吉村 典也
吉村 典也

日本の製造業を強くするためのコンサルティング会社、外資システム会社などを経て、通信販売(ダイレクトマーケティング)、Eコマースの事業運営・CRM/購買体験購買後体験)運用・フルフィルメントサービス運用のアドバイザーとして、CS&BPOセンター(CX設計・運用からシステム設計・運用まで)の新規立上・受託までを担ってきた。通販基幹システム・Eコマース・オムニチャネル/OMO・CRM+MAシステムのマーケティングセールスから、業務設計・運用までをコマース・小売事業会社ととも一緒にアクション&グロースしてきた。

PIM とは ファッション ブランドが製品データを効率的に管理する方法

D2C DNVB DTC EC eコマース PIM オムニチャネル オムニチャネルコマース

PIM とは ファッション ブランドが製品データを効率的に管理する方法

ファッション業界は現在、大きな変化を迎えています。競争圧力が高まり、売上は地元のリアル店舗からファッションプラットフォームへとますますシフトしています。ごく最近では、特にコロナ危機によりオンライン取引が大幅に増加しました。ブランドが過小評価すべきではないファッション e コマースのトップ トレンドです。

Eコマースの重要な成功要因の1つは、意味のある一貫した商品情報です。しかし、さまざまなチャネルでの商品データの維持は、ダイナミックなファッション業界にとって特に大きな課題となることがよくあります。

効率的な商品データ管理とそのための適切な IT 基盤が役に立ちます

ユニファイド コマース: ファッション e コマースの未来
ファッション業界では最新性が重要な役割を果たしています。
急速に変化するコレクションやトレンドでは特に必要とされます。

今日、顧客はさまざまなチャネルで買い物をしており、 販売の可能性を最大限に活用するには、ブランドを関連するすべてのプラットフォームで表現する必要があります。すべてのタッチポイントで一貫性と均一なショッピングエクスペリエンスに対する顧客の期待に応えるためには 、バックグラウンドでのすべてのプロセスがスムーズに機能する必要があります。

その理想的な基盤は、すべてのビジネス プロセスと販売チャネルがコマースプラットフォームを介して制御されて、ワー​​クフローが自動化される最新の IT 構造によって作成されています。

持続可能なデジタルのキーワードも流行っている「ユニファイドコマース」です。

一元管理された商品管理と商品データ管理は、未来のデジタルコマースへの第一歩を表しています。

商品・製品データに関する要件とは

よく管理され、包括的で魅力的な 商品コンテンツがオンライン小売においてますます重要な役割を果たしています。企業は自社とその商品を全力でアピールすることがますます求められています。
オンラインで購入する場合 、顧客は実際に商品を確認することはできません 。
たとえば、アパレル・ファッションでは試着することはできません。購入を決定するには、アパレルブランドが提供する情報に依存する必要があります。オフラインでの購入も、デジタル体験やインターネットでのリサーチの影響を受けることが増えています。

商品データの役割と機能

  • 常に最新の状態:
    特にファッションなどの変化の速い分野では、商品とその属性は どこでも 迅速かつ簡単に更新できる必要があります。
  • 常に一貫性を保つ:
    今日の消費者はさまざまなチャネルを使用し、 すべてのタッチポイントで均一な情報を期待しています。
  • 常にブランドに忠実であること:
    さまざまな要件や仕様にもかかわらず、総合的なショッピング エクスペリエンス とロイヤルティを生み出すために、商品情報はすべての販売チャネルでの ブランド アイデンティティと一致する必要があります。

PIM : アジャイルな商品データ管理の基盤

デジタルコマースのための将来性のある IT エコシステムの中核の1つを形成しています。 なぜなら、 急速に変化する商品や販売プラットフォームの数を追跡したい場合は、 商品データを維持するためのシステムが必要になるからです 。
最新の製品情報管理 (PIM:Product Information Management)を使用すると、製品データを一元的に 収集、編集、出力 できます。

持続可能なユニファイドコマースの基盤としてお客様をサポ​​ート

データハブと組み合わせると 、製品データ管理が非常に効率的になります。 その柔軟なデータモデルにより、複雑で多様なデータをマッピング、変換し、外部システムや販売チャネルにAPIで送信することができます。
PIM との接続により、 自社のオンライン ショップから国際市場や輸入・輸出貿易に至るすべての販売チャネルの製品データを一元的に維持および管理することが 容易になります。オムニチャネルコマースが何倍も簡素化され 、 コストが節約されます。

PIMと統合された e コマース プラットフォームを使用するメリット

  • さまざまな販売チャネルでの効率的なデータ連携
  • 調整作業の軽減:
    別のチャネル または Excel リストで 製品データを手動で作成および移動する必要がなくなります。
  • 製品情報の整理と更新の時間を節約
  • すべてのプロセスに単一システムを使用することで複雑さを軽減
  • ブランドショッピング体験
    すべてのタッチポイントにわたる一貫したブランドに忠実な情報による、総合的な 顧客アプローチと均一なショッピング体験

まとめ

富士ロジテックホールディングスは すでに大手ファッションブランドと協力して、オムニチャネルフルフィルメントサービスを運用提供しています。
ファッション業界のデジタル化を成功させた専門家です。将来性のあるプラットフォームは 、ファッション分野での効率的なオムニチャネルコマース、e コマース向けに設計されています。
すべての販売チャネルと既存の IT の迅速かつ簡単な接続などをサポートして、包括的なERP機能への対応もしています。理想的なフルフィルメント(物流代行・発送代行・RaaS倉庫運用・返品交換リバースロジスティックスなど)ソリューションを提供します。重要な取引プロセスを最適化するために課題がありましたら、お気軽にご相談ください。

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

吉村 典也

監修者

アドバイザー

吉村 典也

日本の製造業を強くするためのコンサルティング会社、外資システム会社などを経て、通信販売(ダイレクトマーケティング)、Eコマースの事業運営・CRM/購買体験購買後体験)運用・フルフィルメントサービス運用のアドバイザーとして、CS&BPOセンター(CX設計・運用からシステム設計・運用まで)の新規立上・受託までを担ってきた。通販基幹システム・Eコマース・オムニチャネル/OMO・CRM+MAシステムのマーケティングセールスから、業務設計・運用までをコマース・小売事業会社ととも一緒にアクション&グロースしてきた。
大手通販グループの「単品リピート(サブクリプション)/通販基幹CRMシステム」外販・導入サポート業務を通じて出会った事業者とのコミュニケーションを通じて、まだまだ、日本のDNVB・D2C(DTC)ビジネスにはチャネルとしてではなく、「顧客中心」としてのホネストビジネスとして、再成長の可能性、未知のカテゴリー、オムニチャネルコミュニケーションからのオムニチャネルコマース体験がある、それを支えるコマース事業者のインハウス化が必要であること、そして柔軟に迅速にその業務を支持・運用できる、MACHコンポーザブルタイプのシステムを広めることが大切と確信しつつ、1社でも多くの30億、100億円事業にグロースするためのアドバイス・サポートを提供している。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

ユニファイドコマース向けAI活用ガイド
ユニファイドコマース向けAI活用ガイド
AI は、ある規模の組織内で少なくとも完全に機能していると言われています。しかし、小売業の経営幹部は、進化するAIの状況についていくのは難しいと感じています。近年、ユニファイドコマースやeコマースチームは、新しい顧客の好みに適応して、...
続きを読んでみる
返品から再販へ:リコマースフルフィルメントのポイント
返品から再販へ:リコマースフルフィルメントのポイント
リコマースとサーキュラーエコノミーは、先進的なブランドの持続可能性と収益性を推進する極めて重要な概念として注目を浴びています。リコマースとは、中古品を購入、再生、再販し、ライフサイクルを延長して、環境への影響を軽減しつつ、収益を向上さ...
続きを読んでみる
キャッシュバックでロイヤリティをアップするポイント
キャッシュバックでロイヤリティをアップするポイント
キャッシュバックリワード報酬でロイヤリティを向上させるガイド 割引クーポンコードを捨てて、リピート購入を増やし、メンバーシップとロイヤルティプログラムの基盤にして収益性をアップする時です。 ユニファイドコマース、オムニチャネルコマース...
続きを読んでみる
顧客紹介プログラムの作成方法 101
顧客紹介プログラムの作成方法 101
それはただの普通の日常として始まります。あなたは睡眠からさめ、起き上がり、Instagramアプリを開いてスクロールを開始します。しかし、すぐに友達の最新のアパレルでのシーンが表示されます、フィードの他のものには何も関心が移りません。...
続きを読んでみる
カスタマーレビューにリワードを提供して収益をアップする
カスタマーレビューにリワードを提供して収益をアップする
セールスサイクル全体を通してカスタマーレビューの力を活用します レビューは購入サイクルにおいて大きな役割を果たしています。購入者に信頼感を与え、ファネルの認識、検討、意思決定の段階を通じて信頼を高めてくれます。それらがなければ、売上の...
続きを読んでみる
リワードプログラムを開始するための5ステップ
リワードプログラムを開始するための5ステップ
あなたのコマースストアー・リアル店舗には多くの競争があります。Shopifyだけでも800,000以上のeコマースストアがあり、何を販売していても、それと同じ商品を販売している人(おそらく何百人もの人)がいます。競合他社に誘われる前に...
続きを読んでみる
ブランドロイヤリティのためのリワードプログラム
ブランドロイヤリティのためのリワードプログラム
eコマース業界で最も強いトレンドは、オンラインのパーソナライゼーションです。パーソナライゼーションは、サイトのデザインだけでなく、ブランドが顧客と対話する方法に関係します。顧客の行動パターン、購入率などです。それは、ブランドは、収益に...
続きを読んでみる
儲かるギフトカードプログラム
儲かるギフトカードプログラム
顧客があなたから商品を購入してほしいと頼み、この特定の商品があなたのストアでの追加購入につながる傾向があることをご存知ですか。あなたはその機会をどう活かしますか。さて、その商品と購入体験とは‥‥ それは、店舗オリジナルの「ギフトカード...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー