富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

発送・配送代行の真価!ビジネスに効果的な提案

物流代行 配送代行

発送・配送代行の真価!ビジネスに効果的な提案

発注から納品までのリードタイムを短くするか、どうやって運搬コストを下げるか、メーカーや小売、運輸業を中心に、以前から日本企業の「物流改革」に対するあくなき挑戦は続いている。 特に昨今その取り組みがいっそう加速している。

物流における各段階の作業工程をさらに効率化し、より早く顧客に物品を届ける仕組み作りが不可欠だ。 この物流の変革こそが顧客の満足度を高め、企業の競争力アップに直結するのである。

発送・配送代行とは

発送・配送代行とは、在庫管理、商品の梱包、発送作業などの物流業務を専門の企業に依頼し、これらの業務を代行してもらうサービスのことを指します。

特に、ネットショップや自社ECサイト等の運営を行う企業や個人事業主は、売上する商品の物流業務に時間や手間をかける代わりに、発送・配送代行サービスを活用することで、業務効率化やコストダウンを図ることが可能です。

代行サービスのメリット

代行サービスには多くのメリットがあります。一つ目は時間の節約です。物流業務は手間と時間がかかる作業ですが、これを専門業者に代行させることで自社のリソースを集中させることができ、他の重要な業務に集中することも可能となります。

二つ目は、専門業者に任せることでより適切な物流業務の運営ができる点です。日々物流業務を行っているプロフェッショナルであるため、納期管理や荷物の取り扱いにおいても、ミスの防止やスムーズな対応が可能です。

三つ目は、コスト削減です。自社で物流センターを所有し、人員を確保するには大きな費用がかかります。しかし、発送・配送代行サービスを利用することで、これらの初期費用や管理費用を削減できます。

代行サービスのデメリット

反対にデメリットも存在します。一つ目は、自社での細やかなコントロールが難しくなる点です。自分で行っていればすぐに対応可能なことでも、他社に依頼していると情報が遅れることもあり、些細な問題も大きなミスにつながる可能性があります。

二つ目は、発送・配送代行企業との連携やコミュニケーションに時間と手間をかける必要がある点です。具体的には、業務の進捗状況や問題の発生など、情報共有が頻繁に必要になります。

三つ目は、信頼性や安定性です。発送・配送代行業者を選ぶ際には、その企業が確かな信頼性と安定して高品質なサービスを提供できるかどうかを確認する必要があります。

発送・配送代行業者の選び方

発送・配送代行業者を選ぶ際には報告体制や情報共有の仕組み、業者の信頼性と安定性、料金体系などの要素を総合的に考慮することが必要です。また、業者選びの際には、自社のビジネスモデルに合った業者を選ぶことも重要です。具体的には、業者のサービス内容や対応可能な範囲をしっかりと把握し、自社の業務内容や商品特性と照らし合わせて考え、適切な業者を選ぶ必要があります。以上の観点から発送・配送代行業者を選び、自社の効率化を図ることが大切です。

発送・配送代行を使うべきビジネスシーン

発送・配送代行を使うべきビジネスシーン

複数のビジネスフィールドの中で、発送や配送の代行を活用すべきタイミングは様々あります。そこで本記事では一体何時、どのようなシチュエーションでこれらのサービスを有効活用すべきかを、一挙大公開します。現代においては、物流の効率化はビジネスの成果に直結するため、様々なポイントを押さえて配送業務を行うことが求められています。

大量の商品発送が必要な場合

大量の商品発送の必要があるビジネスでは、特に目を見張るのが発送・配送代行業者の効率の良さです。それは単純作業の繰り返しになりがちな発送業務を効果的に進行させるための仕組みが整っているからでしょう。パッキングから発送、その後の顧客フォローまで一貫して行う工程の中で、業務のスピードアップとミスの削減が期待できます。一方、自社で行う場合は、人件費や時間、リソースの投入が必要となります。これらを考慮した時、大量の商品発送があるビジネスに対して、発送・配送代行業者の利用は大きなメリットがあるのです。

配送業務のコスト削減を目指す場合

発送・配送代行業者を利用することで、ビジネスの成績に大きく貢献する配送コストの削減を期待できます。多くの代行業者は、一括で大量の荷物を扱うことから、一個当たりの配送コストが自社で個別に発送するよりも安くなる場合が多いです。更には、パッキング材料のコスト削減や、保管スペースの削減にもつながります。また、ランニングコストを頭に入れると比較的安定した費用で運用することが可能でしょう。これらの点から配送業務のコスト削減を目指す場合には発送・配送代行を活用することをお勧めします。

製品の保管スペースが不足している場合

製品の保管スペースが不足しているビジネスは、発送・配送代行サービスを活用すべきです。代行業者には、商品を保管するための広大な倉庫があります。こうしたスペースを活用することで、自社で製品を保管するスペースを確保する負担を減らすことが可能です。これは、ビジネスの規模拡大に伴う商品の増加、新商品の取り扱い開始など、スペースが不足する多くのシーンで役立つでしょう。また、そこには適切な保管管理も行われており、製品が正しく保管されることで品質維持も期待できます。

発送・配送代行サービスを活用するメリット

発送・配送代行サービスを活用するメリット

発送・配送代行サービスを活用することにより、一体どのようなメリットがあるのでしょうか。具体的には商品の梱包、配送業務の効率化、配送コストの削減、商品管理のアウトソーシングなどが挙げられます。それぞれについて詳しく見ていくと、様々な事業者が配送代行サービスを活用する理由が明らかになるでしょう。具体的なサービス内容やメリットを知ることで、皆さんのビジネス運営に役立つ情報を得られるのではないでしょうか。

商品の梱包・配送業務の効率化

商品の梱包や配送業務は手間と時間が必要な作業です。商品の種類や数によっては多忙な事業者にとっては負担となり、本来のビジネス活動への支障をきたす可能性もあります。そんな中、発送・配送代行サービスを活用することで、これらの業務を効率的に進めることが可能となります。専門的なスキルと経験を持つプロフェッショナルが一手に引き受けてくれるため、商品の品質維持や安全な配送、それに伴うアフターサービスも安心して任せられるのではないでしょうか。これにより、事業者は自社の主力業務に集中することができ、全体的なビジネスの効率化を図ることができます。

配送コスト削減の可能性

また一方で、発送・配送代行サービスを利用することで、配送コストの削減の可能性もあります。一般的に、小規模事業者が個別に配送業者と契約する場合と比較して、大手の配送代行会社は大量の発送を扱うため、割引料金を設定していることが多いのです。これらを利用することで、各種配送費用の軽減を図ることができるのです。また、必要な梱包材などもまとめて購入することによりコスト削減につながります。初期投資や維持費用も抑えることができるため、中小企業にとっては大きなメリットと言えるでしょう。

商品管理のアウトソーシング

最後に、発送・配送代行サービスを利用することで、商品管理を他社に委ねるアウトソーシングが可能となります。商品の在庫管理や検品、返品対応など、商品管理業務は意外と複雑であり、時間と労力を要します。しかし、これらを一括して代行サービスに委ねることで、業務の脱却を図ることができます。そして、本来のビジネスに集中することができるため、結果としてサービス品質の向上や業績の向上につながる可能性があります。さらに、専門的なスキルを持つ職人達が品質管理にあたるため、エンドユーザーに対する信頼性も向上することでしょう。

事例から見る発送・配送代行の効果

事例から見る発送・配送代行の効果

節約や効率化といったビジネスのキーポイントに直結する発送・配送代行ですが、証拠があるまでは確信を持ちにくいもの。そこで今回は、大手からスタートアップまでの様々な企業が、どのように発送・配送代行の効果を享受しているのか、具体的な事例を通じて説明します。対応力とスケーラビリティが特徴的な発送・配送代行は、ビジネスの挑戦を支え、新たな成長を引き寄せるパワフルなツールとなるでしょう。

大手企業の成功事例

一例として、ある大手通販企業が発送・配送代行を活用した事例を紹介します。この企業は、日本全国にたくさんの顧客を持つ大規模なビジネスを展開していますが、彼らが困っていたのは、その物量に対応するのが厳しいという課題でした。そこで事業者が導入したのが、発送・配送代行です。これにより、倉庫運営や配送作業の手間を大幅に軽減し、より顧客に対して価値を提供することに集中できるようになりました。また、少ないリソースで、より多くの出荷を可能にし、業績の向上を実現しました。

中小企業の効果活用事例

次に中小企業の事例を見てみましょう。ここでは、一部の人材で、時間と労力の大部分を製品の開発に集中させたいという需要があり、配送・発送代行に事業者の解決策がありました。中小企業であっても、大量の出荷が必要となる時期があります。こうしたピーク時に対応するために、事業者は発送・配送代行に依存して、過労や遅延を防ぎます。これにより、時間を製品開発やマーケティングに費やすことができ、ビジネスの成長を速める事が出来ました。

スタートアップ企業の活用事例

もう一つ、スタートアップ企業の事例を紹介します。資金や人材、設備など、スタートアップ企業には必要なリソースが不足していることが多いです。中でも、商品の発送・配送は大きな負担となりがちです。こういったスタートアップの一部は、発送・配送代行を活用し、リソースの節約と業務効率化を図りました。ここで重要なのは、発送・配送の質を維持しつつ、あらゆるリソースを活用し、最大限にビジネスを成長させようという戦略でしょう。これにより、苦境に立つスタートアップ企業の一部は、時に驚きの速さで成長を遂げることがあります。

事例から見る発送・配送代行の効果

物流業界における発送・配送代行サービスは、近年注目を浴びています。商品を消費者の手元に届ける重要なプロセスである発送・配送。しかし、そのプロセスは経営資源を大量に消費するため、中小企業やスタートアップ企業からは特に大きな負担となることがあります。

一方で、発送・配送代行サービスを活用することで、企業はこれらの課題を解決することが出来ます。以下では大手企業、中小企業、そしてスタートアップ企業の事例を通し、発送・配送代行サービスの効果について見ていきましょう。

大手企業の成功事例

まず大手企業の事例をご紹介します。その企業は、国内外に多数の店舗を展開しているアパレル企業です。もともと同社は自社で商品の配送を行っていましたが、急激な事業拡大に伴い、倉庫管理や配送業務が混雑し、スタッフの労働負担が増大していました。

そこで事業者は発送・配送代行サービスを取り入れることに。結果、倉庫管理・配送業務の効率化が図られ、スタッフの業務内容もより専門的なものへとシフトすることができました。また、中継地点なしの直送スタイルにより、配送スピードは上がり、顧客満足度も向上しました。

中小企業の効果活用事例

次に、アパレル以外の業界でもこの発送・配送代行の活用は見られます。たとえば、地方に本社を置く食品製造の中小企業で、高品質な商品は評価されるものの、配送に手間取り、地域外への商品展開が難しかった例があります。

しかし、発送・配送代行サービスを活用することで、その課題は解決。全国への配送網を確立することが出来、企業規模を問わず商品の販売拡大が可能となりました。このように、中小企業でも発送・配送代行の利用は有効であります。

スタートアップ企業の活用事例

最後に、スタートアップ企業の事例を挙げます。特に、ネットショップを運営する企業では、在庫管理や配送に時間と経費がかさむ課題を抱えやすいものです。そのため、これらの業務を外部に委託する事で、ビジネスの中心部分に集中することが可能となります。

また、これら若い企業の中には、発送・配送代行サービスを先進的に活用し、ローコストで効率的なビジネスを構築する例も見られます。特に、梱包材の購入や配送ルートの最適化など、代行サービスの活用は必須と言えるでしょう。

発送・配送代行業者を選ぶポイント

発送・配送代行業者を選ぶポイント

発送・配送代行業者は、小売業者が商品を顧客に届けるための重要なパートナーです。その選び方には、数々のポイントが存在します。これらの選択基準を適切に設定することにより、企業の業績改善や効率的な物流管理が可能となります。特に、取扱い商品の種類と量、サービスの料金体系、そして業者の評判と信頼性、この三つのポイントを重視することが大切です。

取扱い商品の種類と量

配送代行業者を選ぶ際の最初の考慮点は、取扱い商品の種類と量です。すべての代行業者があらゆる種類の商品を取り扱っているわけではありません。例えば、一部の業者は食品の配送に特化していたり、重量物専門の業者もあります。このため、あなたの業務に最適な業者を見つけるためには、事前に商品の種類と量を明確に把握しておくことが必要です。

さらに、事業者が扱う商品の量によっても適切な業者は異なります。小規模な取扱量であれば手数料が安い業者を、大量の商品取扱いがある場合には大量配送に対応できる業者を選ぶと良いでしょう。商品の種類や量に応じて最適な業者を選ぶ視点は必須と言えます。

サービスの料金体系

次に、サービスの料金体系です。料金体系は配送代行業者によって大きく異なるため、慎重な比較・検討が必要となります。一口に料金と言っても、配送料金だけではなく、保管費用や梱包費用、事務手数料など、様々な項目が含まれることがあります。

また、一定の量を超えると割引が適用される量割サービスを提供している業者も存在します。そのため、自社の商品出荷量や頻度を考えた上で、総コストを比較することが必要です。また、数値だけでなくプランやサービスの内容にも注目し、自社に最もマッチした料金体系を提示できる業者と契約することをおすすめします。

業者の評判と信頼性

最後に、業者の評判と信頼性です。配送は商品が顧客のもとに無事届くという重要な業務です。そのため、遅延なく、適切な状態で商品を届けることができる業者を選ぶことが肝要です。

業者の評判はインターネット上のレビューサイトや口コミ、業界誌などを参考にすると良いでしょう。過去のトラブルや課題、取引の信頼性などを把握しておくことが重要です。また、業者との契約前に具体的なサービス内容や対応体制をしっかり確認することもおすすめします。代行業者との良好な関係は、顧客満足度向上や業績向上の一助となります。

発送・配送代行業者の比較

発送・配送代行業者の選択は、ビジネスの成功を左右する重要な要素です。適切な業者を選ぶことで、商品の在庫管理や配送作業の効率化、トラブルの低減など、さまざまなメリットが期待できます。しかし、その一方で、業者間でサービス内容やコスト、評判や信頼性など、比較すべきポイントは多岐にわたります。今回は、そんな業者選びに役立つ、サービス内容、コスト、評判と信頼性の観点から業者間の比較を詳しく説明していきます。

業者間のサービス内容の違い

発送・配送代行業者のサービス内容は、その業者の提供するサービスの質や特性によって大きく異なります。例えば、大手の業者は一貫した品質のサービスを提供できる一方で、小規模な業者は顧客一人ひとりに対応した細やかなサービスを利点としています。また、商品の種類や配送先の地域、配送時間など、利用者の要望に対応できる幅も業者間で差があるのです。その他にも、追跡システムの有無、返品・交換対応、電話対応の時間なども、業者選びの判断基準となります。こういった業者間のサービス内容の違いを詳しく比較することで、自社のニーズに最もマッチした業者を見つけることができます。

業者間のコスト差

発送・配送代行業者を選ぶ際には、そのサービスにかかるコストも大きな決定要素となります。大手の業者は、その規模の利点を生かして低コストを実現していることが多いですが、一方で小規模な業者は、より個別化されたサービスを提供することからコストが高くなる傾向にあります。また、配送料金だけでなく、取引開始費用やキャンセル料、返品処理費用など隠れたコストも考慮しなければなりません。各業者のサービス内容とコストを比較し、自社のビジネスモデルや予算に最適な業者を選択することが求められます。

業者間の評判と信頼性比較

最後に、発送・配送代行業者の評判と信頼性も重要な比較要素です。業者がこれまでに提供してきたサービスの質や、顧客からのフィードバックは、その業者が信頼できるパートナーであるかどうかを確定する有力な情報源となります。また、業者が持つ認証や資格も評価ポイントです。個人情報保護の対策や、適切な保険加入など、業者の信頼性を保証する要素を確認することは必須となります。業者間の評判と信頼性を比較することで、より安心してサービスを利用することが可能となります。

まとめ:発送・配送代行の効果的な活用法

配送代行まとめ

物流の効率化やコスト削減を目指して、小売業者やeコマース事業者の間で発送・配送代行の活用が進んでいます。また、代行業者によっては、在庫管理や梱包作業、返品処理も含めた一貫したサービスを提供しているところもあります。しかし、これらの発送・配送代行を有効に活用するためには、自社の状況に合った代行業者の選定と、業者との良好なパートナーシップの形成が重要となります。今回は、具体的にどのように活用すべきなのかを追求してみます。

自社の状況に最適な代行業者を選ぶ

まず始めるに際して大切なことは、自社のビジネス状況や配送量に応じた代行業者を選ぶことです。代行業者は便利なサービスを提供する一方で、手数料や利用料が発生します。そのため、勝手に外部委託するのではなく、まず自社の配送状況を分析し、物流コストの内訳や時間を算出してみてください。その上で、自社の配送量や大量配送時の対応力に合わせた代行業者を選択することが求められます。

コスト削減と効率化を目指して活用する

次に、配送代行を活用する上で大切なのは、コスト削減と作業効率の向上です。発送・配送代行業者を利用することで、自社の物流部門の人員負担を軽減し、業務処理時間を大幅に短縮できます。また、業者が提供する専門的なノウハウも活用することで、品質向上やリードタイムの短縮など、物流全体の効率化を図ることが可能です。

業者とのパートナーシップ形成

最後に、発送・配送代行業者とのパートナーシップ形成が重要となります。代行業者との良好な関係性を築くことで、より柔軟で効率的なサービスを受けることが可能になります。具体的には、業者に配送業務の具体的な課題や改善点を共有し、それらを解決するための具体的な提案を求めることが有効です。これにより、業者との協力関係を強化し、自社のビジネス成長を支える強力なパートナーになるでしょう。

 富士ロジテックホールディングスでは事業者の業務効率化と利益率改善を継続的に推進しながらお客様に寄り添ったサービスを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリストが、通販D2CEコマース事業者の課題に寄り添って提案していきます。

 

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

在庫管理におけるSKUとは?改善できる管理方法紹介
在庫管理におけるSKUとは?改善できる管理方法紹介
在庫管理を成功へと導く鍵、「SKU」とは一体何でしょうか?この記事では、SKUがもたらす効率化とその具体的な管理方法について、商品識別から物流改善まで幅広くご紹介します。SKUの基本から最先端の活用法まで、明確かつ実践的な知識をお届け...
続きを読んでみる
3温度帯とは?4温度帯との違いや冷凍・冷蔵倉庫の温度について解説
3温度帯とは?4温度帯との違いや冷凍・冷蔵倉庫の温度について解説
3温度帯とは、保管や輸配送において温度を区分けして指定することを意味します。温度区分は商品の特性によって分けられており、品質を守るために重要なシステムです。 3温度帯がなければ、生鮮食品や冷凍食品などの温度管理を必要とする商品を遠方に...
続きを読んでみる
EC事業者必見!物流コストを削減するコツ
EC事業者必見!物流コストを削減するコツ
ネットショッピングの普及により、物流の重要性が増す中、EC事業者にとってコスト削減は避けて通れないテーマです。本記事では、物流コストを賢く削減し、ビジネスを加速させるヒントを提供します。物流コストの現状理解から3PLの利用、在庫管理の...
続きを読んでみる
転売対策から売上向上までメーカー/D2C企業様と伴走するサービスを拡充
転売対策から売上向上までメーカー/D2C企業様と伴走するサービスを拡充
自社のビッグデータを用いてECブランドの販売支援とブランド育成の2事業を展開する株式会社ACROVE(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:荒井 俊亮、以下ACROVE)はこの度、メーカー/D2C企業向けに、主要なモールである楽天市場...
続きを読んでみる
コールドチェーンとは?3つのメリットと課題を徹底解説【市場規模は拡大傾向】
コールドチェーンとは?3つのメリットと課題を徹底解説【市場規模は拡大傾向】
商品が生産されてから消費者の手に届くまで、一定の温度を保つことにより品質を維持するコールドチェーン。高齢化や独身世帯の増加、コロナによる巣ごもり需要などが背中を押し、市場は拡大しています。 一般社団法人日本冷凍食品協会によると、201...
続きを読んでみる
FBA納品代行おすすめ10選!利用の流れ、メリット・デメリットも解説
FBA納品代行おすすめ10選!利用の流れ、メリット・デメリットも解説
「納品作業に手が取られすぎて、他の作業ができない」 「在庫の保管場所に困っている」 「物販をはじめたけれど毎月手元にお金が残らない」 このようなお悩みにFBA納品代行が便利だと知ったものの、使うべきか迷っていませんか。物流経費もかかる...
続きを読んでみる
ゆっくり配送実現のためのEC物流の最適化ポイント
ゆっくり配送実現のためのEC物流の最適化ポイント
即時配送が常識と思われがちな現代において、「ゆっくり配送」という選択肢が注目されています。しかし、実現の裏にはEC物流の精緻な最適化が不可欠です。本ブログでは、ゆっくり配送を取り入れることのメリットと実現のための具体的な物流戦略を探り...
続きを読んでみる
AmazonFBA納品の手順や料金、禁止商品、梱包ルールを徹底解説!
AmazonFBA納品の手順や料金、禁止商品、梱包ルールを徹底解説!
Amazonで出品するなら、プライム会員限定の無料配送や翌日配送にも対応できるFBA(Fulfillment by Amazon)の利用で、ビジネスチャンスが広がります。 一方、納品にはAmazonの細かい規定に慣れる必要があり手間が...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー