西間木 智
西間木 智

物流会社で20年経験しD2C EC スタートアップから中規模、大規模のeコマース事業者へフルフィルメントサービスの提供や物流の見直し・改善、スピード配送、複数拠点展開を設計して提唱している。 事業者様の売上貢献するために 「購買体験」 「リピート施策」 「Unboxing」 やOMO対応での「オムニチャネル」 「返品交換物流」 を提案し、事業者と常に伴走して最新の物流設計を試みる。

発送代行の選び方とは?楽天APIと連携するメリットを解説

注文管理システム・OMS 物流代行 発送代行

EC運営において、発送業務は負担が大きくトラブル対応を必要とする可能性があります。そこで、発送代行会社を利用することで手間が減るだけでなく専門家が対応することにより消費者満足度の向上にもつながります。

楽天からの発注を自動化するにはAPI連携が必要ですが、発送代行を利用する場合にも活用することが可能です。つまり、発送代行を利用してAPI連携をすることで発送業務において大幅に業務を軽減できます。

発送代行とは

発送代行とは、発送に関連する業務全体を代行してくれるサービスです。入庫を含む在庫管理や商品の保管、包装など発送業務に関連するさまざまなサービスを提供している代行業者が増えています。

発送代行が増えた背景

インターネットやスマートフォンが普及したことにより、ECサイトを利用する人が増えています。ECサイトを活用することで販路が広がることから、導入する企業が増えています。しかし、売れれば売れるほど配送業務において負担が増える側面もあります。

そこで、発送関連の業務を代行してくれる発送代行の需要が高まっているのです。業務負担が減るだけでなく、経験やノウハウを活用してより効率的な発送をすることで消費者満足度向上につながります。

発送代行が対応できる分野

発送代行によっても異なりますが、化粧品や衣類、小物、食品などさまざまな商品を扱えることが一般的です。逆に扱えない商品もあるため、前もって確認をすることが必要です。

発送代行の特徴

発送代行によっては、対応できる内容や専門分野などが異なります。在庫保管やピッキング、梱包、発送などの基本業務以外にラッピングやシール貼りなどの加工作業を依頼できる場合もあります。発送代行を依頼することで、自社で在庫を抱えることも不要です。

さらに、発送代行は発送業務において専門知識を持っており発送ミスを減らせます。このため消費者の満足度向上につながります。発送代行に依頼することでコスト削減も可能です。発送業務にはさまざまなプロセスがあり、人材リソースが多く必要になります。さらに、倉庫や管理システムなど自社ですべてを準備すると高額な出費が必要です。そのため、配送代行に依頼することでコスト削減につながる可能性があります。

発送代行サービスの選び方

楽天市場の利用者が発送代行会社を選ぶ場合、次のようなポイントが挙げられます。

  • 楽天とAPI連携ができること
  • 最低出荷数
  • 柔軟性

楽天とAPI連携ができること

楽天からの受注を発送代行会社とAPI連携させることにより、受注の取込や荷物番号、受注情報等の更新などを自動化でき業務効率化につながるのです。代行会社によっては、APIに対応していないため、自動化するためにはAPIに対応しているかどうかの確認が必要です。

最低出荷数

発送代行サービスによって、最低出荷数が異なります。そのため、扱う商品の量が最低出荷数を越えているかどうかを確認することが必要です。代行サービスによっては、最低出荷数が決まっていない場合もあります。

柔軟性

発送代行業者によって柔軟性が異なります。例えば、扱う商品の量が増えた場合に保管スペースを増やすかどうかや梱包資材の改善ができるなど、臨機応変に対応できる発送代行会社を選ぶことが重要です。

楽天APIとは

API(Application Programming Interface)とは、アプリケーションやソフトウエアと、プログラムをつなぐことです。つまり、自社のアプリケーションを他のサービスやアプリケーションと連携することで、機能性を拡張でき利便性が高まります。

楽天APIの仕組み

楽天APIとは、楽天が持つカード情報やオークション商品、ジャンル構造などをはじめとした情報を誰でも利用できるようにしたAPIです。楽天商品検索APIや楽天ブックス検索APIなどさまざまな種類があります。簡単なリクエストを送るだけで、豊富な種類のある楽天コンテンツの情報を返すといった仕組みです。

楽天API取得に必要なこと

楽天APIを取得するためには、アプリIDの登録が必要です。楽天のアカウントを持っていれば、アフィリエイトIDやアプリIDを簡単に取得できます。楽天APIのアプリ登録は、Rakuten Webservice から取得可能です。

楽天からの受注を発送代行とAPI連携によりできること

楽天からの受注を発送代行とAPI連携させると、次のことができるようになります。

  • 受注における自動取込
  • 受注した内容の更新
  • 発送したあとの荷物番号を自動で取得
  • 楽天RMSにおけるステータス変更楽

受注における自動取込

楽天から消費者が購入した時点で、受注情報を自動的に取り込めます。購入してから発送までスムーズに進められることで、業務負担を減らすだけでなく購入者の満足度向上にもつながるのです。

受注した内容の更新

受注した情報が変更になった場合でも、最新の情報に自動的に変更されます。そのため、変更した内容を倉庫に連絡するなどの手間を減らすことが可能です。自動的に情報が更新されるため、連絡ミスをはじめとしたヒューマンエラーの発生を防げます。

発送したあとの荷物番号を自動で取得

発送したあと、荷物番号を自動で取得できます。荷物番号を設定したりほかの担当者に伝えたりする必要がないため業務効率化につながります。さらに、ヒューマンエラーの防止も出来るため、発送業務の質を高めることが可能です。

楽天RMSにおけるステータス変更

楽天RMS(Rakuten Merchant Server)とは、店舗運営システムのことです。楽天RMSにおける受注管理機能において、API連携することで、受注データを自動反映できます。そのため手間を減らし業務効率化につながります。

受注を一元管理できるサービス

ロジレスは、ECショップにおいて、受注業務から出荷業務まで一連のプロセスを自動化できるシステムです。楽天や自社サイトにおける受注を一元管理でき、API連携も可能です。受注してから出荷するまで手作業でおこなうと、手間や時間がかかるほかヒューマンエラーが発生する可能性があります。

しかし、API連携することで受注情報の管理や配送準備まで自動化することが可能です。さらに、一元管理できるためそれぞれの業務における状況を可視化できるようになります。ロジレスは2022年10月の時点で月間出荷1,000件以上のEC事業者が700社以上利用しているシステムです。

OMS・WMS一体型システムのLOGILESSなら、手作業でのデータ連携不要。10分に1回の間隔で注文情報データが倉庫事業者さまの画面に連携され、自動で出荷指示を出すことができます。

LOGILESS利用しているEC事業者さまは全注文の90%以上の自動出荷が実現でき、毎日の出荷オペレーションでほぼ何もしなくていい状態を実現できます。

引用: ロジレス

まとめ

EC業務において、発送業務が大きな負担となる可能性があります。しかし、発送ミスをすると消費者の満足度低下につながります。そこで、代行会社の利用が一般的です。さらに、API連携をすることで、受注情報を自動的に共有できることから手間やヒューマンエラーを防げます。

楽天や自社サイトなどによる受注を一元管理でき、さらにAPI連携をできるサービスを利用することで受注管理や配送業務などをスムーズに進められます。

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

西間木 智

監修者

株式会社富士ロジテックホールディングス

西間木 智 / 通販営業部 部長

物流会社で20年経験しD2C EC スタートアップから中規模、大規模のeコマース事業者へフルフィルメントサービスの提供や物流の見直し・改善、スピード配送、複数拠点展開を設計して提唱している。 事業者様の売上貢献するために 「購買体験」 「リピート施策」 「Unboxing」 やOMO対応での「オムニチャネル」 「返品交換物流」 を提案し、事業者と常に伴走して最新の物流設計を試みる。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

出荷作業を改善する5つの秘訣!改善フローと事例も紹介!
出荷作業を改善する5つの秘訣!改善フローと事例も紹介!
出荷作業とは、受注してから荷物を発送するまでの各工程を指します。工程が多く、ミスが発生しやすい作業です。 度重なるミスの発生は、物流業務全体の作業効率を低下させる要因の一つであり、会社全体の売上にも大きく影響します。とはいえ、出荷業務...
続きを読んでみる
物流アウトソーシングとは?メリット・デメリットや費用、導入事例を紹介
物流アウトソーシングとは?メリット・デメリットや費用、導入事例を紹介
近年、EC事業の拡大にともなうリソースや商品保管場所の不足から、物流アウトソーシングを検討する企業が増えています。 アウトソーシングは入念な打ち合わせにより予算やニーズに合う委託先を見つけることが重要です。コストの削減や事業の拡大が実...
続きを読んでみる
在庫差異(棚卸差異)が起こる理由は?差異発生による影響、予防策まで解説!
在庫差異(棚卸差異)が起こる理由は?差異発生による影響、予防策まで解説!
在庫差異(棚卸差異)とは、実在庫数と帳簿在庫数が合っていないことです。在庫差異の発生は、原因追及に時間を要するだけでなく、正確な在庫管理が出来ていないことによる生産性の低下、販売機会の損失など、経営状況を悪化させるさまざまな悪影響を受...
続きを読んでみる
物流の移転時期、検討のポイントと最適タイミング
物流の移転時期、検討のポイントと最適タイミング
物流の最適化はビジネスにおいて不可欠な要素です。しかし、物流拠点の移転を決定する際は、そのタイミングが重要になります。いつ、どのように移転すれば効率とコストのバランスを達成できるのか、その決断は複数の要因を考慮した緻密な戦略が求められ...
続きを読んでみる
通販物流とは?課題と成功のポイントを解説【完全版】
通販物流とは?課題と成功のポイントを解説【完全版】
通販物流は流通加工や返品・交換などの細かい作業がふくまれるため、 作業時間が非効率 人員の確保ができない 人的ミスが多い などお悩みの企業様も多いのではないでしょうか。 結論からいえば、物流代行会社にアウトソーシングすることで人手...
続きを読んでみる
送り状とは?書き方と注意点、ヤマト・佐川・ゆうパックの発行サービスを解説
送り状とは?書き方と注意点、ヤマト・佐川・ゆうパックの発行サービスを解説
「送り状」には、物流用語で使われるものと、ビジネス書類の添え状として使われるものとの2種類があります。 この記事では運送状として使われる「送り状」について、混同しやすい用語との違いから書き方の注意点まで解説します。 送り状のタイプは2...
続きを読んでみる
EC物流倉庫とは?特徴や種類、費用、委託先の選定方法まで解説!
EC物流倉庫とは?特徴や種類、費用、委託先の選定方法まで解説!
近年ECサイトの普及により、インターネットで商品を購入する仕組みが一般的になりつつあります。注文数の増加に応じて抱える在庫数も増えるため、物流全般の業務を委託できるEC物流倉庫を利用する企業も増えています。 商品の売れ行きが好調で嬉し...
続きを読んでみる
複数拠点で実現するEC物流のスピード配送とは?
複数拠点で実現するEC物流のスピード配送とは?
ECビジネスの競争が激化する中、複数拠点を駆使したスピード配送が注目されています。消費者の即時性への要求が高まりつつある今日、複数拠点物流が物流効率を飛躍的に向上させ、顧客満足度を高めるカギとなっています。この記事では、複数拠点による...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー