梅山茜
梅山茜

物流会社でEC発送代行のバックオフィス業務に従事する複業ライター。好奇心旺盛な性格で、過去に営業職や販売職、医療ソーシャルワーカーなどを経験。豊富な経験を活かして物流、医療・福祉、資格、ライフスタイル記事など幅広い分野の執筆を担当する。カテゴリー問わず、便利で使いやすい商品やサービスを求めて、ネットサーフィンを繰り返す日常を送る。趣味は旅行とレトロモダンなカフェ巡り。

ロジレスとShopifyを連携して出荷を自動化!メリットや料金、注意点を解説

倉庫管理システム・WMS 注文管理システム・OMS 物流代行 発送代行

株式会社ロジレスが提供する「LOGILESS(以下、ロジレス)」は、EC事業者様・倉庫事業者双方の管理を一体化したシステムです。ロジレス導入により、受注から出荷指示までの事務作業がほとんど自動化できるため、業務改善に向けて導入をする企業が増えています。

拡張性が高いECプラットフォームとして人気を博しているShopifyとロジレスを連携すれば、複雑なオムニチャネルの店舗運営も飛躍的に楽になります。「手間を減らしたい」「業務負担を削減したい」などの悩みを解決する手段として有効です。

本稿では、ロジレスの概要、Shopifyとの連携メリットを解説し、弊社(富士ロジテックホールディングス)の事例をもとに、ロジレスの魅力を紹介します。

出荷を90%以上自動化できるロジレスとShopifyのAPI連携

画像出典元:ロジレス公式ホームページ

業務効率化を図るには、ECサイトと連携できる管理システムの導入が有効です。手動で行なっていた業務を自動化できるためです。

なかでもロジレスとShopifyのAPI連携は、多くの企業に注目されています。

まずは、ロジレス・Shopifyの概要を確認していきましょう。

ロジレスの概要|OMSとWMSの一体型システム

ロジレスとは、受注管理システム(OMS)と倉庫管理システム(WMS)の一体型システムのことです。

受注を管理するEC事業者様と、発送業務を担う倉庫側が同一システムを利用するため、受注業務から出荷までスピーディーかつミスのないオペレーションが可能です。

ロジレスは、2017年9月よりShopifyとのAPI連携を開始し、日本国内では早い段階で、API連携に注力をしていました。早期参入が功を奏して、2022年10月末時点で導入企業は700社以上と、多くのEC事業者様に選ばれています。

ロジレス導入企業の自動出荷率は平均90%を超えており、ほとんどの出荷指示を自動化できる仕組みとなっています。

Shopifyの概要|人気急上昇のECカートシステム

Shopifyとは世界175カ国、100万店舗以上の事業者が利用するECプラットフォームのことです。2004年にカナダで創業され、2017年に日本語対応となったことをきっかけに、日本国内でも多くの企業が利用しています。

Shopifyは、システムの専門知識がなくとも簡単にECサイトを開設・運営できる点が特徴です。誰でも国内外でのオンライン販売ができる手軽さに魅力があります。

また、デザインを自由にカスタマイズできるため、ブランドイメージを十分に表現できる点も多くのEC事業者様に選ばれている理由の一つです。

拡張性が高いECプラットフォーム「Shopify」をECサイトに選択する企業が増加しており、API連携に定評のあるロジレスを同時導入する企業が増えています。

ロジレスと連携できるShopifyの項目

ロジレスは、2021年よりShopify公式アプリをリリースし、ShopifyとのAPI連携がさらにスムーズになりました。

ロジレスと連携できるShopifyの項目は次のとおりです。

  1. 受注情報を取得できる
  2. 出荷情報が反映される
  3. 在庫情報を連動できる

受注情報を取得できる

Shopifyで販売された受注情報は、ロジレスに自動取り込みが可能です。

OMSとWMSのシステムが分かれていると、手作業で受注データを出荷管理システムに移動させる必要があり、手間がかかります。

ロジレスであれば自動連携されるため、非効率な手作業を削減し業務効率を向上できるメリットがあります。

出荷情報が反映される

ロジレスとShopifyの連携により、商品の出荷処理後、ロジレス上で完了処理を行なうことで、Shopifyへ出荷情報(配送会社・配送追跡番号)の自動連携が可能です。

自動化によって、メール連絡漏れなどによる人的ミスが減るだけでなく、顧客に対してレスポンスが早まり、顧客満足度の向上にもつながる点も魅力の一つです。

在庫情報を連動できる

ロジレスとShopifyは在庫情報が連動できます。受注情報をもとにロジレスが必要な在庫を差し引き、販売できるフリー在庫数をShopifyに連動が可能です。

在庫連動は、約10分間隔で行なわれるため、常に正確な在庫数を反映できるメリットがあります。

ロジレスとShopifyを連携するメリット

Shopify上においても在庫管理は可能ですが、ロジレスと連携させることで、さらに便利に利用できます。ここからは、ロジレスの連携メリットを以下の内容に沿って解説します。

  • 多店舗運営の在庫管理を一元化し、欠品を防ぐ
  • 連携時に操作いらずで誤出荷を防止
  • リアルタイムで受注情報を倉庫に連携し効率化

多店舗運営の在庫管理を一元化し、欠品を防ぐ

ECサイトを複数運営するEC事業者様のなかには、在庫管理を手作業で行なっているケースも少なくありません。

複数店舗の管理には手間も労力もかかり、出荷件数が増えると管理方法が煩雑化し、在庫を正確に把握することが難しくなります。欠品しやすくなり、販売機会損失だけでなく、店舗に対しての顧客の印象が悪くなってしまうことも懸念されます。

ロジレスであれば多店舗運営であっても、在庫管理が一元化できるため、欠品を未然に防げるメリットがあります。

また、業務が簡素化されることで最小限の人員で運営できるようになり、人件費の削減も期待できるでしょう。

連携時に操作いらずで誤出荷を防止

OMSとWMSが別システムの場合、受注データをWMSに移動するために、CSVファイルでの受け渡しや取り込み作業が発生します。

ロジレスでは、受注管理・在庫管理・出荷指示・出荷情報の連携まですべて同一のシステムを利用するため、システム間で受注情報を受け渡す手間がありません。

自動連携によって、操作ミスなどによる誤出荷を防止できる点も大きなメリットです。

リアルタイムで受注情報を倉庫に連携し効率化

ロジレスとShopifyをAPI連携することで、受注情報が10分に一度自動連携されるため、EC事業者様が手作業で出荷指示を行なう必要がほとんどありません。

また、ほぼリアルタイムで受注情報が把握できることで、倉庫側も出荷指示を待つ時間がなくなります。従業員の手を止めることなく出荷作業を進められるため、効率よく出荷作業を行なえるメリットがあります。

ロジレスと発送代行を併用する際の注意点

ロジレスを提供している株式会社ロジレスは、システム会社のため、出荷業務の対応はできません。そのため、出荷をする際には自社対応もしくは発送代行業者に依頼が必要です。

EC事業者様がロジレスを利用する場合、1アカウントにつき月額22,000円(税込)が発生します。発送代行を利用する際はそのほかに、保管料、出荷にかかる入出庫料、資材代や運賃などの費用が別途必要なため、注意してください。

EC事業者様が倉庫事業者との取引がない場合、ロジレス側が倉庫事業者を紹介してくれる仕組みもあります。ただし、発送代行費用は倉庫事業者によって異なるため、料金が明確に提示されている倉庫事業者を選ぶことをおすすめします。

富士ロジテックホールディングスはロジレス導入企業

富士ロジテックホールディングスでは、ロジレスを導入したことで、EC事業者様のさまざまなご要望に応えられる体制が整うなど、大きなメリットがありました。

ここでは、ロジレス導入の魅力を具体的に解説します。

パーソナライズ化された同梱物の封入

ロジレスでは、条件別の出荷指示を簡単に自動化できるため、顧客ごとにパーソナライズされた梱包も混乱なく対応可能です。

たとえば「初回注文の方には、製品カタログを入れる」「一定金額以上の購入者に特典をつける」などの出荷指示に対しても、ロジレス上で設定することで問題なく処理が出来るようになりました。

ブランド拡販や商品ごとのマーケティング施策など、複雑になりやすい出荷指示も柔軟に対応できるため、多くのEC事業者様に喜ばれています。

他拠点管理で配送コストの削減

ロジレスは、データ分析に必要な情報収集が容易であることも魅力です。

ロジレス上で公開されるAPIより必要情報を取得し、分析ツールに取り込むだけでさまざまな情報が揃うためです。具体的には、購入者の住居エリアや購入サイト、年齢層などが挙げられます。

EC事業者様のなかには、情報収集した購入層分析データをもとに複数の拠点に倉庫を配置したことで、年間1,000万円の配送コスト削減ができた成功事例もあるとロジレス公式サイトで紹介されています。

受注住所の情報をもとに最適な倉庫から自動出荷ができることもロジレスの特徴的な機能です。それにより、リードタイムが短縮され、顧客満足度向上にもつながっています。

安心の明朗な料金設定

EC事業者様のロジレス利用料金は、下表のように基本料金+月間出荷数に応じて出荷単価が変動する「従量料金」となっています。

出荷件数に応じて追加料金が区分けされるため、毎月の利用料金の算出が容易な点も魅力です。

システム利用料金

22,000円(税込)/月額

(1倉庫利用・月間500件までの出荷料金を含む)

 

月間出荷件数

501~

5,000件

5,001〜10,000件

10,001〜15,000件

15,001〜20,000件

20,001件〜

1件あたり出荷単価

20円

10円

6円

4円

2円

参考:LOGILESS「EC事業者さまのご利用料金

また、富士ロジテックホールディングスの発送代行にかかる料金は以下の通りです。

すでにロジレスを導入しているため、導入期間は最小限で済み、スムーズに発送代行を活用いただけます。

ロジレスとShopifyの連携で出荷を自動化!

ロジレスとShopifyを連携することで受注管理・在庫管理・出荷指示・出荷完了までの業務の自動化がかないます。

ロジレス導入により、受注管理から出荷までの手間がかかる事務作業を90%以上削減ができるため、大幅な業務改善、人件費削減が期待できるでしょう。

富士ロジテックホールディングスでは2019年1月よりロジレスを導入し、発送代行業務を担っています。EC事業者様のご要望に合った最適なサービスのご提案も可能です。まずはお気軽にご相談ください。

 

<関連記事>

【ロジ レス連携倉庫が語る】システム活用によるEC受注〜出荷自動化のススメ

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

梅山茜

ライター

梅山茜

物流会社でEC発送代行のバックオフィス業務に従事する複業ライター。好奇心旺盛な性格で、過去に営業職や販売職、医療ソーシャルワーカーなどを経験。豊富な経験を活かして物流、医療・福祉、資格、ライフスタイル記事など幅広い分野の執筆を担当する。カテゴリー問わず、便利で使いやすい商品やサービスを求めて、ネットサーフィンを繰り返す日常を送る。趣味は旅行とレトロモダンなカフェ巡り。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

EC向け発送代行サービスとは?選び方とおすすめの発送代行業者を7社紹介
EC向け発送代行サービスとは?選び方とおすすめの発送代行業者を7社紹介
EC物流の需要が加速し、発送代行会社も徐々に増えている傾向にあります。選択肢の幅が広がる一方、利用を検討する方にとって選ぶのが難しい現状があるでしょう。なぜなら料金体系が異なるうえに項目が細かく、さらに業者ごとに代行の対応範囲も変わっ...
続きを読んでみる
Amazon・楽天・ヤフーを7つの出品者視点で徹底比較【購入者視点の解説もあり】
Amazon・楽天・ヤフーを7つの出品者視点で徹底比較【購入者視点の解説もあり】
Amazon・楽天・ヤフーは3大ECモールと呼ばれ、他のモールと比較しても圧倒的な利用率を誇っています。 選択肢が多いと、出店する際に何を基準としてモールを決めたらよいか悩みますよね。 そこで本記事では、出品者と消費者の視点の両方から...
続きを読んでみる
ヤフーが定める優良配送とは?条件やメリット、土日の取扱まで徹底解説!
ヤフーが定める優良配送とは?条件やメリット、土日の取扱まで徹底解説!
Yahoo!ショッピングでは、2020年12月から配送品質の向上を目指した優良配送の取り組みが始まりました。 2022年8月には、優良配送に認定された商品を優先的に上位表示する取り組みも始まり、優良配送の重要度がますます高まっています...
続きを読んでみる
在庫管理におけるSKUとは?改善できる管理方法紹介
在庫管理におけるSKUとは?改善できる管理方法紹介
在庫管理を成功へと導く鍵、「SKU」とは一体何でしょうか?この記事では、SKUがもたらす効率化とその具体的な管理方法について、商品識別から物流改善まで幅広くご紹介します。SKUの基本から最先端の活用法まで、明確かつ実践的な知識をお届け...
続きを読んでみる
3温度帯とは?4温度帯との違いや冷凍・冷蔵倉庫の温度について解説
3温度帯とは?4温度帯との違いや冷凍・冷蔵倉庫の温度について解説
3温度帯とは、保管や輸配送において温度を区分けして指定することを意味します。温度区分は商品の特性によって分けられており、品質を守るために重要なシステムです。 3温度帯がなければ、生鮮食品や冷凍食品などの温度管理を必要とする商品を遠方に...
続きを読んでみる
EC事業者必見!物流コストを削減するコツ
EC事業者必見!物流コストを削減するコツ
ネットショッピングの普及により、物流の重要性が増す中、EC事業者にとってコスト削減は避けて通れないテーマです。本記事では、物流コストを賢く削減し、ビジネスを加速させるヒントを提供します。物流コストの現状理解から3PLの利用、在庫管理の...
続きを読んでみる
転売対策から売上向上までメーカー/D2C企業様と伴走するサービスを拡充
転売対策から売上向上までメーカー/D2C企業様と伴走するサービスを拡充
自社のビッグデータを用いてECブランドの販売支援とブランド育成の2事業を展開する株式会社ACROVE(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:荒井 俊亮、以下ACROVE)はこの度、メーカー/D2C企業向けに、主要なモールである楽天市場...
続きを読んでみる
コールドチェーンとは?3つのメリットと課題を徹底解説【市場規模は拡大傾向】
コールドチェーンとは?3つのメリットと課題を徹底解説【市場規模は拡大傾向】
商品が生産されてから消費者の手に届くまで、一定の温度を保つことにより品質を維持するコールドチェーン。高齢化や独身世帯の増加、コロナによる巣ごもり需要などが背中を押し、市場は拡大しています。 一般社団法人日本冷凍食品協会によると、201...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー