富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

転売対策から売上向上までメーカー/D2C企業様と伴走するサービスを拡充

ACROVE 不正転売対策サービス

ACROVE

自社のビッグデータを用いてECブランドの販売支援とブランド育成の2事業を展開する株式会社ACROVE(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:荒井 俊亮、以下ACROVE)はこの度、メーカー/D2C企業向けに、主要なモールである楽天市場とAmazonでの不正転売対策サービスを、正式に提供開始いたしました。ECに関するビッグデータと知見を用いて不正転売事業者に対応し、売上向上とブランドイメージを保護する一気通貫したサービスを提供してまいります。

ACROVE」が提供するサービスについて

・ECの主要なモールである楽天市場並びにAmazonの不正転売対策を行い、ブランドプロテクトと売上向上のためのサービスを提供いたします。

・弊社のデータとノウハウを元に、クライアント様の工数を割くことなく不正転売対策を実施いたします。

・弊社担当よりクライアント様の現状を診断させていただき、楽天市場、 Amazonのガイドラインに則って最適なプランを提供いたします。

EC出品者整理サービス(不正転売防止)とは

転売者から購入した商品が、「経過済みの保証期間」「梱包に傷、破損が見受けられる」等で、消費者に悪印象を与えてしまい、メーカー側は全く落ち度がないにもかかわらず、クレームが発生してしまうことや、口コミで悪評が広まったりすることを防止できるサービスです。

モール内で価格割れが起きていることによって、モール外で購入を検討している消費者が価格の安いサードパーティーセラーの商品を購入してしまうことで、流失していた分の売上を回収することが実現可能、また、出品者が整理されることによって、結果としてモールにおける価格の乱れが、緩和されます。

出品者整理の業務内容

1.リスト作成

対象SKU毎に出品者をリストアップします。

2.リスト確認

貴社の卸先のリストと出店者リストを照合し、卸先をリストから除外します。

3.直接のご連絡

リストに対してチャットにて連絡しガイドラインを説明、直接の連絡で出品停止ができない場合次のステップに移行します。

4.テストバイ

対象SKUにつき、任意の出品者から1点商品を購入します。

5.調査

モールに対して調査を依頼し、モールから出品者に正規品の販売をしているか調査します。

6.価格が定価に戻る

価格を下げて出品している転売者の出品が停止することで、価格が定価まで戻ります。

7.モニタリング

価格のモニタリングを行い、価格が下がっていたら再度連絡と調査を行います。

出品者整理の業務内容

依頼が多い商品カテゴリーと当社の強み

家電メーカー、化粧品メーカーを筆頭に、食品メーカー、雑貨メーカーなど様々なメーカー様からご依頼をいただいております。また、弊社は不正転売対策に強みを持つ法律事務所との顧問契約を締結しております。そのため、独禁法や刑法、弁護士法等、留意する点が多い転売対策について、法令順守を徹底した対応をすることが可能です。

依頼が多い商品カテゴリーと当社の強み

導入・成功事例

事例 A社(家電メーカー)

元々Amazonモール内に30以上の非正規出品者が商品を出店していたが、出品している全商品の出品者を日次でモニタリングし、正規販売店以外の出品者に対するChat、モールへの調査依頼を実施しました。

その結果、30以上の非正規出品者が全て停止され、転売対策の効果として、前年度比で売上が200%に成長しました。

継続的に出品を行ってくる非正規出品者に対しても、継続的に対策を行っております。

ご利用料金

初期費用

0円

月額費用

30万円

※最低利用期間は、3ヶ月となります。
※Amazonでの転売対策は、対象ASIN数、そうでなければ対象SKU数によって変動可能性あり。

お申し込みと導入の流れ

STEP 1

下記のフォームから株式会社ACROVEへお問い合わせ

「お申し込みフォーム」

ショップをオープンされていない場合、オプションのみをお申し込みいただくことはできません。

STEP 2

お申し込み後、別紙ヒアリングシートを送付させて頂きご記入後、提案書・見積書を発行

導入までの目安:詳細打ち合わせ後、最短で2週間で導入可能。通常は1ヵ月~1カ月半となります

 

株式会社ACROVE公式サイト

https://acrove.co.jp/

 

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

在庫管理におけるSKUとは?改善できる管理方法紹介
在庫管理におけるSKUとは?改善できる管理方法紹介
在庫管理を成功へと導く鍵、「SKU」とは一体何でしょうか?この記事では、SKUがもたらす効率化とその具体的な管理方法について、商品識別から物流改善まで幅広くご紹介します。SKUの基本から最先端の活用法まで、明確かつ実践的な知識をお届け...
続きを読んでみる
3温度帯とは?4温度帯との違いや冷凍・冷蔵倉庫の温度について解説
3温度帯とは?4温度帯との違いや冷凍・冷蔵倉庫の温度について解説
3温度帯とは、保管や輸配送において温度を区分けして指定することを意味します。温度区分は商品の特性によって分けられており、品質を守るために重要なシステムです。 3温度帯がなければ、生鮮食品や冷凍食品などの温度管理を必要とする商品を遠方に...
続きを読んでみる
EC事業者必見!物流コストを削減するコツ
EC事業者必見!物流コストを削減するコツ
ネットショッピングの普及により、物流の重要性が増す中、EC事業者にとってコスト削減は避けて通れないテーマです。本記事では、物流コストを賢く削減し、ビジネスを加速させるヒントを提供します。物流コストの現状理解から3PLの利用、在庫管理の...
続きを読んでみる
コールドチェーンとは?3つのメリットと課題を徹底解説【市場規模は拡大傾向】
コールドチェーンとは?3つのメリットと課題を徹底解説【市場規模は拡大傾向】
商品が生産されてから消費者の手に届くまで、一定の温度を保つことにより品質を維持するコールドチェーン。高齢化や独身世帯の増加、コロナによる巣ごもり需要などが背中を押し、市場は拡大しています。 一般社団法人日本冷凍食品協会によると、201...
続きを読んでみる
FBA納品代行おすすめ10選!利用の流れ、メリット・デメリットも解説
FBA納品代行おすすめ10選!利用の流れ、メリット・デメリットも解説
「納品作業に手が取られすぎて、他の作業ができない」 「在庫の保管場所に困っている」 「物販をはじめたけれど毎月手元にお金が残らない」 このようなお悩みにFBA納品代行が便利だと知ったものの、使うべきか迷っていませんか。物流経費もかかる...
続きを読んでみる
ゆっくり配送実現のためのEC物流の最適化ポイント
ゆっくり配送実現のためのEC物流の最適化ポイント
即時配送が常識と思われがちな現代において、「ゆっくり配送」という選択肢が注目されています。しかし、実現の裏にはEC物流の精緻な最適化が不可欠です。本ブログでは、ゆっくり配送を取り入れることのメリットと実現のための具体的な物流戦略を探り...
続きを読んでみる
AmazonFBA納品の手順や料金、禁止商品、梱包ルールを徹底解説!
AmazonFBA納品の手順や料金、禁止商品、梱包ルールを徹底解説!
Amazonで出品するなら、プライム会員限定の無料配送や翌日配送にも対応できるFBA(Fulfillment by Amazon)の利用で、ビジネスチャンスが広がります。 一方、納品にはAmazonの細かい規定に慣れる必要があり手間が...
続きを読んでみる
冷凍品EC物流のパートナー選び!委託先の見極め方
冷凍品EC物流のパートナー選び!委託先の見極め方
冷凍品EC物流を成功させるためには、信頼できる物流パートナーを見つけることが不可欠です。では、どんな基準で委託先を選べばよいのでしょうか。本記事では、冷凍品ECビジネスに適した物流パートナーの選び方から、重要な在庫管理のポイント、効率...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー