ビューティブランド トレンド オムニチャネルコマース コンテンツリスト

ビューティブランド トレンド オムニチャネルコマース コンテンツリスト

ビューティ・コスメ業界ほど顧客のニーズに対して絶えず新しい成分、配合・処方、そしてサービスが提供されている業界はありません。
コマースとしての視点からは、 

サブスクリプションによる顧客ロイヤルティ

ビューティ・コスメコマースにおけるサブスクリプションサービスは大きく成長して、モデルを変えていくタイミングになっています。
この傾向は2024年もより強く続くでしょう。
たとえば、他の業界では、パーソナライズされたアパレルのサブスクリプションや、食料品・ニュートリションのサブスクリプションを選択する顧客が増えています。ビューティ企業にとって、このような他業界でのサブスクリプションの体験は従来のファイナンスモデルから顧客中心の変革を迫ることになります。
それは、顧客ロイヤルティ プログラムCX:カスタマーエクスペエンスとエンゲージメントを高めながら、顧客の家での利用頻度と使用量と保存在庫と再購入(ブランドからは販売)のタイミングをより適切に計画する機会を提供することになります。

ソーシャルコマース

ソーシャルコマースは、2024年も引き続きeコマースの中心的な役割を果たすでしょう。ブランドや企業は、商品を販売し、顧客ロイヤルティを強化するために、ソーシャル メディア への依存度を高めています。
TikTok Shop、Instagram Shopping、Facebook Shops、PinterestのShoppable Adsなどのプラットフォームにより、企業は個々のキャンペーンを開始して、多くの潜在顧客にリーチできますが、日本では自社コマースプラットフォームか、マーケットプレイスへ誘導することになります。
しかし、ソーシャルメディアを介した販売は費用対効果が高くなるため、特にD2Cなどのスタートアップまたは小規模の小売店舗・製造業にとって、売上と認知度を高めるための優れたコミュニティマーケティングのソリューションになります。

ビューティ・コスメのトレンドについていくつかのコラムにまとめています。

D2C ビューティブランド オムニチャネル カスタマーエクスペリエンス

2024 D2C ビューティブランド オムニチャネル カスタマーエクスペリエンス

ビューティ業界の概要:
スキンケア、メイクアップ、ヘアケア、フレグランスなど、外見や健康に関連する商品やサービスを提供しています。

オムニチャネル化のトレンド:
パンデミック後、消費者は店舗とオンラインの両方での購入に戻り、ビューティブランドの売上が復調しています。

デジタル化とパーソナライゼーション:
テクノロジーを活用して、顧客にパーソナライズされたショッピング体験を提供することが売上を伸ばす要因となっています。

Sephoraの事例:
VRアプリケーションを通じて、顧客に仮想的なメイクアップ体験を提供し、エンゲージメントとブランド認知度を向上させています。

モバイルコマース:
モバイルデバイスを使用して商品やサービスを購入するトレンドが増加しています。モバイルアプリやモバイルウェブサイトを通じてのシームレスなショッピング体験が求められています。

ソーシャルメディアとインフルエンサーマーケティング:
ソーシャルメディアプラットフォームは、商品の発見やブランドの認知度向上に重要な役割を果たしています。インフルエンサーマーケティングも増加しており、信頼性のあるインフルエンサーを活用することで商品の販売を促進しています。

サブスクリプションモデル:
サブスクリプションベースのビジネスモデルが広まっており、定期的な支払いを通じて商品やサービスを提供する企業が増加しています。

これらは、ビューティ業界における最新の動向とデジタル化の影響についての主要なポイントです。コマースの進化とビジネス戦略についての理解を深めるのに役立ちます。

目次

ビューティ+ケア業界はどう進化するのか

2024 ビューティ+ケア業界はどう進化するのか

AIと美容業界:
AIは美容業界に革命をもたらし、パーソナライズされたスキンケアルーチンや商品を提供しています。

カスタムスキンケアブランド:
Skin + MeやDcypherなどのブランドは、AIを使用して顧客に合わせたスキンケアソリューションを提供しています。

キュレーションプラットフォーム:
Renudeのようなプラットフォームは、専門家のアドバイスに基づいて、個々の肌の悩みに合わせたスキンケア製品を推奨しています。

トレンドとインスピレーション:
TikTokで話題になった「ラテメイクアップ」や「ミルクバスネイル」など、新しいトレンドが2024年にも登場するでしょう。

これらのポイントは、美容とケアの業界がどのように進化しているかを示しています。AIの統合やパーソナライズ、*専門家のアドバイス、そして新しいトレンドの出現が、この業界の未来を形作っています。

モバイルコマース:
モバイルデバイスを使用して商品やサービスを購入するトレンドが増加しています。モバイルアプリやモバイルウェブサイトを通じてのシームレスなショッピング体験が求められています。

ソーシャルメディアとインフルエンサーマーケティング:
ソーシャルメディアプラットフォームは、商品の発見やブランドの認知度向上に重要な役割を果たしています。インフルエンサーマーケティングも増加しており、信頼性のあるインフルエンサーを活用することで商品の販売を促進しています。

サブスクリプションモデル:
サブスクリプションベースのビジネスモデルが広まっており、定期的な支払いを通じて商品やサービスを提供する企業が増加しています。

これらのトピックは、デジタルコマースの進化とビジネス戦略についての理解を深めるのに役立ちます。

目次

スキンケア トレンド K-Beautyを越える世界マーケティング

2024 スキンケア トレンド K-Beautyを越える世界マーケティング

スキンケアトレンド:
2024年のスキンケアトレンドには、男女問わず美容への関心が高まっており、ソーシャルメディアでの投稿が一般的になっています。

進化する業界:
スキンケア業界は迅速に進化しており、顧客の変化に追随する必要があります。スーパーフードやハイテクガジェットがトレンドになっています。

自然との調和:
スキンケアは自分自身の「肌」で素晴らしいと感じることが重要であり、五感を通じて体験されるべきです。

業界の変化:
非専門家やグリーンウォッシングを行うブランドから離れ、真のスキンケアトレンドに焦点を当てる動きがあります。

モバイルコマース:
モバイルデバイスを使用して商品やサービスを購入するトレンドが増加しています。モバイルアプリやモバイルウェブサイトを通じてのシームレスなショッピング体験が求められています。

ソーシャルメディアとインフルエンサーマーケティング:
ソーシャルメディアプラットフォームは、商品の発見やブランドの認知度向上に重要な役割を果たしています。インフルエンサーマーケティングも増加しており、信頼性のあるインフルエンサーを活用することで商品の販売を促進しています。

サブスクリプションモデル:
サブスクリプションベースのビジネスモデルが広まっており、定期的な支払いを通じて商品やサービスを提供する企業が増加しています。

これらのトピックは、デジタルコマースの進化とビジネス戦略についての理解を深めるのに役立ちます。

目次