吉村 典也
吉村 典也

日本の製造業を強くするためのコンサルティング会社、外資システム会社などを経て、通信販売(ダイレクトマーケティング)、Eコマースの事業運営・CRM/購買体験購買後体験)運用・フルフィルメントサービス運用のアドバイザーとして、CS&BPOセンター(CX設計・運用からシステム設計・運用まで)の新規立上・受託までを担ってきた。通販基幹システム・Eコマース・オムニチャネル/OMO・CRM+MAシステムのマーケティングセールスから、業務設計・運用までをコマース・小売事業会社ととも一緒にアクション&グロースしてきた。

MACHとは オムニチャネル・Eコマースでのメリット

MACHとは オムニチャネル・Eコマースでのメリット

コスト効率、適応性、優れたショッピング体験 - これらは多くの小売業者やブランドの目標です。

それは、IT エコシステムをよりオープンで機敏で競争力のあるものにするためのソフトウェア開発からの最新のアプローチである MACH 原則によって可能になります。

MACH アプローチは、特に現代のEコマース:電子商取引において、主要な IT コンセプトに発展しています。
これは、厳格でモノリシックな従来のEコマース:電子商取引システムや、通販基幹システムの境界を打ち破って、真に柔軟なモジュール式ソフトウェア環境を作成してくれます。小売業者にとって、これは何よりも重要なことの 1 つを意味してます。それは、新しい顧客の要求に超高速で対応して、常に競合他社の一歩先を行くことです。

この包括的なガイドでは、MACH 原則の頭字語の意味と各コンポーネントのメリットについて説明します。

モノリシックEコマース・通販システムの問題

硬すぎる、柔軟性に欠ける、複雑すぎる - 今日、モノリスはすぐに限界に達しています。さらに、今日の顧客は、どこから、どのデバイスからでも、常にポジティブでパーソナライズされたショッピング エクスペリエンスを期待しています。
これは、B2C セクターと B2B セクターの両方に当てはまります。特に後者の場合、小売業者は顧客の長い購買行動の移動により、複雑なソフトウェア ソリューションでは克服するのが難しいというハードルに直面していることはよく知られています。

大まかに翻訳すると、モノリスという用語は「単一の石」を意味し、フロントエンド (Web サイトまたはアプリのユーザー インターフェイス、つまり実際に表示されるすべてのもの) とバックエンド (Web サイトの背景領域など) というかさばるショップ システム アーキテクチャを非常によく表している言葉です。データ処理を技術的に分離することはほとんどできません。
その結果として、新しい販売チャネルの開発は困難になり、顧客エクスペリエンスは一貫して低下して、システムが企業の成長を遅らせます。

しかし、市場で良いチャンスを得たいのであれば、増大する顧客の要求に迅速に適応する必要があります。

MACH 原則: MACH アプローチの 4 つの要素

近年の多くの事柄と同様、小売業も新しいテクノロジーによって革命を起こしています。
MACH 原則に基づいて、特に大規模な IT プロジェクトをより効率的に、より短期間で実装できます。

MACH は、マイクロサービス、API ファースト、クラウドネイティブ、ヘッドレスの 4 つの原則を表す頭字語です。

MACH 原則は、MACH アプローチの基礎を形成します

MACH アプローチは、企業の IT 環境をより柔軟かつ拡張可能にし、さまざまなシステムや機能の統合を促進することを目的としたソフトウェア開発のアプローチです。

MACH は小売業においても大きなメリットをもたらします。MACH 原則のおかげで、メーカー、小売業者、ブランドは IT システムをモジュール式の競争力のあるエコシステムに変換することができます。

MACH Alliance: 先進的な IT エコシステムの先駆者

MACH 原則に特に熱心に取り組んでいる団体の 1 つがMACH Allianceです。MACH 原則に基づいてオープンで未来志向の IT エコシステムを推進する現代テクノロジー企業のグループによって 2020 年に設立されました。彼らの目標は、レガシー インフラストラクチャから MACH ベースの IT エコランドスケープへの移行に取り組む企業をサポートすることです。

MACH Alliance は現在 70 社以上で構成されています。すべてのメンバーは、オープンで将来性のあるデジタル ソリューションを推進する認定テクノロジー企業です。

  • M -Microservices・マイクロサービス:
    独立して開発、展開、管理されるビジネス機能の個々の部分
  • A - API-first・API ファースト:
    すべての機能が API を通じて公開されます。
  • C - Cloud-native SaaS・クラウドネイティブ SaaS:
    ストレージやホスティングを超えて、柔軟なスケーリングや自動更新など、クラウドを活用します。
  • H - Headless・ヘッドレス:
    フロントエンドのプレゼンテーションはバックエンドのロジックやチャネル、プログラミング言語から切り離されており、フレームワークに依存しません。

企業が厳格なシステムから柔軟な MACH ベースの IT ソリューションに切り替えるのを支援します。私たちが日本で推奨するデジタル オペレーション プラットフォーム Lexicaは、小売業向けの最も革新的で柔軟なデジタル オペレーション プラットフォームの 1 つです。

1. MACH とマイクロサービス: 新しい機能、新しいタッチポイント、新しい可能性

マイクロサービスは、Eコマースプラットフォーム上の小さな独立したソフトウェア アプリケーションです。各マイクロサービスは特定の機能を担当し、他のマイクロサービスとは独立して更新、スケーリング、または置き換えることができます。

これらのマイクロサービスをまとめると、ショッピング カート、チェックアウト、ニュースレターなど、パッケージ ビジネス機能 (PBC) とも呼ばれるEコマースプラットフォームの個々のモジュールが形成されます。

「ミックス アンド マッチ」の原則に従って、マイクロサービスにより、Web サイト、オンライン ショップ、さらにはソーシャル メディア ソリューションをカスタマイズして編集することができます。これらのモジュール式の自己完結型アプリケーションは個別にさらに開発できるため、多くの場合、新しいオンライン機能を数日以内に実装できます。

MACH 原則のメリットを適切に次のように要約してみました。
コストが低いので、それが機能しない、しなくなった場合は単純に破棄します。成功すればさらに展開できます。「それが MACH の面白いところです。多くの可能性をもたらしてくれます。」

この機敏性は、ソーシャル メディアを介したフラッシュセールであろうと、企業がチャットボットや音声アシスタントを導入しようとしているのかに関係なく、新しい機能を単純に試すための理想的な条件を作り出してくれます。

2. API ファースト: 通信を成功させるための MACH 原則

API とも呼ばれるアプリケーション プログラミング インターフェイスは、ソフトウェア開発における個々のアプリケーション間のインターフェイスを記述します。API は異なるシステム間のブリッジであり、均一な通信を実現するためにデータの高速かつ安全な交換を制御します。

タブレットやスマートウォッチから車内の音声アシスタントに至るまで、ほぼすべてのデバイスを接続して相互に通信できます。

したがって、API は現代のEコマースとオムニチャネルコマースにおける重要な機能です。これにより、市場の変化に電光石火で対応して、さまざまなエンドデバイスを接続することで新しい販売チャネルを開拓することが可能になります。

make-principles-api-first MACH 原則「API ファースト」はさらに一歩進んでおり、Eコマースプラットフォーム全体が API インターフェイスを介して通信するため、IT エコシステム内のさまざまなアプリケーション間で統一言語が可能になります。

開発チームはこの点に特に満足していることになります。「API ファースト」は構造化された作業方法を促進して、新機能の開発を加速して、市場投入までの時間を短縮してくれます。

API とマイクロサービスの統合により、これらのスタンドアロン アプリケーション間の柔軟で安全な通信が可能になります。API のおかげで、すべてのタッチポイントと販売チャネルで個別に調整して実行できます。
結果として、カスタマー ジャーニー全体にわたって、顧客にシームレスなショッピング エクスペリエンスを提供します。

3. MACH とクラウドネイティブ: クラウドでの柔軟性と拡張性

クラウドネイティブとは、クラウド環境でアプリケーションを開発・運用することを指しています。ただし、これは場所だけの問題ではなく、基礎となるメソッドとソフトウェア アーキテクチャの問題でもあります。

MACH 原則のコンテキストでは、クラウドネイティブのアプローチは、他のすべてのコンポーネントがその可能性を最大限に発揮できるようにサポートしてくれます。マイクロサービスが効率的に動作し、API に簡単にアクセスでき、ヘッドレス アーキテクチャが最適にサポートされる、柔軟でスケーラブルで回復力のある環境を提供します。

マッハ原理クラウドナティスクラウドネイティブ テクノロジーにより、小売業者はビジネス戦略、オファー、プロモーションを迅速かつ簡単に実装することができます。さらに、IT エコシステム全体は、繁忙期であっても、障害や過負荷を発生させることなく、柔軟に成長し、顧客の需要の増加に適応できます。

クラウドネイティブ テクノロジーは、膨大な量のリソースも節約します。ローカル デバイスや追加のサーバーはもう必要ありません。すべてが「クラウド エコシステム」の一部であり、クラウド自体で作成されるため、これによりコストが削減されます。

全体として、MACH のクラウドネイティブ原則により、小売業者はテクノロジーを気にせずにビジネスの成長と革新に集中できます。

4. MACH とヘッドレスコマース: フロントエンドとバックエンドの分離

自由に翻訳すると、ヘッドレスは「頭を失う」を意味し、関連するソフトウェア アプローチを明確に示しています。ヘッドレス アーキテクチャは、フロント エンドをバック エンドから分離します。

頭を失うということはかなりドラマチックに聞こえますが、ヘッドレス アーキテクチャはEコマースに多大なプラスの影響を与えています。

ここでマイクロサービスが再び活躍します。これらはヘッドレスと組み合わせてのみ潜在能力を最大限に発揮できるため、分離されたアーキテクチャにより、小売業者とブランドはさまざまなマイクロサービスを組み合わせて、カスタマイズされた e コマース プラットフォームを構築できます。
顧客は、このシステムをすべてのタッチポイントにわたる統一プラットフォームとして体験します。バックエンドは、顧客がエンドデバイスに気付かずにいつでも変更および最適化することもできます。

首なしになる比喩的に言えば、ヘッドレス プラットフォームは、スマートフォンやタブレットなどの任意の数のデバイス (フロント エンド) に接続する Bluetooth スピーカーにたとえるこもできます。基盤となるシステムに影響を与えることなくヘッドレス e コマース システムの UI を変更できるのと同じように、スピーカーを変更せずにデバイスを切り替えることができます。

何よりも、長い開発プロセスは過去のものになりました。ヘッドレスの柔軟性により、時間を無駄にしたり実装に遅れたりすることなく、すぐに行動して必要な変更を加えることができます。

5. MACH PLUS 原則: データ変換 + ローコード

ペースの速いEコマースとオムニチャネルコマースの世界では、効率が重要です。
MACH PLUS 原理は、データ変換の可能性とローコードのシンプルさを組み合わせることで、この効率を新たなレベルに引き上げます。

ローコード開発プラットフォームを使用することで、小売業者やブランドは、事前に構築されたモジュールを活用および拡張して、デジタル コマース プロセスを最初から最後まで設計できます。これは、ユーザー インターフェイスから注文処理に至るまで、シームレスな e コマース エクスペリエンスを作成する際の複雑さが軽減され、コストが削減されることを意味します。

MACH 原則とコンポーザブル コマース: 同じようで違う

企業は多くの場合、プロジェクトに適切な戦略とテクノロジーを選択するという課題に直面します。よくある誤解は、MACH 原則とコンポーザブル コマースの混同です。 この違いが企業にとってどれほど重要であるか、 Amplience の CTO で MACH Alliance メンバーであるJohn Williams 氏は、最近公開されたYouTube ビデオ「MACHLASH」

で次のように説明しています。
「MACH と Composable は互換性がないことを理解することが重要です。MACH は技術的なアーキテクチャ スタイルです。コンポーザブルはビジネス戦略です。後者により、企業はモジュール式の技術的に最高のコンポーネントを使用して市場の変化に対応できるようになります。」

MACH (技術的基盤) と Composable Commerce (戦略的方向性) の違いは、デジタル世界での企業の成功にとって重要です。両方のアプローチを組み合わせることで、技術的に健全でビジネスに柔軟性のある強力なソリューションが作成されるということです。

単にテクノロジーを導入するだけではなく、変更管理が重要です。おそらく私たちは皆、変革の旅を経験する必要があります。
経営陣を説得して、参加させて、一緒にこの未来に舵を切らなければならない時代です。

これを認識して活用する組織は、複雑で競争の激しい環境で成功するためのより良い備えを持つことになります。コンポーザブル コマースがビジネスにどのようなメリットをもたらすかについて詳しく別コラムで解説します。

まとめ

マイクロサービス、 API エンドポイント、クラウド テクノロジー、ヘッドレス コマース アーキテクチャによる俊敏性と柔軟性の組み合わせにより、カスタマイズされたコマース エクスペリエンスを作成するツールを提供してくれるプラットフォームを選択してください。追加の MACH+ 機能により、データ変換と開発プロセス全体が簡素化されます。

このプラットフォームは、中央ソリューションとしても、既存のモノリシックなレガシー IT システム上のスケーラブルなレイヤーとしても使用することができます。(古い通販基幹システムやERPに被せることができます。)このようにして、古いシステムであっても最新化して、競争力のあるEコマース・オムニチャネルコマース環境に統合することができます。

効率を高め、コストを削減し、顧客を喜ばせる優れたショッピング エクスペリエンスを生み出すことで、どのようにビジネスを変革できるかについてはいつでもご相談ください。

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

吉村 典也

監修者

アドバイザー

吉村 典也

日本の製造業を強くするためのコンサルティング会社、外資システム会社などを経て、通信販売(ダイレクトマーケティング)、Eコマースの事業運営・CRM/購買体験購買後体験)運用・フルフィルメントサービス運用のアドバイザーとして、CS&BPOセンター(CX設計・運用からシステム設計・運用まで)の新規立上・受託までを担ってきた。通販基幹システム・Eコマース・オムニチャネル/OMO・CRM+MAシステムのマーケティングセールスから、業務設計・運用までをコマース・小売事業会社ととも一緒にアクション&グロースしてきた。
大手通販グループの「単品リピート(サブクリプション)/通販基幹CRMシステム」外販・導入サポート業務を通じて出会った事業者とのコミュニケーションを通じて、まだまだ、日本のDNVB・D2C(DTC)ビジネスにはチャネルとしてではなく、「顧客中心」としてのホネストビジネスとして、再成長の可能性、未知のカテゴリー、オムニチャネルコミュニケーションからのオムニチャネルコマース体験がある、それを支えるコマース事業者のインハウス化が必要であること、そして柔軟に迅速にその業務を支持・運用できる、MACHコンポーザブルタイプのシステムを広めることが大切と確信しつつ、1社でも多くの30億、100億円事業にグロースするためのアドバイス・サポートを提供している。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

コミュニティ マーケティング 101 通販・オムニチャネルコマース
コミュニティ マーケティング 101 通販・オムニチャネルコマース
  コミュニティ マーケティングは、顧客との関係を構築および育成し、信頼とブランド ロイヤルティを構築することに重点を置いたマーケティングの一種です。一方通行のコミュニケーションとなるマーケティング キャンペーンを再定義しようとして...
続きを読んでみる
2024 ファッション e コマースのトップ トレンド
2024 ファッション e コマースのトップ トレンド
  2024 年のファッション e コマース、マーケットプレイス、パーソナライゼーション、オムニチャネルコマース、ソーシャル コマース、柔軟な支払いオプション、リコマース などが引き続き成長を促進するでしょうか。 Statista は...
続きを読んでみる
ロイヤルティ プログラムによくある 6 つの落とし穴とその解決方法 通販・オムニチャネルコマース
ロイヤルティ プログラムによくある 6 つの落とし穴とその解決方法 通販・オムニチャネルコマース
ブランドが何年も存在しているか、始めたばかりであるかにかかわらず、DNVBとその一カテゴリーDTCや、EC/eコマースビジネスには共通点が 1 つあります。それは、オンライン市場での競争に対する絶え間ないプレッシャーです。あらゆる規模...
続きを読んでみる
ダイナミックプライシング  通販・オムニチャネルコマース
ダイナミックプライシング  通販・オムニチャネルコマース
  ダイナミックプライシングは新しいコマース概念ではありません。何十年もの間、消費者は航空旅行や、チケット、接客業などの業界における需要主導の価格変動に慣れてきました。今日、小売業者が毎日 (または時間ごとに) 価格を上げたり下げたり...
続きを読んでみる
eコマースビジネスとしてクロスセルファネル 通販・オムニチャネルコマース
eコマースビジネスとしてクロスセルファネル 通販・オムニチャネルコマース
  Eコマース:電子商取引の企業が、常に新しい顧客を開拓することなく、どのようにして楽々と見えるように売上を伸ばしているのか疑問に思ったことはありますか。その秘密は、クロスセルとアップセルの技術を習得することにあります。調査では、e ...
続きを読んでみる
DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する Teaブランド
DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する Teaブランド
人工知能(AI)がeコマースに革命を起こす 好きか嫌いかは別として、AIはこれからも存在し続けるでしょう。ここしばらくの間、eコマースビジネスにとって便利なツールでしたが、2023年にはジェネレーティブAIが主流になり、その強力さを消...
続きを読んでみる
DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する ペット ビーガン ブランドリスト
DTC ブランド のマーケティング・CRMを探索する ペット ビーガン ブランドリスト
  ペットフードのイノベーションが成功する ペットフードの将来における重要なトレンドは、ペットフードのイノベーションが市場に定着することです。それは、新しい処方、サイズ、製品などです。 革新的な製品の成功ブランド全体の成長に役立ちます...
続きを読んでみる
アパレルブランドをマーケティングするガイド 2024
アパレルブランドをマーケティングするガイド 2024
  あなたのアパレルブランドの注目を集めたいですか? 「ハイ」ですよね。 アパレルブランドを効果的にマーケティングする方法を一緒に学んでいきましょう。ファッション業界のマーケティングには、的を絞った賢明な施策が必要な時代です。オンライ...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー