富士ロジテックHD
富士ロジテックHD

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

B2B ECで成功するための物流戦略のコツ

物流代行 発送代行

B2B ECで成功するための物流戦略のコツ

B2Bは「企業間の」「企業間取引」といった意味の言葉です。「Business to Business」の略でB2Bと表記されることもあります。

ECは「電子商取引」、つまりインターネットを通じて行われるモノやサービスの売り買いのことです。「Electronic Commerce(エレクトリック・コマース)」の略で、Eコマース(イーコマース)とも呼ばれます。

つまり「B2B EC」とは、企業間・法人間の取引を紙の書類や電話などのアナログな手段ではなく、インターネットを介して売買を行うことや、その仕組み・システムのことを表します。

B2B ECの物流戦略の必要性

B2B ECにおいて、物流戦略はその成功に直結する重要な要素であり、特に大量の商品を取り扱うケースではその重要性が際立ちます。さまざまなビジネス課題と動的な市場変化に対応するために、戦略的な物流の取り組みが求められるのです。

B2B ECB2C ECの違い

B2B ECB2C ECは、両者ともに電子商取引である点では同じですが、取引対象や物流の求められる形態が大きく異なります。B2Bは企業間取引であり、商品の単位が大きかったり、取引頻度が高かったりする特性があります。一方、B2Cは企業から消費者への取引で、商品の種類が豊富で配送先も多岐に渡ります。これらの違いから、B2B ECでは一括配送や大口ロットでの取引が一般的であるのに対し、B2C ECでは個々の消費者への細かい配送が求められるのです。そのため、B2B ECでは物流戦略が事業全体の効率化や生産性向上につながります。

B2B ECでの物流問題の特性

B2B ECにおける物流戦略の問題点は、取引量の大きさからくる物流の複雑性にあります。大きな商品の大量発送や、異なる業者への同時配送など、一貫した配送が求められる一方で、品質保持や配達時間の管理など詳細なコントロールも必要となります。また、特定の企業への大量出荷に際しては、その企業の需要予測や在庫管理にも関係するため、情報共有が欠かせません。これらの課題に対処するためには、適切な物流戦略と業者選びが重要となるのです。

物流戦略がビジネスに与える影響

物流戦略がビジネスに与える影響は非常に大きく、生産効率、納期管理、コスト削減など様々な面でその効果を発揮します。適切な物流戦略によって取引パートナーへの迅速な対応が可能となり、顧客満足度向上やビジネスチャンスの拡大につながります。また、物流コストの削減や在庫管理の最適化、リードタイムの短縮などを通じて、全体的なビジネスの生産性と効率性を大きく向上させることができます。反対に、物流戦略が不適切であると、納品遅延や在庫不足などの問題が生じ、ビジネス全体に混乱をもたらし、最悪の場合、取引関係の破綻につながる恐れもあるのです。そのため、物流戦略の重要性は高く、適切な物流戦略を立て、その実行と評価を継続的に行うことが求められます。

成功するための物流戦略の作り方

成功するための物流戦略の作り方

物流戦略とは、商品を適切な場所と時間に届けるための手段・方式を計画する事です。成功を収めるためには、適切な物流戦略の立案とその実行が重要となります。しかし、単に効率的な運送ルートを選定するだけでなく、顧客の需給を深く理解し、物流パートナーと強固な関係を築くことも必要です。物流は企業活動の一部ではなく、ビジネスを成功に導くための核心的な要素であることを認識しましょう。

顧客の需給を理解する

一流のビジネスパーソンは顧客の需給を正確に把握し、見越して行動します。それは物流戦略においても同様で、顧客が何を求め、どの程度の量とタイミングで求めているかを理解することが不可欠です。これを「需給予測」と言います。

需給予測は、マーケットリサーチやデータ分析を通じて行います。来るべき顧客の動向や市場のニーズを見つめ、それに先回りする策を練ります。そうすることで、適切な在庫量を維持し、余分な在庫を抱えずに済み、また急な需要拡大にも迅速に対応できる状態を作り出します。

また、顧客側の物流体制も理解することが重要です。直送が可能なのか、中継地点を経由するのか、どの程度のスペースを確保することが可能なのか。これらを把握することで、より効率的な運送ルートや方法を選択でき、物流コストを削減することが可能となります。

適切な物流戦略を立案する

物流戦略は、その企業の製品やサービス、そして業績に大きく影響します。そのため、物流戦略を立案する際には、ますます細かいデータ分析が求められています。適切な物流戦略を立案するためには、過去のデータ分析による需給予測はもちろん、将来の市場変動や技術進化に対応できるような柔軟性も必要です。

また、物流戦略は一度立てたからといって固定するものではありません。市場環境や技術環境の変化、顧客のニーズの変動など、外部環境の変化に対応するために、物流戦略も常に更新と改良を続けるべきです。それにより、最適な物流体系を保ち続けます。

物流パートナーとの強固な関係構築

物流パートナーというのは、運送会社や倉庫業者です。彼らとの強固な関係を築くことは、成功する物流戦略において欠かせません。なぜなら、日常の運送業務は彼らが担っているからです。

物流パートナーとは、指示通りの運送を行うだけでなく、緊急時の対応や臨時の需要増にも迅速に対応できるパートナーシップを築くことが望ましいです。それには、定期的なコミュニケーションや情報共有が重要です。互いの稼働状況を理解し、共に問題解決に取り組むことで、よりスムーズな物流が可能となります。

物流は単に「物を動かす」行為ではありません。物流戦略を通じて、ビジネス成長を可能にする重要な要素となります。そのためには、顧客の需給を理解し、適切な物流戦略を立案し、物流パートナーとの強固な関係を築くことが重要です。

物流システムの最適化方法

物流システムの最適化方法

物流システムの最適化は、現代の経済社会における重要な課題です。物流、即ち製品の製造から消費者に至るまでの商品流通過程は、ビジネス全体の生産性や効率性に大いに影響します。最適化された物流システムは、適切な商品を適切な時期に適切な場所へ配送することを可能とするとともに、コストや時間の削減を実現します。そこで本稿では、一般的に取り組まれている物流システムの最適化方法を中心に説明します。

テクノロジーを利用する

テクノロジーを活用した物流システム最適化は、現代では非常に一般的となりつつあります。カーナビや配送管理システム等のIT技術を駆使することで、物流ルートの最短化や配送時間の最小化を図ることができます。また、デジタル技術により物流データの可視化が可能となり、全体の流れを把握しやすくなります。さらに、現場の作業員の適切な配置や、製品の管理・移送方法の改善など、物流システム全体の効率化に大いに貢献します。

AIBig Dataの活用

AIBig Dataの活用は、物流システム最適化の新しい取り組みとして注目されています。AIは、大量のデータから有用な情報を見つけ出し、それを基に物流最適化の判断を自動的に行います。一方、Big Dataは、消費者の購買傾向や時期、地域性など多様な視点からデータを見ることを可能とし、物流計画の策定に大きな貢献を果たします。これらの技術を組み合わせることで、より精度の高い物流計画を立て、効率的な物流システムを実現することができるのです。

自動化と効率化の実現

物流システムの自動化と効率化は、生産性の向上だけでなく、誤配達の防止や作業員の負担軽減など、多面的な利点をもたらします。倉庫内での商品ピッキングや梱包、荷物搬送などの作業をロボット化することで、作業の速度や正確性を向上させることができます。また、センサーやRFIDなどを通した商品のリアルタイムな管理も可能となり、適切な品質管理も実現します。これらは全体の効率を向上させるだけでなく、事故リスクの低減や、スムーズな作業進行を実現する助けにもなります。

B2B ECの物流管理のポイント

B2B ECの物流管理のポイント

B2B ECにおける物流管理は、取引を円滑に進行させ、相手企業との信頼関係を維持し、消費者に対して高品質な商品を適切なタイミングで提供するための重要な評価指標です。効率的な在庫管理、透明性と信頼性の確保、そして購買体験の最適化という三つのポイントを重視することが求められます。

在庫管理の重要性

在庫管理はB2B ECの物流管理の中心に位置する項目であり、適切な管理がなされなければ生産の計画性を損ない、結果的には顧客満足度を低下させる可能性があります。適量の在庫を維持することで、配送遅延や品切れを防ぎ、顧客が必要とする商品を適切なタイミングで提供することが可能になります。

また、B2Bの取引では、一般的に大量の商品が取引されるため、在庫管理は特に重要となります。在庫管理が甘いと、在庫過剰や在庫欠品により取引業者や企業の財務状況を逼迫させる可能性がありますので、定期的な在庫点検と適切な在庫補充のプランニングが必要です。

透明性と信頼性の確保

信頼性の確保は、B2B ECの物流管理において欠かせない要素です。取引は互いの信頼関係上行われますから、納品の遅れや納品ミスは取引関係を維持する上で大きな障害となります。

受注から出荷、納品までの進捗情報をシェアすることで、取引先への透明性を保つことが可能です。透明性を高めることにより、取引先との信頼関係を築き上げ、問題が発生した際に迅速な対応が可能となります。

また、情報の一元管理という観点からも、透明性と信頼性の確保は重要です。最新の在庫状況や配送情報などをリアルタイムで更新し、正確な情報の提供を心がけることが求められます。

購買体験の最適化

B2B ECでは、取引相手企業が求める商品を探しやすく、注文しやすい環境を作ることは極めて重要です。

商品情報の明確性、注文のしやすさ、見やすさ・使いやすいUIデザインが求められます。また、求める商品が欠品していた場合や、商品が到着するまでの時間が長いと、取引相手の満足度は大幅に下がります。

したがって、在庫管理や物流速度の向上に加えて、取引相手がスムーズに商品を探し、注文できるシステムを導入することが重要となります。これにより、取引相手の購買体験を最適化し、長期的なビジネスパートナーシップを築いていくことが可能となります。

B2B ECの物流戦略の事例紹介

B2B ECにおける物流戦略とは、商品の流通を円滑にするための戦略のことを言います。物流は企業活動の中で重要な要素であり、その戦略が全体の業績に強く影響します。B2B ECの世界では、多様化する顧客ニーズや高まるコスト圧力に対抗するために、物流戦略のブラッシュアップが求められています。ここでは、成功と失敗の事例、さらには業界別の事例を通じて、具体的な物流戦略を紹介していきます。

成功事例の紹介

先端技術を活用した事例をご紹介します。一部の企業ではAIやロボティクスを用いて、物流効率の向上を図っています。これらの先端技術により、必要な商品を正確かつ迅速に配送することが可能になり、顧客満足度の向上に寄与しています。また、データ分析を活用した事例も注目されています。データ分析により、需要予測の精度が上がり、在庫の最適化が実現されています。これにより、適切な時期に製品をタイムリーに供給、物流コストの削減という成果を達成しています。

失敗事例から学ぶ

物流戦略の失敗は組織のパフォーマンスに大きな影響を及ぼします。たとえば、ネットワーク負荷の不足や、情報システムの障害による配送遅延は、顧客への信頼低下を招く恐れがあります。また、物流システムの操作間違いや未経験によるトラブルの不備も、企業の課題となっています。しかしこのような失敗事例からは、情報共有の重要性や経験値向上のための教育研修プログラムの強化など、物流戦略改善のヒントを得ることができます。

業界別の事例紹介

業界別の事例を見てみると、各業界特有の「ノウハウ」が物流戦略に反映されています。製造業では、生産拠点と顧客先の地理的な距離を考慮した配送ルートの最適化が試みられており、IT業界では、クラウド技術を活用しリアルタイムで在庫や配送状況を把握、納品遅延のリスクを抑制しています。このように、業界特性を理解し、それに合わせた物流戦略を立てることが重要です。

B2B ECの物流戦略で見込まれるトレンド

企業間取引(EC)の世界では、物流戦略が重要な役割を果たしています。日々、進化を続けるB2BECビジネスにおいて、物流戦略はその成功の鍵とも言えるでしょう。これから何が求められ、どのようなトレンドが起きるのかを理解することで、変化に対応し新たな価値を提供することが可能になります。

未来の物流システム

これからの物流システムは、デジタル化と自動化の進行、AIIoT技術の活用など、先端技術が大きく関与してきます。これらの導入により、リアルタイムでの在庫管理、効率的な配送ルートの最適化、納期の高精度化などが実現され、業務効率アップはもちろんコスト削減にも寄与します。企業が競争力を維持、向上させるためには、これらの最新技術を取り入れた物流システムの導入が求められるでしょう。さらに、透明性のある物流業務はサプライチェーンに信頼性をもたらし、ビジネスパートナーとの良好な関係を築く一助ともなります。

新たな物流サービスの登場

物流業界では、顧客のニーズにより一層対応するため新たなサービスが次々と生まれています。例えば、ドローンによる配送、無人配送トラックの実用化、時間指定や場所指定が自由な「ユーザーセントリック」な配送サービス、返品サービスや24時間対応のコールセンターの導入など、これまでにないサービスが多く登場しています。顧客満足度の向上や、他企業との差別化に寄与するこれらの新サービスは、今後ますますその重要性が増すでしょう。

持続可能な物流戦略の重要性

環境問題への関心の高まりから、物流業界も持続可能な戦略へのシフトが求められています。エコフレンドリーな燃料の利用、リサイクル可能なパッケージの導入、効率的な物流ルートによるCO2排出量の削減など、環境保護に配慮した戦略は企業の社会的責任(CSR)ともなるでしょう。また、持続可能な物流戦略は消費者からの評価も高まり、ブランドイメージや信頼性向上につながります。そのため、B2B ECの世界でも続けて取り組むことが必要です。

物流戦略を成功させるための注意点

h2:物流戦略を成功させるための注意点

物流戦略は企業全体の業績に大きな影響を与えます。見直すことで、リードタイムの短縮やコスト削減といった利点が期待できます。しかしその一方で、物流戦略は多数の要素に関連しており、全体像を見損ねると逆効果になることもあります。成功させるためには、物流の課題と対策、費用対効果の検討、そして定常的なレビューと改善が必要となります。

課題と対策

物流戦略を立てる際にはまず、現状の課題を明確にすることが重要です。部署間の連携不足、適切な予測が行えないなど、物流に関連する課題はさまざまあります。また、それぞれの課題がどのような影響を及ぼしているか、理解することも重要でしょう。具体的な問題を把握した上で、その解消に向けた具体的な対策を立てていきます。倉庫の効率化や在庫管理の精度向上、配送ルートの最適化など、課題に応じた対策が求められます。その一方で、対策の実行は必ずしも一度で成功するとは限らず、試行錯誤が必要な場合もあります。

費用対効果の検討

物流戦略はビジネスの一部であるため、その投資対効果も考慮しなければなりません。対策を進める上でかかる費用と、それによってどの程度の効果が見込めるかをしっかりと検討することが求められます。例えば、新たな物流システムへの投資は初期費用がかかりますが、その対策により生じる時間短縮やエラーの減少などから、長期的な費用削減が期待できることもあります。もちろん、その全てのシステム導入が正解とは限らず、各システムがどのような効果をもたらすのかを十分に理解した上で、効果と費用のバランスを考えることが重要です。

定常的なレビューと改善

物流戦略は一度立てたら終わり、というものではありません。企業の状況は常に変動していくものなので、物流戦略もそれに応じて柔軟に見直し、改善を続ける必要があります。目指すべき目標は明確に設定し、定期的にその達成度を確認します。達成度が低ければ、何が原因であるのかを分析し、改善策を見つけて実行に移しましょう。また、新たな技術の導入など、外部環境の変化に対しても随時対応することで、より最適な物流戦略を追求していくことが求められます。

物流戦略を見直すタイミング

物流戦略とは、商品の流通、移転などを円滑に行うための包括的な方針のことを指します。しかし常に変動するビジネス環境の中で、一度設定した戦略を永久に続けることは困難でしょう。そこで重要なのが物流戦略の見直しです。では、どのようなときに物流戦略を見直すべきなのでしょう。それは、業績が低下しているとき、新規参入や事業拡大を計画しているとき、そして、物流能力が拡大される機会が訪れたときです。これらのタイミングで物流戦略を見直すことで、ビジネスの成功につながるのです。

業績低下時の見直し

業績が低下した場合、まず業務効率化をはかるための物流戦略の見直しが必要となります。低下の原因を特定し、物流コストが原因である場合は、物流パートナーの見直しや供給チャネルの改善などをまず考えるべきです。物流パートナー選定では、価格だけでなくサービス品質も考慮し選ぶことが重要です。また、スピーディな配送を求める顧客ニーズに対応するため、在庫管理も効率化の一環として見直しを行うべきです。時間と費用をかけてでも、物流戦略の見直しは事業の立て直しに必要不可欠なプロセスなのです。

新規参入や事業拡大時の見直し

新規参入や事業拡大をするタイミングでは、それまでの物流戦略では対応できない可能性があります。新たな市場への参入にあたり、配送エリアが拡大する場合、配送コストや時間、品質など、物流全体を見直す必要があるのです。また、商品ラインナップが増えることにより在庫管理が複雑化する場合も、効率的な物流システムを構築する必要があります。このように、新規参入や事業拡大時には、新たな環境に対応した物流戦略の見直しが必要となります。

対応可能な物流能力の拡大時

物流能力が拡大できるチャンスが訪れたときも、物流戦略の見直しは必須です。例えば、新たな物流センターが開設したり、新技術が導入された場合、これまで以上に効率的な物流が可能になるでしょう。しかし、ただ単に能力が上がっただけでは効果は半減してしまいます。適切な戦略を策定し、新しい環境を最大限に生かすための計画を立てることが不可欠です。物流能力の拡大は、必ずしも成功につながるとは限らず、適切な戦略によって初めてその可能性が開花するのです。

 富士ロジテックホールディングスのEC物流やB2B物流の切り替え時に相談を頂ければ最適な保管倉庫、梱包方法、輸配送方法など商品や配送先により改善提案をさせていただいております。

 

殿堂入り記事
発送代行完全ガイド

発送代行完全ガイド

発送代行に関しての基礎知識が全てわかる徹底ガイドです。発送代行サービスを検討されているEC事業者様は是非ご覧下さい。

株式会社富士ロジテックホールディングス

物流企業

株式会社富士ロジテックホールディングス

通販D2CEコマース事業者の EC物流代行・発送代行オムニチャネルコマースでの流通加工から店舗物流までを、一般社団法人 通販エキスパート協会認定スペシャリスト:「通販CXマネジメント」・「フルフィルメントCX」メンバーとスタッフがサポート致します。
全国11拠点のDC/FCから、先進RaaSマテハンロボットRFIDなどと、OMS・WMSとコマースシステムをAPIで連携して、物流・発送代行サービスを「スタートアップ特別限定プラン」から、100億円を超える事業者に最適な分散保管・分散出荷返品・交換サービスまでを一貫でデザインする「顧客購買後体験」によって、LTVの向上が実現できる「感動物流サービス」を提供中です。物流業界の最新トレンドを盛り込んだお役立ち資料も無料でご提供しています。

あなたはこちらのコラムにもご興味がおありかもしれません おすすめコラム

EC物流とは?EC物流の3つの改善点や倉庫の選び方のポイント5選を徹底解説
EC物流とは?EC物流の3つの改善点や倉庫の選び方のポイント5選を徹底解説
ECサイトの運営にとって、EC物流は顧客満足度の向上や効率化、コスト削減などに欠かせない重要な要素です。 しかし、在庫管理や配送、返品処理などの課題が存在し、改善が求められます。本記事では、EC物流の改善ポイントや種類、物流代行サービ...
続きを読んでみる
【2024年版】発送代行•物流代行完全ガイド
【2024年版】発送代行•物流代行完全ガイド
  EC市場の拡大により注目されている発送代行。発送代行とは、ECショップの倉庫管理から発送までをアウトソーシングできる代行サービスです。  オンラインショッピングの需要が今後も増加することが見込まれ、EC事業者が発送代行を検討する...
続きを読んでみる
マケプレプライムとは?3つの参加条件と資格停止を回避する6つの条件
マケプレプライムとは?3つの参加条件と資格停止を回避する6つの条件
マケプレプライムとは、自社配送の商品をAmazonでプライムマークをつけて出品できるプログラムです。 マケプレプライムを利用することで、日本に約1,460万人の加入者がいるといわれているAmazonプライム会員に対して、商品の訴求力ア...
続きを読んでみる
【2024年4月最新】楽天の最強配送ラベルとは?獲得条件と対策法
【2024年4月最新】楽天の最強配送ラベルとは?獲得条件と対策法
楽天市場の最強配送ラベルについては、仮称「配送認定ラベル」として以前から何度か規制緩和や調整が実施されてきました。 本記事では運用を3ヶ月後に控え、今いちど最新の情報を整理してお伝えします。物流整備のご参考になさってください。 最強配...
続きを読んでみる
EC向け発送代行サービスとは?選び方とおすすめの発送代行業者を7社紹介
EC向け発送代行サービスとは?選び方とおすすめの発送代行業者を7社紹介
EC物流の需要が加速し、発送代行会社も徐々に増えている傾向にあります。選択肢の幅が広がる一方、利用を検討する方にとって選ぶのが難しい現状があるでしょう。なぜなら料金体系が異なるうえに項目が細かく、さらに業者ごとに代行の対応範囲も変わっ...
続きを読んでみる
Amazon・楽天・ヤフーを7つの出品者視点で徹底比較【購入者視点の解説もあり】
Amazon・楽天・ヤフーを7つの出品者視点で徹底比較【購入者視点の解説もあり】
Amazon・楽天・ヤフーは3大ECモールと呼ばれ、他のモールと比較しても圧倒的な利用率を誇っています。 選択肢が多いと、出店する際に何を基準としてモールを決めたらよいか悩みますよね。 そこで本記事では、出品者と消費者の視点の両方から...
続きを読んでみる
ヤフーが定める優良配送とは?条件やメリット、土日の取扱まで徹底解説!
ヤフーが定める優良配送とは?条件やメリット、土日の取扱まで徹底解説!
Yahoo!ショッピングでは、2020年12月から配送品質の向上を目指した優良配送の取り組みが始まりました。 2022年8月には、優良配送に認定された商品を優先的に上位表示する取り組みも始まり、優良配送の重要度がますます高まっています...
続きを読んでみる
在庫管理におけるSKUとは?改善できる管理方法紹介
在庫管理におけるSKUとは?改善できる管理方法紹介
在庫管理を成功へと導く鍵、「SKU」とは一体何でしょうか?この記事では、SKUがもたらす効率化とその具体的な管理方法について、商品識別から物流改善まで幅広くご紹介します。SKUの基本から最先端の活用法まで、明確かつ実践的な知識をお届け...
続きを読んでみる

タグ一覧

カテゴリー