富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

2024 知っておくべき 10 のソーシャル メディア トレンド

2024 年に知っておくべき 10 のソーシャル メディア トレンド

2024年 私たちが信頼できることが 1 つあるとすれば、ソーシャル メディアは常に変化しているということです。
トレンドは移り変わるものですが、ルールに従うというよりも、実験・テスト・トライへの道を切り開く年です。
2024 年には、オリジナリティと透明性へのさらに大きな変化が予想されます。

2024 年に注目すべき 10 のソーシャル メディア トレンド

#1: 長い形式のコンテンツに

過去 3 年間、トレンドはオーディオを中心とした短編コンテンツが、TikTok と Instagram で成長するための重要な戦略となってきました。

2024 年には、トレンドのオーディオを利用するだけではチャンネルとして施策は失われていきます。
目立つために、クリエイターやブランドは長く、オリジナルなコンテンツで、クリエイティブになるべきと私たちは予測しています。

ポップ カルチャーの瞬間にコメントを追加する場合でも、日常のビデオブログにコメントを追加する場合でも、ビデオ コンテンツはすでに一般的な 15 秒や 30 秒の長さを超えて変化していくはずです。

そして、YouTube が依然として若い世代の間で最高の地位を占めていることから、TikTok や Instagram がユーザーに長いビデオの作成を奨励​​するのは当然のことになりそうです。

課題は、トレンドを完全に放棄することなく、長編コンテンツを組み込むことなります。

#2: インフルエンサーはプロダクト プレイスメントを使用する

POV(Point of View):
お気に入りのインフルエンサーがリップグロス以外のことについて話しながら、リップグロスを塗っているビデオを見ています。
コメントセクションにジャンプすると、リップグロスのブランドを尋ねるコメントが表示されます。

それが「プロダクト プレイスメント」の力です。

これはまったく新しいコンセプトではありません(TVや映画ではあたりまえです)が、商品を強調して、購入時に視聴者を飽きさせるのではなく興味をそそる微妙な方法です。

POV(Point of View):
インフルエンサーのコメントセクションに進むと、彼女のプロフィールでリンクされているフェイスマスクについて尋ねるコメントが表示されます。

この種のマーケティングは、アフィリエイト マーケティング プログラムを自社で持ち、より「有機的な」方法で会話に参加したいと考えているブランドによって実験されると予想されます。

#3: TikTok は「FaceTime」時代に突入

TikTok コンテンツは、よりカジュアルで即席のストーリーテリングへの移行が見られています。
アピール=それはより深いつながりを形成します。
なぜ=視聴者は、お気に入りのインフルエンサーやブランドともっと「FaceTime」をしたいと考えています。

https://www.tiktok.com/tag/facetime

#4: さらなる AI 統合

AI はまだ完全には受け入れられてはいませんが、ソフトウェアに AI を採用したり、AI にインスピレーションを得たフィルターやツールを作成したりするなど、ブランドがこの時流に乗ることは予想がされます。

AI が独創性を置き換えることはできず、盗作やAIインフルエンサーの台頭に関連する懸念はあります。

Aiインフルエンサー

AIインフルエンサー企業は、自社の作品がスポンサー付き投稿ごとに数千ドルの利益をもたらす可能性があります、ブランド用のカスタムAIモデルの生成に6桁以上(ドルですので円だと2桁足して8桁です)の費用を請求していると言われています。
デジタルモデルの手頃な価格、スピード、使いやすさ、高いエンゲージメントを考慮すると、一部の専門家は、スターの広告主は人間よりもAIを好みます。

#5: ノスタルジアコア

2023 年には、すべてにコアがあるように見えました。コテージのコアからミレニアル世代のコアまで、それは無限でのようでした。

しかし、「コア」とは何でしょうか?
これは
「文化、ジャンル、美学に関する共有のアイデアを説明し、それらすべてを 1 つのセットのカテゴリにグループ化する」
ために使用される用語です。

そして、 Z 世代による 90 年代と Y2K ファッションの復活のおかげで、2024 年にはブランドがノスタルジックなトレンドに飛びつくと予測されています。

昔懐かしいコンテンツを作成する場合でも、新商品を発売するために「ヴィンテージ」プロモーションを使用する場合でも、すべてが効果的で共感性のあるマーケティングを実現します。

多くのインフルエンサーが懐かしいコンテンツを投稿することも期待されています。

#6: キーワード検索と SEO が主役になる

Google を超えて - Z 世代のほぼ半数が、代わりに TikTok と Instagram を検索に使用しています。

これは、コンテンツを発見してもらいたい場合は、キーワードを使用して投稿を最適化することがこれまで以上に重要であることを意味しています。

広い意味で、この変化はインターネット上のトピックの検索方法がどのように変化したかを反映しています。
ユーザーは、厳選されたテイクや個人的な体験による、より探索的な体験を求めています。
(TikTok のストーリーテリングを考えてください)
(SNSでの正直なレビューはよく知られています)

ヒント:
2024 年のソーシャル施策を構築するときは、ブランドをランク​​付けしたいキーワードのリストを作成して、それらを中心にソーシャルコンテンツを定期的に作成するようにしてください。

#7: プラットフォームの選択性の向上

仕事でソーシャル メディアを頻繁に使用する必要があるインフルエンサーやソーシャル メディア マネージャーはもちろんのこと、ユーザーとしてもソーシャル メディア に疲れ果てたと感じるのは簡単な体験で経験でもあります。

成長を目指すのであれば、どのソーシャル プラットフォームでも一貫した投稿スケジュールが必須になっていると喧伝されています。(一部間違っていますが)
つまり、ブランドは時間をどこに費やすかを厳選する必要があるということです。

そして、新しいプラットフォームが次々と登場しても消えていくだけなので ( Lemon8 などを覚えていますか?、 Reddit は日本では、Twicthはこれから、それとももう、 )、流行だから、流行りそうだから、早く参入すれば目立つからといって飛びつくのではなく、ブランドに最も大きな影響を与えるものに焦点を当てることが重要です。

質>量 です。

#8: ストーリーテリングは直線的ではない

私たちが成長を見てきたトレンドの 1 つは、ストーリーを最初からではなく途中から語るというコンセプトです。

それは、トレンドのトピックを解読する場合でも、オーディエンス・視聴者の足を止めてしまうサウンドバイトを共有する場合でも、究極のフックです。

TikTok の 2024 年のトレンド レポートでは、ストーリーテリングがこれまで以上に自由になってきていると述べています。
複数のストーリー アークが同時に発生する可能性があります。コミュニティは架空の有名人や物語を作り上げています。
このスタイルのストーリーテリングは、何が起こっているのかを理解するために聴衆をもう少し深く掘り下げるように促しています。(うまい心理をついています。)

誰かの注意を引くには、相手に少しFOMOを感じさせること以上に良い方法はないでしょうか。と考えてみてください。

ヒント:
ビデオの途中で起こったことについて言及することで、この傾向をビデオのキャプションに適用することもできます。ユーザーは参照を見つけるまで視聴し続けることになります。

#9: ゲートされたコンテンツ

いくつかの理由から、ゲート付きコンテンツへの移行が進んでいます。

ソーシャルフィード上に現れる「おすすめコンテンツ」への「うんざり」感はありませんか。

POV(Point of View):
フォロワーとのより深いつながりを求めるクリエイターやブランドがいます。

クリエイターは、常に変化するソーシャル メディア プラットフォームの外でコンテンツを「所有」したいと考えています。

POV(Point of View):
熱心なファンのために「独占コンテンツ」で収益化を検討しているクリエイターがいます。

Instagram の購読(サブスクリプション)機能を使用します。この戦略によりコンテンツやニュースレターはよりエキサイティングなものになるでしょう。時間と開封率だけがはわかります。

Instagramのサブスクリプションとは

Instagram のクリエイター アカウントによると、
サブスクリプションを利用すると、独占的なコンテンツやエクスペリエンスをすべて 1 か所で提供することで、クリエイターは定期的かつ予測可能な収入を得ることができ、最も熱心なフォロワーとつながることができます。」

この独占コンテンツには次のものが含まれます。

  • 限定公開の投稿
  • LIVE
  • ストーリー
  • 限定公開のリール
  • バッジ
  • グループチャット
  • チャンネル

新機能の一部として、クリエイターは自分のプロフィールに「購読」ボタンを追加し、限定コンテンツの月額料金を設定できます。

Instagram サブスクリプションの対象となるのは誰ですか?

資格があるとみなされるには、クリエイターは次の条件です。

少なくとも 10,000 人のフォロワーがいる
18歳以上であること
プロのアカウントを持っている
( Instagram クリエイター プロフィールに切り替える)
Instagram のパートナー収益化ポリシーを確認する
Instagramのコミュニティガイドラインを遵守する

    #10: Instagram が Z 世代を倍増させる

    Instagram の利用はミレニアル世代だけでなく、Z 世代にも広がっているそうです。

    Meta の最新の毎年恒例のInstagram Trend Talk がZ 世代を中心にしていることと組み合わせると、このプラットフォームがこの層に注目していると推測するのは間違いありません。

    Instagram の使用率が高いということは、Instagram スレッドに良い兆候があることを示している可能性もあります。
    Meta の最新プラットフォームはまだX (別名 Twitter)ほどアクティブなユーザーベースを確立していませんが、まだ数えていません。

    まとめ

    ソーシャル メディアは常に進化していますが、コンテンツ (および使用法) のトレンドを常に把握しておくと、新しい施策を試すときに大きな成功を収めることができます。

    そして実験を恐れないブランドやインフルエンサーは必ず成功します。

    基本は、コミュニティです。広告ではありません。ここに注意してください。

    殿堂入り記事
    発送代行完全ガイド

    発送代行完全ガイド

    発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

    株式会社富士ロジテックホールディングス

    物流企業

    株式会社富士ロジテックホールディングス

    通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
    全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

    あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

    顧客ロイヤルティ プログラムの施策種類 通販・オムニチャネルコマース
    顧客ロイヤルティ プログラムの施策種類 通販・オムニチャネルコマース
    顧客を中心に据えて適切なロイヤルティプログラムを実施すれば、顧客は進んでブランドと取引を継続するようになるでしょうか。ロイヤルティプログラムにはさまざまな種類があり、顧客エンゲージメントを高めるのに役立つことは知られています。どんなプ...
    続きを読んでみる
    DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する スキンケア ブランドリスト
    DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する スキンケア ブランドリスト
    消費者は「静かな美しさ」の台頭によりシンプルさを受け入れています。 消費者がますます自然な肌を受け入れるようになるにつれ、スキンケア業界では「少ないほど良い」というよく言われる言葉が広まっています。ミニマリズムは、日常的な手順の数を簡...
    続きを読んでみる
    AI カスタマージャーニーとは
    AI カスタマージャーニーとは
    カスタマージャーニーはとらえどころのないものになることがあります。カスタマージャーニー (マッピングと言われてもいます。)と、D2Cブランドが顧客により良いエクスペリエンスを生み出すのにそれがどのように役立つかについてご一緒に考えてみ...
    続きを読んでみる
    DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する ヘアケア アイケア ブランドリスト
    DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する ヘアケア アイケア ブランドリスト
    マイクロバイオームのビューティケアに改めて注目 腸の健康は、ウェルネス関連のインフルエンサーの間でトレンドとなっているトピックであり、そのメリットは消化や膨満感の解消から、睡眠や気分の高揚に至るまで多岐にわたります。腸内マイクロバイオ...
    続きを読んでみる
    スキンケアとウェルネスにおけるカスタマイズとパーソナライゼーション
    スキンケアとウェルネスにおけるカスタマイズとパーソナライゼーション
      パーソナライズされた商品とルーチンがメインのトレンド(主役)になり、万能のスキンケアとウェルネス ソリューションの時代は終ったのかも知れません。 調査によると、消費者はますます、独自の肌のタイプ、好み、懸念(ペイン、課題、悩み)事...
    続きを読んでみる
    2024 ビューティ+ケア業界はどう進化するのか
    2024 ビューティ+ケア業界はどう進化するのか
      変化は美しさにおいて唯一不変です。そして 2024 年には、テクノロジーが私たちの美しさの選択と使い方をこれまで以上に加速させるでしょう。しかし、美容トレンドを進化させているのは AI の採用だけではありません。気候変動、10代や...
    続きを読んでみる
    コミュニティ マーケティング 101 通販・オムニチャネルコマース
    コミュニティ マーケティング 101 通販・オムニチャネルコマース
      コミュニティ マーケティングは、顧客との関係を構築および育成し、信頼とブランド ロイヤルティを構築することに重点を置いたマーケティングの一種です。一方通行のコミュニケーションとなるマーケティング キャンペーンを再定義しようとして...
    続きを読んでみる
    2024 ファッション e コマースのトップ トレンド
    2024 ファッション e コマースのトップ トレンド
      2024 年のファッション e コマース、マーケットプレイス、パーソナライゼーション、オムニチャネルコマース、ソーシャル コマース、柔軟な支払いオプション、リコマース などが引き続き成長を促進するでしょうか。 Statista は...
    続きを読んでみる

    タグ一覧

    カテゴリー