吉村 典也
吉村 典也

日本の製造業を強くするためのコンサルティング会社、外資システム会社などを経て、通信販売(ダイレクトマーケティング)、Eコマースの事業運営・CRM/購買体験購買後体験)運用・フルフィルメントサービス運用のアドバイザーとして、CS&BPOセンター(CX設計・運用からシステム設計・運用まで)の新規立上・受託までを担ってきた。通販基幹システム・Eコマース・オムニチャネル/OMO・CRM+MAシステムのマーケティングセールスから、業務設計・運用までをコマース・小売事業会社ととも一緒にアクション&グロースしてきた。

Eコマース向け ERP: 定義、機能、メリット(通販基幹システム) 通販・オムニチャネルコマース

D2C DNVB DTC EC ERP eコマース オムニチャネル オムニチャネルコマース 通信販売・通販 通販 通販基幹システム 通販物流

Eコマース向け ERP: 定義、機能、メリット(通販基幹システム)

今日の競争の激しいEコマース:電子商取引環境で販売事業者として成功するのは簡単ではありません。
魅力的で安価なオファーに加えて、効率的なプロセス、最適化されたプロセス、優れた顧客エクスペリエンスが特に重要です。
まさにここで、Eコマース・オムニチャネルコマース用の ERP システムが活躍します。

エンタープライズ リソース プランニング (ERP) システムは、在庫管理、注文処理、財務および顧客管理などの主要なビジネス機能を統合および管理します。
プロセスを合理化し、インサイト:洞察を可能にして、ビジネスの成長を促進する集中プラットフォームを提供することで、ビジネスのバックボーンを形成します。

このガイドコラムでは、オンライン小売・製造業者が運営上の課題を克服し、効率を高め、優れた顧客エクスペリエンスを生み出すために、Eコマース・オムニチャネルコマース用の ERP システムがどのように役立つかを確認していきます。
主な機能をメリットなどを説明して、さまざまな ERP ソリューションから、ERP システムとデジタル オペレーション プラットフォームの違いについて説明をします。

また、急速に変化するデジタル世界で俊敏性と競争力を維持するための最新のヘッドレス ERP システムの重要性についても説明していきます。

ERPシステムとは

ERP システムは、さまざまな業務機能や部門を統合し、スムーズな連携とビジネス プロセスの効率向上を可能にする統合プラットフォームです。

Statista は、世界のクラウド ERP ソフトウェア市場は 2025 年までに 13% の CAGR に達し、その規模は 405 億米ドルに達すると予測しています。このことからも、企業が ERP システムを非常に重要視していることがわかります。これは小売事業者にとって、Eコマース・オムニチャネルプロセス専用に設計されたシステムの必要性を意味します。

ERP システムを使用することにより、Eコマースビジネスは、優れた効率、正確性、拡張性を実現できると言われています。
注文状況、在庫レベル、顧客情報などの重要なデータをリアルタイムで把握できるため、小売業者は意思決定プロセスを改善し、優れた顧客エクスペリエンスを提供できます。

Eコマースに合わせて調整された ERP システムは、オンライン小売業者にビジネス プロセスを効率的に管理するための包括的なソリューションを提供します。ERP システムを使用することで、企業は競争上の優位性を獲得し、動的なEコマース環境で持続可能な成長を達成することができます。

Eコマースにおける課題

e コマース ビジネスを成功させるには、多くの課題を克服する必要があります。注文管理:OMSからマルチチャネル+オムニチャネル販売に至るまで、e コマース小売業者は、すべてのビジネス プロセスの効率的な管理を必要とする複雑な小売環境に直面しています。
これらの課題を十分に理解することが特に重要です。

最大の課題の 1 つは、効率的な注文管理です。

調査によると、大多数の加盟店は、注文の精度の向上 (97% が、これは中程度または高い懸念事項であると回答)、顧客のニーズへの対応 (97%)、注文の迅速化に努めています。注文処理 (89%) し、さまざまな販売チャネルの処理方法を合理化 (85%) します。

成功しているオンライン小売業者は、顧客満足度を高め、顧客ロイヤルティ を高めるために、注文を効率的に処理して履行し、配達を追跡し、返品を管理する必要があることを知っています。Amazon、楽天、Yahooなどのマーケットプレイスの影響でもあります。

在庫管理も重要な課題です。

流通チャネルと注文量が増加するにつれて、必要な在庫レベルを維持することがますます困難になります。Eコマースの動的な性質により、シームレスなオムニチャネル運用が必要です。
小売業者は、オンライン マーケットプレイス、ソーシャル メディア、Web サイトなどのさまざまな販売プラットフォームにわたる販売を管理するために、統合システムとリアルタイムのデータ同期を必要としています。

これらの課題を克服することで、小売業者は業務効率と顧客満足度の両方を向上させることができます。これは最終的に売上高の増加と成長につながります。

EC向けERP:特徴

Eコマース ERP システムは、業務を合理化し、効率を向上させるために特別に設計された強力な機能セットを提供します。このセクションでは、e コマース ビジネスの成功に役立つ重要な機能を見ていきます。

  • 注文管理・Order Management System (OMS) :
    1 つの中央プラットフォームでさまざまな販売チャネルからの注文を効率的に処理および追跡できます。自動化された注文ワークフロー、リアルタイムの注文ステータス更新、配送業者とのシームレスな調整により、注文の履行が合理化され、予定通りの配送と顧客満足度が保証されます。
    コンポーザブルな注文管理:OMS とは

  • 倉庫管理・Warehouse Management System (WMS):
    Eコマースで成功するには、効率的な倉庫管理が不可欠です。ERP システムは、倉庫管理のための強力な機能を提供します。これにより、小売業者は最適な在庫レベルを確保し、過剰販売や空の棚を回避し、リアルタイム データに基づいた補充戦略を導入することができます。これにより、保管コストが削減され、商品の可用性が向上し、サプライチェーンの改善と効率化につながります。
    WMS 対 RMS 返品をマスターして収益化する オムニチャネル・Eコマースでのメリット

  • 顧客関係管理・Customer Management (CRM):
    ERP システムを使用すると、顧客関係を効果的に管理できます。一元化された顧客データにより、小売業者は顧客とのやり取り、好み、購入履歴に関する包括的な洞察を得ることができます。これにより、パーソナライズされたマーケティング キャンペーン、ターゲットを絞ったプロモーション、顧客ロイヤルティを促進し、さらなる購入を促す顧客サービスの向上が可能になります。

  • 会計・Accounting:
    Eコマースビジネスには財務の透明性と管理が不可欠です。ERP システムは財務管理を統合し、販売者がすべての収入、支出、その他の取引を正確に追跡できるようにします。自動請求、経費管理、財務報告などの機能により、会社の財務に関する詳細な洞察、キャッシュ フローの最適化、情報に基づいた意思決定が可能になります。

  • 製品情報管理・ Product Information Management (PIM):
    PIM ソリューションは、プラットフォーム全体で販売プロセスを合理化し、オムニチャネル販売に革命をもたらしました。PIM は、さまざまな Web サイトでエントリを作成および管理する代わりに、すべてのチャネルにわたって迅速かつ簡単に編集および更新できる中央の商品データ ハブを提供します。PIM ソリューションを使用すると、企業はさまざまな販売チャネルにわたる商品情報を管理する時間と労力を節約しながら、一貫して正確に行動できます。手動更新に別れを告げ、PIM システムを活用してシームレスなオムニチャネル販売を実現します。
    PIM とは ファッション ブランドが製品データを効率的に管理する方法

Eコマース向け ERP: 主なメリット

Eコマース用の ERP システムは企業に多くのメリット・利点をもたらします。業務効率の向上や在庫管理の合理化から、シームレスな注文処理やデータ主導の意思決定に至るまで、そのプラスの影響は計り知れません。

  • データの一元化:
    オンライン小売業者はデータを一元化し、事業運営のための単一の情報ソースを得ることができます。これにより、在庫レベル、注文状況、顧客データなどの重要な数値をリアルタイムで把握できるようになります。一元化されたデータにより、企業は情報に基づいた意思決定を行い、傾向を早期に特定し、マーケットの要件に迅速に対応できます

  • 効率の向上:
    自動化されたビジネス プロセスとワークフローにより、業務効率が大幅に向上します。データ入力、注文処理、在庫管理などの手動プロセスが自動化されます。これにより、手動によるデータ保守のエラーが減り、最終的には貴重な時間が節約されます。効率の向上により、注文処理が高速化され、生産性が向上し、運用コストが削減されます

  • 顧客エクスペリエンスの向上:
    ERP システムの主なメリットは、優れた顧客エクスペリエンスを実現できることです。顧客データの総合的な統合により、企業は顧客とのやり取りや好みの包括的な概要を把握できるようになります。パーソナライズされたマーケティング キャンペーン、ターゲットを絞ったプロモーション、顧客サービスの向上が可能になります。その結果、顧客満足度が向上するだけでなく、顧客ロイヤルティと維持率も向上します。

  • 収益性の向上:
    在庫レベルの最適化により、企業は保管コストを削減し、在庫切れを最小限に抑え、過剰在庫を回避できます。さらに、より正確な需要予測と在庫管理により、リソースの割り当てとコスト管理が向上します。ERP システムを使用すると、小売業者はデータに基づいたインサイト・洞察に基づいて収益性の高い販売チャネルを特定して使用し、プロセスを最適化し、価格設定と収益管理に関して情報に基づいた意思決定を行うことができます。

Eコマース用 ERP:導入の課題

ERP システムの導入には多くの課題が伴います。その範囲は、複雑な実装プロセスや統合の問題から、限られた最新化やスケーラビリティ、それに関連するコストにまで及びます。ただし、これらの課題をうまく克服することが重要です。

  • 複雑な実装:
    ERP システムの実装には、慎重な計画、広範なカスタマイズ (場合によっては不可能ですらあります)、部門間の広範な調整が必要です。
    これには、既存のプロセスの ERP システムへのマッピング、データ移行、新しいシステムの使用方法に関するスタッフのトレーニングが含まれます。また、実装が複雑なため、すぐに遅延やフラストレーションが発生する可能性があります。

  • 統合の課題:
    ERP システムを既存の IT インフラストラクチャに統合するのは難しい場合があります。
    互換性の問題、データ マッピング、システム間のシームレスなデータ フローの確保には、技術的な専門知識と慎重な統合計画が必要です。データの移行と異種システムの調整の必要性により、データの不整合が生じ、ビジネスが中断される可能性があります。

  • 変更管理:
    ERP システムでは、運用プロセスやワークフローの大幅な変更が伴うことがよくあります。
    スタッフは、新しいシステムがもたらす未知のことや学習曲線を恐れて、これらのイノベーションを拒否する可能性があります。抵抗に対抗し、シームレスな移行を確実にするには、新しい管理者向けの戦略、効果的なコミュニケーション、広範なトレーニングが不可欠です。

  • コスト:
    ERP システムの導入と継続的なメンテナンスには、多額のコストがかかる場合があります。
    ライセンス料、システムのカスタマイズ、トレーニング、インフラストラクチャの要件により、全体のコストと課題が増大します。

eコマース向けERPソリューションの種類

各ビジネスの具体的なニーズは大きく異なりますが、モジュール型Eコマース・オムニチャネルの時代には、適切なソリューションを選択する際に「最善の」アプローチをとる機会があります。さまざまな種類の ERP システムを詳しく見てみましょう。

  • オンプレミス ERP システム:
    従来の ERP システムは企業のサーバーにローカルにインストールされ、完全な制御を提供しますが、多額の先行投資と継続的なメンテナンスが必要です。これらのシステムを変えるのは困難です。

  • クラウドベースの ERP システム:
    これは、拡張性、柔軟性、どこからでもアクセスできるクラウドでホストされる ERP ソフトウェアです。大規模なハードウェア インフラストラクチャの必要性がなくなり、プロバイダーによる定期的な更新とメンテナンスが提供されます。

  • ハイブリッド ERP システム:
    ハイブリッド ERP は、クラウドベースのソリューションの柔軟性とオンプレミス システムの制御およびセキュリティを組み合わせます。

最新のヘッドレス ERP システムの 4 つのメリット

最新のヘッドレス ERP システムは、小売企業の課題に合わせて特別に調整されています。従来の ERP ソリューションとは異なる重要な機能を提供しています。

ヘッドレス ERP システムが成功裏に克服するそれぞれの課題を見てみましょう。

  1. データの一元管理
    データ処理に関連するデータの課題には厳しいものがあります。
    コマースプラットフォームの最新の集中型 ERP システムは、システムの中央データ ハブを使用してこの課題に対処するパターンがあります。
    DataHub としてプラットフォームの中心であり、すべてのモジュールと外部サービスがここでネットワーク化されていることです。この一元化されたアプローチにより、データのサイロ化が排除され、すべてのビジネス プロセスにわたって一貫性のある正確な情報が保証されます。関連するすべてのデータ ソースが単一のプラットフォームに統合されているため、Eコマース企業はビジネス プロセスの全体像を把握できます。

    たとえば、柔軟なデータ モジュールにより、抽出、変換、ロード (ETL) プロセスを介して、複雑なデータの自動マッピング、変換、および他のモジュールや外部システムへの転送が可能になります。この ETL 機能は、データ交換を最適化し、サードパーティ システムとの統合を促進し、すべての販売チャネルにわたる製品と注文の管理を改善します。

    データの一貫性、正確性、アクセス性を保証し、情報に基づいた意思決定を行うための信頼できる情報を企業に提供します。これにより、新しい市場や既存のシステムとのスムーズな統合が可能になり、運用の効率と柔軟性が促進されます。

  2. オムニチャネル オーケストレーション
    Omnichannel・新しいタッチポイントが存在感を生み出し、リーチを拡大しています。オムニチャネル小売の到来により、複数の販売チャネルをサポートする ERP ソリューションが不可欠です。
    小売業者は在庫、注文、顧客データを複数のチャネルにわたってシームレスに管理でき、一貫したパーソナライズされたショッピング エクスペリエンスを提供できます。

    オムニチャネル モジュールは、Web ショップやマーケットプレイスをプラットフォームに直接接続をしたり、集中管理を可能にします。

    • 製品情報は中央の PIM で一度作成され、チャネル全体に表示され、チャネルごとに簡単に調整できます。
    • 在庫レベルと注文はリアルタイムで同期され、包括的な概要が提供されます。
    • 自動化された ETL パイプライン(APIでの実装)は、各市場および接続されたシステムのデータを変換し、作業の重複を削減します。
    • マーケットプレイス経由で受け取った注文は、オンライン ショップからの注文と同じ方法で処理されます。ステータスと出荷情報は自動的に顧客に転送されます。

    すべてのプロセスが最適に統合され、オムニチャネル運用を効率的かつシームレスに実行できます。

  3. 簡単な最新化
    データ交換IT の最新化に対する従来のアプローチでは、複雑なプロジェクトで既存のシステムを完全に置き換えたり、古いシステムと新しいシステムの間の脆弱で維持が困難なポイントツーポイント接続に依存したりする必要がよくあります。

    対照的に、効果的なソリューションを提供しています。SAP R/3 や AS/400 などのレガシー システムを コマースプラットフォームにシームレスに接続して、継続的なデータ交換を保証します。このアプローチにより、IT の段階的な最新化と市場投入までの時間の短縮が可能になります。

    小売業者やブランドは、システム環境全体を再設計するのではなく、1 回統合するだけで在庫ソリューション全体を将来にわたって保証できます。これにより、コマースの未来への効率的かつスケーラブルな道が提供されます。

  4. 顧客体験の向上
    ERP ソリューションにより、企業は優れた顧客エクスペリエンスを生み出すことができます。企業がさまざまな個別のビジネス プロセスを 1 か所に統合​​してマッピングできるようにサポートします。ワークフローの実行ルールを定義することで、プロセスを継続的に最適化できます。

このアプローチにより、効率的な監視メカニズムも促進され、トラブルシューティングが容易になります。最適化されたプロセスにより、迅速な注文処理、より効率的な返品管理、および社内のあらゆる分野での顧客エクスペリエンスの向上が保証されます。

リアルタイム データ、個別のカスタマイズ オプション、高度な分析により、e コマース企業は顧客の行動についてより深い洞察を得ることができ、オーダーメイドのオファーを開発し、すべてのタッチポイントでシームレスな顧客エクスペリエンスを確保できます。これにより、顧客ロイヤルティと満足度が強化されます。

まとめ

課題を克服し、ERP システムの重要な機能を活用することで、オンライン小売業者は業務を合理化し、効率を高め、記憶に残る顧客体験を生み出すことができます。

長期的な成功には、適切な ERP システム (最新のヘッドレス アプリケーション) を選択することが重要です。柔軟性、拡張性、オムニチャネルの可能性により、企業は競争力を維持し、新しい市場条件に適応し、長期的に規模を拡大することができます。

最新のヘッドレス ERP システムをEコマースに使用する方法を知りたい場合は、お手伝いいたします。

私たちは最新のビジネス ソフトウェアについて明確なビジョンを持っています。企業は、制限なく成長、拡張、動的に適応する自由を持つべきです、そのすべてが最新の将来性のあるプラットフォームに基づいているべきです。

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

吉村 典也

監修者

アドバイザー

吉村 典也

日本の製造業を強くするためのコンサルティング会社、外資システム会社などを経て、通信販売(ダイレクトマーケティング)、Eコマースの事業運営・CRM/購買体験購買後体験)運用・フルフィルメントサービス運用のアドバイザーとして、CS&BPOセンター(CX設計・運用からシステム設計・運用まで)の新規立上・受託までを担ってきた。通販基幹システム・Eコマース・オムニチャネル/OMO・CRM+MAシステムのマーケティングセールスから、業務設計・運用までをコマース・小売事業会社ととも一緒にアクション&グロースしてきた。
大手通販グループの「単品リピート(サブクリプション)/通販基幹CRMシステム」外販・導入サポート業務を通じて出会った事業者とのコミュニケーションを通じて、まだまだ、日本のDNVB・D2C(DTC)ビジネスにはチャネルとしてではなく、「顧客中心」としてのホネストビジネスとして、再成長の可能性、未知のカテゴリー、オムニチャネルコミュニケーションからのオムニチャネルコマース体験がある、それを支えるコマース事業者のインハウス化が必要であること、そして柔軟に迅速にその業務を支持・運用できる、MACHコンポーザブルタイプのシステムを広めることが大切と確信しつつ、1社でも多くの30億、100億円事業にグロースするためのアドバイス・サポートを提供している。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

コンバージョンにつながる商品レコメンデーションクイズのポイント
コンバージョンにつながる商品レコメンデーションクイズのポイント
買い物客は、オンラインである程度のパーソナライゼーションを期待するようになりました。 それがなければ、 コマースサイトでの買い物は不便なものになる可能性があります。顧客が確認するSKUが数十、数百、または数千ある場合があります。顧客が...
続きを読んでみる
コマースの商品レコメンデーションクイズの作り方
コマースの商品レコメンデーションクイズの作り方
アパレルブランド、ファッションブランド、ビューティブランドなどのコマース マーチャントにとって、商品レコメンデーションクイズは、新しい訪問者を引き付け、商品の発見を促し、リストを増やし、売上を伸ばすための優れた方法になりつつあります。...
続きを読んでみる
商品レコメンデーションクイズでEコマースサイトを成長させる
商品レコメンデーションクイズでEコマースサイトを成長させる
オンラインショッピングにより、人々はこれまで以上に多くの種類のより多くの商品に簡単にアクセスできます。理論的には、顧客にとって完璧な商品は常に数回クリックするだけで手に入ります。しかし、自分の完璧な商品が何であるか正確にわからない場合...
続きを読んでみる
商品レビューを活用してコンバージョン率を向上させる方法
商品レビューを活用してコンバージョン率を向上させる方法
新規顧客は、画面に点滅するネオンライト(バナー・GIF・ショート動画など)を置いても、商品がどれほど優れているかを知りません。知ることができません。 では、どうすれば彼らにあなた、あなたの商品、そしてあなたのブランド・会社を信頼しても...
続きを読んでみる
コンバージョンと保持につながる6つの購入後ポストパーチェスメール Shopify
コンバージョンと保持につながる6つの購入後ポストパーチェスメール Shopify
購入後(ポストパーチェス)のメールは、メールマーケティングのハリーポッターです。日本では多くの場合、無視され、ほとんど注意を払わず、デジタルマーケティングの階段の下の戸棚にひっそりと仕舞われています。それでいても購入(購買)体験後のメ...
続きを読んでみる
コマースサイトナビゲーション:10のコンバージョンのヒントと成功例
コマースサイトナビゲーション:10のコンバージョンのヒントと成功例
コマースサイトのナビゲーションは、訪問者(将来の顧客とロイヤルカスタマーへの醸成顧客)のエクスペリエンスを左右する可能性があることがよく知られています。論理的で明確に定義された構造なしでコマースサイトをナビゲートしようとすると、地図も...
続きを読んでみる
コマースサイトにInstagramフィードを埋め込んでAOV・CLVをアップする方法
コマースサイトにInstagramフィードを埋め込んでAOV・CLVをアップする方法
オンラインで存在感を示している人は誰でもInstagramに載っていますが、それには正当な理由があると言われています。 インスタグラムでのブランドや企業は、毎月6%〜8%のフォロワー増加が見られているようです。そして、人々がすでにIn...
続きを読んでみる
ソーシャルメディアをコマースサイトに統合する方法
ソーシャルメディアをコマースサイトに統合する方法
ソーシャル メディア をe コマースサイトに統合する方法、Webサイトにソーシャルメディアを組み込むさまざまな方法、などを探っていきます。 通販・オムニチャネルコマース商品の販売に関しては、ソーシャルメディアをWebサイトに統合する必...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー