吉村 典也
吉村 典也

日本の製造業を強くするためのコンサルティング会社、外資システム会社などを経て、通信販売(ダイレクトマーケティング)、Eコマースの事業運営・CRM/購買体験購買後体験)運用・フルフィルメントサービス運用のアドバイザーとして、CS&BPOセンター(CX設計・運用からシステム設計・運用まで)の新規立上・受託までを担ってきた。通販基幹システム・Eコマース・オムニチャネル/OMO・CRM+MAシステムのマーケティングセールスから、業務設計・運用までをコマース・小売事業会社ととも一緒にアクション&グロースしてきた。

2024 スキンケア トレンド K-Beautyを越える世界マーケティング

AI D2C DNVB DTC EC eコマース OMO オムニチャネル オムニチャネルコマース サブスクリプション スキンケア ビューティ

2024 スキンケア トレンド K-Beautyを越える世界マーケティング2024 年のスキンケア トレンドを覗く時期が来たようです。

女性も男性も美容については、ファッションとともに夢中ですので、今後 1 年、そしてさらにその先にあるものを知って、試して、評価して、ソーシャル メディア に投稿することが当然の時代に生きています。

私たちはこの業界カテゴリーを注意深く観察してきましたが、スキンケアの変化と進化起こすであろうポイントについて皆さんにご紹介したいと思います。

お気づきかもしれませんが、私たちの周りのすべてのものはスマートになり、速くなり、あるスピードで進化しています。そのため、スキンケアの世界も同様の速度で、顧客の様々な変化に追随することが不可避であることも不思議なことではありませんし、そうせざるを得ないです。

美容液やクリームに取り入れられるスーパーフードの魔法から、SFファンをうならせるハイテクガジェットまで、私たちのソーシャル メディアやコスメティックス・化粧品を変えていこうとしようとしているスキンケア トレンドのリストを世界中から集めてみました。
そして、それは単に見た目が良いというだけではなく、自分自身の「肌」で素晴らしいと感じることが重要です。
五感の前にです。

私たちが、過剰に塗りつぶされた顔、日焼け、成分やトリートメントについての恐怖を煽る行為、ブランドのグリーンウォッシングや、自分の肌や肌全般について何か知っているかのように話す非専門家を、ソーシャルの彼方やギミック広告や、なんちゃってD2C(DTC)企業などは取り残して、活動できないようにしていきたいと願っています。

イントロダクション

1年中スキンケアを継続的に利用したいと考えています。季節に応じてコレクションの商品をローテーションすることにしていると思います。

私たちは数多くの新しい美容商品や美容ブランドが登場し、スキンケアと美容のトレンドが新たな段階に近づいていることを、知らずと知ることになります。

どの成分、配合(フォーミュラー)、ブランド、ビューティルーティンが定着して、何が流行するのか、廃れるのかは確実に言うことはできません。
しかし、2024 年のスキンケア トレンドがどのようなものになるかを専門家のコメントを確認して判断することはできます。(流行しなくても自分にとって良いものは良いのですよ)

スキンケアは私たちのセルフケアのルーチンの一部です、したがって私たちの健康(ヘルスケアでもあり、ウエルネス:(身体と心)でもあります)の一部でもあるため、私たちは常にこれから何が起こるかを知りたくて仕方がありません。

毎年のことですが、私たちは実績のあるものを信頼することができます。
たとえば、消費者が透明性と結果を求め続けるにつれて、科学に裏付けられた効果の高い商品は進化し続けるでしょう。
そして昨年は、パーソナライズされたスキンケアや肌サイクルとともに、ナイアシン、レチノール、ペプチドの人気がブームになりました。そして、持続可能性をめぐる議論は引き続き業界をどこかに牽引しているようにみえます。

1.Ingredient Transparency: 成分の透明性:完全開示の美しさ

2024 年には透明性を求める声がさらに高まります。ブランドは完全な成分開示を受け入れていくことが必要です。(特に日本では)
顧客はホネストな情報に基づいた意思決定を行うことができます。今は美容において意識的な消費主義の時代です - 自分の瓶の中に何が入っているかを知りましょう。

2. Fermentation:発酵: スキンケアにおけるプロバイオティクスの力

発酵成分は、2024 年のスキンケアのスーパーフードになりそうです。これらの強力な天然エキスは、酵素の魔法で肌の健康を高める準備ができています。
発酵の力で、輝くようなハリのある肌へ。

3. Microbiome Harmony: マイクロバイオームの調和: 皮膚の生態系のバランスを整える

2024 年、皮膚のマイクロバイオームが注目を集めます。肌の自然なフローラを育み、バランスを整える商品は、健康的で輝く肌を維持するための頼りになるでしょう。それは自然に逆らうのではなく、自然と協力することです。

皮膚のマイクロバイオームをサポートするプレバイオティクス、プロバイオティクス、抗酸化物質、ペプチドなどのスキンケア成分がさらに増えることが期待されています。

私たちの多くは、肌が有効成分に耐えて健康に見えるようにするには、健康な皮膚バリアの重要性を知っています。私たちの皮膚の自然なマイクロバイオームは、バリアを無傷に保ち、その下にある皮膚の機能を最高の状態に保つのに大きな役割を果たしています。

しかし、皮膚科医によると、肌の健康を最適化するスキンケア商品がすべて同じように作られているわけではありません。

年齢管理の悩みを解決するために、ますます多くのスキンケア商品にペプチドが含まれ続けていますが、すべてのスキンケア商品に、肌に十分な影響を与えるほどの魔法の成分が含まれているわけではありません。

ペプチド成分の重要なリストを検索することをアドバイスしています。それが効果的なフォーミュラであれば、上位に表示されるはずです。

バイオテクノロジーとは

スキンケアの分野では、バイオテクノロジーとは研究室内での植物幹細胞の単離と複製を指します。
大量の植物作物を収穫してスキンケア配合に使用できる成分に加工するのではなく、DNA配列決定と植物を増殖させて成長させる発酵プロセスを使用して、配合に必要な成分を研究室で作成することができます。微生物と酵母エキスを使用し、自然界に存在するものと生物学的に同一の成分を作り出します。

バイオテクノロジー原料は生きた天然原料から作られており、合成人工原料とは異なります。バイオテクノロジーは化学物質を使って自然を改変したり再現したりしようとはせず、むしろ生きた天然抽出物を使用し、生物学的に同一の成分を生産しています。

バイオテクノロジーは、スキンケア ブランドが原料を持続的に収穫できる方法をどのように変えるでしょうか

スキンケアにおける天然成分に対する需要は非常に高くなっています、最終的には供給を上回る可能性があります。バイオテクノロジーは、細胞が抽出された植物が再生可能な資源となるため、天然資源を保護し、その栽培コストを削減する上で貴重なメカニズムと言われています。

バイオテクノロジーによって作られた原料を選択することは、通常農業に必要な土地、水、資源が大幅に削減され、ほぼゼロになることを意味します。
バイオテクノロジー業界はまだ比較的環境に優しいとはえいえ、誕生してまだ 20 年しか経っていません。

化粧品化学としてはまだ比較的新しい分野であるため、すべての種類のスキンケア成分がバイオテクノロジー由来の材料で入手できるわけではありません。しかし、近年バイオテクノロジーがより高度になり、原材料の収穫コストが削減され、原材料自体の品質が向上しています。

今日では、バイオテクノロジーを利用して、自然界で見つかるものよりも高品質の原料を生産することさえ可能です。バイオテクノロジー者は、特定の抽出物の効果を調整して、自然界に存在するものよりも、より強力で一貫性があり、汚染物質が少ない『よりクリーンな』抽出物にすることができます。

エクソソーム

エクソソームは幹細胞によって放出されるナノ小胞です。これらは皮膚への浸透性が高く、より容易に吸収され、スキンケア有効成分を保護することがわかっています。
それらが皮膚に浸透すると、体の自然治癒反応を模倣し、色素沈着、酒さ、線、しわ、傷跡をターゲットにすることができます。
濃縮された幹細胞を皮膚のより深い層に届ける特殊な治療法があるため、エクソソームはマイクロニードル領域で特に一般的になると言われています。

4. Waterless Wonders:水のない驚異: 良心を備えた濃縮された美しさ

2024 年には水を使わない美容が主流になるかもです。水の消費量を削減する効果の高い濃縮フォーミュラが期待されます。それは、肌をいたわりながら地球を守るという目的を持った美しさです。

安全性と有効性に関して高い期待を寄せる消費者の要求に応えて、スキンケア製剤、送達メカニズム、およびクリニック内での施術の改善が進んでいます。

私たちの業界は非常に速いペースで変化していますが、世に出てくるものの多くは、単に古いテクノロジーを再パッケージ化したものです。顧客はますます良い結果を求めているため、私たちが使用するスキンケアは(それらのニーズを)満たす必要があります。

5. Eco-Elite Skincare:エコエリート スキンケア: グリーンレボリューションは続く

2024 年はスキンケアにおけるグリーンウェーブがさらに加速すると言われています。
肌と環境を平等に愛することを約束する、倫理的に調達されたビーガン成分が詰まった商品が期待されています。
それは単なるトレンドではないかもしれません。それは私たちの地球を大切にする持続可能な美しさを目指す運動になるかも知れません。

6. Hyper-Personalization:ハイパーパーソナライゼーション: あなたの肌、あなたのルール

2024 年は、ハイパーパーソナライズされたスキンケアがすべてになるかもです。(日本のなんちゃってではないです)
あなたの DNA、ライフスタイル、さらには気分に合わせたスキンケア商品を想像してみてください。
今はオーダーメイドの美しさ、あなたに適応する商品の時代です。フリーサイズですべての肌にフィットしたものを提供するのK-beautyだけではありません。

年齢に応じたスキンケア

スキンケアが良くなり、広く入手可能になり、時代遅れの処方(配合)が頻繁に置き換えられるにつれて、顧客は若い年齢からアクティブなスキンケアを使い始めることになるでしょう。
アクティブなスキンケアは特定の年齢層には効果的ですが、すべての年齢層には効果があるわけではないため、特定の年齢層に適したスキンケアの使用を推奨することが不可欠になります。

7. Next-Gen Sun Care: 次世代サンケア: 紫外線を超えて

日焼け止めは未来的に生まれ変わっています。デジタル汚染(ブルーライト)、環境毒素、さらには皮膚にダメージを与える赤外線からも保護する、広域スペクトルの保護について考えてみましょう。
2024 年のサンケアは単なる商品ではありません。それはあなたの毎日の鎧ともなります。

8. Blue Light Protection: ブルーライト対策: デジタル ウェルネス ガード

私たちがデジタルライフを受け入れ続ける中、スキンケアもそれに追いついています。
2024 年には、ブルーライト暴露によるデジタル老化との闘いに焦点を当てた、より先進的な商品が登場します。画面のまぶしさから肌を強化する時が来ました。

9.Smart Skincare Devices: スマートスキンケアデバイス:美容ガジェットブーム

2024 年にはテクノロジーとテクスチャーが融合します。AI 駆動の皮膚分析装置から高度な家庭用治療装置に至るまで、スマートガジェットは美容ルーチンに革命をもたらします。
これらのギズモは単にクールなだけではありません。それはあなたの専属美容コンサルタントです。

高周波マイクロニードリング

マイクロニードルは数年前から普及していますが、標準治療は最近大幅に改良されてきています。オリジナルのプロセスでは、非常に鋭く細い針を皮膚に挿入し、最終的に新しいコラーゲンと弾性組織を作成する必要があります。
数回の一貫した治療の後、最終的にはしわ、皮膚のたるみ、瘢痕組織の出現を軽減するのに役立ちます。

10. Skin Biometrics: 皮膚の生体認証: データ駆動型のスキンケア ソリューション

高度な皮膚生体認証により、肌のニーズについてこれまでにない洞察が得られます。このデータ主導のアプローチにより、あなたのスキンケア ルーチンが科学的であると同時に効果的であることが保証されます。

11. Augmented Reality in Skincare:スキンケアにおける拡張現実: 仮想美容体験

テクノロジーのひねりを加える準備はできていますか。拡張現実:ARは、スキンケアの選択と使用方法を変えています。
仮想試着、肌評価、パーソナライズされた商品のレコメンデーション・推奨はすべて AR のレンズを通して行われます。それはビューティー ショッピングの未来であり、2024 年に実現します。

人工知能 (別名 AI) は 2023 年の主要テーマでした。美しさ、エディトリアル、ビデオなど、あらゆる観点から人工知能から逃れることはできません。そして、美容分野、さらに言えば他のあらゆる分野での AI の使用は、さらに増加すると予想されます。

AI :人工知能などの先進テクノロジーの統合は、今後も顕著なトレンドとなるでしょう。
AIなどの先進技術がスキンケア研究を促進することで、研究者は肌をより深く理解し、さまざまな肌の色調や肌タイプに合わせたより包括的なソリューションを作成できるようになります。

スキン スキャナーは、スマートフォンやデバイス、アプリ内など、個人のスキンケアのためのツールとして開発されました。
赤み、保湿、瘢痕化など、個人の肌のさまざまな特徴や特徴を測定し、評価することができます。次に、これらの読み取りに基づいて商品が推奨され、その特定の人に合わせてスキンケア商品やメイクアップ賞品が調整されます。AI 主導のスキンケアでは、特定の肌の色やスキンケアの悩みに合わせたカスタム配合を推奨できる可能性があります。

12. Minimalist Maximalism: ミニマリスト・マキシマリズム: 新しいスキニマリズム

2024 年はスキマリズムを再定義します。それは、最小限のルーチンで利益を最大化することです。時間は貴重であり、肌も貴重であるため、より少ないコストでより多くの効果をもたらす多機能商品に重点が置かれていきます。

『10ステップのスキンケアルーチン』の時代は2024年に終わると思います。代わりに、私たちは『スキマリスト』のアプローチを採用し、高品質のスキンケア商品と成分を使用して肌を可能な限り健康的なバージョンにします。 

スキンケアを過剰に使用する顧客を多く見てきました。そのため、スキンケアのミニマリズムや、効果的だがやりすぎないルーチンが増えることを楽しみにしています。

6 階調濃いめの日焼けから離れ、より自然な見た目と仕上がりを選択することは、私たちにとって非常に喜ばしいことであり、今後も続くことを望んでいます。

メイクで隠すのではなく、肌に語らせることも私にとっては楽しいことの一つです。

13. Stress-Defense Skincare: ストレス防御スキンケア: 現代生活の代償との戦い

2024 年は、ストレスが皮膚の健康に及ぼす影響を認識します。ストレスによって引き起こされる肌の問題に対処するために設計された商品に注目してください。人生の速いペースから肌を落ち着かせ、癒し、保護する時が来ました。

14. Inclusive Beauty: 包括的な美しさ: スキンケアの多様性を称賛する

2024 年も包括性が基礎となります。あらゆる肌タイプ、肌の色調、質感に合わせたスキンケア – 美しさには限界がないからです。あらゆる人の固有のニーズに応える商品を提供する多様性の祭典です。

15. Holistic Health Integration: ホリスティックな健康の統合: 美しさの裏返し

2024 年はスキンケアと全体的な健康が結びつきます。外見を美しくするだけでなく、内面の健康を促進する商品にご期待ください。それは美しさへの総合的なアプローチであり、スキンケアとライフスタイルの選択を融合させ、究極の健康と輝きをもたらします。

16. The Rise of Neurocosmetics:ニューロコスメティクスの台頭

スキンケアにおけるこの革新的なアプローチは、表面レベル以上の効果を提供できるため、注目を集めています。簡単に言えば、これらは皮膚の神経系と相互作用するように設計された商品で、ストレスの軽減や気分の高揚などの利点を提供し、スキンケアと精神的健康を調和させます。

まとめ

これに顧客データを組み合わせて、新しいマーケティング&コミュニケーションオムニチャネル施策を融合させて、海外マーケットで飛躍してください。
日本だけではなく、K-Beautyの成長を軌跡を学習するともっと大きな可能性が見えてきます。
日本のOEM・ODMメーカー頼りは卒業してみてください。

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

吉村 典也

監修者

アドバイザー

吉村 典也

日本の製造業を強くするためのコンサルティング会社、外資システム会社などを経て、通信販売(ダイレクトマーケティング)、Eコマースの事業運営・CRM/購買体験購買後体験)運用・フルフィルメントサービス運用のアドバイザーとして、CS&BPOセンター(CX設計・運用からシステム設計・運用まで)の新規立上・受託までを担ってきた。通販基幹システム・Eコマース・オムニチャネル/OMO・CRM+MAシステムのマーケティングセールスから、業務設計・運用までをコマース・小売事業会社ととも一緒にアクション&グロースしてきた。
大手通販グループの「単品リピート(サブクリプション)/通販基幹CRMシステム」外販・導入サポート業務を通じて出会った事業者とのコミュニケーションを通じて、まだまだ、日本のDNVB・D2C(DTC)ビジネスにはチャネルとしてではなく、「顧客中心」としてのホネストビジネスとして、再成長の可能性、未知のカテゴリー、オムニチャネルコミュニケーションからのオムニチャネルコマース体験がある、それを支えるコマース事業者のインハウス化が必要であること、そして柔軟に迅速にその業務を支持・運用できる、MACHコンポーザブルタイプのシステムを広めることが大切と確信しつつ、1社でも多くの30億、100億円事業にグロースするためのアドバイス・サポートを提供している。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

ファッション・アスレジャー編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
ファッション・アスレジャー編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
幸せな顧客は、すべてのビジネスの生命線です。忠実な顧客は、肯定的な口コミの紹介を提供し、収益を促進することで、ブランドの長期的な成功と成長に貢献します。社会経済状況で忠実な顧客基盤を開拓することは、簡単なことではありません。経済の不確...
続きを読んでみる
アパレル編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
アパレル編 DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する
コマースでは、顧客のインフルエンサーやアンバサダー、ロイヤリティプログラムなどで、コミュニケーションの運用を削減し、プロセスを最適化することにより、ブランドが創造的な資産を調達するプロセスを拡大することができます。そのために、考慮すべ...
続きを読んでみる
e コマースにおける PDP – 概要と最適化する理由 通販・オムニチャネルコマース
e コマースにおける PDP – 概要と最適化する理由 通販・オムニチャネルコマース
ヒント - 顧客オーディエンスに最適化されていれば、コンバーションマシンとして活躍できます。 PDP を強化する時期が来ました。 商品詳細ページは、e コマース エクスペリエンスの重要な部分です。これは買い物客に興味のある商品に関する...
続きを読んでみる
東アジア(中国・韓国)のマーケットプレイス
東アジア(中国・韓国)のマーケットプレイス
アジアおよび世界最大の電子商取引市場である中国は、2023 年の市場規模が 1 兆 4,900 億ドルに達しました。インターネット アクセスの普及、モバイル デバイスの可用性の増加、中間層の増加がこの成長の主な原動力となっています。 ...
続きを読んでみる
東南アジアのオンライン マーケットプレイス
東南アジアのオンライン マーケットプレイス
Lazada と Shopee がほとんどの東南アジア諸国に存在することを見つけるのは難しくありません。Shopeeが今年特に傑出しており、上記の国々の市場で主導的な地位を占めていることは注目に値します。Kantar BrandZ が...
続きを読んでみる
ヨーロッパの主要なマーケットプレイス
ヨーロッパの主要なマーケットプレイス
ヨーロッパの市場環境は堅調かつ急速に成長しており、15,000 を超えるオンライン マーケットプレイスが 3,630 億ドルという驚異的な e コマース市場収益に貢献しています。この地域では、2025 年までにデジタル コマースの年間...
続きを読んでみる
ロイヤリティプログラム コンテンツリスト
ロイヤリティプログラム コンテンツリスト
小売消費者が購入後の体験に求めるもの アマゾン効果は、小売業界全体に影響を与えています。顧客は無料で迅速な配送を期待しています。中には1日または同日という早い配送を希望する人もいます。さらに、ソーシャルメディアはUnboxingを促進...
続きを読んでみる
eコマースCXとカスタマーサービス 通販・オムニチャネルコマース
eコマースCXとカスタマーサービス 通販・オムニチャネルコマース
  eコマースのCXおよびカスタマーサービスヘルプデスクツールとは e コマース カスタマー エクスペリエンス (CX) とカスタマーサービス・ヘルプデスク ツールは、D2C ブランドにとって重要なテクノロジースタックに含めることが重...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー