富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

富士ロジテックHDのEC物流がフューチャーショップと連携開始にてキャンペーン実施中 

EC物流 フューチャーショップ

富士ロジテックホールディングスの物流代行サービスがフューチャーショップと連携開始

〜創業100年以上にわたる豊富な経験と実績に基づき、在庫管理から梱包や配送まで一括で代行〜

株式会社富士ロジテックホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木 庸介、以下「富士ロジテックホールディングス」)が提供する、EC物流代行サービスとSaaS型ECサイト構築プラットフォーム「futureshop」を提供する株式会社フューチャーショップ(本社:大阪市北区、代表取締役:星野 裕子、以下「フューチャーショップ」)との連携を開始いたしました。

富士ロジテックホールディングスが、創業100年以上にわたる豊富な経験と実績にもとづき、商品の在庫管理から梱包や発送、返品・交換まで全ての購買後体験のフルフィルメント作業を代行します。入出庫、保管/在庫管理、検品からB2C/B2Bのオムニチャネル物流まで、物流・発送・保管・流通加工業務のアウトソーシングが可能です。EC担当者さまには本来の販売業務に専念していただけます。

「富士ロジテックホールディングス」のEC物流代行サービスとは

物流代行サービスとは

 1.入庫:予定商品が倉庫に到着した時に個数確認の検品や、検品後にロケーションへ格納するための作業を行います。

2.ピッキング:倉庫内のロケーション棚・パレットに保管した商品在庫から出庫指示のあった対象品のピッキング作業を行います。

3.梱包:出庫指示のあった商品の梱包作業を行います。梱包の際、出庫箱の中にパンフレットを入れたり、商品をラッピング、専用資材など、ご要望に応じて対応が可能です。

4.流通加工:タグ付け、値札付け、箱詰め、検品作業、検針作業、不良品チェックなど、様々な流通加工に対応いたします。

5.在庫管理:注文管理システム(OMS)や在庫管理システム(WMS)のAPI連携で省人化・効率的に管理を行います。

6.配送管理:宅配商品が物流センターから出庫された後、購入者様のお手元に届くまでの管理業務を行います。

 ECに特化した物流センター(東京、神奈川県、静岡、大阪、福岡)で入出庫、在庫管理

ECに特化した物流センター

首都圏や関西・名古屋・福岡などの大都市圏に複数拠点のDC/FC/物流センターを展開しています。特にアパレル、食品、コスメ・化粧品などの商品については、

アパレル:検品・検針・ミシン、セットアップなどの流通加工、返品・交換対応

食品:3温度帯(常温・冷凍・冷蔵EC)とギフト梱包の対応

コスメ・化粧品:化粧品製造業許可の元で商品ラベルの発行、貼り付け、出荷可否判定など、

きめ細かいサービスを提供可能です。

他にも、

・2拠点管理で「分散在庫・分散出荷対応」「配送スピードアップ」「BCP:災害リスク回避」や「波動出荷対応」も可能

・注文管理システム(OMS)・在庫管理システム(WMS)を使用することによりAPI連携、自動化が可能

化粧品製造業、医薬部外品、高度医療機器製造・販売業の許認可も取得

化粧品製造業、医薬部外品、高度医療機器製造・販売業の許認可も取得

化粧品、医薬部外品、高度医療機器の製造や販売は法令で細かく規制されており、販売するには多くの専門知識や許認可が必要となります。
当社に物流代行業務をお任せして頂くことで、ラベル貼り、再梱包、出荷可否判定など事業者様の業務負担を軽減いたします。

対応内容の具体例

  • 海外から仕入れした商品の成分日本語ラベル貼りやセット作業の対応
  • ロット管理、消費期限管理
  • コンタクトレンズの対応

導入・成功事例

導入・成功事例

創業100年以上にわたる豊富な経験と実績に基づいた、単なる保管と入出庫にとどまらない物流代行・EC物流代行を提供しています。あらゆるニーズに応えたこのサービスにより、事業者の規模は0→10億円など、出荷件数の増加にもストレスなく対応でき、バックオフィスの運用効率化が実現できています。

「富士ロジテックホールディングス」について

7月24日神奈川県の「ALFALINK相模原物流センター」において、自律走行搬送ロボット(物流ロボット)を導入しました。

同年10月にも関西方面にて同様の設備にて新物流センターを開設予定となっています。

富士ロジテックホールディングスは、物流業を中核とした総合物流会社として、アパレル、化粧品、健康食品、食品、冷凍・冷蔵品、など取り扱い品目は多岐にわたり、全国にそのネットワークを有しオムニチャネルへも提案・対応しています。 

今後もお客様の多様なニーズに応えるEC物流ソリューションを提供していくためには、物流ロボットが人と共に働く、ハイブリッドな現場を実現していく必要があります。事業者の業務効率化と利益率改善を継続的に推進しながらお客様に寄り添ったサービスを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリストが、通販D2CEコマース事業者の課題に寄り添って提案していきます。

顧客購買体験をデザインして顧客生涯価値を向上させるノウハウなどを発信しています。

https://fujilogi.net/blogs/voice

リリース記念:キャンペーンについて

特別価格キャンペーンがございます。詳しくはこちらからご覧ください。

futureshopとのリリース記念として、保管料が2ヶ月無料になるなどの特別価格キャンペーン(https://dtc.fujilogi.net/campaign01/)となります。
是非、ご相談ください。

 

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

FBA納品代行おすすめ10選!利用の流れ、メリット・デメリットも解説
FBA納品代行おすすめ10選!利用の流れ、メリット・デメリットも解説
「納品作業に手が取られすぎて、他の作業ができない」 「在庫の保管場所に困っている」 「物販をはじめたけれど毎月手元にお金が残らない」 このようなお悩みにFBA納品代行が便利だと知ったものの、使うべきか迷っていませんか。物流経費もかかる...
続きを読んでみる
ゆっくり配送実現のためのEC物流の最適化ポイント
ゆっくり配送実現のためのEC物流の最適化ポイント
即時配送が常識と思われがちな現代において、「ゆっくり配送」という選択肢が注目されています。しかし、実現の裏にはEC物流の精緻な最適化が不可欠です。本ブログでは、ゆっくり配送を取り入れることのメリットと実現のための具体的な物流戦略を探り...
続きを読んでみる
AmazonFBA納品の手順や料金、禁止商品、梱包ルールを徹底解説!
AmazonFBA納品の手順や料金、禁止商品、梱包ルールを徹底解説!
Amazonで出品するなら、プライム会員限定の無料配送や翌日配送にも対応できるFBA(Fulfillment by Amazon)の利用で、ビジネスチャンスが広がります。 一方、納品にはAmazonの細かい規定に慣れる必要があり手間が...
続きを読んでみる
冷凍品EC物流のパートナー選び!委託先の見極め方
冷凍品EC物流のパートナー選び!委託先の見極め方
冷凍品EC物流を成功させるためには、信頼できる物流パートナーを見つけることが不可欠です。では、どんな基準で委託先を選べばよいのでしょうか。本記事では、冷凍品ECビジネスに適した物流パートナーの選び方から、重要な在庫管理のポイント、効率...
続きを読んでみる
オムニチャネルを成功させる物流|ポイントと物流改善事例
オムニチャネルを成功させる物流|ポイントと物流改善事例
小売業を中心に、大手各社ではすでに浸透しつつあるオム二チャネル戦略。今後、導入を検討している企業も多いのではないでしょうか。 オムニチャネル戦略には、物流面の整備が不可欠です。本記事では、オムニチャネルを成功に導く物流整備のポイントを...
続きを読んでみる
食品通販物流会社3選!課題から見る発送代行の選び方と事例
食品通販物流会社3選!課題から見る発送代行の選び方と事例
食品物流を成功させるには、徹底した温度管理、賞味期限の管理が不可欠です。 本記事では、食品通販物流を成功させるポイントからおすすめの発送代行業者と事例まで詳しく紹介します。 ニーズに合う業者が見つかれば、物流コストを抑えられます。物流...
続きを読んでみる
出荷作業を改善する5つの秘訣!改善フローと事例も紹介!
出荷作業を改善する5つの秘訣!改善フローと事例も紹介!
出荷作業とは、受注してから荷物を発送するまでの各工程を指します。工程が多く、ミスが発生しやすい作業です。 度重なるミスの発生は、物流業務全体の作業効率を低下させる要因の一つであり、会社全体の売上にも大きく影響します。とはいえ、出荷業務...
続きを読んでみる
物流アウトソーシングとは?メリット・デメリットや費用、導入事例を紹介
物流アウトソーシングとは?メリット・デメリットや費用、導入事例を紹介
近年、EC事業の拡大にともなうリソースや商品保管場所の不足から、物流アウトソーシングを検討する企業が増えています。 アウトソーシングは入念な打ち合わせにより予算やニーズに合う委託先を見つけることが重要です。コストの削減や事業の拡大が実...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー