オガミキヨ
オガミキヨ

国内外のECをはじめ、リユース、美容・健康、音楽などあらゆるジャンルで執筆中のフリーランスライター。中国への留学経験を生かし、13年間、繊維製品や楽器、雑貨の輸入業務に携わる。現在はライター業のかたわら、個人で越境ECのセラーとしても活動中。

クリックポストとは?送り方や配達日数、料金、追跡を完全解説

物流代行 発送代行 配送・発送サービス

2022年7月からクリックポストの料金が、198円から185円に値下げされ、ネットオークションやフリマサイト、ECサイトでも発送方法の選択肢が増えました。

とはいえ、サービス内容や他のサービスとの違いについて詳しく把握していないかたも多いかと思います。

本記事では、

  • クリックポストのサービス概要
  • クリックポストと類似サービスとの違い
  • メリット・デメリット

について、詳しく解説します。

クリックポストとは

クリックポストとは、全国一律の料金で規定サイズ内の荷物をポスト投函できるサービスです。配達先は受け取り側の郵便受けになります。

なお集荷サービスは利用できず、差出しはポスト投函もしくは郵便局へ持込の2択です。

小さなものなら安価で送れるため、ネットオークションやフリマサイトの商品発送にも適しています。

以下、概要を各項目に分けて見ていきましょう。

  • サイズと重さ・料金
  • 発送できるもの、できないもの
  • 配達日数

サイズと重さ、料金

サイズと重さ、料金については以下の表をご覧ください。

料金

全国一律料金 185円
(2023年 4月時点)

サイズ

長さ:14〜34cm
幅:9cm〜25cm
厚さ:〜3cm

重さ

〜1kg

クリックポストには、指定の梱包材がありません。サイズ規定内なら、市販の箱や封筒で発送できます。

料金の決済はYahoo!ウォレットもしくはAmazon Payを通じて、インターネット上で完結します。事前にYahoo! JAPANかAmazonのアカウント取得が必要なので、ご注意ください。

サイズ規定を超過したものは返送されるため、利用の際は必ずサイズを確認しましょう。

発送できるものと発送できないもの

クリックポストでは、サイズと重さの規定内のもので、以下の表にある「発送できないもの」以外なら送れます。

なお冷凍・冷蔵が必要なものには対応していないため、基本的には送れません。

またクリックポストでは、破損による損害賠償はできません。

こわれそうなものは緩衝材などでしっかりと包み、なおかつ厚みの規定を超えないよう注意が必要です。

発送できるもの一例

衣料品、サプリメント、CD・DVD、雑誌、コミック、スマホケースなど

発送できないもの

・現金、信書、貴金属等の貴重品

・爆発物・毒劇物等の危険物

・冷凍・冷蔵が必要なもの

クリックポストの配達日数

配達日数の目安は、差出日の翌日から翌々日です。土日も、配達に対応しています。

差し出した時間によっても変動があります。配達先が離島や遠方の場合は、この限りではありません。

なお、クリックポストは配達日や時間の指定はできません。

類似するサービスとの違い

ここからは、同じく郵便受けに配達可能な以下2つのサービスと、クリックポストとの違いを比較していきます。

  • ゆうパケット
  • ネコポス

ゆうパケットとの違い

ゆうパケットは個人、法人を問わず利用できます。

クリックポストとの大きな違いは厚さによって料金が変わる点です。
クリックポストよりサイズに融通がきく代わりに、料金設定はやや高めになっています。

 

クリックポスト

ゆうパケット

料金

(全国一律)

185円

厚さ〜1cm:250円

厚さ〜2cm:310円

厚さ〜3cm:360円

配達日数

約1〜2日

サイズ

長さ:14〜34cm

幅:9cm〜25cm

厚さ:〜3cm

3辺の合計:〜60cm

(長辺:〜34cm 

厚さ:〜3cm)

重さ

〜1kg

発送方法

ポスト投函

もしくは郵便窓口に持ち込み

配達方法

郵便受けに配達

またネットオークションやフリマサイトでは、特別に契約した割安の料金が設定されています。

以下は、その一例です。送料を出品者が負担するヤフオクゆうパケットなら、クリックポストより安くなります。

※料金は全国一律

クリックポスト

全国一律185円

ヤフオク!の特別配送サービス:

おてがる配送

ゆうパケット:

出品者負担:180円

落札者負担:210円

ゆうパケットポスト:

出品者負担:175円

落札者負担:210円

メルカリの特別配送サービス:

ゆうゆうメルカリ便(全3種類)

ゆうパケット:230円

ゆうパケットポスト:215円

+専用箱65円と発送用シール5円

ゆうパケットプラス:455円 

+専用箱65円

ネコポスとの違い

ネコポスは、法人や一定の出荷量がある個人が契約できるクロネコヤマトのサービスです。

厚さの制限など、クリックポストの方が若干大きめのサイズまで対応しています。

ネコポスは集荷もしくは持込での発送のため、ポスト投函できるクリックポストに比べると集荷の予約などに手間がかかります。

 

クリックポスト

ネコポス

料金

(全国一律)

185円

法人ごと、出荷数量など条件に応じ料金が決まる
※上限は385円

配達日数

約1〜2日

約1日

サイズ

長さ:14〜34cm

幅:9cm〜25cm

厚さ:〜3cm

長さ:23cm〜31.2cm

幅:11.5cm〜22.8cm

厚さ:〜2.5cm

重さ

〜1kg

発送方法

ポスト投函

もしくは郵便窓口に持ち込み

営業所に持ち込み

もしくは集荷

配達方法

郵便受けに配達

ゆうパケットと同様、ネットオークションやフリマサイトでは特別料金が設定されており、個人でも利用できます。

以下、その一例です。出品者が送料を負担するヤフネコなら、クリックポストより安くなります。

※料金は全国一律

クリックポスト

185円

おてがる配送

(ヤフオク!内のネコポス特別料金)

出品者負担:175円

落札者負担:210円

らくらくメルカリ便

(メルカリ内のネコポス特別料金)

210円

ネコポスについて詳しくは「ネコポスとは?配送料金や送り方、梱包箱について徹底的に解説!」の記事で解説しています。

クリックポストで品物を送る方法

では、実際にクリックポストで品物を送る方法を手順の通りにお伝えします。

※事前にYahoo JAPANもしくはAmazonアカウントの取得が必要です。

 1.クリックポストのトップページから、YahooもしくはAmazonアカウントで
  マイページに仮登録

 2.登録メールアドレスに本登録用のURLが届くので、クリックで本登録完了

 3.マイページにログインし、送り状を印字

  【各印字ボタンの解説】
  1件申込:1件のみ送る場合
  まとめ申込:最大40件まで、まとめて発送情報を入力する場合(CSV
  ファイルに入力後、アップロード)
  まとめ印字:予め登録しておいた発送先のラベルをまとめて印字する
  場合
  一時保存:支払い手続き前の発送先情報が表示される

 4.支払い手続きに進み、YahooウォレットもしくはAmazon Payに登録さ
  れたクレジットカードで運賃を支払う

 5.支払い確定後、自宅のプリンターなどで送り状のラベルを印字する

 6.荷物にラベルを貼り付け、ポスト投函もしくは郵便局窓口に持ち込み

クリックポストのメリット

クリックポストで商品を発送するおもなメリットは、以下の3つです。

  1. 追跡ができる
  2. ポスト投函できる
  3. 全国一律の安い料金

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

メリット1.追跡ができる

クリックポストは郵便受け配達にもかかわらず、問い合わせ番号による荷物の追跡が可能です。
同じくポスト投函の郵便受け配達でも、通常郵便物の場合は追跡ができません。

発送者側からは、マイページから荷物の問い合わせ番号をクリックすると郵便ホームページの追跡サービスに移動、荷物の追跡ができます。受け取り側は問い合わせ番号さえあれば、郵便局の追跡ページから検索が可能です。

郵便局が荷物を受け取ってから追跡サービスのページに反映されるまではタイムラグがあります。反映されていない荷物については、郵便局に直接問い合わせてみましょう。

メリット2.ポストに投函できる

クリックポストを利用する2つ目のメリットは、ポストに投函できる点です。
平日忙しくて郵便局窓口に行けない人でも、仕事終わりや空いた時間にいつでも発送できます。

郵便受けに配達されるので、受け取り方も手間がかからず簡単です。再配達の手配が必要ないため、いつでも受け取れます。

ポストインできるサイズの配送について「EC事業者必見!ポストイン配達で再配達・対面不要!配送サービスを比較」の記事では、具体的な商材事例を交えて詳しく紹介しています。

メリット3.全国一律料金で安い

クリックポストについて最後にお伝えするメリットは、日本全国一律185円で発送できる点です。

他の同様のサービスと比べても安い設定で、厚さによって料金が変動することもありません。ネットオークションやフリマサイトで小さな物を発送する際に、便利に利用できます。

クリックポストを利用する際の注意点

便利で安いクリックポストですが、利用にあたって押さえておきたい注意点を2点お伝えします。

専用ラベルは手書き不可

まず大前提として、専用ラベルは手書きが不可です。

クリックポストを利用するにはマイページへの登録と、専用ラベルの印刷が必要です。家にプリンターがなければコンビニでも印字ができますが、一定量の出荷がある場合は常にコンビニで印字するのは現実的とはいえません。

今後クリックポストで継続して出荷する予定のある方は、家にプリンターの準備が必要になるでしょう。

入力内容に誤りがあるまま印字しても、手書きでの修正は不可です。また、ラベル発行後7日間以内に発送しなければラベルが無効になります。それらの場合、面倒でも入力からやり直す必要がある点にも留意しておきましょう。

補償がついていない

2つ目の注意事項は、クリックポストには損害賠償がない点です。

受け取った時に内容品が壊れている場合でも、基本的には補償はされません。

例外として、荷物をなくした、郵便局の過失が明らかな場合の破損については運賃の相当額のみ返還されるということです。

発送時にはこわれものなどの注意ラベルも貼れないため、発送者の自己責任で慎重に梱包する必要があります。

クリックポストは忙しい人にも便利!

クリックポストはポストに投函でき、郵便受けに配達されるサービスです。

いつでも発送・配達ができるので、発送する側や受け取る側がどんなに忙しくても便利に利用できます。

とはいえ、ラベル印刷や発送先の入力など煩雑な作業がともなうのもデメリットとしてあげられます。

クリックポストのように小さい荷物を郵便受けに配達したいけど、それにともなう煩雑な作業まではできないという方には、発送代行の利用がおすすめです。

富士ロジテックホールディングスの発送代行サービスでは、梱包料、配送料、納品書発行から同梱料も含めた郵便受けへの配達料金を、320円から承っております。

配送だけではなく梱包や納品書にかかる手間を省きたい方は、ぜひいちどご相談ください。

とりあえず無料で相談してみる

 

<関連記事>

【2023年4月改訂】宅急便・宅配便・郵便の料金比較!送料が安い業者は?

佐川急便、値上げ後の送料は?荷物の特徴・規格別料金シミュレーション

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

オガミキヨ

ライター

オガミキヨ

国内外のECをはじめ、リユース、美容・健康、音楽などあらゆるジャンルで執筆中のフリーランスライター。中国への留学経験を生かし、13年間、繊維製品や楽器、雑貨の輸入業務に携わる。現在はライター業のかたわら、個人で越境ECのセラーとしても活動中。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

ヤフーが定める優良配送とは?条件やメリット、土日の取扱まで徹底解説!
ヤフーが定める優良配送とは?条件やメリット、土日の取扱まで徹底解説!
Yahoo!ショッピングでは、2020年12月から配送品質の向上を目指した優良配送の取り組みが始まりました。 2022年8月には、優良配送に認定された商品を優先的に上位表示する取り組みも始まり、優良配送の重要度がますます高まっています...
続きを読んでみる
在庫管理におけるSKUとは?改善できる管理方法紹介
在庫管理におけるSKUとは?改善できる管理方法紹介
在庫管理を成功へと導く鍵、「SKU」とは一体何でしょうか?この記事では、SKUがもたらす効率化とその具体的な管理方法について、商品識別から物流改善まで幅広くご紹介します。SKUの基本から最先端の活用法まで、明確かつ実践的な知識をお届け...
続きを読んでみる
3温度帯とは?4温度帯との違いや冷凍・冷蔵倉庫の温度について解説
3温度帯とは?4温度帯との違いや冷凍・冷蔵倉庫の温度について解説
3温度帯とは、保管や輸配送において温度を区分けして指定することを意味します。温度区分は商品の特性によって分けられており、品質を守るために重要なシステムです。 3温度帯がなければ、生鮮食品や冷凍食品などの温度管理を必要とする商品を遠方に...
続きを読んでみる
EC事業者必見!物流コストを削減するコツ
EC事業者必見!物流コストを削減するコツ
ネットショッピングの普及により、物流の重要性が増す中、EC事業者にとってコスト削減は避けて通れないテーマです。本記事では、物流コストを賢く削減し、ビジネスを加速させるヒントを提供します。物流コストの現状理解から3PLの利用、在庫管理の...
続きを読んでみる
転売対策から売上向上までメーカー/D2C企業様と伴走するサービスを拡充
転売対策から売上向上までメーカー/D2C企業様と伴走するサービスを拡充
自社のビッグデータを用いてECブランドの販売支援とブランド育成の2事業を展開する株式会社ACROVE(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:荒井 俊亮、以下ACROVE)はこの度、メーカー/D2C企業向けに、主要なモールである楽天市場...
続きを読んでみる
コールドチェーンとは?3つのメリットと課題を徹底解説【市場規模は拡大傾向】
コールドチェーンとは?3つのメリットと課題を徹底解説【市場規模は拡大傾向】
商品が生産されてから消費者の手に届くまで、一定の温度を保つことにより品質を維持するコールドチェーン。高齢化や独身世帯の増加、コロナによる巣ごもり需要などが背中を押し、市場は拡大しています。 一般社団法人日本冷凍食品協会によると、201...
続きを読んでみる
FBA納品代行おすすめ10選!利用の流れ、メリット・デメリットも解説
FBA納品代行おすすめ10選!利用の流れ、メリット・デメリットも解説
「納品作業に手が取られすぎて、他の作業ができない」 「在庫の保管場所に困っている」 「物販をはじめたけれど毎月手元にお金が残らない」 このようなお悩みにFBA納品代行が便利だと知ったものの、使うべきか迷っていませんか。物流経費もかかる...
続きを読んでみる
ゆっくり配送実現のためのEC物流の最適化ポイント
ゆっくり配送実現のためのEC物流の最適化ポイント
即時配送が常識と思われがちな現代において、「ゆっくり配送」という選択肢が注目されています。しかし、実現の裏にはEC物流の精緻な最適化が不可欠です。本ブログでは、ゆっくり配送を取り入れることのメリットと実現のための具体的な物流戦略を探り...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー