西間木 智
西間木 智

物流会社で20年経験しD2C EC スタートアップから中規模、大規模のeコマース事業者へフルフィルメントサービスの提供や物流の見直し・改善、スピード配送、複数拠点展開を設計して提唱している。 事業者様の売上貢献するために 「購買体験」 「リピート施策」 「Unboxing」 やOMO対応での「オムニチャネル」 「返品交換物流」 を提案し、事業者と常に伴走して最新の物流設計を試みる。

棚卸とは?棚卸の手法やミスをしやすい理由とは

物流代行 発送代行

棚卸とは在庫品を一定期間ごとに数量を確認することです。在庫管理をするためには、正確な棚卸をおこなう必要があります。しかし、棚卸するべき物品が多くある場合は、時間がかかりすぎたり、担当者に負担がかかりすぎたりするためミスが増える可能性があります。

そこで棚卸には在庫管理システムを使うことが一般的です。在庫管理システムを活用することによって、ヒューマンエラーを減らすだけでなく業務効率化や人件費を始めとしたコスト削減につなげられます。

棚卸とは

棚卸とは、店舗や企業において保有している商品や原材料などを調査することです。棚卸は、在庫数を正確に把握するためにおこないます。棚卸をすることで在庫管理業務の効率化や財務面の改善にもつながるのです。在庫は企業の資産であり正確な在庫数を把握することはビジネスの成功に欠かせないため、棚卸を定期的におこなうことが重要です。

棚卸には次のような目的があります。

  • 在庫数を正確に把握すること
  • 在庫管理の効率化
  • 棚卸をするべきタイミング

在庫数を正確に把握すること

棚卸の目的は、在庫数を正確に把握することです。在庫は、企業にとって大きな資産であり、正確な在庫数を把握することはビジネスの成功に求められます。定期的におこなうことで在庫数を確認し実際の数と記録のズレを修正でき、在庫の過剰や欠品などの問題を避けることが可能です。

在庫管理の効率化

棚卸は在庫管理を効率化するためにも有効です。在庫は企業の資産であり、最適な在庫管理をおこなうことはコスト削減や顧客満足度の向上につながります。棚卸をおこなうことでどの程度の在庫があるかを明確に把握することで、過剰在庫や欠品状態を防止できます。さらに、商品の回転率を把握し在庫の滞留期間を短縮することが可能です。

棚卸をするべきタイミング

定期的な棚卸をおこない、在庫の状況を把握することが大切です。具体的には、年末の年次棚卸や季節商品の販売期限前など、販売計画に応じておこなうことが推奨されます。さらに、商品の取扱いが終了した場合や売れ行きの悪い商品なども棚卸対象とすることで、在庫の見直しが可能です。

棚卸の手法

在庫を管理する方法には、タグ方式とリスト方式があります。小規模な企業や少量の在庫を持つ企業には、タグ方式が適していますが、在庫数が多く複雑な場合は、リスト方式がもっとも適しています。リスト方式は、正確で効率的な在庫管理を実現できるため、企業の財務状況を正確に把握できます。

タグ方式

タグ方式は在庫管理が簡単かつ初期投資が低いため、小規模な企業や少量の在庫を持つ企業に適しています。しかし、在庫が多く複雑な場合、タグが紛失したり商品の取り違えが起こる可能性があるため正確性が欠けるといった欠点があるのです。

リスト方式

リスト方式では在庫をリストアップするための一覧表を作成し、在庫数や単価、仕入価格を記録できます。この方法は在庫の種類や数量が多い場合でも、効率的に管理できるため人的ミスや漏れのリスクを低減できます。さらに、在庫数が少なくてもリスト方式は、棚卸し作業をスムーズに進めることができるため業務効率化につながります。

棚卸でミスが発生する理由

棚卸でミスが発生する理由として次のような点が挙げられます。

  • 商品の取り置き状態
  • 記録もれ

商品の取り置き状態

取り置きとは商品は既に出荷され、売上が計上されたというデータがあるにもかかわらず、実際にはお客様が受け取るまで倉庫に保管されている状態です。取り置きをおこなわずに現場の混乱を避けるべきですが、企業によってはむずかしい場合もあります。取り置きをする場合は棚卸し時に在庫の差異が生じないような工夫が必要です。

記録もれ

在庫が減る原因には、出荷以外にもサンプルとしてお客様に渡したり庫内作業で破損したりする場合があります。このような場合、企業ではどのように在庫管理をするのかルールを決めておくことが必要です。特に商品が破損した場合、作業員が報告を怠り勝手に廃棄してしまうこともあるためルールを改めて徹底することが求められます。

在庫管理システムの種類

在庫管理システムを活用することで棚卸の手間やミスを軽減することが可能です。在庫管理とは、商品が入荷から出荷されるまでの過程で、どの商品がどれだけ在庫にあるかを適切に管理することを指します。

在庫管理では在庫数だけでなく商品の品質も重要です。在庫管理システム(WMS、Warehouse Management System)は、在庫管理に必要な情報をデジタル化して管理するツールです。在庫管理システムを使うことで、リアルタイムで商品の出入りや在庫数を確認でき、在庫切れや過剰な在庫を回避し、機会損失を防止することができます。

在庫管理システムには次のようにさまざまな種類がありそれぞれに特徴があります。

  • クラウド型
  • オンプレミス型
  • オーダーメイド型
  • パッケージ型
  • セミオーダーメイド型

クラウド型

クラウド型とは、Web上に作られたシステムを活用することから低コストで導入できる場合が一般的です。システムの提供会社がアップデートや保守をおこなうため、手間やコストを低減できます。しかし、カスタマイズできる範囲はオンプレミス型やオーダーメイド型よりも狭くなります。インターネットに接続できなくなると使用できなくなるリスクがあるので、注意が必要です。

オンプレミス型

オンプレミス型とは、自社内で在庫管理システムを構築することです。自社サーバーを使用するため、企業の業務や商品にあったカスタマイズをできシステムを自由に構築できます。しかし、システムの保守や運用にはコストがかかり、時間や労力も必要です。さらに、システムのアップグレードやアップデートをおこなう場合専門知識が求められます。

オーダーメイド型

オーダーメイド型は、企業のニーズに合わせて、自社のシステムを作成する方法です。自社に必要な要素を加えやすいため、顧客管理システムやハンディターミナルなどの機能を追加することも可能です。しかし、初期コストが高額になる点やシステム提供会社とのコミュニケーション不足で、要望どおりのシステムにならない可能性があります。自社の業務内容を明確にしシステム提供会社とのコミュニケーションを密にすることが重要です。

パッケージ型

パッケージ型は、自社のパソコンにソフトウェアをダウンロードして利用する方法です。自社のパソコンでのみ利用できるため、小規模な企業に向いています。そのため、コストや手間が少なく抑えられます。

セミオーダーメイド型

パッケージ型に必要な要素に加え自社に必要な要素を付け足すことが一般的です。必要のない機能を付け足さないためコスト削減につながります。機能をシンプルにすることで新しい従業員でも使いやすくなるメリットもあります。

富士ロジテックの在庫マネジメント

自社がどれだけ商品を持っているかを正確に把握することは、拡大するビジネスにとって重要です。しかし、サプライチェーンが複雑化するにつれ、在庫管理がむずかしくなることがあります。富士ロジテックが提供するサービスでは、過剰な在庫や在庫が偏っている場合に悩んでいる企業に対して、在庫分析をおこない適切な在庫管理の方法や物流体制の改善案を提案するほか在庫の問題をトータルでサポートできます。

富士ロジテックのシステム

富士ロジテックが提供するFENICS(Fujilogitech Enterprise Information Core System)は、在庫管理やサプライチェーン全体の情報を統合管理する基幹システムです。多くの経験をもとに、ユーザーの要望に迅速かつリーズナブルな価格で対応できます。さらに、さまざまな業種と取引経験がありそのノウハウをシステムに取り入れています。ERP(Enterprise Resource Planning、企業資源計画)についても、SAP、ORACLE、Microsoft NAV、JDEなど、多くの実績があります。

富士ロジテックの倉庫サービス

富士ロジテックでは、北関東地区から九州地区まで自社施設において総合物流業務を運用中です。戦略的な物流倉庫拠点としてさまざまな商品を扱っています。保管や入出庫、流通加工、検品、品質検査などの付加価値サービスも提供しており、棚卸だけでなく物流全般を専門家に依頼することが可能です。

まとめ

棚卸とは、店舗や企業において商品や原材料において調査し、保有数を把握することです。在庫数を把握することで過剰在庫や欠品状態を防止できることから顧客満足度やコスト削減の向上につながります。

しかし、人間が棚卸におけるすべての業務をおこなうとヒューマンエラーにより数え間違いが発生する可能性があります。数え間違えをすることで帳簿に計上されていない資産や利益などが発生する可能性があり、会計上大きな問題となることがあるため注意が必要です。そこで在庫管理システムを活用することでミスが減り業務効率化や生産性の向上につながります。

 

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

西間木 智

監修者

株式会社富士ロジテックホールディングス

西間木 智 / 通販営業部 部長

物流会社で20年経験しD2C EC スタートアップから中規模、大規模のeコマース事業者へフルフィルメントサービスの提供や物流の見直し・改善、スピード配送、複数拠点展開を設計して提唱している。 事業者様の売上貢献するために 「購買体験」 「リピート施策」 「Unboxing」 やOMO対応での「オムニチャネル」 「返品交換物流」 を提案し、事業者と常に伴走して最新の物流設計を試みる。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

EC事業者必見!物流コストを削減するコツ
EC事業者必見!物流コストを削減するコツ
ネットショッピングの普及により、物流の重要性が増す中、EC事業者にとってコスト削減は避けて通れないテーマです。本記事では、物流コストを賢く削減し、ビジネスを加速させるヒントを提供します。物流コストの現状理解から3PLの利用、在庫管理の...
続きを読んでみる
転売対策から売上向上までメーカー/D2C企業様と伴走するサービスを拡充
転売対策から売上向上までメーカー/D2C企業様と伴走するサービスを拡充
自社のビッグデータを用いてECブランドの販売支援とブランド育成の2事業を展開する株式会社ACROVE(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:荒井 俊亮、以下ACROVE)はこの度、メーカー/D2C企業向けに、主要なモールである楽天市場...
続きを読んでみる
コールドチェーンとは?3つのメリットと課題を徹底解説【市場規模は拡大傾向】
コールドチェーンとは?3つのメリットと課題を徹底解説【市場規模は拡大傾向】
商品が生産されてから消費者の手に届くまで、一定の温度を保つことにより品質を維持するコールドチェーン。高齢化や独身世帯の増加、コロナによる巣ごもり需要などが背中を押し、市場は拡大しています。 一般社団法人日本冷凍食品協会によると、201...
続きを読んでみる
FBA納品代行おすすめ10選!利用の流れ、メリット・デメリットも解説
FBA納品代行おすすめ10選!利用の流れ、メリット・デメリットも解説
「納品作業に手が取られすぎて、他の作業ができない」 「在庫の保管場所に困っている」 「物販をはじめたけれど毎月手元にお金が残らない」 このようなお悩みにFBA納品代行が便利だと知ったものの、使うべきか迷っていませんか。物流経費もかかる...
続きを読んでみる
ゆっくり配送実現のためのEC物流の最適化ポイント
ゆっくり配送実現のためのEC物流の最適化ポイント
即時配送が常識と思われがちな現代において、「ゆっくり配送」という選択肢が注目されています。しかし、実現の裏にはEC物流の精緻な最適化が不可欠です。本ブログでは、ゆっくり配送を取り入れることのメリットと実現のための具体的な物流戦略を探り...
続きを読んでみる
AmazonFBA納品の手順や料金、禁止商品、梱包ルールを徹底解説!
AmazonFBA納品の手順や料金、禁止商品、梱包ルールを徹底解説!
Amazonで出品するなら、プライム会員限定の無料配送や翌日配送にも対応できるFBA(Fulfillment by Amazon)の利用で、ビジネスチャンスが広がります。 一方、納品にはAmazonの細かい規定に慣れる必要があり手間が...
続きを読んでみる
冷凍品EC物流のパートナー選び!委託先の見極め方
冷凍品EC物流のパートナー選び!委託先の見極め方
冷凍品EC物流を成功させるためには、信頼できる物流パートナーを見つけることが不可欠です。では、どんな基準で委託先を選べばよいのでしょうか。本記事では、冷凍品ECビジネスに適した物流パートナーの選び方から、重要な在庫管理のポイント、効率...
続きを読んでみる
オムニチャネルを成功させる物流|ポイントと物流改善事例
オムニチャネルを成功させる物流|ポイントと物流改善事例
小売業を中心に、大手各社ではすでに浸透しつつあるオム二チャネル戦略。今後、導入を検討している企業も多いのではないでしょうか。 オムニチャネル戦略には、物流面の整備が不可欠です。本記事では、オムニチャネルを成功に導く物流整備のポイントを...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー