富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

サブスクリプションコマース ファッション 編 Subscription Fashion

サブスクリプション サブスクリプション コマース ケーススタディ

サブスクリプションプログラムで勝つための10の方法

10)購入している顧客にロイヤリティへの感謝

顧客があなたのブランド価値を継続して評価してくれています。顧客のロイヤリティを保つためには何等かのコミュニケーションをする必要があります。
サブスクリプション購入している顧客は、ブランドにとって、LTVと継続顧客として、最も重要な顧客であることを忘れてはいけません。
ブランドが、毎月・毎回、顧客との関係性を育て続けることができる方法を考えてみてください。

サブスクリプションオファーの種類

2023 年のショッピング行動トレンド

  1. 価格に対する消費者の関心
  2. ブランド ロイヤルティの重要性
  3. ブランド倫理に関する透明性

2023 年の小売トレンドは何でしょうか。
小売事業者は、どのように利用して顧客とのつながりを最適化できるのでしょうか。

買い物客は、信頼できるブランドに助けを求めているのは、経済的理由だけではないです、ライフスタイルや予算に合った安価な商品のレコメンド・推奨事項やインセンティブを期待していることは変わりません。

トップの小売トレンドには、手間のかからない返品・交換・回収(再販)とロイヤルティ プログラムです。

何を意味し、この傾向は小売事業者の意思決定にどのような影響を与えていくのでしょうか。

世界的要因と経済的要因

景気後退により、オンラインコマースの経済見通しは2020年ほど楽観的ではないことは肌でも感じられます、顧客は支出について考えています。オンライン販売ブームは終わり、ブランドは低価格と顧客とのコミュニケーションが最優先事項であることを確認する必要があります。

顧客ロイヤルティの重要性

買い物客は、小売業者のロイヤルティ プログラムに、ブランドのロイヤルティ プログラムに属している割合はどれくらいでしょうか。

買い物客は、ほぼ無限の数の小売業者から商品・サービス選択でき、しないといけない状況です。
収入が限られているため、ロイヤルティはこれまで以上に重要になっていきます。

ロイヤルティポイント、バウチャー、および金銭的インセンティブを利用して、買い物客がブランドでの支出を促進する機会を提供する必要があるということです。

顧客ロイヤルティの状況

ユーザーエクスペリエンスと使いやすさが鍵となることは不変です、顧客ロイヤルティの概念は変わりつつあります。

小売事業者は、競合他社との差異化を図るにはどうすればよいかを考えつづけなければなりません。
全体的なモバイルデジタル施策 (使いやすいモバイル アプリや価値の高い取引や割引を提供する Web サイトを含む) からのロイヤルティを優先する場合は、CX:カスタマー エクスペリエンスを向上させ、買い物客の再訪を維持するために設計・実施する必要があります。

マイナーなポイント収集スキームはもはや役に立ちませんが、楽しいデジタル体験を通じて割引を提供することにより報われるようになります。

リターンは重要です

簡単な返品・返品が買い物客にとって非常に重要であることは当然で、わかりやすい購買後体験です。

購入の開始時から返品ポリシーに関する明確なコミュニケーションを含め、シンプルなオンライン返品ポータル、さまざまなドロップオフおよび回収オプションを提供して、可能であれば無料の返品を提供することで、顧客にとって返品を可能な限り手間のかからないようにすることです。

手間のかからない返品から、回収への新時代

消費者は、購入を決定する前に小売業者の返品ポリシーを確認しています。そして、消費者は、箱なしの対面返品をオンライン返品の優先事項にランク付けしています。郵送による返品は後退していきます。

オンライン販売は、消費者が商品に触れたり感じたりすることができないことを意味しているため (ブラケットと呼ばれます)、小売業者は、アイテムが返品される可能性を”0”にすることはできませ。多くの買い物客は、サイズや色の異なる複数の商品を購入して、それらの商品の一部を返品できることも、Amazon、ZOZOを通じて知っています。

返品・交換のプラットフォームを構築するのであれば、それを活用して、クローゼットの古着の回収から、再販までのビジネスモデルを構築した方が、顧客とのロイヤリティを構築できることは、単純でシンプルなロジックです。

小売業者の未来

顧客は、報酬、インセンティブ、および簡単なショッピング ジャーニーを求めているといえます。

小売事業者にとっては、顧客と相互に有益な関係を築き、顧客と出会ってから生涯維持できる機会でもあります。
ブランドは、消費者の需要を理解し、在庫不足、再入荷商品、値下げ、簡単な返品、回収ー再販売について顧客と透明性を持ってコミュニケーションすることで収益を上げることができることになります。

ロイヤリティは相互の結果

です。

サブスクリプションコマース で成長・注目のD2Cブランドを探求するシリーズ

1:TAELOR

Men-s-clothing-rental-subscription-AI-powered-Taelor-–-Taelor-Style.png

男性ファッションのレンタルサブスクリプションサービス
大きな価値
最大$1,600相当の毎月の衣料品。何百もの新しいスタイルとブランドを探索してください。
購入する前に試してください
何週間も着用してから、交換または保管してください—購入する数週間前に試してみるのと同じです。
特別割引
メンバーとして、あなたはあなたが着ていたものを小売価格から最大70%オフで買うことができます。
スタイリスト&AIキュレートピック
あなたのパーソナルスタイリストと人工知能は、あなたがあなた自身の最高のバージョンになるのを助けます。
時間とお金を節約する
買い物や洗濯は必要ありません!スタイリング、ドライクリーニング、発送が含まれています。
持続可能性をサポートする

シェアリングエコノミー運動に参加し、環境保護に貢献してください。

2:For days

For-Days.png

少し、アタマを柔らかくしてこのサービスモデルを俯瞰してください。

1:購入してストアキャッシュを得てください。

For Days製品を購入すると、クローゼットキャッシュで即座に10%分を還元してくれます。これは、将来の購入に使うことができます。

2:無謀に着用してください。

着用、引き裂き、染み、ドレスアップ、ドレスダウン。そう着こなられた服・アイテムが埋立地にいくことは決してないことを知っておいてください。あなたがあなたの服で好きなことを何でもしてください。

3:責任を持ってリサイクルしてください。

古いForDays製品を私たちと一緒にリサイクルしましょう。アイテムごとにクローゼットキャッシュで$5を、還元します。

テイクバックバッグを注文して、あらゆるブランドの古いものを返送してください。将来のクローズドループ購入のために、即座にクローゼットキャッシュを獲得できます。

3:Brother Vellies

Something-Special-June-Monthly-–-Brother-Vellies.png
キュレーションタイプです。

何か特別なサブスクリプションがどのように機能するかは次のとおりです

サインアップすると、毎月15日以降に特別なものがドアに自動的に届きます。私たちのグローバルコミュニティから。あなたへ。

オーダーメイド:

毎月15日以降、私たちはあなたに持続可能で倫理的に作られた快適なアイテムを作ります。それぞれが次回のものとは少し異なり、愛情を込めてデザインされています。メキシコの職人によって手作りされたお気に入りの陶製の花瓶や、ニューヨークのスタジオから手で注がれた酔わせるキャンドルなど、特別なものがあります。毎月、新しい驚きがもたらされます。 

これはどういう意味ですか:

厳選された職人技の哲学を家庭用品に取り入れており、購読することで、新しいバッチを確実に入手できます。

4.Awesome

Rockets-of-Awesome-Extraordinary-Clothes-for-Real-Life-with-Kids-and-Babies.png義務はありません

・いつでもキャンセルまたはスキップ
アカウントで配信を管理します。

・最初のボックス保証
満足していない?20ドルのスタイリング料金を返金します。

・送料無料と返品
双方向$0!

パーソナライズされたボックス(毎シーズン魔法のように配達されます!)

私たちの服が最高である理由

すべてのスタイルは、ニューヨークのファッションデザインの専門家のチームである私たちによって作成されています。これは、私たちがユニークで高品質の衣類を素晴らしい価格で届けることができることを意味します。

アパレル・ファッション系のサブスクリプションコマースのポイント

①キュレーション=パーソナライズがポイント
②メンバーシップタイプにウエイトが変化
③在庫とSCMの管理=OMSなどの重要性
④回収と再生そして、再販売モデルがポイント

関連カテゴリー

アパレル 編 Apparel

ファッション 編 Fashion

バック編 Shoes Bags etc

アスレジャー 編 Athleisure

サブスリプションモデルを展開している注目ブランドを順次追加していきます。

サブスクリプションコマース LP

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

転売対策から売上向上までメーカー/D2C企業様と伴走するサービスを拡充
転売対策から売上向上までメーカー/D2C企業様と伴走するサービスを拡充
自社のビッグデータを用いてECブランドの販売支援とブランド育成の2事業を展開する株式会社ACROVE(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:荒井 俊亮、以下ACROVE)はこの度、メーカー/D2C企業向けに、主要なモールである楽天市場...
続きを読んでみる
コールドチェーンとは?3つのメリットと課題を徹底解説【市場規模は拡大傾向】
コールドチェーンとは?3つのメリットと課題を徹底解説【市場規模は拡大傾向】
商品が生産されてから消費者の手に届くまで、一定の温度を保つことにより品質を維持するコールドチェーン。高齢化や独身世帯の増加、コロナによる巣ごもり需要などが背中を押し、市場は拡大しています。 一般社団法人日本冷凍食品協会によると、201...
続きを読んでみる
FBA納品代行おすすめ10選!利用の流れ、メリット・デメリットも解説
FBA納品代行おすすめ10選!利用の流れ、メリット・デメリットも解説
「納品作業に手が取られすぎて、他の作業ができない」 「在庫の保管場所に困っている」 「物販をはじめたけれど毎月手元にお金が残らない」 このようなお悩みにFBA納品代行が便利だと知ったものの、使うべきか迷っていませんか。物流経費もかかる...
続きを読んでみる
ゆっくり配送実現のためのEC物流の最適化ポイント
ゆっくり配送実現のためのEC物流の最適化ポイント
即時配送が常識と思われがちな現代において、「ゆっくり配送」という選択肢が注目されています。しかし、実現の裏にはEC物流の精緻な最適化が不可欠です。本ブログでは、ゆっくり配送を取り入れることのメリットと実現のための具体的な物流戦略を探り...
続きを読んでみる
AmazonFBA納品の手順や料金、禁止商品、梱包ルールを徹底解説!
AmazonFBA納品の手順や料金、禁止商品、梱包ルールを徹底解説!
Amazonで出品するなら、プライム会員限定の無料配送や翌日配送にも対応できるFBA(Fulfillment by Amazon)の利用で、ビジネスチャンスが広がります。 一方、納品にはAmazonの細かい規定に慣れる必要があり手間が...
続きを読んでみる
冷凍品EC物流のパートナー選び!委託先の見極め方
冷凍品EC物流のパートナー選び!委託先の見極め方
冷凍品EC物流を成功させるためには、信頼できる物流パートナーを見つけることが不可欠です。では、どんな基準で委託先を選べばよいのでしょうか。本記事では、冷凍品ECビジネスに適した物流パートナーの選び方から、重要な在庫管理のポイント、効率...
続きを読んでみる
オムニチャネルを成功させる物流|ポイントと物流改善事例
オムニチャネルを成功させる物流|ポイントと物流改善事例
小売業を中心に、大手各社ではすでに浸透しつつあるオム二チャネル戦略。今後、導入を検討している企業も多いのではないでしょうか。 オムニチャネル戦略には、物流面の整備が不可欠です。本記事では、オムニチャネルを成功に導く物流整備のポイントを...
続きを読んでみる
食品通販物流会社3選!課題から見る発送代行の選び方と事例
食品通販物流会社3選!課題から見る発送代行の選び方と事例
食品物流を成功させるには、徹底した温度管理、賞味期限の管理が不可欠です。 本記事では、食品通販物流を成功させるポイントからおすすめの発送代行業者と事例まで詳しく紹介します。 ニーズに合う業者が見つかれば、物流コストを抑えられます。物流...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー