通販物流の仕組みやポイントとは



通販物流とは通販会社でユーザーが購入をしてから、商品がユーザーの元に届くまでの業務全般のことをいいます。インターネットやスマートフォンの普及が進み、通販で買い物をするユーザーが増えていることから、今後さらに需要が高まることが見込まれます。

また、商品内容だけでなく物流のサービス内容によってユーザーの満足度が変わるため重要な業務だといえます。せっかく商品や価格に満足していても、ユーザーの手元に届くときに遅延をしたり、商品が破損したりしていると通販会社と物流会社の両方の評判が悪くなります。

通販会社にとって、物流会社の業務内容は大きく業績に影響するといっても過言ではありません。

通販物流の仕組みとは

通販物流とは、ECサイトなどのユーザーが商品を購入してから、商品をユーザーに届けるまでのすべての過程のことをいいます。


ECショップと物流事業者

通販物流はECショップと物流事業者の連携が重要です。ECショップが物流事業者と契約をすることになるのですが、実際にECショップの顧客と直接関わるのは物流事業者です。

そのため、ECショップの顧客の物流事業者に対する評価はECショップへの評価に直結します。


ECショップでの購入者と物流事業者

ECショップで購入をしたユーザーの対応は、直接的には物流事業者がおこなうことになります。そのため、物流事業者の対応が悪ければ、ECショップの評価を落とすことにもなります。


通販物流の変化

スマートフォンの普及が広まり、インターネットを通して商品を購入する人が増えています。これまでは店舗でしか購入しなかったものでも、インターネット上で購入するケースも少なくありません。

そのため、通販物流も商品や購入者のニーズにあわせて変えていく必要があります。


通販物流のポイントとは

通販物流の効率化を図るためにも、以下のポイントに対応することが大切です。

  • 多様化する商品への対応
  • ギフト依頼への対応
  • ユーザーごとにあわせた対応
  • 既存システムとのデータ連携
  • 実績のある通販物流サービス企業を利用する
  • 富士ロジテックのサービス
  • 富士ロジテックの実績

多様化する商品への対応

2000年代に入り、さまざまな商品を通販にて購入できるようになっています。そのため、通販物流においても、多様化する商品への対応が必要になります。


ギフト依頼への対応

結婚や出産祝い、お中元、お歳暮など通販でギフトを購入するケースが増えているので、ラッピングやのし袋などギフト依頼への対応も重要です。通販物流によって、ギフト対応している場合としていない場合があります。

そのため、ギフト依頼をしている通販物流会社がおすすめです。例えば、ギフトを求めている顧客にとって、せっかく商品が気に入ってもギフト包装ができなければ他の通販会社を利用することになります。

ギフト包装ができないだけで、顧客を逃すことになるのです。日本ではギフトを贈る機会は多く、重要な要素となります。


ユーザーごとにあわせた対応

単に商品をユーザーのもとに届けるのではなく、ユーザーごとにあわせた対応が必要になります。


既存システムとのデータ連携

通販サイトでは、顧客管理データがすでに導入されているケースが一般的です。しかし、通販物流が別のシステムを使っていては、顧客情報を確認するのに時間がかかりミスが出やすくなります。

そのため、既存のシステムとデータ連携をすることによって、顧客管理、受注管理などをよりスムーズにまたミスなく進めることができます。

せっかく受注をいただいているにもかかわらず、発注が遅くなっている、出荷のミスがあるなどのトラブルがあると顧客の信用は落ちてしまいます。


実績のある通販物流サービス企業を利用する

入出庫、在庫管理、梱包、顧客対応などそれぞれの業種や扱う商品によっても異なります。また、アウトソーシングを依頼する場合には物流サービス企業のサービス内容によって顧客の満足度に影響します。

そのため、さまざまな業界や商品に対して、実績のあるサービスを選ぶことが重要です。


富士ロジテックのサービス

富士ロジテックでは、通販物流にて以下のような悩みがある方のサポートをしています。

  • 発注が多いのに発送できていない
  • 出荷時のミスによりクレームが多い
  • 導入したシステムの費用対効果が悪い
  • エンドユーザーから配送に関してのクレームが多い

富士ロジテックでは、通販事業を10年間運営しており蓄積されたノウハウを使って、高品質でのサポートを提供しています。基本的な入荷から出荷、返品までの対応以外にも、以下のようなオプションをご依頼いただくこともできます。

  • 品質検査
  • 商品補強ギフト包装
  • チラシ同梱
  • 検針

また、富士ロジテックではシステムを自社開発していることから、顧客ごとのニーズにあった構築を進めることができます。そのため、多種多様な現場状況のニーズを正確につかみ、最適なシステムを、倉庫運用経験のある社内SEが設計していきます。


富士ロジテックの実績

富士ロジテックでは、以下のようにさまざまな業種形態に対して長年取引している実績があります。

  • 日経ベビーネット通販(ベビー用品全般)
  • 日経ネット通販(女性向けアパレル・下着・雑貨)
  • 日経ネット通販(飲料・雑貨・高級ブランド)
  • 外資系アパレル通販(女性向けアパレル)
  • 外資系アパレル・雑貨(アウトドアアパレル、雑貨、家具)


BtoC物流とBtoB物流を比較

BtoC物流とBtoB物流では、以下のような点において対応内容が異なってきます。

  • 対応商品数
  • 顧客へのサービス
  • ラッピング対応


対応商品数

BtoC物流とBtoB物流でもっとも違うのが対応商品数です。個人であれば1〜2個ということが一般的ですが、ビジネス向けであると数個、数百個ということも少なくありません。そのため、BtoBの場合は1度に多くの商品を運べるほうが効率がよくなります。

もし通販物流対応企業に依頼する場合は、それぞれニーズを満たしたサービスがあるかどうかの確認が必要です。


顧客へのサービス

顧客へのサービス内容がBtoC物流とBtoB物流では大幅に異なります。包装箱や試供品の同封、メッセージカードや会員の状況による割引の案内など、BtoC物流の場合はさまざまなことに気を使う必要があります。

しかし、BtoB物流の場合は、消費者を意識したサービスは一般的に必要ありません。


ラッピング対応

BtoB物流であればラッピング対応をすることはまずありませんが、BtoC物流はプレゼント対応が必要な場合があります。ラッピングも結婚式や出産祝いなど、用途にわけて複数準備しておくことも大切です。

BtoB物流の場合はラッピング対応をすることはほとんどありません。


まとめ

ECサイトの顧客にとって、通販物流の対応内容がECサイトへの評価に影響します。そのため通販物流会社選びが重要になります。

また、せっかく数多くの受注をとれているのに発送が遅れてクレームになっている、出荷のミスが多く評価を落としているといった課題を抱えているECサイトも少なくありません。

そこで通販サイトとデータ連携をすることで、スムーズに受注管理、発注管理をすることが大切になります。富士ロジテックグループでは、大手通販サイトのシステムとデータ連携をすることができます。

通販物流に悩んでいる方は、実績やノウハウを持った富士ロジテックにご相談ください。

 

<関連記事>
通販物流とは?

スタートアップ事業社向け限定プラン