富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

2024 年 e コマースのトレンド

2024 年  e コマースのトレンド 

オムニチャネル・e コマース業界で変わらないことの 1 つは、状況は常に変化しているということであり、今年2024年も例外ではありません。

D2Cブランドに限らず、小売事業者、メーカー事業者

  • 経済的な不確実性、
  • 消費者行動の変化、
  • シームレスなオムニチャネル体験に対する継続的な需要

などによって特徴付けられている、ますます複雑な環境を乗り越えていくことになります。
これに加えて、持続可能性と倫理的慣行は 2023 年を通じて消費者にとってますます重要になっていました(本当か、マーケティングの仕掛けかは時代が評価してくれるでしょう)、ブランドが買い物客の価値観と一致するための基準が引き上げられているということです。

2023 年には、e コマース分野でも競争が激化して、数百万のライブ サイトがアクティブに活動していると推定されています。
Shopify はそれでグロースしています。
しかし、e コマース Web サイトの訪問のうち、購入につながるのは 2.86% のみです。(まだいい方の数字です)

それでは、競争の激化、消費者の需要のチャネルシフト、販売コンバージョンの減少に直面したとき、ブランドはどうすれば 2024 年に顧客からの支持を得て、市場で勝つことができるでしょうか。
専門家の予測を詳しく調べて、2024年の先頭に立つために必要な具体的なアプローチを明らかにしていきます。

コンテンツ:

  1. – 報酬はさらに価値のあるものになる: 価値主導のロイヤルティ プログラムの台頭
  2. – 単なるものではありませんZ世代パープルをはじめとして
  3. – オーディエンス・視聴者との真のエンゲージメント: マイクロインフルエンサーと顧客ロイヤルティ
  4. – コミュニティと販売を超えた価値の構築
  5. – サードパーティ Cookie に依存せずに 2024 年のマーケティング施策を計画する
  6. – ブランドは 2024 年の収益拡大に向けて購入後アンケート データなどを購入後体験に活用する
  7. – ソーシャル コマース … ソーシャルで販売しなければ取り残される
  8. – 低コストで維持率を高める
  9. – AI のメリットを活用する
  10. – モバイル アプリにより、あらゆる維持戦略が強化され、顧客の粘着力が高まります。
  11. – AR/VR = 進化したエンゲージメント
  12. – 最終的な考え

報酬がさらに価値のあるものになる: 価値重視のロイヤルティ プログラムの台頭

顧客はロイヤルティ プログラムにこれまで以上の価値を求めています、購入だけではなく、アクションベースからの特典を再考しないブランドには、こうした賢い買い物客から取り残される可能性があります。
平均的な消費者はどれだけの顧客ロイヤルティ プログラムに参加しているのか考えてみてください。
2024 年の疑問は
「ロイヤルティ プログラムを持つべきか?」ではなく、
「どのようにするか」ということになります。
あなたのブランドのロイヤルティ プログラムは他のものより優れているのでしょうか。

顧客が価値を求めていることはわかっていますが、割引が普遍的な解決策ではないことを認識することがまず重要です。
かなりの消費者が、自分の支出行動は報酬(リワードと特典=有償と無償)を獲得する機会によって影響を受けると考えています。
これは、ブランドが単なる割引(ポイント)を超えた特典を提供する必要性を示唆しています。
個々の顧客に合わせてパーソナライズされ、関連性があり、価値のある特典が非常に重要です。
このような特典を提供することで、顧客を魅了しながら競合他社との差別化を図ることができます。

どうすれば報酬をよりやりがいのあるものにできるのでしょうか。

無料の商品などの特典

セグメントされた顧客に対して、無料の商品を提供することは、忠実な顧客に報酬を与えると同時に、商品ラインの新しいアイテムを紹介する強力な方法です。
これは、美容や化粧品などの特定の業界で特にうまく機能します。
会員は新商品を試して美容習慣に組み込むことができます。
メンバーにリワードポイント(購入だけではなく、エンゲージメントやアクションポイント)を利用して貰います。プログラムメンバー(サブスクメンバーではなく)が特典をどのように使用できるかについて柔軟性を提供して、実際に必要な商品を選択することもできるようにします。

エコリワード/慈善リワード

環境意識を高く見せたい世界では、消費者は自分の価値観と一致して、持続可能性への取り組みを示すブランドを求めているとします。
エコまたは慈善の特典を提供することは、市場のこの成長セグメントを活用した、この手の理念を強く感じている顧客に真の価値を提供するためのマーケティングとしての方法です。
報酬には、彼らに代わって植樹したり、売上の一部を環境活動に寄付したり、海洋プラスチックを回収したりして容器にすることが含まれます。
そして、アパレルやシュ―ズなどのカテゴリーでは回収からの、リコマースは収益源に変換することができます。(これはクローゼットのスペースは永遠ではないからです。)

割引(値引きとは違います)、商品、体験、寄付(慈善でなくてもOK)などのさまざまな特典から選択できる権限を顧客に与えることで、個人の好みやニーズに最も合った特典を選択できるようになります。
このパーソナライズされたアプローチにより、顧客は最も価値があると考える特典を選択できるため、この包括的なオプションでの間違いはありません。 

Z世代パープル以上のもの

2024年は、Z 世代(日本のZ世代とは、1990年代半ばから2010年代前半に生まれた世代を指します。2024年現在で、13歳から29歳前後までの年齢層に当たります。)が最前線に立つ年となるでしょう。(しかし、団塊世代の1/4です。)
2024 年には、ブランドは Z 世代の消費者向けに e コマース エクスペリエンスを構築することにますます重点を置くようになると予測しています。(なぜか、ブランドはいつもこの年代が消費支出やトレンドを形成する黄金マーケットだと思っています。)
デジタル時代に育った最初の世代として、Z 世代の e コマース プラットフォームのパフォーマンスに対する期待は着実に高まっています。
オンライン ショッピングの単なる取引的な性質を超えて、この世代は現代史の中で最も教育を受け、多様性に富んだ世代の 1 つとして認識されています、独特の好みと価値観でオンライン コマースの軌道を形作っているのでマーケティングとしては大変です。(これ理解していないままに、過去の成功事例でコマースを展開しているから成長できないのですが)

2024 年、Z 世代の消費者は、購入を決定する際に、持続可能性(これは環境などだけではなく、マーケティングとしてのブランドのアウワーミッション、真実・ホネストとしてです)、成分や配合、素材の透明性、ソーシャル メディアのインフルエンサーの影響をさらに重視するようになります。
これらの価値観に沿うブランドは、トレンドを追うだけでなく、e コマース ブランドの成功を形作る極めて重要な要素に取り組むことになります。
環境や倫理(サブスクリプションモデルのLP訴求や、購入契約や特典ではない特典の変化も)への配慮に対するZ世代の良心的なアプローチはeコマース業界を再構築しており、これらの価値観と一致するブランドは大きな牽引力を獲得する可能性があります。

Z 世代が主要な消費者層としての地位を確立するにつれ、美学への注目は、広く認識されている「Z 世代パープル」などの表面レベルの考慮事項を超えていくことになります。
この用語は、2023 年から人気を博しただけでなく、パントンの色としても選ばれていました。
ブランドは現在、スピード、明瞭さ、透明性などの中核的な機能を優先することになりっています、これらは視覚的な魅力に取って代わり、オンライン体験の極めて重要な要素として浮上しています。

広範なサイト設計と調査により、Z 世代の嗜好の複雑さについて貴重な洞察が得ることになります。
この世代は商品の表面的な側面だけに興味があるわけではないことがわかるはずです。
この層は細部を重視するようになっています、そのために包括的な情報を重視しています。
Z 世代の購入者にとって、商品に何が含まれているか、その配合の背景にある理由、そのメリットを最大化する方法を理解することが考慮事項になっています。
スキンケアでは、各成分が商品に不可欠な部分である理由を透明な表示として提供していくことになります。詳細かつ関連性の高い情報を提供するというこの取り組みになります。

Z 世代に特有のブランド アイデンティティとコンバージョン率の最適化 (CRO) の間のダイナミックな舵取りは、継続的な取り組みになります。
この世代の価値観に共鳴するブランドの育成と、コンバージョンに向けた最適化の間で適切なバランスを取ることは微妙な課題です。
2024 年を見据えると、進化し続ける e コマース環境で持続的な成功を求めるブランドにとって、Z 世代に特化したデザインの進化が中心的な焦点として浮上します。
これを、その他の世代へも拡張して適応していきます。

視聴者との真の関わり: マイクロインフルエンサーと顧客ロイヤルティ

2024 年は、オンライン プライバシー保護要件の変化が明らかになってきている変化の年です。この分野の大手企業
(GAFAMとは、Google、Apple、Facebook、Amazon、Microsoft)だけでなく、立法者も、顧客データはこれまでほど簡単には入手できなくなるというシグナルを送っています。
(日本ではLINEを活用していますが、これは今までも個人情報の管理がずさんなグループですが、意外と叩かれません。日本って個人情報にうるさいと思っていましたがそうでもないのですね)

これはマーケティング担当者にとって非常に重要な質問をいくつか提起しています。
最も重要なのことは、
「何も知らない人をどのようにセグメントしてコンタクトするか」
ということです。

ここで、真のエンゲージメント、マイクロインフルエンサー、顧客ロイヤルティなどの重要な概念が登場して活用することになります。

本物のエンゲージメントとは、
指標において量よりも質を重視することを意味します。 1,000 人中 100 人があなたのメールをクリックしたとしても、その後実際に意味のある行動をしなかったとしても、本当に重要なのでしょう。
確かに、クリック率は一定のしきい値を超える必要がありますが、それはブランドの成長や視聴者のエンゲージメントにはあまり貢献しません。

私の意見では、ブランドとその視聴者の間に真のつながりを確立する(したがって真のエンゲージメントを引き出す)唯一の現実的な方法は仲介者を介することにかわりつつあります。
ブランドは、本質的に人、コンテンツ、アイデア、商品 (順不同) の架空の融合体であります、シミュレートされた方法でのみ「手を差し伸べる」ことができることになります。

マイクロインフルエンサーの登場です

他の種類のインフルエンサーや他の種類の D2C マーケティングに対するマイクロインフルエンサーの主なメリットは、その規模により、視聴者に重点を置き、コンテンツをカスタマイズし、ブランドやブランドに関する有意義な会話を促すことができるという事実です。

製品の購入やサービスの購読を決定する前に、どれだけSNS上のコミュニティに参加したことがありますか。(多くは、ブランドのSNSが日本の現状です。)
マイクロインフルエンサーを使用すると、計画された予算と明確なパフォーマンス指標を使用して、体系的な方法でそれを行うことができます。

マイクロインフルエンサーが仕事を終えて、ブランドをオーディエンス・視聴者と結びつけたら、与えられたすべてのデータを有効に活用しなければなりません。
Eメールなどのオムニチャネルコミュニケーション&マーケティングの観点から見ると、このときは、顧客ロイヤルティ プラットフォームの開発を真剣に検討して、新たに生成した顧客をエバンジェリスト、さらにはマイクロインフルエンサーそのものに変えていく必要があります。

これらのさまざまな概念をすべて結び付ける「銀の糸」は、プライバシー、またはより一般的な意味でのデータの所有権です。

顧客がデータを提供するのに十分な「ブランド」などの幻想的な概念を信頼していない場合は、仲介者、マイクロインフルエンサー、顧客ロイヤルティの擁護者をうまく活用するとそれを実施してくれます。
だからこそ、これが 2024 年の最も興味深いトレンドになると考えています。

販売を超えたコミュニティと価値の構築

大手ブランドが早ければ9月にブラックフライデー(日本にはまったく関係の無いホリデーシーズンにも関わらず)の値引きを開始する時代において、小規模ブランドは価格競争だけに頼ることはできません。
四半期全体で 30%オフ50%オフを提供することは現実的ではありません。
中規模のブランドは、顧客の価値観に共鳴するキャンペーンや継続的な会話を通じてコミュニケーションすることに重点を置くことにます。

コミュニティに影響を与えるロイヤルティプログラムや、顧客ベースとともに成長するソーシャルでの会話を統合したロイヤルティプログラムを検討することになります。
ブランドは、最良の顧客のニーズが時間の経過とともに変化することを認識することになります。
変化するニーズに合わせて、人生のさまざまな段階で顧客と関わり、報酬を与えることが重要です。

生殖年齢としてのミレニアル世代(Millennial Generation)(通常、1980年から1990年までの間に生まれた人々を指します。厳密な年代の区分が難しいため、異なる文脈や研究では時期が若干異なることがあります。)をターゲットにすることから、閉経周辺期の問題への取り組みへと巧みに移行していくことになります。
顧客とともに進化していく事例としてわかりやすいです。キャンペーンはコミュニティの育成と困難なトピックへの取り組みに焦点を当てていくことです、自社商品は唯一の焦点で解決策では​​なくこれらの各個人の多様な課題への取り組みを補完しているだけです。この世代を女性のライフステージほど、パーソナライズ、差異化をする事例として判りやすいことはありません。

将来のロイヤルティ プログラムは、クーポンのような単なる取引特典や、送料無料よりも、社会の変化と真のコミュニティ構築に重点を置いていく可能性があります。
ブランドは、ブログやコミュニティ ポータルへのアクセスなど、自社のコンテンツに関心を持つ顧客に報酬を与えることでイノベーションを起こすことになります。
単なる販売ではなく有意義な「交流」に焦点を当てたこのアプローチは、明日のブランドに対するベンチャーキャピタルなどの関心を引き付けることになります。ファイナンスモデルとしての、D2Cサブスクリプションをするなら別のアプローチが必要です。

サードパーティ Cookie に依存せずに 2024 年のマーケティング戦略を計画する

サードパーティ Cookie は 2024 年に廃止されます。プライバシーに対する懸念の高まりにより、Google などのテクノロジー プラットフォームはここ数年サードパーティ Cookie を段階的に廃止しており、Chrome は 2024 年 8 月に追跡を停止します。
ICYDK「In Case You Didn't Know」(知らない場合のために)、サードパーティ Cookie は、これらは、ユーザーの行動を追跡し、ターゲットを絞った広告のためのデータを収集するために使用されます。

これは概念としては少し恐ろしいように感じるかもしれませんが、戦略を慎重に計画し、調整すれば、これがビジネスに与える影響を最小限に抑えることができます。これは、マーケティング予算の使い方とその認識される影響を変える必要があることを意味します。

1 つは、トップオブファネルの支出を再考することをお勧めします。

この変化について考えると、マーケティングはカジノであり、サードパーティ Cookie を使用すると、カードを数えていましたが、(実際のカジノのように) 数えることができなくなります。
広告でのギャンブルはより危険なものになりました。依然として効果はありますが、確実に利益を得るには、より広い網を張る必要があります。
これにより、インプレッションやブランド認知度などの虚栄心の指標が復活し、PR、屋外マーケティング、コネクテッド TV に支出を開始することが突然より魅力的に見えるようになります。

次に、リテンション マーケティングへの投資がより意味のあるものになるでしょう。

これらの顧客は、あなたがデータを持っており、徹底的なマーケティング エクスペリエンスを作成できる顧客です。なぜ顧客は他のブランドではなくあなたのブランドを選び続けるのでしょうか。
それは、あなたがコミュニティと、他では得られない経験を構築したからです。これは強力なロイヤルティ プログラムで実現でき、顧客は特別な特典でで祝われた気分になれることです。

もう 1 つは、スマート バナーによるパーソナライゼーションと、ユーザーの行動に基づく興味に基づくジャーニーで、カスタマイズされたEメールとメッセージエクスペリエンスを提供することです。

最後に、変換をサポートし、自社データを使用して最適化を支援する技術パートナーとの連携です。

プラットフォームはウェブサイトのあらゆるステップを動的なコンバージョンマシンに変え、コンバージョンを増加させるからです。
バッジ、カート内メッセージング、バナーを使用することで、すべての要素が顧客にとって動的になり、ユーザーを購入プロセスに導くための UX が強化されます。仕上げとして、AI 予測と ID 解決の力でマーケティング戦略を強化します。
リターゲティング フローと併用すると、すべての訪問者を識別し、より効果的に対応することで、収益を増加させることができます。

モバイルアプリはあらゆるリテンション施策を強化し、顧客の粘着力を高めます

2024 年に向けて、ブランドはリテンションを促進するために CX の向上に注力していきます。
レバー 1 つでリーチと距離を拡大マーケティング ミックスにモバイル アプリを追加することで、エンゲージメントを高め、収益を促進し、顧客戦略を多様化できます。

アプリはモバイルで買い物をする最もスムーズな方法であり、顧客がいる場所でエンゲージメントを図る最良の方法であるため、モバイル CX を向上させます。(カテゴリーで当てはまらないものも多くあります。)

モバイル アプリは、ブランドの存在感に正当性を加え、無制限のプッシュ通知、インスタント ページ読み込み、ワンクリック チェックアウト、消費者のスマートフォン・携帯電話上のスペースなどの機能で目立つようにすることで、顧客がより頻繁に購入し、より多くの支出を行えるようにします。
アプリ ユーザーは、モバイルやデスクトップの Web よりもコンバージョン率、セッションあたりの収益、生涯価値(CLV)が高く、熱心なファンであることが証明されています。

スマート ブランドは、モバイル アプリを VIP 顧客のコミュニティ向けに指定して、モバイル アプリを限定アプリやコンテンツのハブとして、またアップデートのための貴重なコミュニケーション チャネルとして利用しています。
最終的に、モバイルアプリの顧客は特別な存在だと感じ、離脱せず、より多くの費用を費やし、永遠に留まり続けることになります。
その結果、モバイル アプリは、アプリ内でより多くの時間を、より頻繁に、より長く費やす顧客を獲得するため、e コマース事業者のロイヤルティと収益を促進します。

アプリを多様化、拡張し、顧客ロイヤルティを高める機会と考えてみてください。
顧客ロイヤルティと維持率を高めるという目標を掲げてアプリを提供し、顧客はモバイル アプリで多くの支出 (AOV) を維持し、モバイル ウェブサイトと比較してアプリのコンバージョン率が高くなるにはどうしますか。

真のクラシックにとって、アプリは、CLV をさらに高めて、高騰する購入コストに対抗する絶好の機会となります。

アプリを保持スタックの中心にすることで、CX&CSチームは CX をパーソナライズし、変換に伴う抵抗とコンプリクトを取り除くことができます。

モバイルアプリがトレンドになっているのには理由があり、これに飛びつくブランドが増えています。

ファッション、美容(カラーコスメになります)、CPGから家庭用品に至るまで、モバイルアプリを顧客に提供する価値は非常に重要です。
Z 世代が購買大国として台頭し、e コマースを再構築していることを考慮すると、ショッピングをモバイル アプリで行う予定であるのも不思議ではないかもしれません。

AI のメリットを活用する

AI は一時的なトレンドではありません。マーケティング ワークフローは急速に変化しており、私たちはさらにパーソナライズされたマーケティングを推進するためにその可能性を活用し始めたばかりです。
e コマース マーケティング担当者は、進化し続けるデジタル環境で優位に立つためにAI の力を活用する必要があります。

各顧客の個別の行動に基づいて、カスタマイズされたメッセージを配信することを想像してみてください。このレベルのパーソナライゼーションはマーケティング担当者にとって夢でしたが、今では AI によってそれが現実になりつつあります。顧客データを理解するためにデータサイエンティストに頼る(または自分でデータサイエンティストになろうとする)必要はありません。
代わりに、AI ソリューションは膨大な量の行動データを理解するのに役立ち、適切なエクスペリエンスを適切な消費者に適切なタイミングで提供できます。

予測 AI を使用することで、主要な傾向を特定したり、価値の高い顧客を特定したり、買い物客がいつ購入する可能性があるかを判断したりできます。そこから、独自のデータに基づいて適切なインセンティブを送信 (さらにはプログレッシブ オファーのロックを解除) できるようになり、ROI を最大化できます。たとえば、新規購読者にコンバージョンにつながる可能性が高いオファーであることを認識して、初回購入時に1000円の割引を提供できます。彼らがフォローアップ購入をする場合、彼らの生涯価値が大幅に増加していることがわかっているため、700円と500円の割引を提供することができます。

2024 年にこのビジョンを実現するには、適切なツールに投資することが必要となります、チームが AI の可能性を活用して情報を抽出できるようになります。深い技術的専門知識を必要とせずに貴重な洞察を得ることができます。

真の 1 対 1 マーケティングの約束は、はるかに実現可能になってきています。

AI を使用すると、カスタマイズされたエクスペリエンスを顧客に提供し、キャンペーンを改善し、より良い結果をもたらすことができます。 AI の力を活用して、2024 年にマーケティングの新たなフロンティアの最前線に立ってみてください。

低コストで定着率を向上

非常に長い間、ブランドとマーケティング担当者は低い顧客獲得コスト(CPA)と好調な経済に甘やかされていました、そんなD2Cチャネルは死にました。
ブランドはたとえ利益がマイナスであっても、コストに関係なく極端な成長に焦点を当てていましたが、崩壊しているのに相変わらずのモデルを展開しています。

これを大局的に見ていくつかの数字を振返ってみてください。
2023 年の時点で、新規顧客を獲得するたびにいくらの損失を出していましたか、2019 年のパンデミック前のこの数字はいくらでしたか。
ブランドは獲得予算を削減し、顧客維持により多くの投資を行うようにならざるを得ないでしょう。(これはCRMではありません。)

1. 生成 AI、RFM 分析、コホート分析などを使用した顧客の詳細な分析。

ブランドは、収益の 80% をもたらすのが誰であるかを理解し、特定するために投資することになります。
既存顧客を「優良顧客」に変え、ブランドに長く留まってもらうことに注力することに回帰します。

2. ブランドは、顧客が競合他社ではなく自社で買い物をし続けるために、ツールと戦術を駆使する。

ロイヤルティ プログラム、コミュニティ、顧客向けコースなどの専用の教育リソース、ストアクレジットと割引、追加の特典を提供する Amazon プライムのようなブランド サブスクリプションなどが含まれます。
これらのプログラムはすべて、顧客を特定し、ブランドと密接に結び付けるように設計されていることになります。

3. ブランドは、コストを節約し、顧客のためのオムニチャネルで継続的なジャーニーを作成するために、マーケティング ツールを統合することになる。

4. ブランドはデスクトップからモバイルファーストのエクスペリエンスに切り替える。

顧客はモバイルを好むため、リアル店舗だけでなくエクスペリエンス全体を最適化する必要があります。実際、団塊世代もスマートフォンユーザーです。

5. ブランドは、コストの一部を AI ツールや、同じ機能をより低コストで実行できるツールに置き換える。

これは、SaaSコストの肥大化とともに、ヘッドレスからコンポーザブル化へ移行することで、すでに起こり始めているものです、2024 年もさらに発展しないと運用コスト(単なるSaaS費用だけではなく、運用時間と人材の肥大化とたこつぼか)が最適化できないと思っています。

ソーシャルコマース … ソーシャルで販売しなければ取り残される

TikTokやその他のソーシャルメディアプラットフォームがクリエイターにプラットフォームでの販売を促したことで、アプリ内購入は過去1年で爆発的に増加しているようです。
消費者は時間が少なく、商品を購入するための最も便利な方法を常に探しているため、購入するために別の Web サイトやアプリに切り替える必要さえないアプリ内購入が注文方法としてより一般的になってきています。

また、ユーザーがお気に入りのインフルエンサーを通じて買い物をすることが増えているため、それらの見込み客がウェブサイトにアクセスし、ソーシャル メディアで見た商品を簡単に見つけられるようにすることが重要になります。
サイト上に「ソーシャルで見られたもの」専用のセクションを作成するとか、ソーシャル メディアで表示されるアイテムにソーシャル タグを付けるだけでも、サイトでのコンバージョンを大幅に向上させることができます。

ブランドは 2024 年の収益拡大に向けて購入後のデータを活用する

ダイレクトコミュニケーションを大切にしています。(これはダイレクトマーケティング:日本では通販の時代からの基盤です。)顧客から学ぶためには、知っておくべきことを顧客に尋ねることほど良い方法はないからです。
顧客がどこから(チャネル・オファーなど)来たのかを知っているブランドは、マーケティング費用の使い方に自信を持てるようになります。
購入後アンケートなどの顧客データを取得プラットフォームを導入している顧客のコホートと導入していない店舗では差がつくことは誰にでもわかります。

顧客データの取得と分析を導入している店舗は、新規顧客の獲得に費やす費用が減ります。
なぜなら、彼らはどの広告がコンバージョンにつながっているかを理解しており、コンバージョンを起こした広告に対してより多くの資金を投じることができるからです。
これは単なるコンバージョンではなく、F2やロイヤルカスタマーになるチャネル、オーディエンス、広告を特定して、それ以外には広告を展開しないということで、新規の顧客数は減りますが、F2への転換率が高まるために総支出とROIのバランスが早く健全になるということです。

さらに、コンバージョンはクリック関連のイベントに起因することが多いため、プラットフォーム内のデータが必ずしもすべてを物語っているわけではありません。

トータル インパクト モデルが適切に評価された場合、TikTok の広告費用対効果 (ROAS) が以前報告されていたよりも高いことを発見できるかもしれません。
TikTokの広告を見たと報告した顧客に。購入後アンケートをすると、顧客がどこから来たのかを自信を持って理解できるようになります、小規模な広告プラットフォームに浪費するのではなく、収益を生み出す広告プラットフォーに倍増させることができます。

ブランドは購入後アンケートのデータを統合して活用し続けることになります。これは、支出の効率化に役立ち、2024 年の収益向上には支出の効率化がより効果的であるためです。

AR/VR = 進化したエンゲージメント

VR/AR とゼロ/ファーストパーティ データは、どちらも消費者向けにパーソナライズされたエクスペリエンスを作成することに重点を置いています。
2024 年には連携していきます。 VR/AR を使用すると、消費者が商品の実際のメリットをすでに実感していると感じることができる世界が提供されるからです。
このビジュアルは、消費者が多くの反対意見を一度に克服できる環境を作り出し、FOMO と商品への具体的な愛着を生み出してくれるはずです。

消費者が自分の反対意見に対処し、克服できるようになると、ショッピング行動が変化し、マーケティングを事後対応的なスタンス (反対意見への対応) から積極的なスタンス (自分で体験してください) に移行できるようになるということです。

現在、ゼロ データとファーストパーティ データのキャプチャ/使用の台頭が組み合わされ、関連性と関心を通じて購入プロセスに沿って信頼を構築する、真の 1 対 1 のショッピング エクスペリエンスが実現していきます。

VR/AR によるパーソナライゼーションとゼロおよび自社データ

コンバージョンと有意義なエンゲージメントを調査し、拡大するための素晴らしい機会であると考えてください。
オンライン ショッピングにどれだけの反対意見が伴うかを考えると、Web サイトは商品を紹介するだけでなく、ショッピングを支援するために存在することは大切です。

オンライン ショッピングでは、ブランドと消費者の関係を長期的に成長させるために、より多くのインタラクティブ性が必要になります。
プライベート ショッパー モードが有効になっていると考えてください。長年にわたり、私たちは一般の需要に応えて、ゆっくりと、しかし確実に、より魅力的なオンライン ショッピング エクスペリエンスを作成してきました。
顧客はショッピング体験に動揺したりします、リアルタイムで「手に入る」体験を提供する AR/VR が登場することはメリットがあります。

AR/VR、ライブチャット、パーソナルショッパーを導入すると、エンゲージメント率とコンバージョン率が高まります。しかし、ハイテクなアプローチに到達する前に、非常に多くのブランドが、視聴者をより深く理解し、訪問者のプロフィールを活用して、視聴者の行動にリアルタイムで反応する同様にパーソナライズされたエクスペリエンスを作成することで、同じ利益を得ることができます。

最終的な考え

2024 年には、リテンションがこれまでにないほど e コマース環境を支配することになるため、
今こそ、有利なスタートを切るために必要な変更を加え始める時期です。要約すると、目指すべき目標は次のとおりです。

  • ロイヤルティ プログラムに、より有意義で価値のある特典を導入する
  • マイクロインフルエンサーとのより強い関係を構築する
  • モバイルアプリのエクスペリエンスを優先する
  • AI が提供する機会を受け入れる
  • 販売のためのプラットフォームとしてソーシャルメディアを使用する

是非、チャレンジして本当の顧客中心のオムニチャネルコマースを提供してください。

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する スキンケア ブランドリスト
DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する スキンケア ブランドリスト
消費者は「静かな美しさ」の台頭によりシンプルさを受け入れています。 消費者がますます自然な肌を受け入れるようになるにつれ、スキンケア業界では「少ないほど良い」というよく言われる言葉が広まっています。ミニマリズムは、日常的な手順の数を簡...
続きを読んでみる
AI カスタマージャーニーとは
AI カスタマージャーニーとは
カスタマージャーニーはとらえどころのないものになることがあります。カスタマージャーニー (マッピングと言われてもいます。)と、D2Cブランドが顧客により良いエクスペリエンスを生み出すのにそれがどのように役立つかについてご一緒に考えてみ...
続きを読んでみる
DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する ヘアケア アイケア ブランドリスト
DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する ヘアケア アイケア ブランドリスト
マイクロバイオームのビューティケアに改めて注目 腸の健康は、ウェルネス関連のインフルエンサーの間でトレンドとなっているトピックであり、そのメリットは消化や膨満感の解消から、睡眠や気分の高揚に至るまで多岐にわたります。腸内マイクロバイオ...
続きを読んでみる
スキンケアとウェルネスにおけるカスタマイズとパーソナライゼーション
スキンケアとウェルネスにおけるカスタマイズとパーソナライゼーション
  パーソナライズされた商品とルーチンがメインのトレンド(主役)になり、万能のスキンケアとウェルネス ソリューションの時代は終ったのかも知れません。 調査によると、消費者はますます、独自の肌のタイプ、好み、懸念(ペイン、課題、悩み)事...
続きを読んでみる
2024 ビューティ+ケア業界はどう進化するのか
2024 ビューティ+ケア業界はどう進化するのか
  変化は美しさにおいて唯一不変です。そして 2024 年には、テクノロジーが私たちの美しさの選択と使い方をこれまで以上に加速させるでしょう。しかし、美容トレンドを進化させているのは AI の採用だけではありません。気候変動、10代や...
続きを読んでみる
コミュニティ マーケティング 101 通販・オムニチャネルコマース
コミュニティ マーケティング 101 通販・オムニチャネルコマース
  コミュニティ マーケティングは、顧客との関係を構築および育成し、信頼とブランド ロイヤルティを構築することに重点を置いたマーケティングの一種です。一方通行のコミュニケーションとなるマーケティング キャンペーンを再定義しようとして...
続きを読んでみる
2024 ファッション e コマースのトップ トレンド
2024 ファッション e コマースのトップ トレンド
  2024 年のファッション e コマース、マーケットプレイス、パーソナライゼーション、オムニチャネルコマース、ソーシャル コマース、柔軟な支払いオプション、リコマース などが引き続き成長を促進するでしょうか。 Statista は...
続きを読んでみる
ロイヤルティ プログラムによくある 6 つの落とし穴とその解決方法 通販・オムニチャネルコマース
ロイヤルティ プログラムによくある 6 つの落とし穴とその解決方法 通販・オムニチャネルコマース
ブランドが何年も存在しているか、始めたばかりであるかにかかわらず、DNVBとその一カテゴリーDTCや、EC/eコマースビジネスには共通点が 1 つあります。それは、オンライン市場での競争に対する絶え間ないプレッシャーです。あらゆる規模...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー