通販物流とは?



WEBショップや通信販売において購入した商品が、手元に届くまでのすべての物流のことを通販物流といいます。通信販売やWEBショップを運営している企業が運送会社に直接依頼する方法以外に、近年ではすべての作業を通販物流会社に委託する方法があります。

顧客の管理、入庫や出庫、配送までのすべての作業をおこなうだけでなく返品対応などの顧客対応が含まれているケースが増えています。

通信販売を運営する企業にとって、通販物流のサービス内容によって顧客満足度が変わることからため、通販物流のサービス内容が重要視されています。

 

通販物流とは?

通信販売やWEB上でのショップなどに関する物流を全般的に通販物流といいます。WEB上でのショッピングの需要が高まっている現代において重要な物流となっています。

WEB上で購入できる商品は多様化していることから、通販物流を適格に管理するシステムが重要になっています。


通販物流が広まった理由とは

通販物流が広まった理由に、ECサイトの利用者が増えたことが挙げられます。インターネットやスマートフォンの普及が広まり、さらにWEB上でのショッピングをするユーザーが増えることが見込まれます。

商品の購入者が増えると、その分物流が必要不可欠となり通販物流に対してより力を入れる企業が増えています。


顧客満足度につながる

通販を導入している企業にとって、商品やサービスだけでなく通販物流が顧客の満足度につながります。最終的に商品を受け取る時点で対応が悪いと、通販会社への満足度も下がる結果となってしまいます。


業務効率化をできる

通販物流が重要になる分、それぞれの企業において手間が増え人材が必要になります。しかし、通販物流を外部に委託することにより、物流に関する業務がなくなり商品開発や広告などに力を入れることができます。

そのため、通販物流を外部に委託することにより業務効率化につながります。


通販物流の流れとは

通販物流の流れは、以下のようになります。

  1. 商品の入荷や検品
  2. 商品の保管
  3. ピッキング
  4. 梱包から出荷

商品の入荷や検品

商品が入荷されると、すぐさま入荷検品をおこないます。この時点で商品が間違っていないか、数はあっているか、破損はないかどうかの確認をおこないます。検品の質が悪いと、顧客に間違った商品や問題のある商品が届いてしまい大きなクレームとなってしまいます。

この時点で不具合や間違いを発見できると、クレームにつながることはありません。


商品の保管

商品を保管できる物流センターの場合、検品が終わると商品の保管をします。出荷が必要なときにスムーズに商品をピッキングできるようにわかりやすく保管できるように、それぞれの物流センターが工夫をしています。


ピッキング

顧客から発注があった場合、伝票に基づいて商品をピッキング(選ぶ)作業をおこないます。ピッキングの時点で商品を間違えてしまうと、クレームにつながるので慎重におこなう必要があります。

しかし、ピッキングは手作業でおこなうことがほとんどであり、間違えないように商品の保管配置を工夫するなど対策が必要になります。


梱包から出荷

ピッキング完了したら、梱包をして出荷になります。梱包1つで顧客へのアピールにもクレームにもなるので、通販物流において重要な作業となります。この出荷までが一般的な通販物流といいますが、サービスによっては顧客に商品が届くまで、また返品作業までが対象になることもあります。


通販物流の現状と将来性

通販物流を考えるうえで現状を理解する必要があります。また、今後通販物流を取り入れる上で、将来性を知っておくことも重要です。


通販物流の現状 

通販物流の現状を考えるうえで、以下の2点を把握する必要があります。

  • ネットショッピングユーザーの増加
  • 物流施設の設置


ネットショッピングユーザーの増加

インターネットやスマートフォンの普及率が高まったことから、ネットショッピングを利用するユーザーが増えています。また、ユーザーのニーズに合わせてECサイトやWEBサイトでのショッピング機能を提供する企業も増えています。

なかには店舗ではなく、WEB上での販売がメインとなっている企業やサービスも少なくありません。


物流施設の設置

物流業界においてのニーズが高まったことから、一時的に保管する倉庫や管理センターなどの新たな物流施設を設ける企業が増えています。今後、ネットショッピングの需要が高まることが予想され、物流施設も今後増えていくことが予想されます。


通販物流の将来性

通販物流の需要が今後も高まることが予想されているのですが、高齢化、少子化により人材不足が問題になっています。そこで今後通販物流に関する商品や顧客の管理を、IT化することにより、業務の効率化がより進められていきます。

そのため、通販物流に関連するシステムの性能次第で業務効率が変わってきます。


富士ロジテックグループの特徴

通販物流にはさまざまな特徴がありますが、富士ロジテックグループは以下のような特徴があります。

  • データ連携ができる
  • 独自でシステムを開発している
  • 実績がある

データ連携ができる

  • 受注があるのに発送が遅れている
  • 出荷ミスでリピートユーザーが減っている

上記のようなミスがあると、どれだけ商品がよくても安定した顧客がつくことはありません。

そこで、これらのミスを減らすためにも富士ロジテックグループでは、既存のシステムとデータ連携をすることにより顧客管理や受注管理などをスムーズに進めることができます。


独自でシステムを開発している

通販物流において、システムは必須になっています。しかし、既存のシステムであれば、それぞれの企業の業務内容や商品にあわせてシステムを選ぶ必要があります。そのため自社にあうシステムを選ぶのがむずかしい場合があります。

しかし、富士ロジテックでは物流経験のあるSEがシステムを企業のニーズにあわせて開発をしています。

そのため、システムを使ったけど機能していない、システムが使いづらいといったことがありません。


実績がある

富士ロジテックでは、以下のようにさまざまな商品の取扱実績があります。

  • アパレル
  • 雑貨・日用品
  • バラ穀物
  • 医療機器
  • 衣料品
  • 化粧品
  • 電気・機械製品
  • 米・茶葉
  • 精密機器
  • 鋼材
  • アウトドア・スポーツ用品
  • 自動車関連製品
  • 販促物・鈍器・パンフレット
  • 食品

専門的な商品に関する物流を多く扱っている実績が数多くあり、安心して依頼することができます。それぞれの商品によって注意するべき点が異なるため、実績のある業者に依頼した方が安心です。

例えば、食品であれば、加工できる精度の高い設備が必要になります。富士ロジテックでは以下のような管理に力を入れています。

  • 賞味期限管理
  • 湿度管理
  • ケース・ボール・ピース出荷
  • 付加価値作業
  • 共同配送


まとめ

ECサイトやインターネットを使ったショッピングをする人が増えています。ユーザーニーズにあわせてECサイトを運用する企業が増えているのですが、商品を発送するときに課題がある場合もあります。

例えば発注、在庫管理するのに手間がかかりすぎている、在庫を保管する場所がない、配送管理のシステムが使い切れていないなどさまざまな課題があげられます。

そこで通販物流に関して、十分な実績やノウハウのある富士ロジテックにお任せください。物流関連をすべて任せることによって、手間を大幅に減らすことができ人材不足の解消にもなります。

十分な実績やノウハウがあることから、競合他社と差別化することにより企業の強みにすることができます。

 

<関連記事>
通販物流の仕組みやポイントとは         

   

スタートアップ事業社向け限定プラン