富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

最新トレンドを掴む!物流の効率化とダイレクトシッピング

物流 物流代行 発送代行

物流とは、生産物を生産者から消費者へ引き渡すことを指す、物的流通の略。物流は商品を消費者に届ける物を運ぶ輸送や配送、保管、包装、荷役、流通加工、情報処理などの過程に限定されるのに対し、「ロジスティクス」は物流の過程に調達、生産、販売、回収等を含んだ供給プロセス全体を一元的に管理することを表すために用いられる。原義は軍隊で使用される兵站を意味し、人員を適切に配置し全体の効率化を高める手法を指す。また、より包括的概念としてサプライチェーン・マネジメントがある。

物流の基本的な知識

物流という言葉は日常生活の中でも頻繁に耳にすることがあり、特に最近はインターネットの普及によりオンラインショッピングなどでの物流が注目されています。一見単純そうに見える物流ですが、実は裏では多様な要素と高度な戦略が絡んでいるのです。今では私たちの生活にとって、とても重要な役割を担っている物流についてしっかりと理解していきましょう。

物流とは何か

物流とは、一言で表すと「モノを必要な時に、必要な場所へ適切な方法で運ぶこと」を指します。貨物の輸送だけでなく、倉庫での保管や情報処理なども含まれる幅広い概念です。物流は商取引のスムーズな流れ、商品の適正な価格形成、消費者のニーズに応えるための製品の速やかな提供など、経済活動全般に深く関与しています。近年では、物流の効率性を向上させるためにIT化が進み、GPSIoTなどの技術を駆使した物流システムの構築が進んでいます。これにより、物流は単なる配送業務から、経済活動全般を効率化させる重要な要素へと進化を遂げています。

物流の重要性

物流は商品がうまく市場に流通するために最重要の役割を担っています。生産地から消費地へ、タイムリーに商品を運び、消費者の手元に届ける。これがうまくいかなければ、製品は意味をなさず、消費者の手元には何も届きません。また、国際的な流通が進み、世界中のどこからでも商品を入手できるようになった現代においては、物流の重要性はさらに高まっています。物流が滞ると、それだけで国や地域の経済活動は混乱し、生活にも大きな影響を及ぼします。このように物流は、私たちの生活や経済活動の成り立ちを支える重要な役割を果たしています。

物流の歴史と現状

物流の歴史は古く、初期の段階では人力や動物を使った運搬が主でした。産業革命を経て蒸気機関や電力などが誕生し、鉄道や自動車、船舶、飛行機といった物流手段が発展してきました。現在ではコンピュータやインターネットの進化により情報化が進み、物流はますます高度化・複雑化しています。例えば大量情報の解析により最適な配送コースを設定したり、IoT技術を活用して輸送車両の位置情報をリアルタイムで把握したりすることが可能になっています。さらに近年は、ドローンやAIを活用した無人配送も現実のものとなりつつあり、物流の未来はこれまで以上に変化し続けるでしょう。

物流の最新トレンド

最近の物流業界は、急速なテクノロジーの進化と消費者の要求の高まりにより、大きな変革を迫られています。テクノロジーの進歩とグローバル化の推進により、物流の最新のトレンドはますます開かれたものになりつつあります。

AIIoTの活用

ここ数年で、AI(人工知能)とIoT(インターネット・オブ・シングズ)の活用が物流業界でも進んでいます。AIは物流過程での予測と最適化を可能にし、IoTはデバイス間の接続を通じて物流の透明性を向上します。これらのテクノロジーは、各物流会社が貨物の追跡、在庫管理、出荷調整、配送最適化などを行う上で重要な要素となっています。

また、AIIoTの組み合わせは、物流とサプライチェーンの効率化に大きな影響を与えています。例えば、AIは大量のデータを分析し、予測モデルを生成します。これにより、需要予測が可能になり、在庫過剰や不足を防ぐことができます。同時に、IoTを活用したセンサー技術は、物流の全体的な運営状況をリアルタイムで把握することが可能になりました。

ロボットやドローンの使用

物流の分野におけるロボットやドローンの活用もまた、最新のトレンドとなっています。倉庫内の荷物のピッキングや運搬を担うロボットは、労働力の不足や効率化のニーズに応える形で導入されています。これにより、誤送を防ぎつつ、作業員の体力的な負荷も軽減します。

また、配送の現場においてもドローンの活用が一部始まっています。地元住民への配送や災害時における支援物資の輸送など、さまざまな場面でその可能性が試されています。一部の地域や環境では、ドローンによる配送が通常の配送よりも効率的であることが明らかになっています。

3Dプリンターによる製造革新

さらなるトレンドとして、3Dプリンターによる製造革新が挙げられます。3Dプリンターを使うことで、製品の製造や部品の生産を局地化することが可能になります。これにより、製品や部品の輸送にかかるコストと時間を大幅に短縮することが可能となり、物流全体の効率化につながっています。

これらの技術はまだまだ成熟途中ですが、既に多くの企業が彼らの可能性を認識し、物流業界における競争力を向上させるための戦略として採用しています。これからの物流の最新トレンドはこれらの技術革新に大きく影響を受けるでしょう。

物流の効率化手法

物流とは、製造から消費者への一連の流れの中で、製品を必要な時期・場所へ適切に運ぶ事を指すのです。物流の効率化は生産体制の改善やコスト削減を実現し、ビジネスの競争力を高めるための重要な要素と言えます。特に、情報技術(IT)の進化に伴い、物流の効率化手法も日進月歩で進化しています。

リアルタイム運用情報の活用

物流のリアルタイム運用情報の活用は、現在位置・稼働状況、荷物の状態等を即時・詳細に把握できるため、通常のオペレーションを最適化するだけでなく、トラブル発生時の迅速な対応が可能となります。IoTAIなどの最新技術によって取得可能なリアルタイムの情報を活用し、適時に対応することで効率的な業務運営を実現します。さらに、収集した大量のデータをAIによって解析し、それを元にした予測・分析が可能になります。これにより、需要予測の洗練、出荷量の最適化、最短ルートの算出など、物流効率化につながる様々な施策が考えられます。

物流業者とのコミュニケーション強化

物流業者とのコミュニケーションを強化することで、適切な情報共有やスムーズな業務遂行を図り、結果的に物流の効率化につながるのです。特に耐えるバリアは、物流業者への指示や情報伝達のズレです。そのズレを減らすために定期的なミーティングの開催、業務フローチャートの共有、オンラインツールを用いた情報共有など様々な手段があります。また、物流業者との信頼関係を深めることで、緊急時の対応速度を向上させたり、効率的な物流ルートを開発したりすることが可能となります。

浪費削減によるコスト効率化

物流は、無駄な労力や時間、コストが発生しやすい分野です。そのため、各工程におけるムダを見つけ出し、それを削減することで、物流全体のコスト効率を向上させることが可能になります。たとえば、在庫管理の無駄を減らすためには、適切な在庫量の把握と、それに基づく適切な発注が重要となります。また、運送業者の選定においては、価格だけでなくサービス内容や信頼性も考慮に入れ、最適な業者を選ぶことが求められます。リードタイムを短縮することで、運用コストを削減し、顧客満足度を高めることも可能です。

ダイレクトシッピングについて

インターネットが普及し、オンラインショッピングが盛んになる中で、物流の仕組みとして注目されているのが「ダイレクトシッピング」です。このビジネスモデルは、販売業者と顧客との間に新たなコネクションを作り、物流コストの削減や販売力強化を可能にします。しかし、理解や導入には少々複雑な面もあるため、以下ではダイレクトシッピングの概念、その利点と欠点、そして導入方法について詳しく解説します。

ダイレクトシッピングとは

ダイレクトシッピングは、一般的な卸売業者とは異なり、特定の商品をストックしない代わりに、顧客からの注文を製造元や他のサプライヤーへ直接送る手法を指します。つまり、販売業者は商品を保管せず、売れる商品のみを製造元や他のサプライヤーから仕入れるのです。このユニークなビジネスモデルは、物流コストや在庫リスクを大幅に軽減することが可能となります。

ダイレクトシッピングの利点と欠点

ダイレクトシッピングの利点は何と言っても、販売業者が商品を保管する必要がなく、売れる商品のみを製造元や他のサプライヤーから仕入れるという点です。物流コストの削減、リスクの軽減、広い商品ラインナップの展開が可能と言えるでしょう。一方で、製造元やサプライヤーへの依存度が高まるという欠点もあります。また、自社で在庫を持たないため、顧客のニーズに対する対応力が若干低下する可能性も否めません。

ダイレクトシッピングの導入方法

ダイレクトシッピングを導入するには、まず信頼できるサプライヤーとの強固な関係を築くことが重要です。次に、効率的なシステムを整備し、サプライヤーからの商品情報を迅速に得て、オンラインショップに掲載する体制を作る必要があります。そして、顧客からの注文を迅速にサプライヤーに伝え、商品を直接顧客に届けるよう指示するのです。以上が全体の流れになるのですが、詳しいステップは業界や商品により異なるため、十分な調査と準備が必要となります。

物流の将来予測

物流というワードは、製品や商品が製造地から消費地へと運ばれる一連の流れを指します。近年、世界的な物流の最前線では、高齢化や労働力不足が問題になっており、物流の効率化がさらに進むことが予測されます。物流業界はサービス産業の一部でありながら、経済活動にとって不可欠な存在であり、これからの物流の将来予測は、経済全体を左右する重要なテーマと言えるでしょう。

物流需要の変化

昨今の物流需要の変化は主に3つの要素から考えることができます。一つ目は人口動態、二つ目は消費パターンの変化、そして三つ目はeコマースの拡大です。人口動態について言えば、日本国内においては高齢化社会が進行しており、同時に人口が減少しようとしています。それにより物流需要も減少する可能性があります。また、経済成長を続けているアジア地域では中間層の拡大と共に消費慣行が変化し、物流需要が増大するでしょう。

さらに、eコマースの進展によって、個々の消費者へ直接商品が届けられるという新たな物流の形が確立し、これまでとは異なる需給の形状を生み出しています。これらの変化を的確に捉え、物流を適応させることが重要と言えるでしょう。

新技術の導入予測

新しい技術の導入について、自動運転技術が先頭に立っています。これは、ドライバー不足の問題を解決するとともに、24時間稼働という新たなビジネスモデルを実現することにつながります。また、ドローンなどの空中配送が実現すれば、遠隔地への配送が容易になり、物流コストを大幅に削減することが可能になります。さらに、アルゴリズムによる予測と最適化を活用することで、需要の予測精度を高めるとともに、無駄な移動を減らして効率的な経営を実現できると考えられます。これらの技術が進化すれば、物流に新たな可能性と効率化がもたらされ、物流業界はさらなる成長を遂げる可能性があります。

環境問題への対応

物流業界は、地球温暖化や環境問題にすでに対応を始めています。エコロジー車の導入や、物流の最適化により燃料消費を抑制する取り組みなど、環境問題への対応は絶えず行われています。エコロジー車の導入は排ガス削減だけでなく、燃料コストの削減にもつながります。

また、物流最適化により、無駄な走行距離を減らすことで、CO2排出量を減らし、地球温暖化対策に貢献できるのです。さらに、再配達の防止や、包装材の環境負荷を下げる工夫も進められています。これからの物流業界は、経済活動と環境保全のバランスを取りながら、持続可能な発展を追求していくことが求められます。

物流でのトラブルと対処法

物流において発生する多種多様なトラブルは、ビジネス全体の効率や信頼性に直結する重要な課題です。運搬の遅延、在庫管理の失敗、運送事故など、快適なサービス提供のためにもそれぞれのトラブルに対応するための基本的な対策を考えていくことが重要となります。特に物流業界では、これらの課題は時間との戦いでもあります。以下に具体的なトラブル別の対処法を紹介いたします。

配達遅延の対処法

配達遅延はビジネスの信頼性を左右する重要な課題であり、その原因は天候や交通状況の影響、配送業者の手違いなど多岐にわたります。まず、対策としてはトラブルが発生した場合の迅速な情報共有が非常に重要です。具体的には、顧客に対して配達遅延が発生した旨を迅速に連絡し、遅延の理由と新たな配達日時を明示することが求められます。

また、配達遅延を防ぐためには、配送ルートや時間帯を工夫することも効果的でしょう。たとえば、交通混雑が予測される時間帯や地域を避ける、可能な限り直行可能なルートを選択するなどの工夫が必要です。また、天候予報をチェックして適切な対策を講じ、予期せぬ事態に備えることも大切です。

在庫管理の失敗とその解決策

在庫の誤計算や紛失が発生した場合、それが売り上げや業績に大きく影響を及ぼす可能性があります。そのため、在庫管理の失敗は早急に対処する必要があります。初期段階での正確な在庫数の把握は必須で、定期的な在庫の確認と記録を行う体制を作ることが重要となります。

また、在庫を一元管理することで誤差を減らすことが可能となり、新たなシステムや機器を導入して正確かつ効率的な在庫管理を実現することも効果的です。予測可能な需要に対応できる在庫量を維持するためには、売上データや季節性を考慮した需要予測が必要となります。

運送事故とその予防方法

運送事故は重大なダメージをもたらす可能性がありますので、その対策は怠ることができません。運送事故を防ぐためには、安全運行への徹底した意識と教育が求められます。定期的な安全研修や運行ルールの確認、安全装備の充実などを行うことが必要です。

また、運送業者が取り扱う貨物自体にも十分な配慮が求められます。例えば、搭載位置や保護材、荷造り方法などを工夫して、荷物が転倒や破損するリスクを減らすことも事故予防に寄与します。事故が発生した場合も、迅速な報告と原因究明、再発防止策の検討が肝心です。

物流におけるリスクマネジメント

現代の産業社会において、物流は経済活動の基盤となる重要な要素です。企業活動を円滑に進めるためには、製品や部品の適切な運搬・保管が不可欠となります。しかしながら、物流には数々のリスクが含まれています。これらは、適切なリスクマネジメントを行わないと企業の損失に繋がる可能性があるのです。

倉庫管理のリスク

倉庫管理には、多くのリスクが存在します。製品の破損、盗難、在庫の誤計算などがそれに当たります。これらのリスクを適切に管理しなければ、商品の出荷遅延や在庫切れを引き起こし、顧客満足度の低下につながるでしょう。

具体的な対策としては、品質管理の強化や監視カメラの設置、不正防止の体制強化、在庫管理システムの導入などが挙げられます。これらを適切に行うことで、倉庫管理のリスクを最小限に抑えることが可能となるでしょう。

荷物紛失の対策

物流業界における重大なリスクの一つが、荷物の紛失です。これは、顧客の信頼を大きく損なう問題であり、回避するための対策が必要です。

最初の対策としては、荷物の追跡システムを導入することです。これにより、荷物の位置情報をリアルタイムで把握でき、逸失の防止に繋がります。また、従業員の教育も重要な対策になります。荷物の取り扱い方法や適切な保管方法を学ぶことで、紛失のリスクを下げることが可能となります。

災害リスクとその対策

物流は、自然災害などの影響を大きく受ける業界です。特に地震や台風、洪水などの大規模な災害が発生した場合、商品の運搬が困難になることは明らかです。このようなリスクを適切に管理するためには、事前の準備と対策が必要です。

具体的な対策としては、災害時の緊急避難計画の作成や避難訓練の実施、また常に最新の気象情報をチェックすることなどが重要です。さらに、物流ルートの多様化や代替ルートの準備も有効です。これらの対策を通じて、災害時のリスクを最小限に抑え、仮に災害が発生しても業務を継続できる体制を整えることが求められます。

物流を成功させるためのスキルと組織

物流管理は、製品の生産から消費者の手元へ届けるまでの一連の流れを管理し、効率化させるための重要な業務です。これに成功を収めるためには、適切なスキルと人材育成、組織運営、組織改革、そして良好なパートナーシップが不可欠です。それぞれの要素が相互に影響し合い、結果的に物流の成功につながるのです。

必要なスキルと人材育成

物流を担当する人材には、物流の整流性を理解するスキル、効率的なルート選択ができる分析能力、そしてコミュニケーション能力が必要です。これらは、具体的な業務遂行だけでなく、組織運営、または必要時の改革を推進する上でも重要となります。特に物流業界は日進月歩で、新たな技術や手法が導入されることも少なくありません。新しい環境に対応できる柔軟性と学習能力も求められるのです。こうしたスキルを身につけるための人材育成は、長期的な視点で進めるべき重要な課題です。

組織の運営と組織改革

物流を成功させるためには、組織運営の視点も重要です。一人ひとりの役割を明確にし、チーム全体の目標に向かって協力するための体制作りが大切です。また、組織運営だけでなく、必要な時には組織改革を進めることも重要です。変化に応じて組織を再編し、より効率的な物流業務を実現するための柔軟性は、組織全体で共有するべき価値観でしょう。

パートナーシップの重要性

また、物流を成功させるためには、単独で行動するのではなく、様々なパートナーと連携し合うことが必要です。物流は多くの場合、製造業や卸売業、小売業といった他業種と連携しながら行われます。これらのパートナーとの適切なコミュニケーションと協力関係は、物流業務をスムーズにし、効率を上げるために不可欠です。優れたパートナーシップを築くことが、最終的な物流の成功を約束します。

 富士ロジテックホールディングスでは関東、中部、関西、福岡の首都圏エリアに営業倉庫を保有して配送、保管、包装、荷役、流通加工、情報処理などの最適な物流業務を提案しております。

 

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

ヤフーが定める優良配送とは?条件やメリット、土日の取扱まで徹底解説!
ヤフーが定める優良配送とは?条件やメリット、土日の取扱まで徹底解説!
Yahoo!ショッピングでは、2020年12月から配送品質の向上を目指した優良配送の取り組みが始まりました。 2022年8月には、優良配送に認定された商品を優先的に上位表示する取り組みも始まり、優良配送の重要度がますます高まっています...
続きを読んでみる
在庫管理におけるSKUとは?改善できる管理方法紹介
在庫管理におけるSKUとは?改善できる管理方法紹介
在庫管理を成功へと導く鍵、「SKU」とは一体何でしょうか?この記事では、SKUがもたらす効率化とその具体的な管理方法について、商品識別から物流改善まで幅広くご紹介します。SKUの基本から最先端の活用法まで、明確かつ実践的な知識をお届け...
続きを読んでみる
3温度帯とは?4温度帯との違いや冷凍・冷蔵倉庫の温度について解説
3温度帯とは?4温度帯との違いや冷凍・冷蔵倉庫の温度について解説
3温度帯とは、保管や輸配送において温度を区分けして指定することを意味します。温度区分は商品の特性によって分けられており、品質を守るために重要なシステムです。 3温度帯がなければ、生鮮食品や冷凍食品などの温度管理を必要とする商品を遠方に...
続きを読んでみる
EC事業者必見!物流コストを削減するコツ
EC事業者必見!物流コストを削減するコツ
ネットショッピングの普及により、物流の重要性が増す中、EC事業者にとってコスト削減は避けて通れないテーマです。本記事では、物流コストを賢く削減し、ビジネスを加速させるヒントを提供します。物流コストの現状理解から3PLの利用、在庫管理の...
続きを読んでみる
転売対策から売上向上までメーカー/D2C企業様と伴走するサービスを拡充
転売対策から売上向上までメーカー/D2C企業様と伴走するサービスを拡充
自社のビッグデータを用いてECブランドの販売支援とブランド育成の2事業を展開する株式会社ACROVE(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:荒井 俊亮、以下ACROVE)はこの度、メーカー/D2C企業向けに、主要なモールである楽天市場...
続きを読んでみる
コールドチェーンとは?3つのメリットと課題を徹底解説【市場規模は拡大傾向】
コールドチェーンとは?3つのメリットと課題を徹底解説【市場規模は拡大傾向】
商品が生産されてから消費者の手に届くまで、一定の温度を保つことにより品質を維持するコールドチェーン。高齢化や独身世帯の増加、コロナによる巣ごもり需要などが背中を押し、市場は拡大しています。 一般社団法人日本冷凍食品協会によると、201...
続きを読んでみる
FBA納品代行おすすめ10選!利用の流れ、メリット・デメリットも解説
FBA納品代行おすすめ10選!利用の流れ、メリット・デメリットも解説
「納品作業に手が取られすぎて、他の作業ができない」 「在庫の保管場所に困っている」 「物販をはじめたけれど毎月手元にお金が残らない」 このようなお悩みにFBA納品代行が便利だと知ったものの、使うべきか迷っていませんか。物流経費もかかる...
続きを読んでみる
ゆっくり配送実現のためのEC物流の最適化ポイント
ゆっくり配送実現のためのEC物流の最適化ポイント
即時配送が常識と思われがちな現代において、「ゆっくり配送」という選択肢が注目されています。しかし、実現の裏にはEC物流の精緻な最適化が不可欠です。本ブログでは、ゆっくり配送を取り入れることのメリットと実現のための具体的な物流戦略を探り...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー