eコマース運用ツールのポイントと詳細 通販・オムニチャネルコマース

eコマース運用ツールのポイントと詳細 通販・オムニチャネルコマース 

eコマース運用ツールとは

Eコマース運用ツールは、オンライン ストア運営やオムニチャネルコマース運営などのさまざまな小売ビジネスの側面を合理化して、管理するために設計された重要なソフトウェア ソリューションです。
在庫管理、注文処理、発送・履行、顧客サービスなどの主要な業務を自動化および最適化することで、ブランドのテクノロジー スタックにおいて重要な役割を果たしています。その重要性は、効率を高め、手動エラーを減らし、時間を節約する能力にあります。
ブランドは日々の運用上の課題ではなくブランドと事業成長に集中できるようになります。ツールを導入することで、コマース企業はペースの速いデジタル市場に遅れずについていき、迅速かつ正確なサービスに対する顧客の期待に応え、競争力を維持することです。

Eコマース運用ツールの主要なコンポーネントと機能には

在庫レベルをリアルタイムで追跡し、過剰在庫や在庫切れを防ぐ在庫管理システムが含まれます。
注文管理システム(OMS:オーダーマネジメントシステム))は、さまざまなチャネルからの顧客の注文を効率的に処理し、注文の受信から履行までのプロセスを合理化します。このツールには、多くの場合、顧客の返品や交換をスムーズに処理するための返品管理システムだけでなく、倉庫管理機能、保管と物流の最適化も含まれています。
顧客関係管理 (CRM) 機能は、高レベルの顧客サービスとエンゲージメントを維持するために統合されているようになりました。分析機能とレポート機能により、運用パフォーマンスに関する貴重なインサイト・洞察が得られ、データに基づいた意思決定が支援されます。

e コマース運用ツールを企業の技術(テクノロジー)スタック内の他のツールと統合すると、大きなメリットが得られます。
e コマース プラットフォームとの統合により、販売チャネル全体でのシームレスなデータ フローと一貫性が確保されます。
CRM システムと同期すると、注文ステータスと履歴に関する詳細な情報が提供され、顧客サービスが強化されます。
財務および会計ソフトウェアとの統合により、業務の財務面が合理化され、正確かつ効率的な財務管理が保証されます。
最も重要なメリットは、一貫性のある合理化された運用であり、データとプロセスが異なるビジネス領域間でシームレスに流れることで、効率が向上し、優れた顧客エクスペリエンスを提供できるようになることです。顧客とスタッフ視点が重要です。

eコマース運用ツールの主な機能とは

E コマース運用ツールには、オンライン ストア運営のさまざまな側面を合理化するために設計されたさまざまな重要な機能が装備されています。これらの主要な機能には次のようなものがあります。

在庫管理:

在庫レベルのリアルタイム追跡を提供し、在庫更新を自動化し、過剰在庫や在庫不足を防ぐための需要の予測に役立ちます。

注文管理:

複数のチャネルからの注文の処理、注文履行の管理、顧客データの処理が含まれ、受領から配送までの効率的かつ正確な注文処理が保証されます。

倉庫管理:

保管整理、注文のピッキングと梱包、入出荷物流の管理などの倉庫業務を最適化します。

配送とフルフィルメントの統合:

さまざまな配送業者やサービスとの統合が促進され、配送ラベルの自動作成、コスト効率の高い配送業者の選択、出荷追跡が可能になります。

返品管理:

返品と交換の処理プロセスを合理化し、返品ラベルの生成、返品の追跡、返金または交換の背フルサービス処理の機能を提供します。

顧客関係管理 (CRM) :

顧客データの管理、顧客とのやり取りの追跡、顧客エンゲージメントとサービスの強化に役立ちます。

分析とレポート:

業務パフォーマンス、販売傾向、在庫の健全性、顧客の行動に関する洞察を提供し、情報に基づいた意思決定を支援します。

支払い処理と不正検出:

支払いの安全な処理と、不正な取引を検出および防止する機能が含まれます。

サプライヤーとベンダーの管理:

発注書の管理やサプライヤーのパフォーマンスの追跡など、サプライヤーとのコミュニケーションと取引を促進します。

マルチチャネル統合:

さまざまな販売チャネル間での操作の同期を可能にし、e コマース活動の統一されたビューと管理を提供します。

これらの機能を総合すると、コマース企業は業務を効率的に管理し、手動作業負荷を軽減し、顧客満足度を向上させることができ、最終的にはビジネスの成長と成功に貢献します。

さまざまな種類の e コマース運用ツール

Eコマースの運用にはさまざまなツールが必要になってきています、それぞれがオンライン ビジネス管理の特定の領域に対処するように設計されています。
さまざまな種類の e コマース運用ツールには次のようなものがあります。

在庫管理システム:

在庫レベルの追跡と管理、需要の予測、過剰在庫や在庫切れの防止に役立ちます。これは、複数の販売チャネルにわたって最適な在庫レベルを維持するために非常に重要です。

注文管理システム:

注文の受付けから履行、出荷までの注文処理サイクル全体を合理化するように設計されています。このシステムは多くの場合、注文管理を一元化するためにさまざまな販売チャネルと統合されています。

倉庫管理システム (WMS) :

保管組織、注文のピッキングと梱包、入出荷物流の管理などの倉庫業務の最適化に重点を置きます。

配送およびフルフィルメント ソフトウェア:

配送業者およびサービスと統合され、ラベル印刷、出荷追跡、料金比較などの出荷プロセスを自動化します。
日本ではWMSかOMSに付随していることが多いです。

顧客関係管理 (CRM) ソフトウェア:

顧客とのやり取りとデータの管理、顧客サービスの強化、顧客関係の維持に役立ちます

返品管理ツール:

返品と交換のプロセスを合理化し、返品リクエストの管理、返金処理、返品商品の補充を容易にします。

E コマース分析ツール:

販売データ、顧客行動、業務効率に関する洞察を提供し、データに基づいた意思決定を支援します。

支払い処理ソリューション:

トランザクション プロセスを処理して、支払いの安全かつ効率的な処理を確保し、多くの場合、不正検出機能が含まれます。

サプライ チェーン管理ソフトウェア:

サプライヤーとの関係、発注書管理、物流など、エンドツーエンドのサプライ チェーン プロセスを管理します。

E コマース プラットフォーム統合ツール:

さまざまな E コマース ツールとプラットフォームのシームレスな統合を可能にし、運用の一貫性と効率を確保します。

まとめ

オムニチャネルになればよりシステムは増えてきます。そしてシステムは顧客が変わっていくために、テクノロジー負債(連携のための開発コストや、運用コストの肥大化、未開発テーマなど)としても陳腐化していきます。それを解決するためには、MACH対応のヘッドレスコマースやコンポーザブルコマース対応のシステムを選定して運用することがこれからのベストな運用方法になります。

SaaSでの提供がされていて、月額固定費+従量課金のリカーリングで費用が発生するために、SaaS疲れ貧乏になる傾向があります。
そのためには、業務プロセスの改善だけではなく、要らないデータは捨てる、顧客もサンセットルールを作成してデータから削除するなどは必須になります。

システムもサイト検索などの機能とマーケティングオートメーションの機能の2つのサービスを1つにしたり、他のシステムの方が顧客体験とスタッフオペレーションに適しているので既存システムの顧客分析機能は使わないなどの絶え間ない決断で保守費用などの削減活動が必要になります。