富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

EC物流代行が選ばれる理由とその活用法

EC物流

EC物流代行が選ばれる理由とその活用法

EC物流代行とは、EC(電子商取引)における商品の流通関連業務を専門的に行う事業者のことを指します。具体的には、オンラインショップの運営者が商品の保管、梱包、発送といった物流関連業務を自社で行わない代わりに、これらの業務をEC物流代行業者に依頼し、一元的に管理・運用する形態を指しています。

EC物流代行の基本的な仕組み

EC物流代行の基本的な仕組みは、まずオンラインショップの運営者が商品を物流代行業者の倉庫に預けます。そしてオンラインショップにて商品が購入されると、その情報がEC物流代行業者に自動的に伝わり、業者が商品を一つ一つ梱包した後、指定の配送会社に発送を依頼します。更に、在庫管理も代行業者が行い、商品在庫が減ると、運営者へ通知し、商品の在庫補充を促します。これにより、商品の保管場所と人手の確保、さらには時間の浪費を減らすことが可能となります。

EC物流代行が必要な理由

EC物流代行が必要な理由としては、まず物流作業にかかる人的・時間的コストを削減するという点が挙げられます。自社で全ての物流作業を行う場合、人手の確保や作業スペースの確保、発送業務にかかる時間などかなりのコストが発生します。しかしながら、物流代行を利用すると、これらのコストを大幅に削減することが可能となります。また、専門的なスキルを持つプロが物流作業を行うため、業務効率化や業務の質の向上、さらにはお客様への信頼性の向上につながります。

EC物流代行のメリットとデメリット

EC物流代行のメリットとしては、上述したように物流作業にかかる人的・時間的コスト削減、業務効率化や業務効率の向上などがあります。また、物流のプロが行うことで、商品の配送ミスの防止や迅速な対応が可能となるため、お客様満足度を向上させることができます。

一方、デメリットとしては、自社で物流を管理する場合に比べてコストがかかる場合がある点が挙げられます。また、外部業者に業務を委託するため、作業の進行状況をリアルタイムで把握することは難しいかもしれません。これらの問題は契約内容や業者選びにより、ある程度は回避や対策が可能です。

EC物流代行の選び方

EC物流代行の選び方

インターネットの発達とともに、ECビジネスの全体規模が拡大しています。そのため、製品の在庫管理や配送業務などの物流代行サービスへの需要も増えてきています。しかし、EC物流代行業者の選び方については、初めて利用する場合などはどのように選んでよいか迷われる方も多いのではないでしょうか。ここでは、そんな方々のために、エンドユーザーからの評価や依頼者の需要に合わせた業者の選び方を詳細に解説していきます。

EC物流代行業者の選定基準

EC物流代行業者を選ぶ際の基準としては、まずその業者が持っている在庫管理能力や配送能力の高さが重要となります。具体的には、的確な在庫管理ができる能力を持ち、製品の入出庫や在庫数の把握を適切に行える業者を選ぶべきです。また、迅速かつ適正な価格で配送できる能力も重要です。次に、EC物流代行業者の信頼性も確認する必要があります。具体的には、物流代行業者の実績や口コミ、既存クライアントの評価などをチェックすると良いでしょう。最後に、ビジネスの規模に応じた業者を選ぶことも大切です。大規模なビジネスを展開している場合は、大量の商品を扱える業者を選ぶ必要があります。

海外対応ができる業者の選び方

海外向けECビジネスを展開している場合、海外対応が可能なEC物流代行業者の選び方について注意が必要です。業者の海外対応力を評価するためには、まず業者が持つ配送網の広さや、海外の物流事情に明るいかどうかが重要になります。次いで、海外向けの配送手続きの経験や知識、税関手続きに対する対応力も確認すべきポイントです。また、海外対応が可能な業者を選ぶ際には、その業者が費用対効果を考慮してサービスを提供しているかどうかも重要な選定基準となります。

小規模事業者向けのEC物流代行選び方

小規模なECビジネスを展開している事業者がEC物流代行業者を選ぶ場合、複数の要素をバランスよく考慮することが重要です。小規模ビジネスの場合、大量の商品を扱う能力よりも、小さな在庫を的確に管理してくれる業者の方がおすすめです。また、小規模ビジネス特有の問題やニーズに対して柔軟に対応してくれる業者を選ぶことも大切です。ただし、その一方でコストは常に重要な要素であり、サービスの質とコストのバランスを見極める必要があります。これらの要素を踏まえ、事業規模にふさわしい業者を選ぶことが重要となります。

EC物流代行と在庫管理

Eコマース(EC)が急速に拡大していますが、その裏には物流の重要性があります。EC事業を運営するには、商品の在庫管理が不可欠であり、それは売れる商品がすぐに出荷できるかを直接左右します。しかし、これは同時に非常に煩雑な作業でもあり、管理が杜撰だと売上に大きな影響を与えます。そんな在庫管理を効率化する手段としてEC物流代行が注目されています。

在庫管理の重要性

在庫管理の重要性は言うまでもありません。一つは、適切な在庫数を保つことで商機を逃さないことです。対象の商品の在庫がないということは、それだけ顧客にとって商機となる機会を損失してしまうわけです。また、逆に在庫が過剰になると保管費用の上昇や商品の消費期限切れにつながり、ロスが生じます。このような事態を避けるためにも、適切な在庫管理が求められます。

さらに、在庫管理は出荷の速度を上げるという点でも重要です。商品がすぐに出荷できれば、顧客への販売機会を確保しつつ、信頼も深まります。以上の点からも、在庫管理の重要性は理解できるでしょう。

EC物流代行による在庫管理の効率化

在庫管理がEC事業に不可欠だという一方で、その作業は専門性を求めるため複雑で手間がかかります。そこで注目されるのがEC物流代行です。EC物流代行は、在庫管理から出荷処理、返品対応までを一手に引き受けるサービスです。これにより在庫管理にかかる作業負担が軽減され、結果として業務の効率化が達成されます。

さらに、EC物流代行の多くはITを活用した効率的な在庫管理を行なっていて、リアルタイムで在庫状況を確認できるため、商機の損失を防ぎ、適切な在庫量の維持が可能となります。このように、EC物流代行は在庫管理の効率化に寄与する存在と言えるでしょう。

最適な在庫管理を行うためのヒント

最適な在庫管理を行うためのヒントをいくつか紹介します。まずは、需要予測を行うことです。過去の販売データや季節、イベントなどを考慮に入れた需要予測を行い、適切な在庫数を確保します。

次に、在庫の見直しを定期的に行うことも重要です。セールやキャンペーンなどを通じて商品の動きが活発になる時期があれば、その都度在庫を見直すことが求められます。また、絶対に欠かせないことは、リアルタイムな在庫情報の共有です。情報共有を行うことで、在庫切れや過剰在庫を未然に防げます。

以上のような工夫を組み合わせて適用することで、最適な在庫管理が実現できるでしょう。

EC物流代行とコスト削減

EC物流代行とコスト削減

近年、急速に成長を続けているEC市場。その需要の高まりに伴い、物流の効率化が求められています。そこで注目したいのが物流代行サービスです。特に、小売業者は物流コストの削減を目指しますが、その一方で品質の維持も必要となります。どちらも満たすための一策として、EC物流代行の活用が注目されています。

コスト削減への道筋

物流代行サービスがコスト削減につながるポイントは、大きく分けて3つです。まず一つ目は、物流システムを専門家に任せることで生じる業務範囲の特化です。これにより、自社のコア業務に集中し、これまでの物流業務で発生していた多くの手間や時間を削減することが可能です。二つ目は、物流業者間で生じる競争による価格の抑制です。第三者が交渉を司ることで、個々の企業が一対一で交渉するよりも効果的な価格交渉が可能となります。最後に、複数の引き取りや配送を一括して行うことで、運送コストを抑えることが可能です。これらが組み合わさることにより、物流コストの削減を実現できます。

具体的なコスト削減事例

では、実際にどのようにコスト削減が行われるのか具体的な事例を見てみましょう。ある企業は物流を自社で行っていましたが、そのために必要な人材や設備、管理などのコストがかかっていました。しかし、物流代行を導入した結果、人材の育成や設備の保全などにかかっていたコストを削減することができました。さらに、複数の物流業者に対する交渉や業務の一括管理などを通じて管理コストも削減できました。これらの結果、同社は大幅なコスト削減を達成しました。

立体化による倉庫スペース削減の可能性

最後に、立体化による倉庫スペースの削減について見ていきます。立体化とは、倉庫の高さを有効活用し、垂直方向にスペースを利用する手法です。これにより、倉庫内のスペースを圧縮し、より多くの商品を保管することが可能となり、保管コストを削減できます。また、自動化設備を導入することにより、ピッキング作業の効率化も図ることができます。このような立体化の取り組みにより、物流業務のコスト削減とともに、商品の保管エリアの最適化と業務効率の向上も図ることができるのです。

EC物流代行のトラブルと対応方法

EC物流代行とは、企業がインターネット上で商品を販売する際に、在庫管理や荷物配送などの物流業務を他社に委託することです。しかし、一方で、商品の配送遅延や過剰在庫など、トラブルも多く発生します。これらの問題を未然に防ぎ、或いは生じた場合に効果的に対応するための方法について考察していきます。

よくあるトラブル事例

実際のEC物流代行におけるトラブルをいくつか挙げてみましょう。一つ目は、注文の突発的な増加による在庫切れです。急な注文の増加は商品の在庫を一気に消費し、次の仕入れまでの間に在庫切れとなる可能性があります。これは販売機会の損失を招いてしまう重大な問題です。二つ目のトラブルとして、配送遅延が挙げられます。運送会社の事情や天候など、配送に影響を及ぼす要素は数多く、予測不能な状況が発生します。これらが原因で商品が予定日に届かないと、消費者からのクレームが発生する可能性が高まります。

トラブル時の迅速な対応の重要性

EC物流代行にトラブルが生じた際には迅速な対応が求められます。注文が急増し在庫が切れかけた場合、素早く次の仕入れを手配することで販売機会の損失を防ぎます。また、配送トラブルで商品が予定日に届かない場合、消費者への説明や謝罪、急場をしのぐための代替え案の提示など、早期の対応が必要となります。遅れることが明らかになった段階で、真摯に対応することで消費者の満足度を落とさないように努めるべきです。

リスク管理としてのバックアップ体制

物流業務には不確定要素が多く、常にリスクを伴います。そのため、予期せぬトラブルに備えてバックアップ体制を整えておくことが欠かせません。具体的には、在庫管理システムを使い、商品の在庫状況をリアルタイムで把握し、適時に補充する体制を作ることです。また、複数の運送会社と契約し、一方が動けない状況でも確実に商品を配送できるよう配慮が必要です。さらに、顧客サポート体制を整備し、トラブル時の対応もスムーズに行えるようにします。これらのバックアップ体制が整っていれば、リスクを劇的に減らすことが可能です。

EC物流代行の業績向上へのインパクト

EC物流代行の業績向上へのインパクト

EC物流代行は、EC事業者が抱える物流問題を解決し、ビジネスの効率性を向上させるエンティティです。その役割は、倉庫管理、配送、リターン対応、商品管理など多岐に渡ります。これらの細部のプロセスを専門機関に丸投げすることで、EC事業者は本来のビジネスに注力できるのです。更に、物流代行は膨大な数量の商品を取り扱うことから、一品一宛の配達よりもコスト効率が向上する場合もあります。次に、具体的な業績向上のポイントを述べていきます。

注文処理時間の短縮について

 注文処理時間の短縮は、EC物流代行の大きな役割の一つであります。エンドユーザが注文後、商品が手元に届くまでの早さは、顧客満足度に直結し、リピート率や課題解決スピードの速さに影響します。物流代行業者の専門的な経験と効率的なシステムのおかげで、注文処理と出荷が迅速に行われ、結果として、業績向上へと繋がるのです。一方で、注文処理時間を短縮することは常にコストとのバランスが求められます。そのため、業者選びでは、サービスの品質とコストを両立させたパートナーを選ぶことが重要となるでしょう。

顧客満足度向上への寄与

物流のスムーズな運営は、顧客満足度向上に大きな役割を果たします。商品の安全な配送、正確な配達日時、スピーディーなリターン対応など、物流代行業者が担う仕事はすべて顧客体験に影響を与えます。また、テクノロジーの進化により、追跡機能や配達のフレキシビリティが強化され、最終的な顧客満足度が高まることで、長期的なビジネス成功へと繋がります。日本の消費者市場では、サービス体験は製品そのものと同じくらい、またはそれ以上に重視される傾向がありますので、顧客満足度を押し上げる施策は欠かせません。

セールスアップへの案内

さらに、EC物流代行が提供する情報は、より効果的なマーケティングやセールス戦略を策定するための貴重なデータになります。売れ筋商品、売れ行きの良い地域、配送の遅延傾向など、物流のデータから得られる情報は多岐にわたります。これらの情報をライブ情報として活用することで、新たなマーケティング施策を打つタイミングや、商品在庫の最適化、配送ルートの改善などが可能となります。これらの施策が集約することで、EC事業者の業績向上と売上げアップを実現していきます。

EC物流代行の成功事例

物流の最適化がビジネスの発展に直結する現代。EC物流可能の全体像を把握するために、事例は重要なカギとなります。特に、EC物流代行というのは、商品の保管から出荷、配送、顧客とのアフターケアまでを一手に引き受ける存在です。その消極的な業務における最適化が成功すると、EC事業の効率化が加速します。

成功事例の紹介

まずは、小売業である「A社」の事例から見ていきましょう。A社は自社での在庫管理や出荷業務に苦慮していました。そこで、EC物流代行へのパートナーシップを模索し、B社と契約を結びました。B社は、商品販売のフルフィルメントを一手に引き受け、A社は販売に特化することができるようになりました。結果、取引量は増加し、業績は飛躍的に向上しました。これは、物流の専門家に業務を任せることで、自社の強みを最大限に活かすことができた結果です。

成功事例から学ぶポイント

この事例から学ぶべきポイントは二つあります。一つ目は、「業務の分業化」です。物流業務は専門性が求められるため、これを専門家に任せることで適切な業務遂行が可能となります。二つ目は、「自社のコアコンピタンスの見つけ方」です。A社の場合、物流業務から手を引くことで、彼らの強みである「販売」に集中することができました。これは、自社の強みと弱みを正確に判断し、外部の力を活用することで自社の強みを最大限に引き出すための戦略だと言えます。

事例を活かした自社戦略の見直し

事例を活かすためには、まず自社の強みと弱みを見極めることが重要です。自社で管理が困難な業務やコストが掛かっている業務を洗い出し、それを外部に委託することで業務の効率化を図るべきです。また、物流代行を導入する際には、長期的なパートナーシップを視野に入れ、社内や顧客への影響も考慮に入れた上で契約を結ぶ方が良いでしょう。これにより、スムーズに業務移行を行うことが可能となります。

EC物流代行の未来展望

EC物流代行の未来展望

近年、急速に拡大しているEC市場。それに伴い、物流代行業もその活躍の場を広げているのが実情です。全体として見渡すと、これからのEC物流代行業界は、さまざまな新技術の導入やそれによる業務プロセスの変革、そして新たな役割を担うステージに移行していくことが予想されます。それでは、具体的にどのような未来が拓かれているのでしょうか。

最新技術とEC物流

アイテムの発送から返品受け付けまでを一手に引き受けるEC物流代行。その業務遂行には一貫したシステム管理と確認作業などが必要となり、人的リソースや時間が大いに消耗します。しかし、ここに最新技術が投入されることで、業界全体のパラダイムシフトが進行中です。

その代表例として、AIIoTなどの先進技術の活用が挙げられます。これらの導入により、膨大なデータ分析が可能となり、業務効率化やコスト削減、予測可能なトラブルの回避などにつながるでしょう。また、ロボティクスによる自動化も鮮やかに進行中であり、人の手を介さずに商品のピッキングや梱包を進行させることが可能となります。

EC物流代行業界の動向

EC物流代行業界を取り巻く環境もまた、大きく変遷しています。その一つが、取引量の増大です。コロナ禍以降、自宅での時間が増えることにより、EC利用者が大きく増加。その結果、物流の需要も急速に拡大しました。

加えて、ビッグデータ活用による輸送ルートの最適化や、配送業者とのコラボレーションによる最短納期達成など、業界全体で取り組んでいる課題も見受けられます。これらの取り組みにより、よりユーザーに対するサービス向上が期待されています。

これからのEC物流代行の役割

これらの最新技術の導入や業界動向を踏まえると、これからのEC物流代行が担う役割も大きく変化していくでしょう。まず、単なる物事の「運搬人」から、データベース作成・運用やシステム管理など、より専門的な知識を要する「ITプロフェッショナル」への進化が求められます。

加えて、より個別化・多様化する消費者ニーズに対応するため、顧客情報の管理・活用やパーソナライズを実現する能力も重要になるでしょう。これらの変化を捉え、新たな価値創出に挑戦していくことで、業界全体が一段と進化を遂げることでしょう。

富士ロジテックホールディングスではお客様ごとの同梱施策や梱包方法にも対応し、多様なニーズに応えるEC物流ソリューションを提供していくためには、物流ロボットが人と共に働く、ハイブリッドな現場を実現していく必要があります。事業者の業務効率化と利益率改善を継続的に推進しながらお客様に寄り添ったサービスを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリストが、通販D2CEコマース事業者の課題に寄り添って提案していきます。

 

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

ヤフーが定める優良配送とは?条件やメリット、土日の取扱まで徹底解説!
ヤフーが定める優良配送とは?条件やメリット、土日の取扱まで徹底解説!
Yahoo!ショッピングでは、2020年12月から配送品質の向上を目指した優良配送の取り組みが始まりました。 2022年8月には、優良配送に認定された商品を優先的に上位表示する取り組みも始まり、優良配送の重要度がますます高まっています...
続きを読んでみる
在庫管理におけるSKUとは?改善できる管理方法紹介
在庫管理におけるSKUとは?改善できる管理方法紹介
在庫管理を成功へと導く鍵、「SKU」とは一体何でしょうか?この記事では、SKUがもたらす効率化とその具体的な管理方法について、商品識別から物流改善まで幅広くご紹介します。SKUの基本から最先端の活用法まで、明確かつ実践的な知識をお届け...
続きを読んでみる
3温度帯とは?4温度帯との違いや冷凍・冷蔵倉庫の温度について解説
3温度帯とは?4温度帯との違いや冷凍・冷蔵倉庫の温度について解説
3温度帯とは、保管や輸配送において温度を区分けして指定することを意味します。温度区分は商品の特性によって分けられており、品質を守るために重要なシステムです。 3温度帯がなければ、生鮮食品や冷凍食品などの温度管理を必要とする商品を遠方に...
続きを読んでみる
EC事業者必見!物流コストを削減するコツ
EC事業者必見!物流コストを削減するコツ
ネットショッピングの普及により、物流の重要性が増す中、EC事業者にとってコスト削減は避けて通れないテーマです。本記事では、物流コストを賢く削減し、ビジネスを加速させるヒントを提供します。物流コストの現状理解から3PLの利用、在庫管理の...
続きを読んでみる
転売対策から売上向上までメーカー/D2C企業様と伴走するサービスを拡充
転売対策から売上向上までメーカー/D2C企業様と伴走するサービスを拡充
自社のビッグデータを用いてECブランドの販売支援とブランド育成の2事業を展開する株式会社ACROVE(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:荒井 俊亮、以下ACROVE)はこの度、メーカー/D2C企業向けに、主要なモールである楽天市場...
続きを読んでみる
コールドチェーンとは?3つのメリットと課題を徹底解説【市場規模は拡大傾向】
コールドチェーンとは?3つのメリットと課題を徹底解説【市場規模は拡大傾向】
商品が生産されてから消費者の手に届くまで、一定の温度を保つことにより品質を維持するコールドチェーン。高齢化や独身世帯の増加、コロナによる巣ごもり需要などが背中を押し、市場は拡大しています。 一般社団法人日本冷凍食品協会によると、201...
続きを読んでみる
FBA納品代行おすすめ10選!利用の流れ、メリット・デメリットも解説
FBA納品代行おすすめ10選!利用の流れ、メリット・デメリットも解説
「納品作業に手が取られすぎて、他の作業ができない」 「在庫の保管場所に困っている」 「物販をはじめたけれど毎月手元にお金が残らない」 このようなお悩みにFBA納品代行が便利だと知ったものの、使うべきか迷っていませんか。物流経費もかかる...
続きを読んでみる
ゆっくり配送実現のためのEC物流の最適化ポイント
ゆっくり配送実現のためのEC物流の最適化ポイント
即時配送が常識と思われがちな現代において、「ゆっくり配送」という選択肢が注目されています。しかし、実現の裏にはEC物流の精緻な最適化が不可欠です。本ブログでは、ゆっくり配送を取り入れることのメリットと実現のための具体的な物流戦略を探り...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー