富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

ファッション商品のマッチング: 使い方とメリット 通販・オムニチャネルコマース

3PL AI CLV CRM CX D2C DNVB DTC EC EC物流 eコマース LTV OMO オムニチャネル オムニチャネルコマース ファッション・アパレル 商品ビジュアル 商品画像 商品詳細ページ 商品説明・商品詳細 商品開発

ファッション商品のマッチング: 使い方とメリット 通販・オムニチャネルコマース

商品マッチングは、機械学習画像認識テクノロジー(Machine Learning Image Recognition Technology)を活用して正確な品を効果的に照合する革新的なプロセスです。その機能は、アパレル・ファッションアイテムのアップロード、宣伝、割引などを迅速に行うことができるため、ペースの速いファッション e コマースの世界では非常に有益なテクノロジーと運用施策です。

競合他社やその変動する価格から正確な商品を手動で収集して照合するのは骨の折れるプロセスであり、ファッション業界の急速なニーズにはうまく対応できていません。このコラムでは、品マッチング ソフトウェアとは何か、また、それによって企業が絶え間なく変化する e コマース環境でどのように競争力と効率性を維持できるようになるのかについて説明します。

複数のブランドが全く同じカテゴリー商品を販売するブランドの小売業者にとって、信頼できる商品マッチングは不可欠です。
たとえば、Levi's のジーンズを販売している場合、競争力のある価格設定を維持するには、競合他社が同じジーンズをいくらで販売しているのか、いつ割引されているのかを知る必要があります。
e コマースでの品マッチングは、バイヤーやマーチャンダイザーにとって、自社の品揃えの何パーセントが競合他社と重複しているのか、またいつサプライヤーに独占的なコレクションを要求する必要があるのか​​を理解するのにも役立ちます。

プロダクトマッチングとは

eコマースにおけるプロダクト・品マッチングは、同一の品をマッチングするプロセスです。
このプロセスは手動で行うことも、企業の品構成と競合他社の品構成の両方をより深く理解できる深層学習テクノロジーを通じて行うこともできます。この情報は、価格ベンチマーク、価格調整、価格帯の合理化、および一般的な競合他社の情報に使用できます。

現在、機械学習画像認識テクノロジーにより、商品ビジュアなどの視覚的属性品タイトル、商品詳価格設定などのさまざまな要素に基づいて、同一の品を自動的に識別して照合することができます。
この特殊な品マッチング ソフトウェアは、高度なアルゴリズムを使用して品データを分析および比較し、コマース企業が e コマース環境で品を効率的にマッチングできるようにします。

プロダクトマッチングの目的とは

正確な品を一致させることは、価格設定インテリジェンスの全体像において不可欠な要素の 1 つであり、包括的な競争ベンチマーク戦略の不可欠な部分です。

マルチブランド小売業者の場合、その品揃えはさまざまなブランドで構成されており、それらの同じブランドは同じ競争スペース内の別の小売店で販売されています。
両方の店舗で何百もの品が販売されているため、人的ミスや非常識な時間を費やすことなく、これらの品を照合、比較、追跡することは、飛躍的に不可能な作業になります。
品揃えのどの部分が競合他社と重複しているのか (正確なカテゴリ、ブランド、SKU に至るまで)、競合他社がそれらの商品をどのような価格で販売しているのか、いつ割引しているのかを知ることは、競争力を維持するための答えになります。 

ファッション品のマッチング ソリューションはどのような課題を解決しますか

コマース小売業者が依然として、高度なソフトウェア支援を利用せずに手動で品を照合する方法に依存していることは驚くべきことかもしれません。
この方法は、企業がこれまでに知っていることしかない場合、つまり、そのようなアプローチの失敗点をすべて考慮するまでは、受け入れられるように思えるかもしれません。
略語、サイズ、同義語を含むさまざまなサイトにわたる異種の品説明が、品を正確に一致させるのを難しくしていることを考えてみてください。
オンライン上のブラウスのたった 1 枚の写真から、そのブラウスのボタンや留め具の種類を正確に判断できますか? そして、それらはどんな素材で作られているのでしょうか。

これは、手動で品を照合しようとするときに考慮する必要があるほぼ無限の詳細情報の一例にすぎないかもしれません。
次に、価格を長期的に追跡して、どの商品をいつ割引するかを正確に理解できる必要があります。
ショッピングのピーク時(需要時)には、価格が短期間で大きく変動するため、使用するツールが毎日のクロールを提供することが重要なポイントです。手動による照合では、人為的ミスの余地が明らかそうです。これは、人間の洞察力を必要とするタスクにリソースをより適切に割り当てることができる、労働集約的で時間のかかる作業です。

品照合ソリューションは、ファッション e コマース環境で正確な品を特定して照合するプロセスを合理化していきます。
品マッチングツールがなければ、企業は価格設定が同期していない、消費者向けに独自のサービスが提供されていないなど、いくつかの課題に直面します。
e コマースからの情報はオムニチャネル小売業者にとっても、品マッチングは、市場で何が起こっているかを常に認識し、正確なデータに基づいて情報に基づいた品揃えの決定と価格調整を行うことができるため、競争ベンチマークの全体的な戦略の重要な部分です。
品マッチングAI :人工知 ソフトウェアを活用することで、企業は品マッチングのプロセスを自動化し、時間とリソースを節約し、エラーを削減し、異なるサイト間で多様な品説明、異なる画像、色、属性のバリエーションを扱う場合でも、品が正確に一致することを保証できるといえます。

機械学習を使用した品マッチングはどのように機能するか

テクノロジーの助けを借りずに商品をマッチングする場合の一般的な制限の 1 つは、まず、Google ショッピング (または類似のマーケットプレイス) が完全な品揃えを扱っていないことです。
この方法で品を手動で照合しようとしても、正確な品揃え分析は行われることはありません。

もう 1 つの課題は、ファッション業界内のいくつかの品マッチング プロバイダーがコード ベースのマッチングを使用していることです。
これは安価で簡単なセットアップではありますが、多くのファッション品にはこれらのコードが欠けているため、品揃えの重要な部分も失われてしまいます。

AI品マッチング ツールはさまざまなデータ ポイントを調べます。

  • タイトルと商品説明・商品詳細
  • 画像・商品ビジュアル
  • サイズ設定
  • 商品の属性(プリント、ネックライン、袖丈)
  • 固有の製品コード (UPC、GTIN、MPN )

日本では「シューズ」、イギリスでは「トレーナー」、アメリカでは「スニーカー」、オーストラリアでは「ジョガー」など、品の命名規則が国際的に異なるため、品のタイトルや説明が異なると、品のマッチングが困難になります。
機械学習アルゴリズムをトレーニングして、これらのさまざまな用語を認識し、統一された品カテゴリまたはタイプにマッピングすることで、地域間(実はサイト間やマーケットプレイスも)のマッチングも可能にすることができます。

もう 1 つの問題は、さまざまな説明やタイトルを持つさまざまなモデルで撮影された品画像を処理することです。
これには、たとえば DKNY や Donna Karen New York などのブランドの略語も含まれる場合があります。
機械学習アルゴリズムは、色、形状、パターンなどの画像の特徴を分析し、正確な品を識別して一致させることができます。

すべてのソフトウェアが同じように作られているわけではありません。再現率と適合率が高いほど、品を照合するシステムの能力がより正確になります。
ツールは、高度な画像認識、自然言語処理、小売データと DTC データ分析を利用して品情報を識別および比較するため、商品・製品名、写真、説明が異なる場合でも正確な照合が可能になります。

eコマースにおける品マッチングのメリットは

オムニチャネルやマルチチャネル小売業者にとってのメリットは、競合他社との重複する品揃えの可視性の向上から、品の品揃えの最適化を可能にすること、一致するすべての品の価格設定と割引の維持まで多岐にわたります。

競合他社が何を販売しているかを正確に理解する

現在、ブランドの品揃えが競合他社とどの程度重複しているか、またどのレベル (カテゴリ、サブカテゴリ、またはブランド) で重複しているかご存知ですか。
このデータを活用して、競合他社の品戦略を明らかにします。同様の小売業者と効果的に競争するには、顧客にユニークで独占的なものを提供できるように、小売業者のコレクションを深く理解する必要があります。

競争力のある価格設定が可能

品のマッチングは、より競争力のある価格設定インテリジェンスを獲得するための重要な部分であり、比較的多くの消費者が買い物をするようになっているため、これは特に重要です。
競合他社の品を正確に照合し、それらの品を長期にわたって追跡できるため、競合他社よりも価格が高いか低いかをすぐに把握できます。それらの商品がいつ、どのように割引されるかを常に監視することで、顧客がストアで購入するよう独自の価格戦略を調整する時期を知ることもできます。 

この種の洞察は、高品質の品マッチングに正確に基づいている場合にのみ有効です。品マッチングデータが不十分だと、価格決定に誤りが生じ、コストのかかる価格調整が発生する可能性があります。

プロダクトマッチングソリューションで何を探すべきか

世の中には多くのプロバイダーがあり、データの品質や品を正確に一致させる能力は大きく異なります。適切なソリューションとベンダーへの投資は重要な第一歩です。

精度と粒度

正確なマッチングは精度と粒度から始まります。ご存知のとおり、ファッションやバック・シューズなどにはかなりの数の模造品が存在します。
同じ SKU を正確に一致させることは、たとえば模造品と誤って一致させたり、誤って割引したりする問題を防ぐために非常に重要です。
40000円のジャケットを、4 分の 1 の価格で販売されている模造品と誤って一致させたため、値引きすることを想像してください。
あるいは、サテン ドレスとポリエステル ドレスを間違って組み合わせて、やみくもにサテン ドレスの価格を調整するのは、非常に高くつく間違いです。

データ品質

データの品質を確保するには、作業対象のデータを毎日クロールする必要があります。たとえば、12 ~ 34 時間ごとにデータを更新します。すべてのソフトウェアが頻繁にクロールされるわけではなく、特にショッピングの重要なピーク時期には、品マッチングの重要なコンポーネントです。高品質のデータには透明性と、そのソースまで遡って検証する能力が必要です。  

品マッチング ツールに投資する時期

  • あなたと競合他社が販売している品を 360 度完全に把握できていますか?
  • 重複するアイテムを簡単に特定して、その価格を追跡できますか? 
  • あなたの品揃えのどこに成長の機会があるか知っていますか?
  • あるいは、競合他社との差別化を図り、独自のものを提供する必要があるのはどこでしょうか? 

これらの質問に迅速かつ効率的に答えることができない、ファッション、アパレル、シュ―ズ、バック、美容ビューティ、家庭用品CPG カテゴリーのブランドの場合は、品マッチング ツールに投資する時期が来ているのかもしれません。 

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

スキンケア・ビューティ―編  DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
スキンケア・ビューティ―編  DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
世界の美容業界では起業家精神が盛んです。 新しくダイナミックな創業者、商品、ブランドが毎日登場しますが、競争は依然として厳しいものです。新しい美容関連のスタートアップが成功するたびに、成功しない企業が数十社、おそらくは数百社存在します...
続きを読んでみる
ペット ブランド編  DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
ペット ブランド編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
ファネルとは何ですか AIDA フレームワークとは何ですか つまり、マーケティングと販売の世界では、私たちが行うほとんどすべてのことは、ある種のファネルを通じて顧客を変換するという概念によって推進されています。 「ファネル」は、誰かが...
続きを読んでみる
サプリメント&ニュートリション編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
サプリメント&ニュートリション編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
顧客は一般的なブランド情報以上のものを求めています。深いつながりを持ち、自分のことを知っていると感じたいと考えています。しかし、どうやってそれを行うのでしょうか。 臨場感あふれるストーリーテリングとは 没入型のストーリーテリングは、商...
続きを読んでみる
セクシャルウエルネス・ヘルスネス編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
セクシャルウエルネス・ヘルスネス編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
見出しの書き方が重要であることは誰もが知っています。だからといって書くのが簡単になるわけではありません。ブログ記事、商品販売ページ、Meta広告、さらには件名を書くたびに再発明をする必要はありません。より良い見出しをより速く書くために...
続きを読んでみる
ファッション・アスレジャー編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
ファッション・アスレジャー編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
幸せな顧客は、すべてのビジネスの生命線です。忠実な顧客は、肯定的な口コミの紹介を提供し、収益を促進することで、ブランドの長期的な成功と成長に貢献します。社会経済状況で忠実な顧客基盤を開拓することは、簡単なことではありません。経済の不確...
続きを読んでみる
アパレル編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
アパレル編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
コマースでは、顧客のインフルエンサーやアンバサダー、ロイヤリティプログラムなどで、コミュニケーションの運用を削減し、プロセスを最適化することにより、ブランドが創造的な資産を調達するプロセスを拡大することができます。そのために、考慮すべ...
続きを読んでみる
e コマースにおける PDP – 概要と最適化する理由 通販・オムニチャネルコマース
e コマースにおける PDP – 概要と最適化する理由 通販・オムニチャネルコマース
ヒント - 顧客オーディエンスに最適化されていれば、コンバーションマシンとして活躍できます。 PDP を強化する時期が来ました。 商品詳細ページは、e コマース エクスペリエンスの重要な部分です。これは買い物客に興味のある商品に関する...
続きを読んでみる
東アジア(中国・韓国)のマーケットプレイス
東アジア(中国・韓国)のマーケットプレイス
アジアおよび世界最大の電子商取引市場である中国は、2023 年の市場規模が 1 兆 4,900 億ドルに達しました。インターネット アクセスの普及、モバイル デバイスの可用性の増加、中間層の増加がこの成長の主な原動力となっています。 ...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー