富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

新聞・雑誌・ラジオの成果報酬活用!オフライン広告の必勝ノウハウとは?

D2C eコマース セミナー 通販 食品

開催レポート:顧客の声を聴く!第2部 インターカラー

新聞・雑誌・ラジオの成果報酬活用!オフライン広告の必勝ノウハウとは?

ファシリテーター&ライティング 西間木 智

株式会社インターカラー 

代表取締役 藤澤 孝 様 から

新聞・雑誌の成果報酬型 広告「インターペーパー」の特徴と、その実践活用事例とポイントについて共有をいただきました。

紙媒体を使い商品をアピールする魅力

紙媒体を使うメリット
紙媒体が得意とするターゲットが魅力的

ファシリテーター:
代表的な通販のモデルとその販路の特徴についてポイントをご説明いただきました。

  1. モール型(Web)
  2. リピート通販(Web独⾃ドメイン)
  3. リピート通販(オフライン)
  4. 卸タイプ(TVショッピングなど)

各販路のメリット・デメリットについて集客面やコスト面の視点を踏まえてのポイントをご説明いただき、

紙媒体のメリット 

を事業シミュレーションを交えて重要なポイントを共有いただけました。

紙媒体はどんな読者が多いか?

紙媒体では、60代〜70代の女性がメインターゲットであること。
この世代の女性は、他の世代と比較してネット検索をせずに商品を購入するという特徴があること。
その結果
オフラインで商品を購入する際、商品を試した後でさらにそのまま商品を利用することを習慣化するリピーターになる確率の高い、新規顧客の獲得ができる媒体であることを詳細にご紹介いただけました。

新聞の信頼を商品の価値向上に利用できる

新聞市場は縮小傾向にあるものの、シニア層の新聞に対する信頼度は依然高いもので、
新聞広告を利用することで、
「○○新聞に掲載されていたから信頼できる」
というブランドイメージを商品に付加できます。

LTVの⾼いシニアマーケットの特徴と、今後、新聞を使い安価に広告を出せるのは5年前後の可能性があること。
早急にオフラインから優良顧客をリストアップしておくことが大切だということを共有いただけました。

「当社のターゲットは若い」という⽅もご安⼼して紙媒体で売るためのポイントがあるそうです。

新聞・雑誌・ラジオの成果報酬活用!オフライン広告の必勝ノウハウとは?

紙媒体で成功するためには

CPOを下げる(顧客からの反応を高める)

CPO:⼀⼈の新規顧客獲得にかかった広告コスト
LTV:⼀⼈のお客様が、1年以内に落としてくれる収益
について、購入回数や、継続率などを踏まえての収益、利益構造を詳細にご説明いただけました。

1、CPOを下げる(レスポンスを上げる)3つのポイント

2、LTVを上げる(リピート率を上げる)2つのポイント

について詳しくご説明をいただきました。

接客の重要なポイント

美容健康商材での新規獲得から70%以上をリピート購入に引き上げるための、コールセンターの電話応対のノウハウ・ポイントについて自社のセンター運用実績に基づいたご案内を頂けました。

オフラインのCRMについて

  1. CRMの下準備のポイント
  2. リピート戦略の設計
     ・新規レスポンス×リピート率
     ・新規レスポンス×収益性
  3. フォローマップとイベントと販促カレンダー
  4. DM用リストのマトリックス

で用いてポイントをご説明いただきました。

新聞・雑誌・ラジオの成果報酬活用!オフライン広告の必勝ノウハウとは?

インターペーパーとは?

「健康食品」「化粧品」「食品」などの通販中心参加広告主様 利用社数と商品数がとても多く成長のために有効な媒体サービスであることが理解できました。

広告主が増えていることと連動して媒体数も増えているためより成長のための選択肢とチャンスが増えていると感じています。

通販など、電話を鳴らすことを⽬的とした企業の広告を掲載し

電話の鳴り(広告レスポンス)が
広告費になる
成果報酬システムです。

とのことで、詳細に、リアルタイム成果確認ができる管理システムや、

  • 成果報酬単価をクライアント様が決められます。
  • クライアント様はいくら広告が掲載されても損しません。

などのサービス内容や、費用体系についてご紹介いただけました。

新聞・雑誌・ラジオの成果報酬活用!オフライン広告の必勝ノウハウとは?

売れている事例

商品と実際の広告クリエイティブをベースに
・実施:YYYY年MM月
・掲載件数:〇〇媒体
・成果単価:****円
・成果:****件
・広告費:*********円
・推定当月売上:*******万円
・施策:受電時にまとめ買い

を実際の実績データ一覧をベースに成功ポイントを解説いただきました。

売れる商品

エリア別
月毎に売れるもの
季節別

についてご説明をいただきました。

反応の良い広告デザインとオファーで出す

良い商品を取り扱うことはもちろんですが、紙媒体の場合は、レスポンスの出やすいデザインとオファーがある程度確立されていることを、実際のクリエイティブでポイントをご説明いただきました。

  1. 単価の低い商品を取り扱う。
  2. 何個かまとめて購入してもらえれば送料無料にするといった、まとめ買いのメリットを設ける。
  3. 魅力的なキャッチコピーを考える。
  4. 広告写真にはこだわるべき。

インターペーパーの特徴

インターペーパーの特徴

  • インターペーパーを利用すれば、以下のようなメリットがあります。
  • 新聞やフリーペーパー・雑誌にリスクなく広告が出せる
  • AIの受注システムと連携しているので手間なくデータが残せる
  • リピート率の高い顧客が手に入る


紙媒体を使ってみたい、シニア層に効果的なアプローチがしたい、リピーターを増やしたいと考える場合におすすめのサービスといえるでしょう。
是非、こちらにご相談してみてください。

インターペーパー エントリー⽅法

エントリー方法

電話かメールをください。
株式会社インターカラー 藤澤孝まで 「御社名」「商品名」「ご連絡先」「ご担当者様名」を明 記の上「インターペーパーを試したい」とお伝えください。
電話  03-5332-5571
携帯  090-5050-0553
FAX  03-5332-5572

メール fuji@intercolor.co.jp

インターカラー 代表取締役 藤澤孝

代表取締役 藤澤 孝 プロフィール

1998年より京都の広告代理店のプランナーとして経験を積む。
2000年、ダイレクトレスポンスマーケティングと出会い、足を使った根性営業を止め、”売れる広告”を提供する提案営業でトップセールスマンになる。
2005年 株式会社インターカラー東京支社(現本社)設立のめに上京。社長就任。
通販企業様に”新聞や雑誌で売れる”広告を提供し売り上げを伸ばす。
6人の零細企業ながら年商10億円を達成する。
2017年 新聞・雑誌では初となる成果報酬システム
「インターペーパー」を運営。
リスクなく新聞・雑誌から集客できるサービスを展開。

インターカラー会社案内

インターカラー会社概要

■HP:https://www.intercolor.co.jp/ 
■インターペーパー:https://interpaper.jp/cliant

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

連載のまとめ:地域の製造小売業が成長するには?【第4回】 コマースピック寄稿記事
連載のまとめ:地域の製造小売業が成長するには?【第4回】 コマースピック寄稿記事
これまでのコラムで、地域の製造小売ビジネスが成長するために必要なステップとして、次の3つを解説してきました。 ステップ1:リアル店舗の顧客データを活用して再成長 ステップ2:通信販売(ダイレクトマーケティング)への拡張 ステップ...
続きを読んでみる
デジタルコマース・マーケットプレイスへと拡大:地域の製造小売業が成長するには?【第3回】 コマースピック寄稿記事
デジタルコマース・マーケットプレイスへと拡大:地域の製造小売業が成長するには?【第3回】 コマースピック寄稿記事
この記事は、デジタルコマース・マーケットプレイスへの拡大について説明しています。デジタルコマースで顧客と繋がるためには、マーケットプレイスと自社コマースサイトの2つのチャネルを展開することが重要です。マーケットプレイスで実施するべきポ...
続きを読んでみる
通信販売(ダイレクトマーケティング)への拡張:地域の製造小売業が成長するには?【第2回】 コマースピック掲載記事
通信販売(ダイレクトマーケティング)への拡張:地域の製造小売業が成長するには?【第2回】 コマースピック掲載記事
この記事では、地域の製造小売ビジネスが成長するためのステップ2に焦点を当てています。ステップ1ではリアル店舗の顧客データを活用しましたが、ステップ2では通信販売(ダイレクトマーケティング)への拡張を提案しています。具体的には、リアル店...
続きを読んでみる
リアル店舗の顧客データを活用して再成長:地域の製造小売業が成長するには?【第1回】 コマースピック掲載記事
リアル店舗の顧客データを活用して再成長:地域の製造小売業が成長するには?【第1回】 コマースピック掲載記事
日本の地域の製造小売ビジネスの特徴と課題が述べられています。地域に愛され、知名度を活かして観光客にも支持される一方で、顧客の変化に対応できない課題もあります。成長のためには通信販売やデジタルマーケティングの仕組みを導入し、リアル店舗の...
続きを読んでみる
OMO/オムニチャネルのためのコンポーザブルコマースシステム コンテンツリスト
OMO/オムニチャネルのためのコンポーザブルコマースシステム コンテンツリスト
イントロダクション オムニチャネルコマースに関するポイントを解説しています。オムニチャネルコマースは、小売業界で成長と成功を達成するために、すべての販売チャネルで一貫したショッピング体験を提供することが重要なポイントです。 このアプ...
続きを読んでみる
オムニチャネルフルフィルメント OMO/オムニチャネルのためのコンポーザブルコマースシステム Part10
オムニチャネルフルフィルメント OMO/オムニチャネルのためのコンポーザブルコマースシステム Part10
オムニチャネルフルフィルメント  一言で言えば、商品は顧客に届かなければならないので、出荷はeコマースの不可欠な部分です。もちろん、船積みなどの物流全体ははるかに複雑で、多くのステップが必要ですが、この単純な声明には根本的な知恵がまだ...
続きを読んでみる
POSとデジタルID OMO/オムニチャネルのためのコンポーザブルコマースシステム Part09
POSとデジタルID OMO/オムニチャネルのためのコンポーザブルコマースシステム Part09
POSビジネス オンラインの舞台裏では、感情的な購入体験は単に「購入ボタン」を押すよりもはるかに多くことで構成されていることを忘れがちです。 ブラウジングや「ただ探している」 試してみる 比較する または単に誰かと新しいオファーを議...
続きを読んでみる
一貫したデジタル化と商品情報管理による OMO/オムニチャネルのためのコンポーザブルコマースシステム Part08
一貫したデジタル化と商品情報管理による OMO/オムニチャネルのためのコンポーザブルコマースシステム Part08
  一貫したデジタル化によるオムニチャネル戦略の導入 Eコマースへの参入は、Lexicaなどの最新のeコマースシステムは、展開が速いだけでなく、非常にユーザーフレンドリーで、柔軟で、非常に簡単に拡張できます。 B2BとB2Cの小売マー...
続きを読んでみる

カテゴリー