西間木 智
西間木 智

物流会社で20年経験しD2C EC スタートアップから中規模、大規模のeコマース事業者へフルフィルメントサービスの提供や物流の見直し・改善、スピード配送、複数拠点展開を設計して提唱している。 事業者様の売上貢献するために 「購買体験」 「リピート施策」 「Unboxing」 やOMO対応での「オムニチャネル」 「返品交換物流」 を提案し、事業者と常に伴走して最新の物流設計を試みる。

物流倉庫とEC物流の違いから学ぶ最適な運用術

EC物流 物流

物流倉庫とEC物流の違いから学ぶ最適な運用術

商品を販売するにあたって、商品の在庫を保管・管理したり、入出荷や配送などを行ったりするためには物流倉庫が必要です。

倉庫の規模や商材によって異なりますが、BtoB向けの物流やBtoC向けの物流では求められる保管方法や作業内容、システム(WMS)が異なります。

本稿では物流倉庫とEC物流倉庫の違いについて解説しております。

物流倉庫とは何か

物流倉庫とは、商品の保管・配送を行う拠点のことを指します。製造業や小売業、運送業などで商品や資材の一時保管・保管管理を行い、生産現場や市場への扱いや配送など物流業務を適確に行うための施設の一つとでも言えるでしょう。また、近年では更にその役割が拡大し、大量の在庫を一括管理するだけではなく、ピッキングや梱包作業、配送作業などの物流作業も行われています。

物流倉庫の役割

物流倉庫の役割は大きく二つに分けられます。その一つが「在庫管理」です。物流倉庫は、商品を適切な状態で保管し、生産や出荷に際して必要な商品を迅速に提供できるように管理します。これにより、商品の売り逃がしや売り切れを防ぐことができるのです。また、倉庫内での様々な作業、例えば商品の入出庫作業や在庫確認等、資材の確保から出荷までの一連の流れを担当しています。

その他の役割は「配送センター」機能です。物流倉庫は集荷地点と配送先の間で、効率的な輸送を行うための中継点となるのです。最適なルートを選定し、時間とコストを最小限に抑えつつ、商品を配送先まで確実に届ける役目を果たしています。特に、EC業界の発展に伴い、より迅速な配送が求められる現代ではその役割が大きくなっているのです。

物流倉庫の運用のポイント

物流倉庫の一つの大きなポイントは、物の流れをスムーズに行うための「作業効率」の向上です。在庫管理の効率化、ピッキングや梱包作業のスピードアップ、短時間での配送作業など、各種作業の効率性を向上させる取り組みが求められます。IT技術の進化により、倉庫内のアイテム管理を行うWMS(倉庫管理システム)の導入や、ロボットを活用したピッキング等、最新のテクノロジーを活用して作業効率を高める試みが行われています。

また、他の重要なポイントは「安全性」です。倉庫内では、重量物の取り扱いや重機の使用など、事故を招く可能性があるため、きちんとした安全対策が必要です。作業者の安全教育や設備の安定性確保など、人材と設備の両方から安全対策を行うべきです。

物流倉庫の最適な立地条件

物流倉庫の最適な立地条件を選ぶ上で考慮すべきポイントは主に三つあります。一つ目は、「交通網のアクセス」です。商品の出入りが頻繁にあるため、高速道路や港湾、空港からのアクセスが良好な地域が望ましいです。次に、「広大な敷地」が必要です。多くの商品を保管したり、大量の荷物を扱うスペースが必要なため、広く平坦な土地が適しています。

最後に、「人材確保」の観点からも立地は重要な要素です。倉庫の運営には多くの労働力が必要で、たとえ経済的に効率の良い地域でも、人材不足が続くと運営が難しくなります。したがって、人材確保が可能な地域を選ぶことが求められます。これらの条件全てを満たす地域が最適な立地と言えるでしょう。

EC物流の特性とは

EC物流の特性とは

EC物流とは、インターネットを介して販売される商品の配送を指す言葉であり、近年はその需要の増大が顕著であることからますますその重要性が認識されています。EC物流は、ECサイトとお客様をつなぐ大切な役割を果たし、商品の配送が適切に行われることで初めてECサイトの価値が最大限に発揮されます。その特性を理解した上で、適切な物流体系を構築する事が重要だと言えるでしょう。

EC物流の特徴と必要性

EC物流の特徴は大きく3つあります。一つ目は、物流コストの削減です。一般的に、EC物流は店舗や倉庫を保有する必要が少なく、大量の商品を搬送する際のコストを抑えることができます。二つ目は、365日の運営が可能であることです。これにより、顧客の購買行動に制限を設けることなく販売活動が行えます。三つ目は、商品のダイレクトな販売と配送が可能であることです。これらの特徴がありながらも、配送の遅延やトラブルが発生した際には顧客の信頼を失う原因にもなります。したがって、EC物流の適切な運用は、ECサイトの売上向上だけでなく、サービスの質向上にも貢献するのです。

オンラインショップでの物流の運用方法

オンラインショップにおける物流の運用には、以下の3つのポイントが重要です。一つ目は、注文管理システムの導入です。これにより、注文データの一元管理と迅速な対応が可能となり、顧客満足度の向上につながります。二つ目は、在庫管理です。商品の在庫状況をリアルタイムで把握することで、顧客への情報提供や適切な在庫量の維持が可能となります。最後に、配送業者の選定です。配送業者の信頼性やコスト、配送エリアなどを考慮に入れた業者選定が必要です。これらの運用方法を取り入れることで、オンラインショップの物流はスムーズに運営され、顧客サービスの質の向上にも寄与するでしょう。

EC物流の最適な運用方法

EC物流の最適な運用方法とは、ECサイトの特性やニーズに合わせたシステム運用と業者選定であると言えます。初心者から上級者まで利用可能な注文・在庫管理システムを導入し、業者選定に至るまでのプロセスを明確にすることが重要です。また、少しでも配送時間を短縮するために最新の技術を活用しましょう。例えば、AI技術を用いて最適な配送ルートを選定し、配送効率を上げることも一つの手段です。さらに、お客様呼びとしましては、丁寧なアフターフォローも必要となります。これらを踏まえ、最適な運用方法を見つけ出すことが大切だと言えるでしょう。

物流倉庫とEC物流の違い

物流倉庫とEC物流の違い

物流倉庫とEC物流は、同じ物流業務を担当しつつもその運用方法や目的が異なる点で区別されます。物流倉庫は、主に製造業者や卸売業者が製品を集約、保管するためのスペースとして利用され、商品の流通をスムーズに行うための重要な役割を持っています。一方、EC物流は、ECサイトを運営する企業が商品を消費者に直接届けるための物流を指しており、個々の商品の管理や配送が求められます。

物流の管理方法の違い

物流倉庫とEC物流では、管理方法に大きな違いがあります。物流倉庫は、一般に大量の商品を保管し、取引先への輸送を中心の業務とします。そのための管理方法としては、商品の種類や量を正確に把握し、保管場所の効率的な利用や商品の搬送ルートの最適化が求められます。一方、EC物流は、個々の消費者への直接配送が主な業務となります。そのため、商品のピックアップから配送までの一連の流れを滞りなく進めるために、高度な在庫管理システムや配送状況のリアルタイムな把握が必要となります。

費用の違いとその影響

物流倉庫の運営とEC物流では必要となる費用やその影響にも違いがあります。物流倉庫は大量の商品を一括して保管するため、その運営には大幅な固定費がかかるのが特徴です。それに対して、EC物流は個々の注文に応じた商品のピックアップや配送を行うため、注文件数に応じた変動費が主となります。また、EC物流の場合、配送エリアや配送スピードなどによっても費用が大きく変動します。これらの費用差は、商品の価格設定や運営戦略にも影響を与えるため、業態に合わせた適切な物流コストの見直しが重要となります。

商品管理の違い

物流倉庫では大規模な品揃えと在庫管理が中心となりますが、EC物流では小規模でも高度な商品管理が求められます。物流倉庫では大量の同一商品を一元的に管理しますが、EC物流では様々な商品が混在し、それぞれの在庫状況をリアルタイムで把握することが求められます。特にEC物流では、商品の誤配送があると消費者に対する信頼を損ねるため、ピッキングミスの防止策としてバーコードの活用などが進んでいます。

また投資コストも異なり、物流倉庫では大型の設備投資が必要となる一方で、EC物流ではスケーラビリティに優れたシステム投資が必要になります。これらの違いを理解し、それぞれのニーズに合った最適な商品管理方法を取り入れることが求められます。

物流倉庫運用の費用と節約方法

物流倉庫の運用は、企業の利益に大きな影響を与えます。物流コストが増大するとそれは直接的に企業の利益を圧迫し、競争力低下につながる可能性があります。また、物流倉庫運用にかかる費用の最適化は、地域経済の活性化やCO2排出量の削減にもつながり、企業にとってだけでなく、社会全体にとっても大切な課題となっております。この記事では、物流倉庫運用にかかるコスト構造とその節約方法、効率的な物流管理について詳しく解説していきます。

物流倉庫運用におけるコスト構造

物流倉庫の運用にはさまざまなコストがかかります。それらは大きく分けて、直接コストと間接コストに分けることができます。直接コストとは、物流倉庫の運営に直接関わる人件費や燃料費、資材費、修繕費などです。一方、間接コストとは、減価償却費や管理費、設備投資費などであり、これらは直接的な運営活動には結びつかないものの、物流倉庫運用には欠かせない経費です。各企業は、これらのコストを最適化することで、物流倉庫の運用効率を上げていきます。

物流倉庫のコスト削減方法

物流倉庫のコスト削減には、効率的な倉庫管理が必要です。倉庫面積の有効活用、在庫の適正管理、適切な物流システムの導入などが挙げられます。また、エネルギーコストの削減も重要です。照明や冷暖房などの省エネ対策をすることで運用コストを抑えることが可能です。さらに、IT導入による作業効率化も大きな節約につながります。物流倉庫の運用業務をデジタル化することで、人的ミスを減らし、迅速な情報共有やスピーディな決定を可能にします。

効率的な物流管理とは

効率的な物流管理とは、物流倉庫の運用に関する一連のプロセスを最適化し、適切なコストで必要な商品を適切な時間、適切な場所に提供することです。そのためには、予測管理や需給バランスの最適化、情報の透明性、ワークフローの整備などが重要です。また、ITツールの活用も重要な手段です。実際、最新の物流技術を活用することで、注文管理、在庫管理、輸送管理などを一元化し、全体の物流効率を大幅に向上することが可能となります。これらの効果を最大化するためには、経営層が意識的に物流の最適化に取り組むことが求められます。

EC物流運用の費用と節約方法

EC物流運用に必要な費用とその節約方法について詳しく考察します。ネットショッピングの普及に伴い、物流はEC事業の重要な一部となっています。しかし、その運用には大きな費用がかかるため、適切なコスト削減策と管理法則が求められます。後ほど詳しく紹介しますが、ここでは主に配送費用やストレージコストが費用に影響を及ぼすことを覚えておいてください。

EC物流運用にかかる費用と配送費用

EC事業の物流運用には、たくさんの費用が発生します。配送費用はその中でも特に大きな割合を占める項目です。この部分を効果的に削減することにより、全体的なコストダウンにつながります。配送費用は、配送地域や配送サービスの種類、配送量などにより変動します。また、仕入れから販売、発送までの一連の流れが複雑化することで更なる費用増が予想されます。他にも、商品のストレージや検品、梱包などのコストも重要な要素となります。これらは、物流拠点の設備や人員配置により大きく影響を受けます。

EC物流の最適なコスト削減手法

EC物流の費用を節約するためには、幾つかの手法があります。まず、配送サービスの最適化から始めましょう。配送エリアや配送量をもとに、最もコストパフォーマンスが高い配送サービスを選択することです。次に、物流の効率化を図ることも重要です。物流拠点の配置や、在庫の保管方法、オーダーから配送までの流れを見直すことで、無駄なコストを削減することができます。また、AIITを活用したデータ分析も有効です。これにより、各工程のボトルネックを特定し改善することも可能になります。

EC物流を効果的に管理する法則

EC物流の管理には、以下の二つの法則があります。一つ目は、「在庫管理の最適化」です。EC事業者は、在庫切れによる売上機会の損失と、在庫過剩による費用損失の間でバランスを保つ必要があります。最適な在庫量を見極め、補充のタイミングを管理することが重要です。二つ目は、「配送スピードとコストのバランス」です。消費者はスピーディな配送を求めますが、それによって配送費用が増加する可能性もあります。適切な配送スピードとコストバランスを見つけることが必要です。これらの法則を把握し、適切に適用し続けることで、EC物流はより効率的かつコストパフォーマンスの高いものになります。

物流倉庫とEC物流を選ぶべき理由

物流倉庫とEC物流を選ぶべき理由

近年、物流システムに適切な選択を行うことは、企業が成長し続ける上で重要な要素となります。物流システムは、商品の仕入れから配送までを一貫して管理し、顧客へのサービス品質を向上させるための手段です。特に、物流倉庫とEC物流は、それぞれが持つ特性によってビジネスの効率化とコスト削減に寄与します。しかし、どちらを選ぶべきかは様々な要素により異なります。今回は、それぞれの特性とメリット、デメリットについて解説し、ビジネスのニーズに合った選択方法を提案します。

物流倉庫を選択する場合のメリットとデメリット

物流倉庫を選択する大きなメリットは、物量管理の面にあります。一定量以上の在庫を持つ必要があり、その在庫管理と流通をスムーズに行いたい企業にとって、自社の物流倉庫を持つことは大きな強みとなります。一方で、この場合に考慮すべきデメリットとして、初期投資と運用コストが挙げられます。倉庫の建設や設備投資、運用スタッフの人件費などは大きな負担となるでしょう。また、物流倉庫は維持管理も必要となります。これらのコスト負担と対処方法を理解した上で、適切な形態選択を行うことが、経営効率を上げる秘訣となります。

EC物流を選択する前のチェックポイント

一方、EC物流を選択する際の主なメリットは、在庫リスクの軽減と運用の手間削減です。適切にシステム化され、外部に委託することで、余剰在庫や在庫切れといったリスクを軽減できると共に、物流にかかる手間も僅かとなります。しかし、EC物流を選択する前には必ずチェックしておきたいポイントがあります。その一つが、提供されるサービス内容とコストパフォーマンスです。物流の品質やスピード、対応範囲など、しっかりと確認することが重要です。また、信頼性の高い企業を選ぶことも重要でしょう。

ビジネスニーズにあった選択方法

物流倉庫とEC物流、それぞれにはリスクと可能性があります。ビジネスニーズに応じて最適な選択を行うことが重要で、そのためには自社の現状と目指す方向を理解することが必要です。拡大していくビジネスを見据えて、来るべきニーズに対応できる物流を選択することで、事業の成長を担保しましょう。また、自社の資源や可能性を見つめ直し、物流選択によって新たなビジネスチャンスを得られる可能性もあります。物流選択は、ビジネスに大きな影響を与える決定です。しっかりと準備を行い、適切な選択を行うことが必要です。

物流倉庫とEC物流の両方を運用する方法

物流倉庫とEC物流の両方を運用する方法

今日、物流倉庫とEC物流の両方を運用する手法が注目されています。これらを有効に組み合わせることで、在庫管理や商品配送、購買体験の向上につながる可能性があるのです。しかし、都合よく組み合わせるためには、各々の特性を理解し、適切なバランスで運用する必要があります。

効果的な組み合わせ方とは

物流倉庫とEC物流の両方を最適に活用するためには、その運用方法が重要となります。物流倉庫は、大量の商品を一括で管理、保管し、安定的な供給が可能という利点があります。一方、EC物流は、小規模でも効率よく配送が可能で、消費者の多様化するニーズに即応できる特性があります。これらを効果的に組み合わせるためには、まず物流倉庫を基本とし、一定の在庫を保有することで安定供給を行い、その上でEC物流を利用し、細分化された需要に対応するのが有効です。

両者を併用するメリットと注意点

両者を併用するメリットとしては、物流効率の向上や業務の柔軟性が挙げられます。物流倉庫の大量保管能力と、EC物流の配送効率は相補的な関係にあり、物流業務全体の効率化を実現します。また、適切に組み合わせることで業務の柔軟性が高まり、市場の変動に迅速に対応できます。一方、注意点としては、管理体制やシステムの整備が求められます。物流倉庫とEC物流を同時に運用することで、在庫管理や配送管理が複雑化し、ミスや遅延の原因となります。その対策として、ITシステムを導入するなどして、業務を一元化し、エラーを減らすことが求められます。

適切な運用バランスとは何か

適切な運用バランスとは何かを理解するためには、まず物流倉庫とEC物流の特性を理解することが必要です。物流倉庫は安定供給が可能な反面、商品の取り回しが難しくなるリスクがあります。一方EC物流は機動力がある反面、大量配送には限界があります。つまり、安定と機動性をバランス良く組み合わせることが求められます。例えば、一定の在庫は物流倉庫で管理し、急な需要変動やシーズンごとの特需にはEC物流を用いるというように、シチュエーションに応じて役割分担をすることが適切な運用バランスと言えるでしょう。

まとめ:物流倉庫とEC物流の違いを理解して利益を最大化

物流倉庫とEC物流は、企業の利益最大化にますます重要な役割を果たしています。これらの理解は、商品の迅速な出荷、在庫の最適な管理、そして顧客の満足度向上に直結します。しかし、これら二つの物流管理は同じではないことを理解することが重要です。物流倉庫は製品の保管、管理、出荷などの物流全体を担当する一方で、EC物流はオンライン販売のための在庫管理や配送といった特定の領域を担当しています。それぞれの特性を理解し、自社のビジネスモデルに適している方を選択することで、利益を最大化する狙いがあるのです。

企業にとって最適な選択とは

企業にとって最適な物流管理選択は、自社のビジネスモデルとニーズに大きく依存します。物流倉庫管理は、大量の製品を一元的に管理し、一括して出荷することが重要な企業にとって適した選択です。一方、EC物流は小規模ながら多様な商品を扱う、個々の顧客に向けた配送を重視する企業にとって好ましい選択となります。

まず、企業が最適な選択をするためには、自社の特性を理解することが第一歩です。製品の取り扱い数量、製品の種類、出荷の頻度、顧客の配送希望等を詳細に把握することが必要です。また、物流コストも重大な要素です。物流倉庫の維持、運営費用やEC物流における配送、返品処理費用等を考慮すべきです。これらを詳細に把握し、自社のビジネスモデルに最もフィットする物流管理を選択することが企業にとって最適な選択です。

未来の物流管理のあり方

テクノロジーの進化により、未来の物流管理は大きく変わることでしょう。AIやロボット技術、ドローンなどが普及し、在庫管理や配送効率が大きく向上するでしょう。具体的な事例としては、AIを活用した予測在庫管理や、ドローンを用いた迅速な配送が期待されています。

物流倉庫では、AIによる精密な在庫管理が可能になり、適切な製品の発注や、無駄な在庫を減らすことができるでしょう。また、ロボット技術を活用して作業効率を向上させることも可能になります。これらのテクノロジーの活用により、物流倉庫の効率化やコスト削減が期待されます。

一方EC物流では、ドローン配送の普及が期待されています。これにより、迅速な配送が可能となり、また遠隔地への配送も容易になるでしょう。これは顧客満足度向上に直結します。すると、企業は顧客ニーズに迅速に対応できる柔軟な物流管理を実現することが可能となります。

物流管理の成功例から学ぶ

物流管理の成功例としては、Amazonが挙げられます。Amazonは自社の物流ネットワークを持ち、AIやロボット技術を積極的に活用しています。これにより、在庫管理を最適化し、迅速な配送を実現しています。

また、ZARAは独自の物流戦略を展開しており、店舗と物流センターが密に連携し、消費者のニーズに迅速に対応しています。このような例から、物流戦略はビジネスの成功に大きく寄与することがわかります。自社のビジネスモデルに合わせた物流戦略を立て、最新のテクノロジーを活用することで、企業はビジネスを効率的に拡大することが可能になるのです。

富士ロジテックホールディングスのEC物流やB2B物流では事業者とAPIデータ連携の対応も可能となっており、保管する商材や出庫量に合わせて物流ロボットを導入して省人化、効率化で対応しております。 
B2BとB2C物流の効率化、省人化、輸配送について総合的に見直し、ご提案をさせていただきます。

 

<関連記事>

最新トレンドを掴む!物流の効率化とダイレクトシッピング

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

西間木 智

監修者

株式会社富士ロジテックホールディングス

西間木 智 / 通販営業部 部長

物流会社で20年経験しD2C EC スタートアップから中規模、大規模のeコマース事業者へフルフィルメントサービスの提供や物流の見直し・改善、スピード配送、複数拠点展開を設計して提唱している。 事業者様の売上貢献するために 「購買体験」 「リピート施策」 「Unboxing」 やOMO対応での「オムニチャネル」 「返品交換物流」 を提案し、事業者と常に伴走して最新の物流設計を試みる。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

【ECサイト運営のバックエンド業務】押さえておきたい内容と効率化のポイント
【ECサイト運営のバックエンド業務】押さえておきたい内容と効率化のポイント
バックエンドという言葉は聞いたことがあるものの、具体的にどのような業務を行うのかはっきりと分からない方も多いと思います。 本記事では、EC事業を新規で立ち上げたい方や企業のEC担当者になった方に向け、 ECバックエンド業務とは何か ...
続きを読んでみる
フルフィルメントとは?今さら聞けないEC物流の基礎知識
フルフィルメントとは?今さら聞けないEC物流の基礎知識
ECや通信販売の普及により、ユーザーのニーズは多種多様となっています。ニーズに応えるために物流業務の品質向上が求められるようになり、今後も、物流のプロが担うフルフィルメントサービスの需要が高まることが予想されます。 とはいえ、単純に物...
続きを読んでみる
【2024年最新】クール宅急便・宅配便の配送料金比較!冷蔵冷凍で安い業者は?
【2024年最新】クール宅急便・宅配便の配送料金比較!冷蔵冷凍で安い業者は?
クール宅急便は、宅配業者によって取り扱えるサイズや管理できる温度帯に違いがあります。そのため、どの業者を使えばよいのかが分かりづらいサービスです。 本記事では、宅配業者や郵便局で利用できるクール便の料金比較をまとめました。各社サービス...
続きを読んでみる
発送代行サービスとは?メリットやデメリット、おすすめの発送代行業者5選を徹底解説!
発送代行サービスとは?メリットやデメリット、おすすめの発送代行業者5選を徹底解説!
近年、ECサイトや通販などの利用者が増えたことにより、商品の在庫管理や発送作業を委託できる発送代行サービスのニーズが増加しています。 これから発送代行サービスを利用しようと考えている方もいると思います。 しかし、発送代行サービスを利用...
続きを読んでみる
EC物流とは?EC物流の3つの改善点や倉庫の選び方のポイント5選を徹底解説
EC物流とは?EC物流の3つの改善点や倉庫の選び方のポイント5選を徹底解説
ECサイトの運営にとって、EC物流は顧客満足度の向上や効率化、コスト削減などに欠かせない重要な要素です。 しかし、在庫管理や配送、返品処理などの課題が存在し、改善が求められます。本記事では、EC物流の改善ポイントや種類、物流代行サービ...
続きを読んでみる
【2024年版】発送代行•物流代行完全ガイド
【2024年版】発送代行•物流代行完全ガイド
  EC市場の拡大により注目されている発送代行。発送代行とは、ECショップの倉庫管理から発送までをアウトソーシングできる代行サービスです。  オンラインショッピングの需要が今後も増加することが見込まれ、EC事業者が発送代行を検討する...
続きを読んでみる
マケプレプライムとは?3つの参加条件と資格停止を回避する6つの条件
マケプレプライムとは?3つの参加条件と資格停止を回避する6つの条件
マケプレプライムとは、自社配送の商品をAmazonでプライムマークをつけて出品できるプログラムです。 マケプレプライムを利用することで、日本に約1,460万人の加入者がいるといわれているAmazonプライム会員に対して、商品の訴求力ア...
続きを読んでみる
【2024年4月最新】楽天の最強配送ラベルとは?獲得条件と対策法
【2024年4月最新】楽天の最強配送ラベルとは?獲得条件と対策法
楽天市場の最強配送ラベルについては、仮称「配送認定ラベル」として以前から何度か規制緩和や調整が実施されてきました。 本記事では運用を3ヶ月後に控え、今いちど最新の情報を整理してお伝えします。物流整備のご参考になさってください。 最強配...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー