富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

EC事業者必見!物流コストを削減するコツ

物流コスト

EC事業者必見!物流コストを削減するコツ

ネットショッピングの普及により、物流の重要性が増す中、EC事業者にとってコスト削減は避けて通れないテーマです。本記事では、物流コストを賢く削減し、ビジネスを加速させるヒントを提供します。物流コストの現状理解から3PLの利用、在庫管理の最適化、パッケージングの改善、配送効率アップ、返品コストの低減方法、最先端テクノロジーの活用による革新的手法まで、すぐに取り入れられる実用的なコツを解説していきます。物流コスト削減のステップを踏んで、EC事業のさらなる成長を目指しましょう。

EC物流コストの現状と削減の必要性

EC市場が急拡大を続けられるなかで、物流コストは事業運営において中心的な課題となっていません。配送効率の向上や顧客満足度の高まりを目指しつつも、物流コストは膨らみがちな状況でございます。このコストを抑制することは、利益率の改善だけでなく、競争力を高める上でも非常に重要です。物流コストの削減を実現するためのアプローチは多岐にわたるが、全ての企業が取り組めるとは限りませんので、自社の現状を的確に把握し、最適な戦略を立案することが求められます。

なぜ物流コストがEC事業の重要な課題なのか

物流コストがEC事業において重要な課題とされる理由はいくつかあります。まず一つ目として、配送および保管コストが商品の価格に大きく影響を与えるためです。消費者は低価格で高品質な商品を求める傾向にあるため、物流の効率化は直接的に競争力を左右することになります。次に、EC市場の拡大に伴い、顧客の期待値も高まっていることから、迅速かつ精密な物流体制が求められています。また、環境負荷低減への社会的要求が高まるなか、エコフレンドリーな物流の実現も注目されているため、この点でも物流コストの削減は大きなテーマといえます。

物流コスト増加の主な要因

物流コストが増加する主な要因として挙げられるのが、配送網の複雑化です。ECのグローバル化が進むにつれて、異なる国や地域への配送が必要になるため、それに伴うコストが重なることがあります。また、顧客ごとの細かな配送要望に対応するためには、フレキシブルな物流体制が求められるが、これがコストアップにつながることも少なくありません。労働力不足や配送手段の制約などもコスト増加の一因となっています。

コスト削減がEC事業に与える影響

物流コストの削減は、EC事業に対して相当の影響を及ぼします。第一に、コストダウンが実現すれば、商品価格の低下に貢献し、より多くの顧客を引きつけることになります。これによって売上の向上が見込まれます。また、効率的な物流体系を確立することは、顧客からの信頼性や満足度を高めることにも繋がります。その結果、ブランド価値の向上やリピーターの獲得にも効果的であるため、長期的なビジネス成長を支える基盤となり得るのです。

コスト削減のために 3PLを理解する

コスト削減のために 3PLを理解する

経済的な観点から、EC事業者が抑えるべき重要なコストのひとつに物流コストがあります。多くの事業者がこのコスト削減を実現する方法として、第三者物流、すなわち「3PL(サードパーティーロジスティクス)」を活用しています。3PLは、商品の保管から梱包、配送までを一手に引き受けるサービスで、専門的な知識とインフラを有する業者によって提供されます。EC事業者にとって3PLを理解し、適切なサービスを利用することは、コスト削減や効率化、品質の向上に直結するため、非常に大切であると言えます。

3PLとは何か 名称の意味ともたらすメリット

「3PL」という用語は、「Third-Party Logistics」の略で、直訳すると「第三者による物流」を意味します。EC事業者が直接物流業務を行わず、専門の物流サービス業者に委託することで、高度な物流管理サービスを享受することができます。3PLのもたらすメリットとして、まず、物流に関わる複雑な業務を外部のプロに委託することで、事業者自身は核となるビジネス活動に集中することができるようになります。また、物流のスペシャリストが最適な手法で業務を進めるため、配送効率の向上、コスト削減、顧客満足度の向上といった様々な利点が生まれます。さらに、大規模な物流センターや高度な管理システムなどのインフラを利用することが出来るため、小規模な事業者でも大企業と同等の物流品質を提供することが可能になる点も大きな利点です。

3PLを選択する際の重要ポイント

3PLを選択する際にはいくつかの重要なポイントがあります。まず、自社のニーズに合ったサービスを提供しているかどうかを検討する必要があります。たとえば、国際輸送が多い事業であれば、国際物流に強い3PLを選ぶべきでしょう。その他にも、物流費用の透明性、サービスの柔軟性、システム技術の先進性、安全管理の徹底などが選択基準になります。また、事業者と3PL業者のコミュニケーションがスムーズに行えることも重要で、問題が発生した場合に迅速に対応できる体制が整っているかを確認する必要があります。提携する3PL業者を慎重に選び、長期的なパートナーシップを築くことが重要となります。

3PLサービス導入事例と成功のカギ

3PLサービスの導入事例を振り返ると、成功に導いたキーファクターがいくつか浮かび上がります。大手EC事業者は商品管理や配送スピードを向上させるために、3PLとのタイトな連携を実現しています。具体的には、在庫や配送情報をリアルタイムで共有し、注文があったその瞬間から素早い対応が可能なシステムを確立しています。また、小規模ながら成長しているECサイトでは、3PLを利用して初めて国外への配送を手掛け、国際市場での販売を実現している例もあります。これらの事例から、3PLを成功させるカギは、信頼できる業者選びと密接な連携にあり、互いの強みを生かした協力関係が築けるかが決定的な要因であると言えるでしょう。

在庫管理を最適化して物流コストを抑える方法

在庫管理を最適化して物流コストを抑える方法

EC事業者が直面する大きな課題のひとつに、物流コストの削減があります。商品が過剰にストックされたり、不足したりすることは経営に大きな影響を及ぼすため、適切な在庫管理が求められているのです。在庫管理の最適化は、資金の無駄遣いを防ぎ、顧客への迅速な対応を可能にするため、コスト削減だけでなく顧客満足度向上にも直結します。そこで重要になるのが、リアルタイムでの在庫量把握と適切な在庫戦略の立案です。

在庫量を正確に把握するためのツールとテクニック

在庫量の正確な把握は、物流コスト削減のためには欠かせない要素です。現代では、バーコードシステムやRFIDタグを用いた自動化ツールが在庫管理の効率を格段に向上させています。これらのシステムを利用することで、商品の入出庫の記録が瞬時にでき、常に最新の在庫状況を把握することが可能になります。また、クラウドベースの在庫管理システムを導入することで、複数の販売チャネルを跨いでの在庫状況を一元管理でき、オーバーストックやアウトオブストックのリスクを減少させます。

オーバーストックとアウトオブストックの影響

オーバーストックは資金の凍結だけではなく、廃棄リスクや倉庫スペースの無駄遣いにつながります。一方アウトオブストックは顧客満足度の低下や、売り損ないの原因になりかねません。どちらも物流コストを不必要に膨らませる要因となるため、在庫の適正管理には特に注意が必要です。定期的な在庫監査を行い、データに基づいた在庫調整をし続けることが大切です。

需要予測に基づいた在庫戦略の立案

予測が難しいとされるEC市場の需要ですが、販売データや季節性、市場のトレンドを分析することで、ある程度の需要予測が可能です。この分析結果をもとに、販売計画と連動させた在庫戦略を立案します。たとえば、過去のデータから季節ごとの売れ筋商品を把握し、それらに対する在庫を積極的に確保するなどが考えられます。さらに、プロモーション活動やイベント期間の影響も考慮に入れ、より精密な在庫管理を実現することがコスト削減へとつながるのです。

パッケージングの改善でコストダウンを実現

パッケージングの改善でコストダウンを実現

物流コスト削減にとって、パッケージングの改善は欠かせない要素です。ラインナップの多様化や顧客ニーズの細分化が進んでいるEC事業者にとって、商品ごとに適切なパッケージを用意することは多大な作業とコストを要求される場合があります。しかし、その工夫次第では、コスト削減はもちろん、顧客満足度の向上にも繋がるため、さまざまな角度からの改善策が求められています。ここでは、効果的なパッケージング改善策を探り、無駄を削減し、費用対効果を高める方法を考察していきます。

パッケージ資材のコスト削減のコツ

パッケージングで使用する資材のコストを削減するためには、どのようなアプローチが効果的でしょうか。第一に、材料の軽量化や厚みの削減を図ることで、材料費自体を減らすことができます。第二に、リサイクル可能な資材を用いることで、再資源化の流れを創出し、コストだけでなく環境負荷の低減も期待できます。更に、積極的に標準化を進めることで、過剰なパッケージングを避け、不要なコストを削減することができるでしょう。同時に、パッケージングの効率化という観点から、作業の簡素化や自動化投資を検討し、長期的なコストダウンを図ることも重要です。

梱包工程の効率化で物流コストを節約

梱包工程を見直し、効率化を図ることで物流コストを節約する方法には、様々なアプローチが存在します。まず、作業員一人ひとりが最適な動きで梱包作業を行えるようにするためのトレーニングを徹底し、人的ミスや無駄な動作を減らします。次に、梱包資材を機能別に整理して効率よくアクセスできるレイアウトにすることで、作業時間を短縮できます。さらに、定型的な作業を機械化し、作業員がより付加価値の高い業務を行えるような体制づくりへとシフトすることが、中長期的なコスト削減につながるでしょう。

配送効率を上げる戦略

配送効率を上げるには、さまざまな要素が関係していり、具体的な戦略の策定が必要です。EC事業者にとって配送は、顧客満足度を直接左右する大きなポイントであり、速さだけでなく正確さも要求されます。効率的な配送システムを構築することは、物流コストを削減し、結果的に利益を最大化するためにも重要な要素となります。配送効率を上げることで、顧客からの信頼を築くことができる上に、リピート購入へつなげることができます。配送効率化のカギは、さまざまな配送方法や配送業者の精査、そしてそれらの運用方法を見直すことから始まります。

一括配送と分散配送の比較

一括配送と分散配送は配送効率を上げるための基本的な戦略ですが、それらの違いははっきりしています。一括配送とは、多くの商品をまとめて一箇所から配送する方法です。一方で、分散配送では、商品を複数の配送センターや倉庫に保管し、顧客の最寄りの場所から配送します。一括配送のメリットは、大量の商品を扱う際に効率的であり、管理が容易になることが挙げられます。しかし、顧客が全国に分散している場合や、商品によっては急速な配送が求められることがあるため、分散配送が有利な場面も少なくありません。分散配送の場合、配送までの時間を短縮できるほか、万が一の在庫切れなどのリスクも分散させることができるのです。

最寄り配送センターを利用するメリット

最寄り配送センターの利用は、配送効率を高めることに大きく寄与します。顧客の手元に迅速に商品を届けるためには、配送センターを地理的に最適な位置に設けることが不可欠です。これにより、配送にかかる時間とコストを抑えることができるのが大きなメリットです。また、最寄り配送センターからの配送では、道路の交通状況や気象条件などの影響を最小限に抑えることもでき、より安定した配送体制を確保できるのです。さらに、最寄り配送センターを利用することは、受注から配送までのリードタイムを短縮し、顧客満足度の向上に直結することになります。

複数配送業者の比較と選定方法

複数の配送業者を比較し選定することは、配送効率向上の鍵となります。各配送業者には強みと弱みがあり、それを把握した上で、自社の商品特性や顧客のニーズに合わせた最適な業者を選択する必要があるのです。選定時には、配送料金だけでなく、配送エリア、配送速度、荷物の取り扱いに関する評判、トラッキングシステムの充実度など、さまざまな要素を考慮することが重要です。加えて、柔軟な対応が可能な配送業者を選ぶことで、顧客からの特殊な配送要望にも応えやすくなります。現状と将来のビジネス展開を見据えたうえで、複数業者との連携を図ることが、より効率的な配送体系を築くためには欠かせません。

返品対策によるコスト削減のアプローチ

返品対策によるコスト削減のアプローチ

EC事業において、顧客満足度を保ちながら、物流コストを削減することは至難の技です。特に、オンラインショッピングの増加に伴い、返品の発生が一つの大きな課題となっています。多くの顧客が、商品が期待と異なる場合、無料で返品することができると考えているため、EC事業者は返品対策を強化していかなければなりません。返品率の低下とスムーズな返品プロセスの構築は、コスト削減に直結するため、様々なアプローチを検討していく必要があります。

返品率を下げるための商品説明の工夫

ECサイトにおける商品説明は、顧客が購入を決定する際に最も重要な要素の一つになります。誤解を生むような情報や不足している情報は返品率を高めてしまいます。したがって、商品説明ページでは、実際の商品を詳細に、かつ正確に表現することが求められます。高品質な写真や動画を使用して商品の特徴をわかりやすく表示したり、サイズや素材に関する情報を詳細に記載することが重要です。また、カスタマーレビューやQ&Aのセクションを充実させることで、購入前に顧客が疑問を解消できるように工夫していくことが、返品率を低下させるために効果的な手段となります。

スムーズな返品プロセスがコストに与える影響

返品プロセスのスムーズさは、顧客満足度に大きく寄与すると同時に、コスト削減にも繋がる重要な要素です。返品の手順が煩雑であると、顧客の不満が高まるだけでなく、運営側は多くの手作業を要するためコストが増大します。返品の申請をオンライン上で簡単にできるシステムを整え、払い戻しや商品の再配送も迅速に行えるような仕組みを構築することが大切です。それにより、顧客は安心して購入を決めることができ、事業者は返品に関わるコストを削減することが可能になります。

返品物流の最適化手法

返品された商品を効率的に処理し、ストックに戻すプロセスは物流コストを大幅に削減するポテンシャルを秘めています。返品物流を最適化するためには、最初に返品を分析して、多くの返品が発生している原因を特定することが重要です。そこから、返品を減らすための対策を講じつつ、返品された商品が再販されるまでの時間を短縮し、在庫コストの削減を目指します。バーコードやRFIDタグ等の技術を活用して返品商品を迅速に追跡し、適切な再配送先やリサイクル方法を決定することが効率的な物流サイクルを構築するカギになります。

まとめ 物流コスト削減でEC事業を加速させる

まとめ 物流コスト削減でEC事業を加速させる

物流コストはEC事業者にとって大きな負担となりがちであり、削減に成功することが業界内での競争力を高めるカギとなります。しかし、どのようにして物流コストを抑え、効率化を図るかは、事業の規模や性質によって異なるため、多角的な検討が必要です。本章では、物流コストを削減しながらEC事業をより加速させる方法に焦点を当てて、具体策を探っていきます。

適切な3PLのパートナー選びがカギ

物流業務を外部のサービスプロバイダーに委託するサードパーティーロジスティックス(3PL)は、EC事業者にとって重要な解決策のひとつです。しかし、多数存在する3PLの中から自社のニーズに合致したパートナーを見つけることは容易ではありません。はじめに、3PL企業の提供するサービスの質やコスト構造を詳細に比較すること、柔軟性やスケーラビリティに富むサービスを提供できるかを確認することが求められます。長期的なパートナーシップを視野に入れ、信頼できる関係を築くことが、物流コスト削減のための重要なポイントでしょう。

継続的なコスト監視と改善の重要性

物流コスト削減を実現するためには、一時的な措置ではなく、継続的な監視と改善が欠かせません。コストを見える化し、どの部分に無駄が存在するのかを常にチェックすることが大切です。また、市場動向や物流技術の進化に対応し、最新の物流戦略を取り入れることで、コストパフォーマンスを高めることが可能になります。効果的なコスト管理を行うことで、物流がビジネス成長の牽引力となるでしょう。

物流コスト削減を通じたビジネス成長戦略

物流コストの削減は、単に経費の節約に留まらず、ビジネスの成長戦略と深く関連しています。コスト削減によって生まれた余裕を、例えばマーケティング活動や新商品開発、それに顧客サービスの向上など、他の事業成長に直結する分野に再投資することが可能となります。また、コストパフォーマンスの向上は商品の価格競争力を高め、より多くの顧客に選ばれるきっかけを提供するでしょう。物流コスト削減は、EC事業の発展を加速するための大切なステップなのです。 

富士ロジテックホールディングスでは3PL物流会社として事業者と伴走させていただいております。

リアルタイム在庫管理や最適な梱包方法、最適な配送方法などを具体的に提案をさせていただき物流のコストダウンを計っております。

 

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

物流倉庫の移転方法|移転スケジュール、ポイントを解説
物流倉庫の移転方法|移転スケジュール、ポイントを解説
物流倉庫における保管スペースの逼迫、作業効率の低下などが理由で、倉庫移転を考える事業者は少なくありません。 しかし、すでに稼働中の物流倉庫を移転する場合、移転タイミングや連携に不備があると、出荷ができなくなるおそれがあるため、注意が必...
続きを読んでみる
冷凍配送とは?|適切な発送方法・梱包資材、注意点を解説
冷凍配送とは?|適切な発送方法・梱包資材、注意点を解説
冷凍配送とは、商品を冷凍状態で届ける配送手段の一つです。品質を維持したまま消費者に商品を届けられるため、野菜や肉、魚、乳製品などの食品を中心に取り扱うEC事業者に多く活用されています。 冷凍の商品は、配送時に温度管理が必要になるため、...
続きを読んでみる
通販物流とは?問題点と改善のポイントを解説【完全版】
通販物流とは?問題点と改善のポイントを解説【完全版】
通販物流には、流通加工や返品・交換などの細かい作業が含まれます。 作業時間が非効率 人員の確保ができない 人的ミスが多い などお悩みの企業様も多いのではないでしょうか。 この記事では、通販物流における問題点と課題をピックアップし...
続きを読んでみる
【レンタルビジネスの始め方】開業までのステップと必要な準備
【レンタルビジネスの始め方】開業までのステップと必要な準備
レンタルビジネスは環境に優しく経済的なビジネスモデルです。モノが溢れ人々の価値観が所有からシェアに移行しつつある現代、幅広い世代から支持を得ています。 商材は有形から無形のものまでアイデア次第で無限に可能性が広がっているため、これから...
続きを読んでみる
EC物流代行サービスとは?おすすめの代行会社15選を紹介
EC物流代行サービスとは?おすすめの代行会社15選を紹介
EC物流の需要が加速し、物流代行会社も徐々に増えている傾向にあります。選択肢の幅が広がる一方、利用を検討する方にとって選ぶのが難しい現状があるでしょう。 なぜなら料金体系が異なるうえに項目が細かく、さらに会社ごとに代行の対応範囲も変わ...
続きを読んでみる
EC物流とは?倉庫の選び方のポイントや物流代行会社10選を徹底解説
EC物流とは?倉庫の選び方のポイントや物流代行会社10選を徹底解説
ECサイトの運営にとって、EC物流は顧客満足度の向上や効率化、コスト削減などに欠かせない重要な要素です。 しかし、在庫管理や配送、返品処理などの課題が存在し、改善が求められます。本記事では、EC物流の改善ポイントや種類、物流代行サービ...
続きを読んでみる
ECサイトの在庫管理方法を徹底解説【3つのポイントも紹介】
ECサイトの在庫管理方法を徹底解説【3つのポイントも紹介】
事業の運営において経営に大きく影響を与える在庫管理業務。複数の販売チャネルを持つごとに在庫管理の難易度が上がるため、お悩みの方も多いでしょう。 そこで本記事では 3つの在庫管理の方法 在庫管理のポイント 在庫管理システムを利用するメ...
続きを読んでみる
【成功事例あり】レンタルビジネスのメリット・デメリット
【成功事例あり】レンタルビジネスのメリット・デメリット
レンタルビジネスについて「どのように収益が出せるのか?」「他社はどのような戦略で成功しているのか」など、疑問にお思いの方も多いかと思います。 結論から言うとレンタルビジネスで成功するポイントは、長期にわたり回転できる商材の選定と、自社...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー