【D2C/eコマース/OMO 成長しているサイト探索・事例シリーズ 】素晴らしいオンラインストア アパレル & ファッション Women's & Men's & Kid's 編

コマースシステムの機能に何を求めますか?

・使いやすいバックエンド(バックオフィス機能)
 直感的に利用できることですか?
 サイトビルド(CMS)はドラッグ&ドロップ式が必要ですか?

・バックエンドでサイトの在庫を管理
 シングルチャネル、マルチチャネル、オムニチャネルのどれですか?
 返品・交換の在庫フローは?


・顧客の望む決済方法
 ツールでどのように追加できますか?

・アドオンやプラグインを利用
 機能を拡充はどう実行できますか?
 使わなくなったら解除は簡単ですか?
 その時のデータはどうなりますか?

・商品のリストアップ、カテゴリーページ(複数可)の設定
どのように設計・運用しますか?
 PIM機能はどこまでビジネスにあっていますか?

・配送詳細設定
 サブスク発送は?
返品・交換ワークフローは?
 OMOでの。店舗間などは?

理想的なカスタマーサービスが提供できるまで、初心者向けですか、高度な設定になりますか、利用する場合は知識のある人にサポートをお願いして、自社人財の育成をサポートしてくれますか。
人財がインハウスで育つと構築プロセスにかかる手間が省けるだけではないメリットは想像がつくと思います。

Written by 植島 寛子

 

1:Next

ナビゲーションメニューだけではなく、各カテゴリーページにアイテムセレクトボタンが配置されすぐアクセス可能です。
歴史あるブランドでコレクションも多いものの、AZリストなどのアイテムフィルター、タグ設計が優れているので簡単にネットショッピングが楽しめます。
幅広いアイテムや、世代を扱うセレクトショップには参考になるサイトです。



 

2:Forever 21

毎日がセールをしているという印象で、商品も目的別にカテゴリー分類されて分かりやすいです。
ブランド名も印象的で知名度があります。日本からは撤退して、USAでもCapter11で再建中ですが、ファストファッションからの転換をどうするか注目です。
オムニチャネルとしては、店舗返品や、交換のナビゲーションをしています。https://www.forever21.com/us/storereturnsinfo/storereturnsinfo.html
SDG’sでは、ドネーションプロモを展開しています。
https://www.forever21.com/us/givesback.html
CAで叩かれたブラックな企業体質の改善行動です。




3:Zara

Zaraは、説明不要の世界的なブランドです。オンラインストアは、商品カタログの全てを表示しないように考えられています。
フォントは基本的なものですが、大きな検索バーや購読フォーム、下部にあるソーシャルメディアのリンクは見やすく親切です。




4:Zalando

商品ブランドとカテゴリーを表示するだけの必要最低限のデザイン。
無料配達と返品100-day return policyについて説明し、ユーザーに購入をポジティブに捉えてもらうようにしています。
日本ではまだまだブランドサイトでは提供されることが少ないですが。配送状況がマイページから確認できるのも、オムニ化するブランドだけではなく、これから参考になります。
Where is my order?



5:The Iconic

2011年に設立され、多くのメディアで取り上げられてました。Facebookは50万以上、Instagramは8万人以上のフォロワーがいます。
Fashion Glossaryから簡単に商品が探し出せます。

 

自分達の個性を見極め、どのような施策が大切か判断するといいでしょう。

ご紹介してきた店舗は、ブランドの詳細な店舗情報を伝えるのがいいか、期間限定で送料無料のキャンペーンを行うのがいいかなど試行錯誤して今の成功を掴みとりました。

D2C・eコマースビジネスをスタートしたい、OMOを強化したい事業者からのご相談をお待ちしています。

富士ロジテックのパートナー
Eリテーリング さんをはじめ、事業にあったパートナーをご紹介いたします。お気軽にお問い合わせください。