは‥‥ それは、店舗オリジナルの「ギフトカード...
続きを読んでみる
ストアクレジットとポイントの有効性比較
ストアクレジットとポイントの有効性比較
顧客を喜ばせるためにできる限りのことをしているでしょうか。ぶランドは正しい道を歩んでいるのでしょうか。 既存顧客への販売が新規顧客よりも3倍以上の収益性が高いことを考えると、賢明な戦略だと言われているものがあります。そして、上位1%の...
続きを読んでみる
モバイルウェブとモバイルアプリの違いと顧客メリット
モバイルウェブとモバイルアプリの違いと顧客メリット
世界は急速にモバイルプラットフォームに移行しています。2023年には、約44億8,000万人がモバイルインターネットを積極的に利用していると言われています。これは世界人口の約60%を占めているそうです。 人類がはじめて手にした、パーソ...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー