梅山茜
梅山茜

物流会社でEC発送代行のバックオフィス業務に従事する複業ライター。好奇心旺盛な性格で、過去に営業職や販売職、医療ソーシャルワーカーなどを経験。豊富な経験を活かして物流、医療・福祉、資格、ライフスタイル記事など幅広い分野の執筆を担当する。カテゴリー問わず、便利で使いやすい商品やサービスを求めて、ネットサーフィンを繰り返す日常を送る。趣味は旅行とレトロモダンなカフェ巡り。

梱包代行のおすすめ業者12選!料金 やメリット、選定方法まで解説

梱包
梱包代行のおすすめ業者12選!料金 やメリット、選定方法まで解説

ECサイトの受注増加によって、自社での出荷業務が手に負えなくなり、納期に遅れるなど、苦い経験のあるEC事業者様も多いのではないでしょうか。

「業務効率化を図りたい」「手間のかかる作業を削減したい」など、現行の業務に課題を感じている場合は、梱包代行の利用も有効な手段の一つです。

梱包代行とは、出荷業務全般を代行できるサービスのことです。物流のプロが代行するため、高品質な作業・仕上がりが期待できます。

本稿では、梱包代行のおすすめ業者を12社紹介します。サービスや料金、メリット、選定方法まで解説するため、参考にしてください。

業者に委託できる梱包作業の内容

梱包代行を依頼する前に、業務を委託できる作業内容を把握しておくことが大切です。

一般的には、以下内容の依頼が可能です。

  • 商品や特性に合わせた梱包
  • 納品書、送り状、チラシ、パンフレットの同梱
  • 流通加工(検品・タグ付け・ギフトラッピングなど)
  • 出荷対応

なお、委託先によっては梱包だけでなく、物流業務をすべて委託範囲とする「フルフィルメントサービス」を提供する業者もあります。物流の運用全般の見直しや改善をしたい場合は、豊富なサポート体制が整っている業者に依頼するとよいでしょう。

富士ロジテックホールディングスでは、フルフィルメントサービスを提供しています。具体的なサービス内容については、「フルフィルメントとは?今さら聞けないEC物流の基礎知識」の記事をご覧ください。

梱包代行のおすすめ業者!特徴別12選

梱包代行のおすすめ業者!特徴別12選

梱包代行業者は豊富にありますが、委託する業者によって対応できるサービス内容が異なります。ここでは、サービスに特徴のある12社を紹介します。

梱包代行業者1.オリジナル梱包が可能【富士ロジテックホールディングス】

梱包代行業者1.オリジナル梱包が可能【富士ロジテックホールディングス】

出典:株式会社富士ロジテックホールディングス

富士ロジテックホールディングスの発送代行の特徴は、オリジナル梱包に対応できる点です。梱包箱の形状・サイズ・材料・色・ボックススタイルを選択可能です。

一般的な段ボールとは異なり、商品に応じて高級感のある梱包箱にしたり、ギフトボックスのような可愛らしいデザインにしたり、ブランドイメージに合わせてカスタマイズできる魅力があります。

オリジナル梱包によって顧客に特別感を与えられるため、他社との差別化だけでなく、顧客満足度の向上にもつながりやすくなります。

カスタムボックスの費用は、箱の種類・材質・寸法・カスタム箱のデザインによって異なるため、オリジナル梱包を検討する際は、お問い合わせください。

サスティナブルを意識した梱包も行っています。「サスティナブル梱包への取り組みでSDGsに貢献!梱包資材の事例も紹介」の記事をご覧ください。

\今なら保管料2ヶ月無料/

今なら保管料2ヶ月無料

梱包代行業者2.集荷時に梱包してくれる【ヤマト運輸】

梱包代行業者2.集荷時に梱包してくれる【ヤマト運輸】

出典:ヤマト運輸株式会社

ヤマト運輸がサービス提供する「ピック&デリバリー(マルチチャネル版)」は、出荷する荷物をまとめてヤマト運輸へ引き渡すだけで、梱包・発送の対応が委託できるサービスです。

初期費用と月額固定費用は発生しない仕組みで、1個あたり出荷作業料162円(税込)+運賃から利用可能です。従量課金体系のため、出荷件数が少ないEC事業者様もコストを抑えられるでしょう。

また、個人間で取引ができる大手フリマサイト「メルカリ」とヤマト運輸が提携した「たのメル便」の需要も高まっています。たのメル便は集荷依頼をするだけで、集荷・梱包・搬出まですべて委託できるサービスです。

出品者は梱包する手間を省けるため、運びにくい大型家具などでも気軽に出品可能です。プロの手によって、適切に梱包してもらえるため、安心して任せられる点が人気を集めています。

梱包代行業者3.ギフトラッピングに強い【結い人】

梱包代行業者3.ギフトラッピングに強い【結い人】

出典:株式会社結い人

株式会社結い人(以下、結い人)は、ギフトラッピングサービスに特化した梱包代行を行なっています。

ギフトラッピングを専門としているため、結婚祝いや誕生日、父の日・母の日など、あらゆるイベントに適した高品質なラッピング対応が可能です。

自社のECサイト上で、結い人のラッピングを販売をすることで、ギフトラッピングに関しては、資材費や人件費、デザイン費などのコストが一切かかりません。

梱包代行サービスは、保管費2,500円〜利用可能であり、月出荷数は0件からでも対応可能です。ギフト関連の商材を扱うEC事業者様は、利用メリットの大きい梱包代行業者です。

梱包代行業者4.料金が安い【サイテキ】

梱包代行業者4.料金が安い【サイテキ】

出典:株式会社サイテキ

株式会社サイテキは、料金の安さが特徴です。他社より1円でも高い場合は、それよりも安い金額を提示するなど、最低価格保証の取り組みを行なっています。

同社はEC事業も行なっており、自社で対応する入出荷・梱包経験を活かして、安価で出荷するノウハウを保有しています。宅配便60サイズ660円から出荷できるなど、他社に負けない低価格を実現しています。

さらに、倉庫移動手数料は0円となっており、現在の委託先のコストが高いと悩むEC事業者様におすすめの梱包代行業者といえるでしょう。

梱包代行業者5.実績が豊富【スクロール360】

梱包代行業者5.実績が豊富【スクロール360】

出典:   株式会社スクロール360

株式会社スクロール360(サンロクマル)は、物流代行サービス歴35年以上、100社以上の取引があるなど、豊富な実績のある梱包代行業者です。

豊富な実務経験のある梱包のプロが対応するため、高品質な梱包・発送業務がかないます。また、ラッピングや贈答用の熨斗、メッセージカードなどの対応もできるため、ギフト利用の顧客にも嬉しい特典をつけられるメリットも。

発送代行の利用料金は、取り扱っている商材や配送サイズ、倉庫内の運用方法によって異なるため、まずは見積りの依頼をするとよいでしょう。

梱包代行業者6.柔軟な対応力【サーガ】

梱包代行業者6.柔軟な対応力【サーガ】

出典:株式会社サーガ

株式会社サーガは、さまざまな変化に対応できる柔軟な体制が強みです。

梱包作業では、ラベル添付・包装・ラッピング・同梱・パッキングなど、幅広い業務を請け負える体制が整っています。業務の要望に合わせて、低コストで依頼できる点も魅力です。

また、梱包代行を通して運用の課題や問題点の解決に寄り添った提案をしてくれるため、

物流業務の運用に悩むEC事業者におすすめの梱包代行業者です。

梱包代行業者7.幅広い出荷に対応【ハコブ】

梱包代行業者7.幅広い出荷に対応【ハコブ】

出典:ハコブ株式会社

ハコブ株式会社は、キャンペーン賞品やサンプリング品の一括発送など、幅広い出荷に対応できる梱包代行サービスを提供しています。

一般的な通販商品だけでなく、家具や家電などの大型商品の梱包、特殊な形状の商品梱包、海外への出荷まで請け負っており、柔軟な対応力が魅力です。

また、ハコブは商品の出荷だけでなく、引越しの際に家財を梱包してくれる運送会社でもあります。別途オプション料金が発生するものの、引越し後の荷解き作業まで依頼可能なため、オフィス移転時などにも便利に利用できるでしょう。

梱包代行業者8.要望への高い柔軟性【コーリング】

梱包代行業者8.要望への高い柔軟性【コーリング】

出典:株式会社コーリング

株式会社CALLINGが提供するオーダーメイドロジでは、温度管理や許認可が必要な商品の梱包・出荷対応が可能です。顧客に合わせた細かな同梱作業や当日出荷対応など、要望に応えられる体制が整っています。

また、繁忙期や広告出稿時など、出荷量が通常よりも大幅に増加するタイミングでも、ミスや遅延なく対応できるスキルを持ち合わせています。

繁忙期のみの依頼もできるため、スポットで依頼したいEC事業者におすすめです。

梱包代行業者9.食品物流に特化【北王流通】

梱包代行業者9.食品物流に特化【北王流通】

出典:北王流通株式会社

北王流通株式会社は、食品物流に特化した梱包代行をしており、安全に食品を届けるためのノウハウを保有しています。

食品倉庫は、常温・冷蔵(チルド)・冷凍の3温度帯を完備し、在庫管理や賞味期限管理も精密に行っているため、安心して出荷依頼ができるでしょう。

また、さまざまな流通加工(シール・バーコード発行貼付、熨斗、ギフトラッピング)に対応できるだけでなく、24時間365日稼働しているため、土日祝日でも当日出荷が可能です。

高品質な梱包・出荷が必要となる食品関連のEC事業者に向いています。

梱包代行業者10.ギフト・完全包装が得意【西多摩運送】

梱包代行業者10.ギフト・完全包装が得意【西多摩運送】

出典:西多摩運送株式會社

西多摩運送株式会社は、ギフト包装・完全包装をはじめとする高い物流加工技術で、業務負担軽減のサポートができる体制が整っています。

大手百貨店主催の包装コンテストで入賞したスタッフも多く在籍するなど、包装作業の長年の経験とノウハウを保有しており、商品に付加価値を付けられる利用メリットがあります。

また、ラッピング以外の流通加工にも対応しており、熨斗の発行やメッセージカード、リボン掛けなどの依頼も可能です。

大手百貨店と同様の高品質な包装が依頼できるため、お中元・お歳暮や冠婚葬祭などのギフトを中心に扱うEC事業者におすすめです。

梱包代行業者11.精密機器専用サービス【佐川急便】

梱包代行業者11.精密機器専用サービス【佐川急便】

出典:佐川急便株式会社

佐川急便では、携帯電話やパソコンなどの精密機器を輸送する「精密機器宅配便」を提供しています。ドライバーが専用BOXを持参し、製品の梱包から対応する仕組みです。

専用のBOXは、繰り返し使用できる梱包資材を利用するため、梱包資材費を大幅に抑えられるメリットがあります。専用BOXの利用によって、輸送時の安全性と機密性を守れるため、精密機器の修理を行うサービスを提供する事業者に向いています。

梱包代行業者12.包装試験サービスを実施【SBSリコーロジスティクス】

梱包代行業者12.包装試験サービスを実施【SBSリコーロジスティクス】

出典:   SBSリコーロジスティクス株式会社

SBSリコーロジスティクス株式会社では、取り扱い商品にマッチするよう独自開発した資材を使用しています。

資材の開発時には、包装管理士などの資格保有者が企業へヒアリングを行い、製品の特性や物流における条件などの情報をもとに調査分析をします。資材運用前には、専用施設で包装試験を行い、振動や衝撃、落下、圧縮への耐久テストを実施したうえで納品するなど、こだわり抜いたサービスを提供中です。

高い技術力で設計・開発した包装資材は、破損防止にもつながるため、高品質な梱包・出荷が期待できるでしょう。

梱包代行サービスの料金相場

梱包代行サービスを利用する際の、料金相場は以下のとおりです。

項目

概要

料金相場

入庫料

商品の入庫費用

15円〜30円/個

保管料

商品保管の費用

3,000円〜10,000円/坪

検品料

商品状態の確認費用

10円〜100円/個

ピッキング料

保管棚から商品をピックする費用

10円~30円/個

梱包・作業料

商品を梱包し出荷準備をする費用

150円~500円/個

運賃

商品を発送するための費用

340円〜1,300円/個

資材

 

商品発送時に必要な資材の費用

(段ボール・緩衝材など)

20円〜60円/個

システム利用料

倉庫管理システム(WMS)などの

導入・運用費用

30,000円〜100,000円/月

梱包代行を依頼する件数や作業内容によって料金が変わるため、利用検討時は見積り依頼をするとスムーズです。

また、梱包・発送業務だけでなく、物流業務全般を依頼するフルフィルメントサービスの利用によって、委託費用が安くなるケースもあります。自社で依頼したい内容とコストを比較して検討しましょう。

ポストインサイズの梱包箱には多くのメリットがあります。「EC事業者必見!ポストイン配達で再配達・対面不要!配送サービスを比較」の記事でご検討ください。

梱包代行サービスで得られる5つのメリット

梱包代行サービスで得られる5つのメリット

ここからは、梱包代行サービスの利用で得られるメリットを5つ紹介します。

  1. リソースを確保できる
  2. 品質向上が期待できる
  3. 煩わしい作業から解放される
  4. コスト削減につながる
  5. 自社スペースを有効活用できる

リソースを確保できる

商品開発・受注管理・在庫管理・梱包・発送業務など、すべての業務を自社で対応している場合、注文数の増加によって出荷業務以外の業務に手が回らなくなるおそれがあります。

出荷業務がひっ迫してしまうと、在庫管理などの別の業務がおろそかになり、品切れなどによる販売機会の損失や顧客満足度の低下にもつながりかねません。

梱包代行サービスを利用することで、梱包・出荷業務をまるっと委託できるため、注文数に気を取られずに、新商品の開発や買付などのためのリソース確保ができるでしょう。

<関連記事>「梱包作業を簡単に効率化!改善のコツ8つと事例をECの現場から解説

品質向上が期待できる

梱包のプロに任せることで、商品に合わせて「適切な梱包ができる」ため、品質の向上につながります。梱包に不慣れなスタッフが対応した場合、梱包方法が甘く、商品によっては配送中に荷物が動いて壊れてしまうなど、低品質な梱包をするおそれがあるためです。

また、梱包状態が悪いと、見た目の印象も悪くなり、顧客満足度の低下にもつながります。

梱包のプロに依頼することで、商品サイズや形、重さに合わせた最適な梱包を行うため、品質向上につながり、顧客満足度の向上も期待できるでしょう。

綺麗なだけでなく、感動を提供する梱包もECおよびD2Cでは重要です。「開封の儀(Unboxing)で顧客体験(CXカスタマーエクスペリエンス)を演出」の記事を参考にしてみてください。

煩わしい作業から解放される

商品の梱包・発送業務と一口にいっても、在庫管理やピッキング作業・伝票作成・ラッピング・シール貼り・ノベルティ同梱など、幅広い業務があります。

出荷運用フローが確立できていない場合、手探りで作業することになってしまうため、商品の誤配送などの出荷ミスにつながるおそれがあります。ミスの対応に追われ、さらに時間が足らなくなる悪循環に陥る懸念もあります。

煩雑な梱包・発送業務をプロに依頼することで、確立した運用フローで効率的かつミスのない安定した出荷が可能に。煩わしい作業から解放され、自社商品の販売注力の企画など、本来行うべき業務に集中できるでしょう。

コスト削減につながる

梱包代行業者に業務委託することで、自社の人的コスト削減につながります。物流業務を担う人員を確保する必要がなくなるためです。

また、委託によって配送コストを削減できる可能性があります。出荷量に応じて、特約運賃を設ける配送業者もあるためです。多くの梱包代行を担う代行業者に依頼することで、委託のメリットを享受できるでしょう。

さらに、梱包のプロである代行業者は、商品に合った適切なサイズの箱や資材で梱包をします。「商品に対して箱が大きすぎる」などの無駄を省けるため、1箱あたりの配送料を抑えられる効果も期待できます。

自社スペースを有効活用できる

梱包代行業者に委託することで、自社で在庫管理スペースを確保する必要がなくなるメリットがあります。在庫保管分のスペースが空くため、事業規模を広げる際に自社のスタッフ増員にもスムーズに対応できます。

また、空いたスペースを使わない場合は、最低限の広さのオフィスに移転することで、賃料の削減にもつながるでしょう。

梱包代行サービス選定のポイント

梱包代行サービス選定のポイント

梱包代行サービスを利用すると、さまざまなメリットがあります。ただし、自社に適した梱包代行業者を選ぶためには、目的に合ったサービスが利用できるかを事前に確認しておく必要があるでしょう。

梱包代行サービスを選定するポイントは次のとおりです。

  1. 目的に沿っているか
  2. 費用対効果は期待できるか
  3. 扱う商材に適しているか
  4. 柔軟な対応ができるか

目的に沿っているか

梱包代行サービスを選定する際には、目的に合ったサービスが提供されているか確認することが大切です。

たとえば、梱包代行サービスの依頼目的が「コスト削減」だとします。

梱包料の安さだけで業者を決定してしまうと、依頼目的に沿わない結果になるおそれがあるため、注意しましょう。「想定よりも保管料が高い」「作業料の内訳が明確になっていない」など、料金面のトラブルだけでなく、商品の保管や梱包の質が悪く、返品が増加するリスクもあります。

契約後にトラブルにならないよう、さまざまなパターンを想定した料金見積りの依頼をすることが大切です。梱包の品質や梱包イメージは、実際に倉庫に足を運び、自分の目で確認しておくとよいでしょう。

費用対効果は期待できるか

梱包代行サービスを利用することで、品質向上や自社の優先すべき業務に集中できるなど、多くのメリットがあります。

とはいえ、費用面で赤字になってしまうと運営そのものが難しくなるおそれがあるため、費用対効果の検証は重要です。

梱包代行サービスは、梱包にかかる費用だけでなく、以下のように商品の保管料やピッキング料など、出荷業務を行うために必要なコストが発生します。

  1. 入庫料
  2. 保管料
  3. 検品料
  4. ピッキング料
  5. 梱包作業料
  6. 資材費
  7. 運賃
  8. システム利用料

自社の運用課題をピックアップし、梱包代行サービスの利用によって解決できるのかを検討したうえで、複数企業に見積もりを依頼し、コストをかけて委託するメリットがあるのかを検証しましょう。

扱う商材に適しているか

梱包代行サービスを利用する際には、自社製品や扱う商材が対応しているか事前に確認しておくとよいでしょう。食品や医薬品、大型家具などの梱包代行を依頼したい場合、代行業者によっては対応できないケースがあるためです。

具体的には、食品や医薬品は温度や賞味期限の管理ができる代行業者でなければなりません。また、大型家具の場合は、保管スペースが広い倉庫を持つ代行業者への依頼が必須です。

上記のように、特別な条件下での保管・出荷が必要な商材を扱っている場合は、あらかじめ専門の代行業者を選択するとよいでしょう。

柔軟な対応ができるか

梱包代行業者に依頼する内容は、取り扱う商品やキャンペーンによって、変動するものです。契約後に、依頼できない作業が発覚すると、新たな委託業者を見つける手間やコストが発生するリスクも。そのため、依頼したい業務内容を事前に想定しておき、確認しておくと安心です。

また、価格が安いという理由だけで梱包代行業者を決定するのも、おすすめできません。「資材の種類が限られている」、「ラッピングなどの流通加工に対応できない」など、必要な作業を依頼できない可能性があるためです。

契約前に、作業内容や業務体制をよく確認しておきましょう。

<関連記事>「ecサイトでの同梱物・梱包資材の重要性とは?物流管理の視点から

梱包代行を上手に活用して発送をラクにしよう

梱包代行を上手に活用して発送をラクにしよう

梱包代行サービスとは、物流のプロが梱包・発送までを代わりに対応してくれるものです。煩雑な梱包業務を代行依頼することで、EC事業者様は優先すべき業務に集中できるメリットがあります。

丁寧かつ迅速に梱包・発送に対応してくれるため、EC事業者様の業務負担を軽減するだけでなく、顧客満足度の向上にもつながる魅力あるサービスといえるでしょう。

富士ロジテックホールディングスでは、創業100年以上にわたる豊富な経験と実績で、EC物流代行・発送代行をサポートしています。食品や医療品、化粧品、大型商品などの取扱いも可能です。EC事業者様が抱える課題をヒアリングしたうえで、最適なサービス提案をいたします。まずはお気軽にお問い合わせください。

 今なら、倉庫保管料2ヶ月無料キャンペーン実施中。まずは、お気軽にご相談ください。

 

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

梅山茜

ライター

梅山茜

物流会社でEC発送代行のバックオフィス業務に従事する複業ライター。好奇心旺盛な性格で、過去に営業職や販売職、医療ソーシャルワーカーなどを経験。豊富な経験を活かして物流、医療・福祉、資格、ライフスタイル記事など幅広い分野の執筆を担当する。カテゴリー問わず、便利で使いやすい商品やサービスを求めて、ネットサーフィンを繰り返す日常を送る。趣味は旅行とレトロモダンなカフェ巡り。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

【事業者向け】アパレルECとは?管理の課題点と5つのポイント
【事業者向け】アパレルECとは?管理の課題点と5つのポイント
オンラインで衣服を販売するアパレルEC市場は成長を続けており、多くの事業者が成功を目指しています。 しかし、顧客のニーズ把握や優れた顧客体験の提供、物流と在庫管理の効率化、顧客とのコミュニケーション強化といった課題に直面することが少な...
続きを読んでみる
物流倉庫の移転方法|移転スケジュール、ポイントを解説
物流倉庫の移転方法|移転スケジュール、ポイントを解説
物流倉庫における保管スペースの逼迫、作業効率の低下などが理由で、倉庫移転を考える事業者は少なくありません。 しかし、すでに稼働中の物流倉庫を移転する場合、移転タイミングや連携に不備があると、出荷ができなくなるおそれがあるため、注意が必...
続きを読んでみる
冷凍配送とは?|適切な発送方法・梱包資材、注意点を解説
冷凍配送とは?|適切な発送方法・梱包資材、注意点を解説
冷凍配送とは、商品を冷凍状態で届ける配送手段の一つです。品質を維持したまま消費者に商品を届けられるため、野菜や肉、魚、乳製品などの食品を中心に取り扱うEC事業者に多く活用されています。 冷凍の商品は、配送時に温度管理が必要になるため、...
続きを読んでみる
通販物流とは?問題点と改善のポイントを解説【完全版】
通販物流とは?問題点と改善のポイントを解説【完全版】
通販物流には、流通加工や返品・交換などの細かい作業が含まれます。 作業時間が非効率 人員の確保ができない 人的ミスが多い などお悩みの企業様も多いのではないでしょうか。 この記事では、通販物流における問題点と課題をピックアップし...
続きを読んでみる
【レンタルビジネスの始め方】開業までのステップと必要な準備
【レンタルビジネスの始め方】開業までのステップと必要な準備
レンタルビジネスは環境に優しく経済的なビジネスモデルです。モノが溢れ人々の価値観が所有からシェアに移行しつつある現代、幅広い世代から支持を得ています。 商材は有形から無形のものまでアイデア次第で無限に可能性が広がっているため、これから...
続きを読んでみる
EC物流代行サービスとは?おすすめの代行会社15選を紹介
EC物流代行サービスとは?おすすめの代行会社15選を紹介
EC物流の需要が加速し、物流代行会社も徐々に増えている傾向にあります。選択肢の幅が広がる一方、利用を検討する方にとって選ぶのが難しい現状があるでしょう。 なぜなら料金体系が異なるうえに項目が細かく、さらに会社ごとに代行の対応範囲も変わ...
続きを読んでみる
EC物流とは?倉庫の選び方のポイントや物流代行会社10選を徹底解説
EC物流とは?倉庫の選び方のポイントや物流代行会社10選を徹底解説
ECサイトの運営にとって、EC物流は顧客満足度の向上や効率化、コスト削減などに欠かせない重要な要素です。 しかし、在庫管理や配送、返品処理などの課題が存在し、改善が求められます。本記事では、EC物流の改善ポイントや種類、物流代行サービ...
続きを読んでみる
ECサイトの在庫管理方法を徹底解説【3つのポイントも紹介】
ECサイトの在庫管理方法を徹底解説【3つのポイントも紹介】
事業の運営において経営に大きく影響を与える在庫管理業務。複数の販売チャネルを持つごとに在庫管理の難易度が上がるため、お悩みの方も多いでしょう。 そこで本記事では 3つの在庫管理の方法 在庫管理のポイント 在庫管理システムを利用するメ...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー