富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

発送代行(物流代行)の外注を成功させるためには

物流代行 発送代行

発送代行(物流代行)の外注を成功させるためには

発送や物流業務をアウトソーシングする前に、代行会社にはどのような種類があるのか、それぞれどのような特徴があるのかを把握しておくことが重要です。費用はもちろん大事ですが、自社でどのようなスキームで物流業務を外注するかで、アウトソースすべき物流代行会社が変わってきます。物流業務をアウトソーシングするにあたって、ご参考にしていただければと思います。

発送代行サービスとは

発送代行サービスとは、企業や個人が商品を販売するときに、商品の梱包や発送を一手に引き受けるサービスのことを指します。インターネットの普及に伴い、誰でも商品を売り買いできるようになった現代、時間や手間をかけずに商品の発送を任せられるといった利点から、多くの人々に利用されています。また、専門の業者に依頼することで、効率的かつ正確な発送が可能となり、ビジネスの規模拡大にも寄与しています。

発送代行サービスのメリット

まず、発送代行サービスの最大のメリットは、手間と時間を大幅に削減できることです。商品を売るには、商品の梱包から発送までさまざまな作業が必要となりますが、これらをすべて自分で行うと大変な時間と労力が必要となります。しかし、発送代行サービスを利用することで、これらの作業を一元的にアウトソーシングすることができ、自身の作業負荷を軽減することができます。

さらに、発送ミスのリスクも減らせます。プロの業者に任せれば、梱包や発送は正確に行われ、間違った商品を送るなどのミスを防げます。また、大量発送にも対応可能なため、ビジネスが拡大した際にも安心です。

発送代行サービスのデメリット

しかし、発送代行サービスを利用することにもデメリットがあります。一つ目は、コストです。代行サービスはもちろん料金が発生します。特に小規模なビジネスでは、発送代行コストが負担になることもあります。また、自社での発送とは異なり、商品の梱包や発送のプロセスを直接管理することが難しくなります。これにより商品の状態に対する細やかな配慮が難しくなるかもしれません。そして、自社での対応が難しい問題が発生した場合、代行業者とのコミュニケーションが必要となるため、その手間も心配となります。

発送代行サービスを利用する際の基本的な流れ

発送代行サービスは、すべての荷物をご自身で送る代わりに、その大部分を代行業者に依頼できるサービスです。楽天市場やYahoo!ショッピングなどのネットショッピング、または自社のECサイトで商品を売る場合、すべての商品発送を手掛けるとなると大変な時間と手間がかかります。そんなときに役立つのが発送代行サービスとなります。

発送代行サービスの選び方

発送代行サービスを選ぶ際には、いくつかのポイントが重要となります。まず、自分のビジネススタイルにあったサービスが提供されているか確認しましょう。例えば、自社で在庫を持つビジネスであれば、在庫管理を含んだ全方位的なサービスを提供している代行業者を選ぶと良いでしょう。また、商品の規模や重量、送るエリアによっても最適な業者は変わるので、複数の業者を比較検討しましょう。

さらに、利用料金も無視できません。料金体系が明確であること、また安心して利用できるサービス内容が提供されていることを確認しましょう。最後に、サービスの良し悪しを判断するためにも利用者の評価や口コミを参考にすると良いでしょう。

こちらのコンテンツもおすすめ

 

発送代行サービスを利用するための準備

発送代行サービスを利用するための準備

発送代行サービスを使い始めるにあたっては、事前にしっかりとした準備が必要です。商品の発送を外部の会社に頼むと決めたら、そのサービスを円滑に利用するために何が必要か、どのような準備をすべきかを考えていきましょう。素早く正確な商品発送は、お客様からの信頼を得るために重要な要素となります。そのためにも発送代行サービスの利用準備には十分な時間と労力をかけることが求められます。

必要な情報の整理

発送代行サービスを利用するために最初に必要なのは、商品に関する情報の整理です。商品の種類、数量、サイズ、重量など、各商品の詳細データを正確に把握することはとても重要です。これらの商品情報は発送費の計算や保管場所の確保など、サービスの適用範囲や費用を決定するための基準となります。

また、発送先情報もまとめておく必要があります。顧客の名前、住所、連絡先等、あらかじめ必要な情報を整えておくことで、急な注文にも迅速に対応することが可能になります。この段階でしっかりと情報を整理しておけば、発送代行サービスを利用した際の手間が大幅に削減されます。

在庫の管理方法

在庫管理も発送代行サービス利用の重要な準備の一つです。在庫の状況を常に明確に把握しておくことで、商品の供給過剰や不足を未然に防ぎ、無駄な費用を抑えることができます。

具体的には、商品の入荷・出荷情報を適時更新し、現在の在庫数をリアルタイムで把握できるようにすることが求められます。また、商品の売れ行きや季節性などを考慮に入れた在庫予測も重要です。これらの持続的な在庫管理は、発送代行サービスの利用においても非常に役立ちます。

一方で、在庫管理は手間がかかる作業であるため、適切なシステムやツールを導入することで効率化を図るべきです。これにより、発送代行サービスをよりスムーズに利用することができるでしょう。

発送代行サービス利用のポイント

発送代行サービスを利用する際のポイントについて深く探求してまいります。現代社会では、ECサイト経営者から個人事業主まで、幅広い領域で発送代行サービスが活用されています。その理由は、商品の梱包から発送までの作業を専門業者に任せ、自身の業務に集中できるからです。さらに、大量の商品を効率的に配送することで、高いコストパフォーマンスを実現し、経費削減に繋がるのです。しかしながら、適切なサービスを選ぶためには注意点があります。それらを理解することで、より的確な選択が可能となります。

コストパフォーマンスを重視する

発送代行サービスを利用する際は、コストパフォーマンスを重視することが大切です。まず始めに、各社の料金プランを比較しましょう。一見、安価に見えても、隠れたコストが存在することがあります。それらを適切に把握し、比較することが重要となります。具体的には、追加料金の有無、包装材料費、保管料、長期保存時の料金などを確認しましょう。また、あくまで「安さ」だけを追求するのではなく、サービスの質とバランスを見ることも大切です。流通業の中心となる配送業者として、品質の高いサービスを提供することが求められます。そのため、費用対効果を最大化するためには、コストがいくらか増えることを受け入れることも時には必要となります。

サービスの評価をチェックする

利用する発送代行サービスの評価をチェックすることも重要です。具体的には、業界内の評判や、既存のユーザーからの評価を見ることで、サービスの品質を判断することが可能です。インターネット上の口コミや評価サイトを活用しましょう。サービスの利用者からの生の声を聞くことで、きめ細かいサービス内容やサポート体制の他、トラブル時の対応など、表面的には見えないサービスの実態を理解することができます。また、専門的な業種の場合、業界内の評判や専門家からの声を参考にすることもおすすめです。これらの情報を基に、自身のビジネスに合ったサービスを選択しましょう。それが発送代行サービスを活用する際の最大のポイントとなるでしょう。

発送代行を成功させるための注意点

発送代行を成功させるための注意点

インターネット上のビジネスは増えていますが、その一方で日々出荷する商品の数も増え、発送作業が負担となっています。そこでおすすめなのが発送代行。しかし、その導入にあたり、適切な梱包材の手配や、キャンセル・返品対応の確認など、様々な注意点が存在します。これらを留意しながら計画を進めることで、発送代行を成功させるための一歩となります。

梱包材の手配

発送代行を適切に運営するためには、梱包材の手配が欠かせません。商品の種類によって必要となる梱包材は異なりますが、基本的には緩衝材、封筒、ダンボール箱などが考えられます。これらを適切な数量と種類で手配することで、商品を確実にお客様へ届けるための第一歩となります。

また、梱包材の手配は、最適なパートナーとの信頼関係を築くことも大切です。質の良い梱包材をタイムリーに供給してくれるパートナーを見つけることで、商品の品質維持と発送効率の向上に繋がるのです。さらに、環境に配慮した梱包材を選択することで、サステナブルなビジネス運営を目指すことも可能です。

キャンセル・返品対応の確認

次に重要なのが、キャンセル・返品対応の確認です。商品を購入したお客様が何らかの理由でキャンセルを希望したり、商品に不具合があった場合の返品対応は、ビジネス運営において重要なポイントとなります。はじめに、自社のキャンセル・返品ポリシーを明確に決め、代行業者と共有することが重要です。

また、キャンセル・返品が発生した際の対応フローや、それに伴う追加コストの負担についても、事前に確認しておくことが不可欠です。これにより、突発的なトラブルを未然に防ぎ、スムーズなビジネス運営を続けることが可能となります。キャンセル・返品対応を適切に行うことで、信頼性のあるビジネスを維持し、一層の顧客満足度向上に繋がるでしょう。

発送代行サービスの選び方

発送代行サービスは、物流に精通した専門的なスタッフが商品の梱包から配送までを一手に引き受けるサービスで、特に大量の商品を取り扱っている企業や個人にとっては大きな支援となります。もっとも、多種多様なサービスや料金体系が存在する中、自分に適したサービスを選ぶのは決して簡単なことではありません。ここでは、発送代行サービスの選び方について重点的に見ていきます。

サービスの種類と特徴

発送代行サービスは、大まかに分けて「フルフィルメント型」、「ドロップシッピング型」、「ピック&パック型」の三つに区分できます。フルフィルメント型は、商品の保管、梱包、発送まで一貫して行うサービスで、在庫管理の手間を省きながら迅速な発送が可能です。一方で、ドロップシッピング型は、サービス提供者が商品を保有せず、注文が入る度に製造元や卸売業者から直接顧客へ商品を発送する方式で、在庫リスクを抑えつつ高価な商品の取り扱いが可能です。ピック&パック型は、商品のピッキング(選択)とパッキング(梱包)だけを請け負うサービスで、自身で商品保管や発送を行う場合にも、効率的な作業の支援が期待できます。それぞれのサービスには特性と利点がありますが、あくまで自社の商品性質、管理体制、販売スタイルに合わせて選ぶことが重要でしょう。

料金体系の理解

発送代行サービスの料金体系はサービス提供者により異なり、一概に比較するのは難しいのですが、共通して理解しておくべきポイントがあります。料金は大抵、「初期費用」、「基本料金」、「取扱い手数料」、「まとめ発送手数料」等で構成されています。初期費用は、サービスを開始する際に一度だけ発生する費用で、サービスの導入や設定のコストを補うものです。基本料金は、サービスの使用にあたっての月額固定料金で、サービス提供者の管理・運営費用を含みます。取扱い手数料は、商品の保管や発送手続きなど具体的な業務にかかる費用で、商品の量や頻度により変動します。そして、まとめ発送手数料は、一度に大量の商品を発送する際の費用です。各サービスの特性、業務量によって料金体系が大きく変動するため、自社の商品の流通量や業務量を把握し、それを基に比較・検討することが理想的な選択をするための要点となります。

外注成功のための費用管理

外注成功のための費用管理

外注は企業の業務効率を高めるための鍵となる一方で、その費用管理が難しいものです。メリットばかりに目が行きがちですが、その一方で見失ってしまうのが、外注した作業の費用対効果や、見えづらい隠れたコストあるのです。その両者を効率良く見極め、管理することが、会社全体の利益を高める一つのポイントとなります。

費用対効果の見極め

外注の費用対効果を見極めることは、外注成功の鍵とも言える大切な要素です。まず、作業を内部で行う場合の人件費を把握することが重要です。これを基準に、外部に依頼したときのコストと比較し、どちらが効率的かを見極めましょう。同じ時間であれば、業務を集中して進めるため、外注先のスキルによりコストパフォーマンスは大きく変動します。また、一度依頼すると、その結果を見て再度評価し、改善策を考えるなどのフィードバックのサイクルを回すことも重要です。

隠れたコストの発見

外注費用の見直しでは、見えにくい隠れたコストにも気をつける必要があります。例えば、外部とのコミュニケーションに膨大な時間がかかってしまう場合、それは隠れた人件費と考えることも可能です。またクオリティの低下によるリワークやクレームの増加も実質的なコストとなります。小さいと思える業務でも積み重なれば大きなコストとなるでしょう。リスク管理として、見えにくいコストについても管理することが重要となります。

発送代行サービスと業績向上

発送代行サービスと業績向上

近年、多くの企業が取り入れている「発送代行サービス」。ネットショップやリアル店舗等、商品を扱っているビジネスにとっては欠かせないサービスであり、その効果が徐々に認知されつつあります。その一方で、発送代行サービスの活用方法やその効果について十分理解していないという企業もまた少なくありません。この記事では、発送代行サービスをうまく活用し、業績を向上させるためのポイントについて触れていきます。

発送代行利用による時間効率化

発送代行サービスの最大の利点は何といっても「時間の効率化」です。商品を個々に梱包し、配達先ごとに発送をするという作業は、以外と手間がかかり、多くの時間を消費します。これを専門の業者が一手に引き受けることで、企業としては本来の業務に集中できる時間が確保されるのです。

また、発送代行サービスには一般の企業が持つことの難しい発送に関するノウハウや最新の情報が集約されています。例えば、急な配送トラブルに対応する能力や、適切な梱包方法、最適な配送方法など、これらを自社で把握・実践するのは難しいですが、発送代行業者に任せれば確実に行えます。

業績アップに繋がる発送代行の活用方法

発送代行サービスを利用することで、時間を業務改善や新たな事業展開に充てることが可能です。この時間の使い方一つで、会社の業績は大きく変わるでしょう。

具体的な利用方法としては、まず発送に関する業務を全て任せるのではなく、自社で対応可能な範囲と発送代行業者に任せる範囲を明確にすることです。これにより、重要な業務だけを自社で行い、それ以外の部分を発送代行業者に任せることで、より専門性の高い業務に集中することができます。

また、発送代行業者には自社だけでは対応できない、範囲広い配送方法や海外への発送なども任せることが可能です。こうした発送代行業者の強みを生かし、新たな市場開拓を行うことで、更なる業績向上が期待できます。

富士ロジテックホールディングスでは東京、神奈川、浜松、奈良、大阪、福岡にて発送代行・物流代行業務を請け負っております。ec事業者様のカート、モールなどのシステムに合わせてご提案をさせていただいております。

こちらのコンテンツもおすすめ

 

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

転売対策から売上向上までメーカー/D2C企業様と伴走するサービスを拡充
転売対策から売上向上までメーカー/D2C企業様と伴走するサービスを拡充
自社のビッグデータを用いてECブランドの販売支援とブランド育成の2事業を展開する株式会社ACROVE(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:荒井 俊亮、以下ACROVE)はこの度、メーカー/D2C企業向けに、主要なモールである楽天市場...
続きを読んでみる
コールドチェーンとは?3つのメリットと課題を徹底解説【市場規模は拡大傾向】
コールドチェーンとは?3つのメリットと課題を徹底解説【市場規模は拡大傾向】
商品が生産されてから消費者の手に届くまで、一定の温度を保つことにより品質を維持するコールドチェーン。高齢化や独身世帯の増加、コロナによる巣ごもり需要などが背中を押し、市場は拡大しています。 一般社団法人日本冷凍食品協会によると、201...
続きを読んでみる
FBA納品代行おすすめ10選!利用の流れ、メリット・デメリットも解説
FBA納品代行おすすめ10選!利用の流れ、メリット・デメリットも解説
「納品作業に手が取られすぎて、他の作業ができない」 「在庫の保管場所に困っている」 「物販をはじめたけれど毎月手元にお金が残らない」 このようなお悩みにFBA納品代行が便利だと知ったものの、使うべきか迷っていませんか。物流経費もかかる...
続きを読んでみる
ゆっくり配送実現のためのEC物流の最適化ポイント
ゆっくり配送実現のためのEC物流の最適化ポイント
即時配送が常識と思われがちな現代において、「ゆっくり配送」という選択肢が注目されています。しかし、実現の裏にはEC物流の精緻な最適化が不可欠です。本ブログでは、ゆっくり配送を取り入れることのメリットと実現のための具体的な物流戦略を探り...
続きを読んでみる
AmazonFBA納品の手順や料金、禁止商品、梱包ルールを徹底解説!
AmazonFBA納品の手順や料金、禁止商品、梱包ルールを徹底解説!
Amazonで出品するなら、プライム会員限定の無料配送や翌日配送にも対応できるFBA(Fulfillment by Amazon)の利用で、ビジネスチャンスが広がります。 一方、納品にはAmazonの細かい規定に慣れる必要があり手間が...
続きを読んでみる
冷凍品EC物流のパートナー選び!委託先の見極め方
冷凍品EC物流のパートナー選び!委託先の見極め方
冷凍品EC物流を成功させるためには、信頼できる物流パートナーを見つけることが不可欠です。では、どんな基準で委託先を選べばよいのでしょうか。本記事では、冷凍品ECビジネスに適した物流パートナーの選び方から、重要な在庫管理のポイント、効率...
続きを読んでみる
オムニチャネルを成功させる物流|ポイントと物流改善事例
オムニチャネルを成功させる物流|ポイントと物流改善事例
小売業を中心に、大手各社ではすでに浸透しつつあるオム二チャネル戦略。今後、導入を検討している企業も多いのではないでしょうか。 オムニチャネル戦略には、物流面の整備が不可欠です。本記事では、オムニチャネルを成功に導く物流整備のポイントを...
続きを読んでみる
食品通販物流会社3選!課題から見る発送代行の選び方と事例
食品通販物流会社3選!課題から見る発送代行の選び方と事例
食品物流を成功させるには、徹底した温度管理、賞味期限の管理が不可欠です。 本記事では、食品通販物流を成功させるポイントからおすすめの発送代行業者と事例まで詳しく紹介します。 ニーズに合う業者が見つかれば、物流コストを抑えられます。物流...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー