富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

ヘッドレス CMS プラットフォーム 通販・オムニチャネルコマース

CMS D2C DNVB DTC EC eコマース MACH オムニチャネル オムニチャネルコマース ヘッドレス
ヘッドレス CMS プラットフォーム

インターネットの誕生とスマートフォンの普及以来、デジタルコンテンツは私たちの社会に欠かせないものになりました。ブランドや企業にとって、フォーカスすべきものが記事、ビデオ、画像、ソーシャル メディアの投稿のどれにあるのかに関係なく、デジタル コンテンツの管理は大変な作業になっています。

ここでは、幅広いプラットフォームやアプリケーションにわたってコンテンツを効率的に管理および配信できる、コンテンツ管理システムについて説明します。
生産性の向上、コラボレーションの実現、コンテンツ配信の最適化におけるそれらの役割を検証します。

CMS・コンテンツ管理システムの概要

コンテンツ管理システム (CMS:Content Management System) は、記事から Web ページ、画像、ビデオなどに至るデジタル コンテンツを簡単に作成、整理、編集、公開できるプラットフォームです。

CMS は、大量のコンテンツをホストするアプリケーションの管理プロセスを簡素化してくれます。
コンテンツの更新と保守に伴う技術的な複雑さを処理し、開発者、マーケティング担当者、コンテンツ作成者がより効率的に連携できるようにします。CMS を使用すると、チームはコンテンツ作成プロセスを合理化し、より効果的にコラボレーションできます。

コンテンツ管理システムは、機能、アーキテクチャ、使用目的などのいくつかの要素に基づいて分類できます。コンテンツ管理システムのいくつかのカテゴリを確認してみましょう。

Web コンテンツ管理システム (WCMS)

Web コンテンツ管理システム (WCMS:Web Content Management System ) は、最も普及しているタイプの CMS です。
WCMS の主な目的は、Web サイトのコンテンツを作成、管理、公開することです。WCMS プラットフォームは、Web ページのデザイン、コンテンツの階層的な編成、および複数の寄稿者間のコラボレーションを促進するためのツールを提供します。

エンタープライズ コンテンツ管理システム (ECMS)

エンタープライズ コンテンツ管理システム (ECMS:Enterprise Content Management System ) は、広範囲かつ複雑なコンテンツ管理ニーズに対処する大規模組織向けに設計されています。
ECMS には、ドキュメント管理、記録管理、ワークフローの自動化、エンタープライズ検索機能などの機能が含まれています。ECMS プラットフォームは、組織の効率、コンプライアンス、情報ガバナンスの向上を目的としています。

デジタル資産管理システム (DAM)

デジタル資産管理システム (DAM:Digital Asset Management System) は、画像、ビデオ、オーディオ ファイルなどのデジタル資産の管理と整理に特化しています。
DAM は、メタデータ管理、資産のバージョン管理、権利管理、デジタル資産の簡単な検索と取得などの機能を提供します。

文書管理システム (DMS)

文書管理システム(DMS:Document Management System) プラットフォームは、主に組織文書の管理にフォーカスを当てています。
これらは、ドキュメント ストレージ、バージョン管理、アクセス コントロール、ドキュメント コラボレーション、およびドキュメント中心のワークフローのための機能を提供します。

ヘッドレスCMS

ヘッドレス CMS は従来の CMS とは動作が異なり、コンテンツ管理とコンテンツ表示が分離されています。開発者がコンテンツを取得し、さまざまなフロントエンド アプリケーションまたはデバイスに配信できるようにするコンテンツ API を提供します。

ヘッドレス コンテンツ管理システムとは

従来のモノリシック CMS アーキテクチャは、かつては Web 開発の標準でした。
しかし、ユーザーが Web サイト、モバイル アプリ、ソーシャル メディア、または TV オペレーティング システムを介してコンテンツを利用できるオムニチャネル エクスペリエンスの出現により、私たちは柔軟性とスケーラビリティの向上を求めていることになります。
これは、分離されたシステムまたはヘッドレス システムのみが提供できるものです。

つまり、ヘッドレス CMS (Headless Content Management System ) は、純粋にコンテンツをキャプチャして管理するために存在するコンテンツ キャプチャ プラットフォームです。
エンド ユーザー エクスペリエンス層は存在せず、コンテンツは API を通じて公開され、まったく異なる技術スタックを使用してエンド ユーザー エクスペリエンスを構築します。

なぜこの方向に進む必要があるのか​​と疑問に思うかもしれません。なぜヘッドレスなのか?

10 年前にはこれは必要ありませんでした。すべてのコンテンツはマーケティング Web サイトを中心としており、そこで取得したコンテンツはその 1 つのユースケースで単純に表示されました。現在、同じ内容のアプリケーションが無数に存在します。

そのコンテンツをキャプチャしてさまざまなチャネルに配信するには、中央の信頼できる情報源が必要です。そのため、ヘッドレス (API 駆動型) CMS が必要になります。ヘッドレス コンテンツ管理システムは、業界の今後の方向性と、今日のコンテンツが一般的にどのように作成および消費されるかを考えると理にかなっているシステムです。

CMSのデータ構造

モノリシック システムの構築は簡単でした。バックボーンは、まさにその言葉通りのことを実行する「見たものがそのまま得られる:What You See Is What You Get (WYSIWYG) 」エディターでした。
コンテンツを入力するだけで最終結果が表示されます。コンテンツとプレゼンテーションが 1 対 1 でマッピングされていました。ほとんどの場合、完成した構造のページを見て、同じ方法でコンテンツを編集しました。

前のセクションで説明および示したヘッドレス CMS アーキテクチャでは、プレゼンテーション層がデザイン、レイアウト、ユーザーエクスペリエンス-カスタマーエクスペエンスマネージメントの観点からどのように見えるかはわかりません。これはプラットフォーム固有のものであり、企業のブランディング、ガイドライン、またはデザイン システムが、ユースケースに基づいて決定するのに役立ちます。

コンテンツをキャプチャするときにプレゼンテーション層がどのように見えるかに依存できないということです。
このプロセスはより抽象的です。私たちはそれを構造化コンテンツの形で、そしてそれが実際にヘッドレスアプローチをどのようにするのかをもっと考える必要があります。

ヘッドレス アーキテクチャは開発者だけのものではありません。

構成可能なコンテンツをサポートすることで、編集者、マーケティング担当者、その他コンテンツを作成、更新、管理する人のワークフローが改善されます。

構成可能なコンテンツを使用すると、コンテンツの特定の構成要素のスキーマを記述することができます。
タイトル、説明、画像、画像説明、価格設定、在庫数量などを持つ製品のようなものを考えてください。これにより、あらゆるプレゼンテーション層で使用できる再利用可能な形式でコンテンツを記述することができます。

これは単なるコンテンツのコンテナではありません。

これを使用することで、個別の視聴者向けにコンテンツをパーソナライズしたり、特定のキャンペーン向けにコンテンツを再編成したり、モバイルエクスペリエンス 向けにコンテンツを削減したりすることができ、予測可能で将来性のある構造に含まれながら、将来的には究極の柔軟性が得られます。

ヘッドレス CMS を使用すると、さまざまなプラットフォームやデバイスでコンテンツを利用できます。

チームはお互いにそれほど依存していないため、共同作業が容易になります。この分離されたアーキテクチャにより、複数のチャネルにわたるコンテンツ豊富なアプリケーションを構築する際の柔軟性と拡張性が向上します。

ご参考までに、「ヘッドレス」という用語は、通常「ヘッド」として知られる Web サイトのフロントエンドを、通常「本体」として知られるバックエンドから切り離すという概念に由来しています。

ヘッドレス CMS の詳細

ヘッドレス CMS プラットフォームには主に 2 つのタイプがあります。

API ベースのヘッドレス CMS プラットフォームは、
API を通じてコン​​テンツを配信することを目的として構築されています。これらは、コンテンツ管理のためのユーザーフレンドリーなインターフェイスと、コンテンツ配信のための強力な API を提供します。

Git ベースのヘッドレス CMS プラットフォームは、
Git バージョン管理を使用してコンテンツを管理します。更新を Git リポジトリにプッシュし、CMS をトリガーしてコンテンツを更新することで、変更を加えることができます。

フレームワークにヘッドレス CMS を組み込むと、次のメリット・利点が得られます。

  • 柔軟性:
    コンテンツを複数のプラットフォームやデバイスに配信できるため、システムを再構築することなく、より幅広い視聴者にリーチし、新しいテクノロジーに適応できます。
  • カスタマイズ:
    組み込みのテンプレートやテーマに制限されることなく、UI をより詳細に設計およびカスタマイズできます。
  • パフォーマンスの向上:
    ヘッドレス CMS では、フロントエンド コンポーネントのレンダリングのオーバーヘッドが発生しないため、読み込み時間が短縮されます。
  • コラボレーション:
    開発者とコンテンツ作成者が独立して作業できるため、生産性と効率が向上します。
  • 将来性:
    ヘッドレス CMS は新しいテクノロジーと統合に適応でき、音声アシスタント、拡張現実、IoT デバイスなどの新しいテクノロジーとのシームレスな統合を提供します。
  • スケーラビリティ:
    ヘッドレス CMS アーキテクチャは、パフォーマンスに影響を与えることなく、大量のコンテンツ要求を処理し、さまざまなプラットフォームにコンテンツを分散できます。

これらの機能により、ヘッドレス CMS プラットフォームは、柔軟でカスタマイズ可能、スケーラブルなコンテンツ管理を実装するための一般的な選択肢となっています。

まとめ

経験則として、ヘッドレス CMS はコンテンツを整理、編集、作成するための直感的なインターフェイスを提供する必要があります。
また、コマースプラットフォームと連携して動作するコンテンツ配信用の堅牢な API も提供する必要があります

理想的なヘッドレス CMS は、動的でコンポーネント駆動型の性質を補完し、開発者がコンテンツを簡単に処理できると同時に、迅速で魅力的な Web サイト エクスペリエンスを提供できるものです。
MACHべースのコマースプラットフォームの強みと適切なヘッドレス CMS を融合することで、開発者は高度に構成可能で効果的で楽しい、美しい静的 Web ページを作成できます。

パフォーマンスを向上させたり、新しい機能を構築したりするために、新しい JS ライブラリを追加しています。

フロントエンドがより複雑になっていることは疑いの余地がありません。新しい JavaScript ライブラリやその他の依存関係をアプリに追加するときは、ユーザーが未知の問題に遭遇しないように、可視性を高める必要があります。

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

AI マーケティングオートメーション
AI マーケティングオートメーション
e コマース 、データ(小売データと DTC データ)、プロファイルのターゲティングがどのように連携できるかについてご一緒に考えていきましょう。 開始するまえに、オーディエンス スライスを確認してみてください。コマースプラットフォーム...
続きを読んでみる
カスタマーエクスペリエンスの最適化:知っておくべきことすべて
カスタマーエクスペリエンスの最適化:知っておくべきことすべて
今、顧客がe コマースサイト やモバイル アプリにたどり着いた瞬間から、生涯を通じて素晴らしい顧客体験を提供する必要があります。そうでなければ、顧客はイライラしてサイトやアプリを離れ、どこか別の場所に行ってしまうでしょう。カスタマーエ...
続きを読んでみる
ユーザー生成コンテンツ:統合する8つの説得力のある理由
ユーザー生成コンテンツ:統合する8つの説得力のある理由
ユーザー生成コンテンツ:User-Generated Content、なぜそれをあなたのブランドのコマースサイトに統合するのでしょうか。もしかしたら、ソーシャルユーザー生成コンテンツに関連する非常識な ROI エンゲージメント コン...
続きを読んでみる
ユーザー生成コンテンツ戦略:コンバージョンにつながる戦略を立てる
ユーザー生成コンテンツ戦略:コンバージョンにつながる戦略を立てる
UGC:ユーザー生成コンテンツと、UGC(User-Generated Content)がブランドにもたらすすべてのメリットについて聞いたことがあると思いますが、もちろん、正しく使用すればOKです。ソーシャルメディアでユーザー生成コン...
続きを読んでみる
コンバージョンにつながる商品レコメンデーションクイズのポイント
コンバージョンにつながる商品レコメンデーションクイズのポイント
買い物客は、オンラインである程度のパーソナライゼーションを期待するようになりました。 それがなければ、 コマースサイトでの買い物は不便なものになる可能性があります。顧客が確認するSKUが数十、数百、または数千ある場合があります。顧客が...
続きを読んでみる
コマースの商品レコメンデーションクイズの作り方
コマースの商品レコメンデーションクイズの作り方
アパレルブランド、ファッションブランド、ビューティブランドなどのコマース マーチャントにとって、商品レコメンデーションクイズは、新しい訪問者を引き付け、商品の発見を促し、リストを増やし、売上を伸ばすための優れた方法になりつつあります。...
続きを読んでみる
商品レコメンデーションクイズでEコマースサイトを成長させる
商品レコメンデーションクイズでEコマースサイトを成長させる
オンラインショッピングにより、人々はこれまで以上に多くの種類のより多くの商品に簡単にアクセスできます。理論的には、顧客にとって完璧な商品は常に数回クリックするだけで手に入ります。しかし、自分の完璧な商品が何であるか正確にわからない場合...
続きを読んでみる
商品レビューを活用してコンバージョン率を向上させる方法
商品レビューを活用してコンバージョン率を向上させる方法
新規顧客は、画面に点滅するネオンライト(バナー・GIF・ショート動画など)を置いても、商品がどれほど優れているかを知りません。知ることができません。 では、どうすれば彼らにあなた、あなたの商品、そしてあなたのブランド・会社を信頼しても...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー