吉村 典也
吉村 典也

日本の製造業を強くするためのコンサルティング会社、外資システム会社などを経て、通信販売(ダイレクトマーケティング)、Eコマースの事業運営・CRM/購買体験購買後体験)運用・フルフィルメントサービス運用のアドバイザーとして、CS&BPOセンター(CX設計・運用からシステム設計・運用まで)の新規立上・受託までを担ってきた。通販基幹システム・Eコマース・オムニチャネル/OMO・CRM+MAシステムのマーケティングセールスから、業務設計・運用までをコマース・小売事業会社ととも一緒にアクション&グロースしてきた。

MACH ベースの顧客エクスペリエンスのためのゴールデン サークル Apple から Tesla

CX D2C DNVB DTC EC MACH OMO オムニチャネル オムニチャネルコマース コンポーザブルコマース 顧客エクスペリエンス

MACH ベースの顧客エクスペリエンスのためのゴールデン サークル

e コマース(電子商取引)では、魅力的でシームレスなショッピング エクスペリエンスがビジネスの成功の要となっています。
最近のフォーブスの調査によると、顧客の 46% がパーソナライズされたエクスペリエンスを受け取ると追加の商品を購入します。
同じ調査では、回答者の半数以上 (53%) にとって、企業が提供するショッピング体験は、その企業が提供する商品やサービスと同じくらい重要であることがわかりました。
また、49% は、小売業者と顧客との関係が商品の選択と同じくらい重要であると述べています。

Composable Commerce コンポーザブル コマースおよび MAC H アーキテクチャは、これらの厳しい顧客要件を満たすための戦略的および技術的要件を提供します。
小売業者、メーカー、ブランドは、単なるモジュール式ソフトウェア アーキテクチャ以上のものを必要としています。
なぜなら、戦略の中心となる「理由」を満たす場合にのみ、その可能性を最大限に発揮できるからです。

これは、あなたにとって哲学的すぎるようでしょうか。
自分の意見を再考してください。成功した企業の思考と管理モデルとして世界的に認められている「ゴールデン サークル」は、現代のオムニチャネル戦略にも使用することができます。

Apple から Tesla メンタル モデル ゴールデン・サークル

Apple から Tesla、Home Depot まで、なぜ一部の企業が他の企業よりも成功しているのでしょうか。
すべての革新的な企業にはパターンがあることを発見してみてください(自分なりに)。

ゴールデン・サークル(Golden Circle)は、サイモン・シネック(Simon Sinek)が提唱したリーダーシップやマーケティングの理論で、彼の著書「スタート・ウィズ・ワイ(Start with Why)」に詳細に説明されています。

TED.com 

偉大なリーダーはどのように行動を促すか

この理論は、成功した組織やリーダーが持つべき基本的な原則を示すもので、なぜ(Why)、どうして(How)、何を(What)の3つの要素から構成されています。

以下に、ゴールデン・サークルの各要素とその説明を示します。

1. Why(なぜ):

  • - ゴールデン・サークルの中心に位置し、最も重要な要素です。
  • - 「なぜ私たちは存在するのか?」、「なぜ私たちはこの事業をしているのか?」など、組織や個人の目的や信念を表現します。
  • - なぜ(Why)にフォーカスすることで、感情や価値観に訴えかけ、顧客や支持者との強い結びつきを生み出す力があります。

サイモン・シネックは、「人々はあなたが何を信じているかを支持し、購入し、応援するのです」と述べています。

2. How(どうして):

  • - Why(なぜ)の周りに位置し、具体的なアクションや戦略を表現します。
  • - 「なぜ」の目的や信念を実現するための方法やプロセスに焦点を当てます。

ゴールデン・サークルの中間層に位置し、WhyとWhatを結びつける要素です。

3. What(何を):

  • - ゴールデン・サークルの外側に位置し、具体的な製品やサービス、行動、成果を表現します。

通常、企業や組織が一般的に認識されるものです。例えば、製品やサービスの説明、具体的な業務活動、提供される価値などが該当します。

ゴールデン・サークルは、シネクによれば、成功した組織やリーダーがWhyからスタートし、HowとWhatに続く順序でコミュニケーションを行うことが、より強力な影響力を持つ秘訣であるとされています。シネクは多くの事例を挙げて、Appleなどの成功企業がWhyを中心に据えたコミュニケーション戦略を実践していることを示しました。

この理論は、リーダーシップ、マーケティング、コミュニケーション戦略において、顧客や支持者を惹きつけ、組織の使命感や価値観を共有する際に役立つと広く認識されています。なぜ(Why)を明確にし、それを伝えることが、組織の成功と影響力を高める鍵とされています。

ゴールデン サークルは、コンポーザブル コマースにも適用できます。「なぜ」に焦点を当てることで、小売業者、メーカー、ブランドは、「どのように」と「何を」に裏付けられた一貫した魅力的な顧客体験・エクスペリエンスを生み出すことができます。これにより、熾烈な競争市場において自社の地位を確立し、顧客ロイヤルティを持続的に強化することが可能になります。

デジタル変革の目標としてのシームレスな顧客体験

コンポーザブルコマースプロジェクトでは、企業はさまざまなアプリケーションの技術的機能に迷うことがよくあります。ただし、「ビジネス価値」を見失ってはならず、それに応じて優先順位を付ける必要があります。

その理由: 長期的な顧客関係を築くための一貫したカスタマー ジャーニー

「Why」からコンポーザブル コマースを構築するということは、顧客を喜ばせるすべてのタッチポイントにわたって一貫性のあるシームレスなエクスペリエンスを作成することを意味します。これが、成功するオムニチャネル戦略の背後にある真の価値の原動力です。企業戦略とデジタル化戦略は、「なぜ」に統合される必要があります。取り組みが正しい方向に進んでいることが保証されます。

その方法: 技術フレームワークとしての MACH アーキテクチャ

増加する顧客要件を考慮できるようにするために、小売業者は柔軟性と拡張性が高く、将来性のある IT エコシステムを必要としています。そして、このモジュラー技術スタックはどのように構築するのでしょうか? 実証済みの MACH アーキテクチャを採用します。

MACH は、マイクロサービスなどの4 つの原則、API ファースト、クラウドネイティブ、ヘッドレスを表します。IT アーキテクチャにより、企業は変化する市場状況に迅速に適応し、革新的な最善のソリューションを制限なく実装できます。

その内容: 電子商取引の成功のためのコンポーザブル コマース

オムニ チャネル オーケストレーション Omnichannel-MACH アーキテクチャは、コンポーザブル コマースを構築するための基礎となります。このアプローチは、Gartner が2020 年にすでに、将来性のあるデジタル コマース エクスペリエンスに不可欠な手段であると予測していました。

コンポーザブル コマース Composable Commerceを使用すると、企業はさまざまなコマース ソリューションを単一のカスタマイズされた e コマース プラットフォームに組み合わせることができます。
検索機能、ショッピング カート、チェックアウト購入後のエクスペリエンスとしてのアフターセールス プロモーション注文確認ページレコメンデーションなどのデジタル e コマース サービスに実装される個別のビジネス コンポーネント (パッケージ化されたビジネス機能、略して PBC: Packaged Business Capabilities) が作成されます。コンポーザブルな技術スタックにはかなりの複雑さが伴うことを知っておくことが重要です。
ここで、デジタル オペレーション プラットフォームは、データ、マイクロサービス、PBC をナビゲートすることで、ユニファイド コマース(Unified Commerce)戦略とさまざまな構成可能なコマース テクノロジ プロバイダーを調整するのに役立ちます。

ただし、このアプローチは技術的な要素をはるかに超えています。むしろ、アプリケーションに対するあらゆる決定は、顧客の観点から戦略的に選択されることになります。これで理由に戻り、サークルは終了します。

Eコマースにおける最新の顧客エクスペリエンスのために

「なぜ、どのように、何を」のゴールデン サークルを理解すると、マーチャントが成功するユニファイド コマース戦略を開発するのに役立ちます。デジタル オペレーションプラットフォーム Lexicaなどを使用すると、企業は最終的に「なぜ」に対処する、柔軟でスケーラブルで統一された顧客エクスペリエンスを作成できます。そして顧客の要望を満たします。

柔軟なデジタル コマース向けのデジタル オペレーション プラットフォーム、強力なプラットフォームは、すべての企業プロセスを中央プラットフォーム上で結合、調整、自動化します。
外部サービスプロバイダーのマーケットプレイスとシステムも、多数のインターフェイスを介してシームレスに統合できます。API ファーストとヘッドレスのおかげで、中央ソリューションとして、または段階的に既存のレガシー システム環境に統合できます。

まとめ

サービス指向業界の小売業者にとっても画期的な、シームレスなユニファイド コマース エクスペリエンスとは

データの断片化を修正する:

データハブにより、顧客の全体的なビューが提供され、パーソナライゼーションが向上します。

チャネルの競合を回避する:

オンライン チャネルとオフライン チャネルをシームレスに統合することで、競合が回避され、一貫したオムニチャネル エクスペリエンスが作成されます。

アフターセールスプロセスの改善:

特化したスケジューリング機能とサービス機能により、複雑なサービスを顧客エクスペリエンスに簡単に統合できます。

リソースの節約:

自動化ツールを使用すると、小規模な小売業者であってもユニファイド コマース アプローチを効率的に実装できます。

顧客のニーズを満たす:

すべてのチャネルにわたってパーソナライズされた顧客エクスペリエンスを可能にします。

技術的な限界を克服する:

最新のアーキテクチャと統合オプションにより、技術的な課題を克服するために必要な柔軟性が提供されます

情報に基づいた意思決定を行う:

ビジネス データの完全な可視化と制御により、データに基づいた意思決定が可能になります。

これを実現して、顧客体験を改善し続けるコマースプラットフォームをお探しであればいつでもご相談ください。

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

吉村 典也

監修者

アドバイザー

吉村 典也

日本の製造業を強くするためのコンサルティング会社、外資システム会社などを経て、通信販売(ダイレクトマーケティング)、Eコマースの事業運営・CRM/購買体験購買後体験)運用・フルフィルメントサービス運用のアドバイザーとして、CS&BPOセンター(CX設計・運用からシステム設計・運用まで)の新規立上・受託までを担ってきた。通販基幹システム・Eコマース・オムニチャネル/OMO・CRM+MAシステムのマーケティングセールスから、業務設計・運用までをコマース・小売事業会社ととも一緒にアクション&グロースしてきた。
大手通販グループの「単品リピート(サブクリプション)/通販基幹CRMシステム」外販・導入サポート業務を通じて出会った事業者とのコミュニケーションを通じて、まだまだ、日本のDNVB・D2C(DTC)ビジネスにはチャネルとしてではなく、「顧客中心」としてのホネストビジネスとして、再成長の可能性、未知のカテゴリー、オムニチャネルコミュニケーションからのオムニチャネルコマース体験がある、それを支えるコマース事業者のインハウス化が必要であること、そして柔軟に迅速にその業務を支持・運用できる、MACHコンポーザブルタイプのシステムを広めることが大切と確信しつつ、1社でも多くの30億、100億円事業にグロースするためのアドバイス・サポートを提供している。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

食品・Foods 飲料・Beverageブランド編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
食品・Foods 飲料・Beverageブランド編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
このブランド商品は私と同じ価値観を共有しているのかどうか?私のような人を理解し、気にかけているのかどうか?それを伝えるのに「抽象的」で「何の絵も浮かばない」言葉 キャッチコピーを並べてもダメです。たとえや具体的な事例、物語、インパクト...
続きを読んでみる
スキンケア・ビューティ―編  DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
スキンケア・ビューティ―編  DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
世界の美容業界では起業家精神が盛んです。 新しくダイナミックな創業者、商品、ブランドが毎日登場しますが、競争は依然として厳しいものです。新しい美容関連のスタートアップが成功するたびに、成功しない企業が数十社、おそらくは数百社存在します...
続きを読んでみる
ペット ブランド編  DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
ペット ブランド編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
ファネルとは何ですか AIDA フレームワークとは何ですか つまり、マーケティングと販売の世界では、私たちが行うほとんどすべてのことは、ある種のファネルを通じて顧客を変換するという概念によって推進されています。 「ファネル」は、誰かが...
続きを読んでみる
サプリメント&ニュートリション編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
サプリメント&ニュートリション編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
顧客は一般的なブランド情報以上のものを求めています。深いつながりを持ち、自分のことを知っていると感じたいと考えています。しかし、どうやってそれを行うのでしょうか。 臨場感あふれるストーリーテリングとは 没入型のストーリーテリングは、商...
続きを読んでみる
セクシャルウエルネス・ヘルスネス編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
セクシャルウエルネス・ヘルスネス編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
見出しの書き方が重要であることは誰もが知っています。だからといって書くのが簡単になるわけではありません。ブログ記事、商品販売ページ、Meta広告、さらには件名を書くたびに再発明をする必要はありません。より良い見出しをより速く書くために...
続きを読んでみる
ファッション・アスレジャー編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
ファッション・アスレジャー編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
幸せな顧客は、すべてのビジネスの生命線です。忠実な顧客は、肯定的な口コミの紹介を提供し、収益を促進することで、ブランドの長期的な成功と成長に貢献します。社会経済状況で忠実な顧客基盤を開拓することは、簡単なことではありません。経済の不確...
続きを読んでみる
アパレル編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
アパレル編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
コマースでは、顧客のインフルエンサーやアンバサダー、ロイヤリティプログラムなどで、コミュニケーションの運用を削減し、プロセスを最適化することにより、ブランドが創造的な資産を調達するプロセスを拡大することができます。そのために、考慮すべ...
続きを読んでみる
e コマースにおける PDP – 概要と最適化する理由 通販・オムニチャネルコマース
e コマースにおける PDP – 概要と最適化する理由 通販・オムニチャネルコマース
ヒント - 顧客オーディエンスに最適化されていれば、コンバーションマシンとして活躍できます。 PDP を強化する時期が来ました。 商品詳細ページは、e コマース エクスペリエンスの重要な部分です。これは買い物客に興味のある商品に関する...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー