素晴らしいオンラインストア アスレジャー & スポーツ Athleisure & Sports編

【D2C/eコマース/OMO 成長しているサイト探索・事例シリーズ 】

【D2C/eコマース/OMO 成長しているサイト探索・事例シリーズ 】アスレジャー & スポーツ Athleisure & Sports編

OMOって大変でしょうか。

OMOには、
・商品類の展示を行うカタログサイト機能
・目的の商品を探すための検索機能
・カート・購入などのトランザクション機能
・会員管理機能
・受注管理機能
・分析機能
・配送管理機能
・返品・交換機能
など、じつに多くの機能が必要とされます。

多くの外部サービス・システムとの連携は必要かもしれません。
こうしたシステムとの連携では、専門領域の優れたソリサービスソリューションを活用できるようにするためにシステム連携・構築・運用コストの増大や
機能の追加などが難かしくなる
といった課題も発生します。

ショッピングカートシステムに限界はきます。
パッケージカスタマイズは高価です。
自社のエンジニアスタッフも扱える、システムを選定することが重要です。

Written by 植島 寛子

*アスレジャーとは、「アスレチック(athletic)」と「レジャー(leisure)」を組み合わせたカテゴリーです。 フィットネスクラブやヨガスタジオで着るスポーツウェアなどを普段着に取り入れたスタイル。アメリカ女性を中心に広がってってきました。
スポーツミックスよりもスポーティで、スポーツブランドNIKE(ナイキ)adidas(アディダス)などのスポーツブランドやTeva(テバ)CHACO(チャコ)の本格的なウェアやシューズをコーディネートに組み込むのが特徴です。
専門ブランドとしては、「Lululemon(ルルレモン)」「ennerre(エネーレ)」などです。

1:Spyder

目新しい商品はありませんが、デザイン性、ユーザー経験で高く評価されています。
「Buy Local」機能で近くの店舗で同じ商品があるか簡単に調べることが可能です。

構築システム:Shopify

 

2:Oakley

色の違うサングラスもすぐに表示でき、商品のイメージが付きやすいです。
クールさを感じる革新的なデザイン。



D2Cアパレルはここに限らず、世界中の顧客を対象にしています。UIは参考にしましょう。



日本では普及していませんが、顧客とのタッチポイントをエンゲージする、Welcome登録は必須ですね。

 

Shopify Shopify PlusなどでのD2C・eコマースビジネス

サブスクリプションコマース
オムニチャネルコマース

スタートアップ事業者には特別メニューをご用意しています。

スタートアップ事業者むけ限定プラン

成長させたい事業者からのご相談をお待ちしています。

富士ロジテックのパートナーEリテーリングシステム さんをはじめ、事業にあったパートナーをご紹介いたします。お気軽にお問い合わせください。