オムニチャネルを支えるコマースプラットフォーム トレンド コンテンツリスト

オムニチャネルを支えるコマースプラットフォーム トレンド コンテンツリスト

商取引の世界が猛烈なペースで変化していることは明らかです。
オムニチャネルのアプローチは、かつては競争の激しい分野で優位に立つための施策でしたが、今ではデジタルが織り込まれたマーケットで成功を収めようとする小売・製造業の企業にとってのベースラインとなっています。
オムニチャネルコマースの領域において、次に私たちはどこへ向かうのでしょうか。イノベーションと成功への道筋を描くためのコラムシリーズです。

「顧客中心」の道を切り開く:
単なる流行語ではなく、顧客を問題の中心に据えることは、オムニチャネル戦術を勝ち抜くための本質です。嗜好、行動、欲求を理解することは、単なることばだけの戦略ではありません。それは企業にとっての義務です。なぜなら企業は社会に貢献する、しているから存在するからです。
包括的な顧客行動分析とパーソナライゼーション機能を可能にします。

フィジカルワールドとデジタルワールドの融合:
店舗での体験とデジタルの融合が不可欠です。単にオンラインプレゼンスを持つだけでなく、両方の世界をシームレスに統合することです。
ハイブリッド ショッピング エクスペリエンスをサポートおよび強化するインフラストラクチャを開発します。バーチャルでの試着や、実店舗にいる間にオンライン取引を完了するとかです。

モバイルは続く:
トップショッピングメディアとしてのモバイルは、さらに輝き、変化をするでしょう。人がはじめて手にしたパーソナルツールであるモバイルは今後もその優位性を維持し、シームレスで強化されたモバイルショッピング体験を確保することが最も重要になると予想されます。
モバイルアプリの強化、チェックアウトの迅速化、ARを活用したモバイルショッピングなどやるべきことは沢山です。

データによるテーラリング:
未来は、データドリブンなインサイトを通じてエクスペリエンスをカスタマイズできる企業にかかっています。
AIと機械学習の力を活用して、パーソナライズされたショッピング体験を提供するノウハウが必要です。

そのためには

リアルタイムインベントリ:
在庫を全面的に即座に更新して、在庫レベルを微調整し、余分なコストを削減します。

ソーシャルショッピングフュージョン:
ソーシャルネットワークから直接購入できない日本ではオウンドコマースサイトで簡単なオプションにより、ソーシャルバイイングジャーニーが広がります。

次世代のロイヤリティ:
ロイヤリティプランはポイントにとどまらず、アクティビティベースの限定体験、厳選されたコンテンツ、厳選された特典を提供します。

これらの新たなトレンドを真に活用するには、包括的なアプローチが最も重要です。インサイトに満ちた顧客行動分析を提供するツールの採用、デジタルとフィジカルの格差を埋める堅牢なインフラストラクチャの開発、画期的なテクノロジーの採用、モバイルプラットフォームの強化、カスタマイズされたショッピング体験のためのAIの力の活用など、すべての選択はコマースの未来に向けた一歩です。

コンポーザブル コマース 2024 ガイド

コンポーザブル コマース 2024 ガイド

2024年の小売および製造業におけるコマーストレンドに関する記事です。

AIによる業務効率化:
AIは、デジタルコマースの運営とマーケティングを効率化し、企業全体のパフォーマンスを向上させる重要なトレンドです。

予測分析:
AIを使用してリアルタイム分析を実行し、将来の需要を予測し、サプライチェーンを最適化します。

オムニチャネル:
ブランドは、さまざまなオンラインプラットフォームにわたる販売の流れを管理する必要があり、顧客エクスペリエンスの提供が成功の中心となります。

ソーシャルコマースとライブショッピング:
ライブショッピングのコンバージョン率は平均で高く、消費者はエンターテイメントとショッピングの統合を求めています。

これらのトレンドは、小売業者、ブランド、メーカーが最新のテクノロジーに注目し、顧客中心のアプローチを取ることで、ダイナミックな市場での成功を実現するためのものです。

Eコマース向け ERP: 定義、機能、メリット(通販基幹システム)

Eコマース向け ERP: 定義、機能、メリット(通販基幹システム)

Eコマース向けERP(Enterprise Resource Planning)システムについて説明しています。

ERPシステムの定義:
ERPシステムは、在庫管理、注文処理、財務および顧客管理などのビジネス機能を統合し、効率化するためのプラットフォームです。

Eコマースの課題:
効率的な注文管理と在庫管理が、Eコマースビジネスの成功において重要な課題です。

ERPのメリット:
業務効率の向上、データの一元化、顧客エクスペリエンスの向上、収益性の向上などがあります。

導入の課題:
複雑な実装、統合の問題、変更管理、コストなどが挙げられます。

これらのポイントは、Eコマース事業者が直面する運営上の課題を克服し、顧客満足度を高めるためにERPシステムがどのように役立つかを理解するのに役立ちます。
また、ERPシステムの選択と導入における考慮事項についても触れています。

MACHとは オムニチャネル・Eコマースでのメリット

MACHとは オムニチャネル・Eコマースでのメリット

MACH原則とオムニチャネル・Eコマースのメリットについて説明しています。

コスト効率と適応性:
MACH原則は、小売業者やブランドが新しい顧客の要求に迅速に対応し、競争力を維持するためのITエコシステムを改善するアプローチです。

MACHアプローチ:
マイクロサービス、APIファースト、クラウドネイティブ、ヘッドレスコマースの4つの要素から構成され、従来のモノリシックなEコマースシステムを超えた柔軟性を提供します。

MACH Alliance:
MACH原則に基づく先進的なITエコシステムを推進する企業のグループで、企業がレガシーインフラストラクチャからMACHベースのITエコランドスケープへの移行をサポートします。

このガイドコラムは、MACH原則がどのように小売業に革新をもたらすか、そしてそれがビジネスにどのようなメリットを提供するかについての包括的な情報を提供しています。

MACH ベースの顧客エクスペリエンスのためのゴールデン サークル

MACH ベースの顧客エクスペリエンスのためのゴールデン サークル

顧客エクスペリエンスを向上させるためのMACHベースのコマース戦略について説明しています。

顧客エクスペリエンスの重要性:
Eコマースでは、パーソナライズされた顧客体験がビジネス成功の鍵となり、顧客の46%がパーソナライズされた体験を受けると追加購入すると報告されています。

ゴールデンサークル理論:
サイモン・シネックの提唱するゴールデンサークル理論は、Why(なぜ)、How(どうして)、What(何を)の3つの要素から成り立ち、成功した組織やリーダーがこれらの要素に沿ってコミュニケーションを行うことで強力な影響力を持つとされています。

MACHアーキテクチャ:
MACHアーキテクチャは、マイクロサービス、APIファースト、クラウドネイティブ、ヘッドレスの4つの原則に基づいており、柔軟性と拡張性を備えたITエコシステムを通じて、顧客要件に迅速に対応することができます。

コンポーザブルコマース:
コンポーザブルコマースを採用することで、企業は様々なコマースソリューションを組み合わせ、パーソナライズされたEコマースプラットフォームを構築でき、顧客体験を向上させることが可能です。

ヘッドレス CMS プラットフォーム 通販・オムニチャネルコマース

ヘッドレス CMSプラットフォーム

さまざまなタイプのコンテンツ管理システム(CMS)について説明しています。

CMSの概要:
CMSはデジタルコンテンツを簡単に作成、整理、編集、公開できるプラットフォームです。1生産性の向上、コラボレーションの実現、コンテンツ配信の最適化に役立ちます。

CMSの種類:
様々なCMSがあり、それぞれ特定の目的に合わせて設計されています。例えば、WCMSはWebサイトのコンテンツ管理に、ECMSは大規模組織の複雑なニーズに、DAMはデジタル資産の整理に、DMSは組織文書の管理に特化しています。

ヘッドレスCMS:
従来のCMSとは異なり、ヘッドレスCMSはコンテンツ管理と表示を分離し、APIを通じてさまざまなフロントエンドアプリケーションやデバイスにコンテンツを配信します。これにより、柔軟性とスケーラビリティが向上します。

ヘッドレスCMSの利点:
ヘッドレスCMSは、複数のプラットフォームやデバイスにコンテンツを配信する柔軟性、カスタマイズ可能なUI、パフォーマンスの向上、開発者とコンテンツ作成者の独立した作業による生産性の向上など、多くの利点を提供します。また、新しいテクノロジーとの統合に適応し、将来性があります。

CMSの基本的な概念から、ヘッドレスCMSの詳細な説明まで、幅広い情報を提供しています。

 

コンポーザブルな注文管理:OMS とは

コンポーザブルな注文管理:OMS とは

注文管理システム(OMS)について説明しており、特に「コンポーザブル注文管理」の概念に焦点を当てています。

コンポーザブル注文管理:
企業の注文処理方法に革命をもたらし、在庫管理、支払い処理、発送などの特別な要件をカバーする柔軟なモジュール式ソフトウェアコンポーネントの使用を可能にします。

MACHソリューション:
コンポーザブル注文管理はMACHソリューション(マイクロサービス、APIファースト、クラウドネイティブ、ヘッドレス)と完全に適合し、オーケストレーション層が必要です。

ショッピングエクスペリエンス:
ブランドや小売業者は、ユニファイドコマースへの統一されたアプローチと、すべてのサイトで一貫した接続されたショッピングエクスペリエンスを提供する必要があります。

注文管理の効率化と顧客体験の向上を目指す企業にとって有益な情報を提供しています。

PIM とは ファッション ブランドが製品データを効率的に管理する方法

PIM とは ファッション ブランドが製品データを効率的に管理する方法

PIMとは:
PIM(Product Information Management)は、ファッションブランドが製品データを一元的に収集、編集、出力するためのシステムです。
製品データの効率的な管理が可能になります。

オムニチャネルコマース:
現代の顧客は多様なチャネルでショッピングを行うため、ブランドはすべての販売チャネルで一貫性のある情報を提供する必要があります。PIMは、オムニチャネルコマースを実現するための重要な基盤となります。

持続可能なデジタルコマース:
ユニファイドコマースという概念が注目されており、PIMはデジタルコマースの未来に向けた第一歩として位置づけられています。商品データの一元管理により、効率的なオムニチャネルコマースが可能になります。

PIMの重要性や機能、そしてそれがファッション業界のオムニチャネルコマースにどのように貢献するかについて詳しく説明しています。また、デジタルコマースの将来性についても触れています。

リバースサプライチェーン 返品管理システム (RMS) オムニチャネル・Eコマースでのメリット

リバースサプライチェーン 返品管理システム (RMS) オムニチャネル・Eコマースでのメリット

オムニチャネルとEコマースにおけるリバースサプライチェーンと返品管理システム(RMS)のメリットについて説明しています。

返品の最適化:
小売業者は返品のライフサイクルを最適化し、顧客の一時的な失望を喜びに変える方法を見つけることができます。

RMSの重要性:
適切なRMSを使用することで、顧客満足度を高め、ロイヤルティを促進することが可能です。

課題と解決策:
返品管理は複雑であり、多くの小売業者が返品を事業コストとして扱っていますが、RMSを適切に導入することでこれらの課題を克服できます。

返品プロセスを改善することで、顧客体験を向上させ、ビジネスの収益性を高める方法に焦点を当てています。また、H&Mのような大手小売業者が返品に料金を請求して、本当の客体験を提供する新しい動向にも触れています。

WMS 対 RMS 返品をマスターして収益化する オムニチャネル・Eコマースでのメリット

WMS 対 RMS 返品をマスターして収益化する オムニチャネル・Eコマースでのメリット

オムニチャネルとEコマースにおける返品管理システム(RMS)のメリットについて説明しています。

返品管理システム(RMS):
RMSは、顧客の返品体験を向上させ、不要な返品を減らし、再購入を促進するためのテクノロジーです。

顧客体験の最適化:
RMSを使用することで、小売業者は返品プロセスを細かく制御し、顧客のロイヤリティを高めることができます。

環境への配慮:
効率的な返品管理は、商品が廃棄されることを減らし、環境への影響を軽減します。

このコラムは、返品管理が小売業者にとって重要な課題であること、そして適切なRMSの導入がいかにビジネスに利益をもたらすかを強調しています。また、顧客満足度の向上と環境保護の両方に貢献する方法としてRMSの利点を提示しています。

2024 モバイルコマース アプリの正直なガイド

2024 モバイルコマース アプリの正直なガイド

小売ブランドの運営におけるオムニチャネルマーケティングと流通モデルの重要性について説明しています。

オムニチャネル戦略:
小売ブランドはオムニチャネルマーケティングを追求し、モバイルアプリケーションの立ち上げを検討する必要があります。

モバイルアプリのメリット:
ユーザーへのプッシュ通知送信、高いエンゲージメント、コンバージョン率の向上などが挙げられます。

アプリの種類:
トランザクションアプリは既存顧客の価値を引き出すのに、体験型アプリはブランド認知度の向上に役立ちます。

開発とコスト:
アプリの開発には多額の投資が必要であり、新規顧客獲得に重点を置く場合は特にコストが高くなる可能性があります。

このコラムは、eコマースアプリの設計と構築に関する実践的なヒントも提供しています。また、顧客中心のビジネス戦略としてのオムニチャネルコミュニケーションの重要性についても触れています。